アトリエkeiのスピリチュアルなシェアノート

keiatelier.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:浄化 ( 43 ) タグの人気記事

おやすみ中のつぶやき2019②5次元の空

今週はなんだか空がすごかったです。
とってもクリアでエネルギーが高い。別次元の空だったように感じています。


まず月曜の朝↓

f0362457_08440784.jpg


火曜日は大雨で、その雨が通り過ぎた後、水曜日の朝↓
f0362457_08444396.jpg
なんじゃあの雲は~~となってパシャリと取りました↑

f0362457_08444716.jpg
いつもの公園がなんかいつもの感じじゃない。「ここはどこ?」って感じ。
f0362457_08445028.jpg
空には別次元の存在を感じます↓
f0362457_08445304.jpg

そして昨日木曜日の夕方↓
f0362457_08450620.jpg
「5次元」だ~~~とうっとり↓
f0362457_08450964.jpg
穏やかでやさしい↓
f0362457_08451131.jpg


そして今朝、金曜日の朝↓
f0362457_08453100.jpg

f0362457_08453634.jpg
やっぱりいつもの公園が、「5次元」。


最近、次元が交差しているのがわかります。5次元が表れたり、また3.5次元くらいに下がったり。
いつもより気温が高いのは、温暖化の影響もあるのかもしれないけど、エネルギーが高い日はそうなったりするな~と感じています。
今日から熱くなるみたいです。
いいエネルギーをたくさん吸収したいな~と思います。

今ちょっと不思議な感覚を経験しています。
「強化月間」と名づけた個展前のブログお休みの期間も今年で3回目なんですが、過去2回の時と明らかに私の状態が違います。
何が違うのかって言うと、状況は過去2回とあんまり変わらないのに、何故か「焦らない」んです。
なんで「焦らない」のか、ちょっとよくわかりません。この後焦ってくるのか、そこもなぞ。
そしてこの状態で個展を迎えて、その結果がどうなるのか、そこもめっちゃなぞ。。。

このことについても、また書けたらな~と思います。
皆さま、良い週末を~^^♪

by atelierkei-0520 | 2019-05-24 09:17 | ◇つぶやき

突然の断舎離

f0362457_19390517.jpg
19日に美容院と歯科で、2ヶ月前の古い自分の髪の毛と、4ヶ月間の古い歯垢(思考!?)を一気に落としてきました。
帰りに何故か歯科で「この前のお休みの時に淡路島に行ってきて新玉ねぎを取ってきたんです!患者さんにもおすそ分けしています、良かったら持って帰ってください^^」と嬉しいお土産をもらい、「あ~、いらないものを捨てたから、新しいモンが入ってきたのかも^^心もなんだかぽかぽかだ~」とご機嫌になりました。
20日はルナの病院で、先生から「ルナちゃん!!完治って言っていいと思うよ!おめでと~」と言われ、角膜ジストロフィーの方も少しづつ小さくなってきていることを確認し、ご機嫌だったところに、帰りの車の中で、ものすごく気になった前の車のナンバー「9991」を久々に「エンジェルナンバー」で調べてみるとこんな記事を見つけました。↓




「あなたの人生の第1章が終わり、第二章が始まろうとしています」というところが、映画「リーディング」を見たときにも感じたところとリンクしてしみじみしました。

そして、家に帰ると、数日前に母が借りてきたある本を手に取り、読み出しました。半分くらい読んで、突然、「そうだ!!!!“ガラクタ”を、処分しよう!!!!!!!」と思ったのです。

なぜそんな気になったのか、完全に本の影響ともいえますが、同時に心の奥で「今がそのときだ!!!」と強く強く感じました。
今日までにダンボール1箱分の本を下取りに出して、ゴミ袋6袋分のものを処分準備が完了しました。

こういう衝動は、もちろん、「初めて」ではありません。
以前も何度も何度も自分の周りを快適にしたくて、整理整頓にチャレンジしました。最後にチャレンジした時も「もう捨てるものはない」ってくらい頑張って処分したつもりです。
でも、なんだか、今回の「処分」は、今までのと全然レベルの違う処分となった気がしています。

今回の「処分」を体験して初めて気がついたのですが、今までの「処分」の時間は、どちらかというと「執着の確認」の時間だったように感じています。自分に必要のないものを捨てるのではなく、「絶対に捨てられないものを確認する時間」だったように思うのです。
だから、今までいくら物を捨てても、いまいち何もかわらなかったのだな~と今しみじみ思います。
おかしいですよね、「執着」を濁してくれている余分なものを捨てて、より「執着しているもの」を際立たせるなんて!

私にはどうしても捨てられないものがありました。それは成人式の時に着た「ちょっとオシャレで高級なパンツスーツ」でした。
いろんな思いが詰まったそのスーツは落ち着いてみたら「私」にはどうやっても似合わない代物で、結局なんだかんだとその後1回も着た覚えはありません。でもどうしてももったいなくて捨てられませんでした。去年、頑張ってたくさん服を処分した時も、やっぱりこれだけは捨てられなかった。。
ところが、今年は「よし!これはもう捨てよう」と初めてなったのです。
そしてそのまま、ゴミ袋に入れました。
私は初めて、そのスーツは自分には似合わないと冷静に受け入れることができました。

そして、もう一つ大きなものがありました。それはお気に入りの箱にパンパンに入れ込んだ手紙や葉書類でした。
この箱も、過去何度も整理しました。何度も何度も。
今回、その箱の中の手紙の9割を処分しました。
たぶん死ぬ時に持っているだろうなって思う数点を残して、全てです。そして箱も処分しました。
箱の中のエネルギーを改めて感じてみて驚きました。なんと、私が取っていた手紙類は、最近のものを除くと、ほぼ全てが「20代」の頃のものだったのです!!
涙がぽろぽろ出てきました。
「20代の私」
わたしはずっと、ずっと、気がつかなかったけど、この「20代の自分」を引きずってきたのに、やっと気がついたのです。

「20代の私」は抑圧されたそれまでの世界から解放された輝かしい自分でした。
やっと制服から解放される!今まで地味に頑張ってきて、やっと自分らしく生きれる!そう思って、フランスにも行きました。
周りの私に対する評価も「普通」から「あの人はちょっと違う」的な存在になったと思っていました。だから20代の私には「自分武勇伝」のようなものがいくつもあります。
でも、20代の私はキラキラしているつもりでしたが、数年前から自分の感覚が変わってきたのを覚えています。
その時代の自分の写真を見るとなんかすごく「恥ずかしい」のです。目を背けたくなるのです。「馬鹿じゃないの」という視線を投げかけたくもなって、なんだか悲しくなるのです。

今日、やっと理由がはっきりしました。
「20代の私」は、自分を「全否定」していたのです。自分を全く見ようとしなかったし、受け入れてもいませんでした。
だから全く違う、頭の中の素敵なイメージに自分をひん曲げて合わせようとしていました。そして上手く周りをだませたと思いながらも、本当の自分を見られるのを心のそこから恐れていました。
でもどんなに隠せたと思っても、敏感な人には分かるのです。そして大抵はそこに気がつく人たちに、本当の自分を暴かれてしまうのを恐れて、私は心の舵取りを任せてしまう傾向があったのですが、最終的にはいつもそんななさけない自分を強い自分が打ち負かし、独立を確保しました。
「弱い自分を絶対に許さない」そんな自分もこの頃出来上がりました。
似合わないスーツもこだわった髪型も、全てはこの辺りのこだわりと「本当の自分を認めたくない」ってところからきていたんですね。

気がついた私には、もう「20代の自分」に対する嫌悪感はありませんでした。ただただ、「頑張ったね!よく頑張ったね!」といい続けて、手紙を処分しました。
私が友人たちからの手紙を処分できなかったのは、「20代の自分」がずっと私に「認めて!認めて!」と声をかけ続けていたからだと思います。そしてそのエネルギーは、そのままその後の私の「認められたい」という気持ちに置き換わっていました。
今日私は初めて、「自分が大嫌いで必死に頑張ってた20代の自分」を認めてあげることができました。
そして、手紙をくれた友人たちに対しても、手紙をくれた当時のその人たちと今のその人たちに対して、心から感謝しました。
こんな私に、こんな風に手紙をくれた、全ての人が幸せでありますようにと。

ものすごい浄化の2日間になりました。
「あなたの人生の第1章が終わり、第二章が始まろうとしています」
私は本当に次のスタート地点に立ったのかもしれません。

そんなこんなで、片付けって、本当にすごい浄化パワーを持っているなと実感。
すがすがしくてたまりません。
でも、これができたのは、先に心の浄化にずっと取り組んでいたからだと思うのです。
「モノを処分すること」が自分の状態を整える面はもちろんありますが、先にも書いたように、心が整う前にやろうとしても、ほとんどが「執着を確認する時間」になってしまう気がしています。
だから、まずはやっぱり自分の心と向き合って、自分のたくさんの声を拾って、その声を認識する=心を整理することが先のほうがいいなと思います。
もちろん、処分しながら心と向き合うのもありですが。

ものを捨てられないとか片づけができないって思っている方もきっと大丈夫^^
それをする前に心を整理してみるといいかもしれません^^


皆さま、今週もお疲れ様でした!


by atelierkei-0520 | 2019-04-21 21:31 | ◇つぶやき

前に進むということ、浄化について

f0362457_21525257.jpg
エドガー・ケイシーの映画を見た後から、このブログでも自分の「浄化」「浄化」と頻繁に書いていましたが、一昨日、昨日とその浄化で空いたスペースになにやら大量のエネルギーが入ってきた気がします。

自分の「浄化」とは、内観による「気づき」によって、自分自身の中に隠れていた深い思いに気がつくことで起こります。
感覚としては、その深い思いに気がついた時、それまで「きゅ」っと縮こまっていた体の力が抜け、その瞬間胸の辺りに何か心地の良い純粋なきれいな水のようなものがじゅわじゅわ~と染み出してきて、目の前が陽の光りで満たされるような感じでしょうか。とても穏やかです。

これは自分のハートから流れ出てくるとても純粋なエネルギーに心が満たされた時の感覚ですが、私たちは自分の重いエネルギーを手放そうとしている時は、あえてのハートの辺りに問題のエネルギーを浮上させ、ハートからの純粋なエネルギーを遮断します。
アセンションの時期にはハートにそれまでの過去世を含めた重い「思いぐせ」を何個も何個も小石で泉の湧き出し口を塞ぐように積み上げて、その思いを一つ一つ経験しながら、栓を抜くように取り除いていきます。
それはひとえに、私たちの持つエネルギーを軽くしていくためです。

栓を一つ除くごとに、私たちは少し軽くなります。
そしてその分だけ自分の中に「スペース」ができて、そこに新しい波動状態の自分に必要なエネルギーを宇宙から受け取るのです。
そしてそのエネルギーと自分の新しい波動の状態がそれまでいた場所より少し上の現実を構築していきます。
これが「次元上昇」だと思っています。そしてこの動きが現実では「前に進むこと」なんていうふうに表現できるかもしれません。

スピリチュアなことだけではなく、人間関係も、お仕事も、すべては「今の自分が持っている」波動がベースに構築されていきます。
少しでも状況を良くしたいとか、いい仕事をしたいとか、成長したいとか、高いテクニックを身に付けたいとか、そういう上昇したい思うときには、この自分の心の奥で起こる「浄化」という作業を無視することは出来ないと思っています。
私たちの世界はパラレルで、高い波動の現実や能力なども全てはそのものが持っているエネルギー状態に合わせた「波動領域」の中に存在します。だから、そこに行きたいと思うなら、自分の波動を上げていくしかないのです。
でも3次元の思い癖を抱える私たちが理解しにくいところは、それは自分に「やりなさい」と強く負荷をかけることや強い誰かに引き上げてもらうことでできることではないという点です。

自分の思いを自分で発見する。これだけが唯一「浄化」が起きるプロセスなのです。

自分自身の中に隠された思いを知って力が抜けると、必ず少しだけステージが上がります。それを繰り返しながら私たちは前に進んでいくのです。

「浄化」のきっかけとしての方法はいろいろあります。
例えば自分に問いかけるのもいいですし、「ホ・オポノポノ」なんかもいいし、ヒーラーさんにやってもらうのもいいかもしれません。
でもこれらは、あくまでも重たいエネルギーを浮上させるためのもので、真の浄化が起こるときは、本人が自分の中の深い思いに思い当たることで起こります。
だから今回の私のように「浄化をするぞ」と決めて行動を起こした場合は、その行動が浄化を完了させるのではなく、その後の今まで気づかなかった自分の発見で起こるのだということを理解してもらうと「やりやすい」かなと思います。

「浄化」っていうのは、「浄化するぞ」という意図でも起こりますが、大抵はそんなことを思わなくても時期が来れば起こることでもあります。
今目の前で起こっていることすべては、必要があってそうなっていると思えると、「浄化」も上達してくる気がします。

今日はテレビでの北斗晶さんの言葉がなんか嬉しかったです。
北斗さんは若いとき、どん底の状況で「自分は何をやっているんだろう…」って泣いていた時、ふと心の中から「でも、わざわざこんなことをやろーっていう私ってすごいじゃん…」って声が上がってきたそうです。そしてそれが転機になったとか。北斗さんの中で大きな浄化が起こった瞬間だと思いました。

「こんな経験をしている私ってすごいじゃん!」って、いいですね^^
自分自身にそんな声をかけてあげれたら、なんか勇気100倍みたいな感じがします。乗り越えられるって思えるというか。

「なにもわざわざこんな経験をしなくたって…」っていうそれをあえてやってしまっている「私たち」。
きっと「すごい」のだと思えました^^

今日は一日なんとなくぼ~とした日になりました。
それだけ、昨日のエネルギーはすごかったなと思ったのでした。


by atelierkei-0520 | 2019-04-10 23:14 | ◇つぶやき

今週のメッセージ:イエスからのメッセージ①

f0362457_21520184.jpg

こんばんは、皆さん。
このように皆さんにお話できて光栄です。
私は皆さんと共にあり、いつも皆さんを見守っています。

さて皆さんにこれからのことを少しお話ししましょう。
今年は皆さんが大きく飛躍する年です。向こう3年間の流れが決まります。そしてその3年間が皆さんの流れを大きく決めます。

究極の目的は皆さん一人一人が幸せになることです。
そのための準備が整い皆さんは今年その道に入っていきます。
1つ大切な事は皆さんがどのような行動を起こすかで方向性が決まると言うことです。

導きに従うことが最も必要なことだと思われがちですが、わかってほしいのはエゴを切り離した自分の声こそが導きであると言う点です。
それはどこか外側から来るのではなく、内から湧き上がるものであり、エゴが静かになったときに聞こえるかもしくは強烈なエゴの噴出によって発見されます。
フラストレーションが溜まる時は自分の内なる声の導きが外に現れようとしているのだということを忘れないでください。

水の中にあるエネルギーの浄化が始まります。
それがこの地球上にある全ての水と言う意味で
体の中に多くの水を持つ人間の体も例外ではありません。
1つ:すべてのことに感謝してください。
2つ:見つめる先に必ず光があると信じてください。
3つ:水という粒子で全てがつながっていることを意識して
自分に愛を送ってください。

そうすれば水の浄化は必要最小限の動きの中で最も穏やかに行われるでしょう。


Q:感謝するとはどうすればいいですか?愛すとは?

心の中に余裕を持ってください。
そうすればおのずと湧き出てきます。
なぜならそれはあなた方がもともと持っている基本的なエネルギーなのです。
あなたの中に、その美しいエネルギーが流れでることが、浄化になるのです。

イエス


今週から、イエス様にメッセージを頂くことになりました。
何となく大天使ガブリエル様からのメッセージがひと段落した感じがして、ガブリエル様にどなたかメッセージを頂ける方を連れてきて下さいとお願いすると、イエス様が来て下さいました。
「水の浄化」というのが印象的でした。ここ数年、日本でも夏から秋にかけての嵐は気になるところです。地球の動きにはこれまでの負のエネルギーの浄化の意味があることは良く聞きますが、私たちは自分自身を「愛」で包むことでその動きをサポートできるということを改めて教えてもらった気がしました。
「感謝する」ことや「愛を送る」ということについては、もちろん、そうしようとする「意図」を持つことによってもなされるものなのかもしれませんが、そのエネルギーを肌で感じる時は、どちらかというと、そうしようとするより「自然と湧き出る」時のように感じています。
ですから、あえてそこについて質問してみました。

「心の中に余裕を持ってください。
そうすればおのずと湧き出てきます。」

またおもしろい表現だなと感じました。
確かに、「感謝」というのは何か物事が起こっている最中よりも、それが一段落した時に起こる気がします。
それは、ひとえに「心に余裕を取り戻せた」からかもしれません。
「感謝」が難しいとか出来ているのかわからないと思う場合は、何らかの余裕をなくしてしまっているのかもしれません。
そういう時は、あえて時間を作って、深呼吸し、周りの音を聞いてみるといいのかもと思います。
「感謝」が湧き出ると、自分に愛を送れます。そして自分に愛を送れると、見つめる先に必ず光りがあると信じることができるような気がしています。そしてその流れが浄化につながり、内なる自分の声の導きを捉えることが出来るようになるのだと思います。
一人ひとりが自分の内なる声を聞けるようになることが、そのまま水によって繋がる地球の浄化にも貢献していく、そんなことを感じました。

皆さま、今週も良い1週間を~^^♪


追記:パソコンですが、「ついに壊れた…」と思いつつ、今回はなぜか騒ぐ気がせず、あまりバタバタせずに静かに「どうしようかな~」と思っていたところ、ふと気がついたことがあり、ネットで調べてやってみると、幸いにも復活することが出来ました!
良かったです^^;
ただ、今回よく分かったので、やはり買い替えに向けて準備していこうと思います。あと3ヶ月くらいはこれで行きたいんですけど!


by atelierkei-0520 | 2019-04-08 22:35 | ◇今週のメッセージ

浄化の決意によって起こったこと

f0362457_22534327.jpg

今週は、「今週のメッセージ」をお休みさせていただきます。

先週ある映画を見に行って、ちょっといろいろとダウンロードされたと書きました。
そして、なぜか私はこう宣言してしまいました。
「これから、私は私の細胞の中にある今浄化の必要なありとあらゆる要素を手放し、許し、光に返します」と。
そして細胞の中の浄化を始めた二日目の夜、とんでもないことが起こりました。
私たち家族の本当に大切なルナが、家の階段から転がり落ちてしまったのです。
まさか、こんなことが起こるなんて、はじめはものすごくショックでした。もちろん今でもショックです。
このことについては、いろんなことが落ち着いたらまた書けたらいいなと思います。

私が今取り組んでいるのは、自分の「脳の思い癖」を抜くことです。
これをしていると、すごく発見がいろいろあって、ここでも書いていきたいな~なんて思っていました。
そしてそれは変わらないのですが、この事件もその流れがもちろんあってのことだと捉えています。
ちょうど、去年の今頃、私は「ルナの角膜潰瘍事件」で上に下にと大騒ぎでした。
一年たって、また同じことが、いいえ、前回よりも症状としてはひどいかもしれません。
けれど、アイスランドの時と同様、この事件に入る前に、いろんな準備がなされたと感じています。
だいぶ前、「自分の話」シリーズでスピリチュアルに目覚めた時のきっかけに「同じことをしても変わらない。本当に変えたいと思うのなら、いつもと違う何か別のことをするしかないのでは」と強く思ったエピソードを書きました。
「思い癖を抜く」のもこれと同じことだと思っています。
アインシュタインは

『いかなる問題も、それをつくりだした同じ意識によって解決することはできません。』

と言ったそうです。この言葉も同じことを言っていますね。

今回の事件で私は「角膜潰瘍」の時のような思考を手放そうとしています。
その結果は私には分かりません。でも強くそれが今自分に求められている流れだと思うのです。
本当の意味で「感謝」や「祈り」や「尊敬」や「信頼」や「自由」を知ろうとしているような気がしています。
いろんな思いが湧き出ましたが、昨日までに手放しは終えたつもりです。
ここからはハートの波動をただ静かに、そして喜びにしていこうと思っています。
不思議なんですが、今の自分にはそれが「できる」と思うのです。

散文的になりました、ブログも書けるときは書いていきたいと思っています。

by atelierkei-0520 | 2019-03-26 22:57 | ◇つぶやき

春分満月の前の日、朧月夜の夜

f0362457_21380967.jpg
明日は春分の日、そして満月ですね。
予報では雨だったので、今日の夜の月を写真に撮ってみました。
雲がかかっていて、その向こうにうっすらと光るほぼ満月のお月様です。

昨日の午後辺りから、エネルギーが強くなってきた気がしています。昨日はその辺りから、「ぼーーー」っとしてしまい、夜はいつもよりだいぶ早く眠くなってしまいました。数日前から、このエネルギーの影響を受けてか、少し波動的に重くもなっていて、昨日は久々に夜夢で変な輩の訪問を受けてしまいました^^;もちろん入れなかったけど^^;
前に進みたい気持ちが強くなってきていますが、なんとなく今は「がまん」の気がして、あまりそこに意識を向けず、淡々と過ごしています。
そして、またも今日は「歯科」で虫歯治療の続きです。
今日は移動中もぼーーーっとしていて、電車の中で気がつけば「インナーチャイルド」と会話して思わず涙ぐんだり、帰りの電車を乗り間違えて、来た方向に逆戻りしてしまったりと、なにやら調整が大変でした。
とにかく今日は「考えること」を自分自身に禁止しているような、そんな感じです。

皆さま、良い春分の日お迎えください^^

追記:
そうそう、今日は何故か改めて大天使ミカエルが気になった。ネットで調べたりしてしまった!(今さら!?^_^;)

by atelierkei-0520 | 2019-03-20 22:43 | ◇つぶやき

めまぐるしくエネルギーが動く日々

f0362457_21505830.jpg




今週は、なんだか盛りだくさんで、今、少しほうけています。
エネルギーが降りてくる日と、私の元から不要なエネルギーが出て行く日とが、交互にやってくるような感じといいましょうか。
こんな時、今までだったらついハイテンションになったり、逆にローに落ちて頭の体操が始まったりしたものですが、全ては「脳の思い癖」ということに気がつくと、とにかく「わ~~☆」と感情が上がる時も、「どかん!」と感情が爆発する時も、その瞬間はその感情を感じるしかなくても、その後はひたすら脳の癖を抜くために「静か」にしています。
これは「感情を感じないようにする」ということではないんです。
むしろ感情はしっかり感じています。でもそこに「脳」のおしゃべりを乗せないのです。

私たちは感情を発生させると、その瞬間から「脳」がおしゃべりを始めます。
そして、その感情をより強く感じるように「脳」は「心」を煽っていきます。
そうやって感情を膨らまし、「エゴ」の声に正当性を持たせます。
そうやって、私たちは否定されることへの恐怖を克服しようとするのです。
「ハイテンション」も「ローテンション」もその根幹にはこの重い「恐怖」というエネルギーが息づいています。

でもこれらは、私たちが過去世も含めた流れの中で持つことになってしまった、ただの「癖」なのです。
そのエネルギーを使うことで生き残ろうとしていた時代の、今は必要なくなってしまった習慣なのです。

静かにしていると、
「脳」のおしゃべりをあえて止めてみると、
そこにはただ「感情」という放出すべきエネルギーがあるだけで、そのエネルギーが静かに消えていくのを感じることが出来るようになります。
それはまるで澄んだ空に浮かぶ雲のように、静かに流れ、形を変えて、いずれは消えていくのです。

残るのは若干の切なさと、心の中に広がるやさしさです。

否定されることへの恐怖は生き残りのための起爆剤として必要だった時期もあったかもしれません。
今これが必要なくなったということで、自分の中にあるネガティブな感情をどうやったら取り除けるのかと人は悩んだりしますが、
むりやり取り除こうとしなくてもいいのです。むしろ自然に任せた方が速く進む場合の方か多いと感じます。

静かに、脳のおしゃべりをやめて、エネルギーを解き放っていくと、いずれは少しずつ消えていきます。
ベストなタイミングは無意識の自分が全て知っています。

今はアセンション。
今はそれらのエネルギーが消えていく時期なのです。だから静かに見つめるだけで、古いエネルギーは剥がれ落ちていきます。

今日はある動画を見ていたら、上の音楽を見つけました。
なんだか、今日の気分にぴったりだったので載せてみました^^

by atelierkei-0520 | 2019-03-15 22:01 | ◇つぶやき

なんだかここ数日大変です^^;;;

f0362457_20510125.jpg
なんだか、ここ3日ほどでしょうか、ものすごくエネルギー的に重くなっています^^;;
どうも、脳の依存抜きと毒だしの両方が同時に起こっているようで、メンタル的にきつい数日となっています。
身体の状態からも、今すごく大きなエネルギーを受け取っているんだろうなという感じにもなっていまして、ほんと久しぶりに翻弄されていました。

脳の依存抜きの方は、これまでの思い癖を抜いていく作業となるので、古い思い癖が出てきたと思ったら、ひたすら深呼吸して「0」地点に戻るようにしています。
で、いろいろやっても、どうしてもこれを考えるとメンタルが駄々下がりになってしまうことが一つだけあって、それだけはキャンセルしようかと考えています。
それは明日の予定なのですが、効率を考えて「あれこれ」詰め込む予定だったのに、気合でこなす予定だったのに、こなそうと思えば思うほどプレッシャーになって、胸の辺りが「きゅーーー」っと苦しくなって、もしやるのであれば、この胸の苦しさを「えいや~~!!!」と乗り越えなくてはならないという状態にまでなったのです。
この状態の自分のベースのエネルギーを見てみると、それは「ねばならない」からきているのは間違いないので、今現時点では「キャンセル」という選択肢を自分に持たせました。

これで明日の様子を見て決める予定ですが、おそらく90%はキャンセルするでしょう。まあ、自分の予定なのであまりまわりには迷惑はかからない話ですが^^;

最近、自分が行動をする前に、よくこの「ベースのエネルギー」というのをチェックするようにしています。
自分がどんなエネルギーをベースに持って行動に入っていくのかが、ものすごく大事な気がしているからです。
またそんなことも書けたらいいなと思いながら、今日はこの辺で!

皆さま、今週もお疲れ様でした~^^

by atelierkei-0520 | 2019-03-03 20:52 | ◇つぶやき

ありえないハプニング、iphone8の強烈洗礼。。

f0362457_23090394.jpg
今私は外部とほぼ連絡が取れない状態になっています。。
もしご連絡いただいていたら、対応できなくて申し訳ないです。
明日のレッスンのご予定の生徒さんはなんとかまだ動いてくれているタブレットがありますので大丈夫です。ご心配おかけしています。
チャットワークもタブレットでいけますので緊急の連絡はチャットワークかyahooメールにお願いいたします。

本当に、こんなこと、あるのかってくらい、びっくりしていて、へろへろになっています。

昨日念願のiphone8をアップルストアで購入し、Yモバイルさんで機種変更してきました。
昨日と今日一日かけて、データのお引越しをし、アプリを入れなおし(一つ一つID入れたりパスワード入れたり)。
すると昼過ぎごろから携帯が圏外になっていてびっくり!問い合わせるとソフトバンク回線の通信障害が起こっているとのこと。
「よかった~、、私の携帯のSIMがおかしいのかと思った^^;」なんてほっとしていたら、ここからとんでもないことになってしまった。
なんと、、突然設定もしていないのにパスコードを求められるようになり、携帯がロックされてしまったのです。
問い合わせしたくても私のケータイはロック。家族のケータイは回線不良で使えない。固定電話で何とかやり取りして分かったこと。
それは解決する方法は「初期化」のみということでした。。
ほんとうに、ほんとうに大変でした。。でもまだ解決していなくて、最悪(?)全てのデータが消えてしまうってことでした。

連絡先も
メールも
ルナの写真も
アイスランドの写真も
家族の写真も
弟の写真も
沢山の不思議を記録していたメモも。

すべてすべて消えてしまうかもしれない。
そう思うと足から力が抜けていきました。
自分がどれだけこの小さなマシンに頼っていたのかを思い知らされています。

テクノロジーの進化は嬉しいのだけど、こんなにも疲れさせられるものなのか…
ものすごく、ものすごく、考えてしまいます。
本当に必要なものって、何なんだろうって思います。

今朝は、不思議な夢を見ました。
沢山の人に混じって観光のような感じである場所に訪れる夢です。
一面氷の南極大陸のようなところで、氷の上を船のようなものが進んでいき、私はその甲板にのって向かう先を見ています。
船が止まった場所は氷が大きくえぐられて灰色の岩のような地面がむき出しになっている丸い円形の土地のその際でした。
何人もが船から飛び降りて、その灰色のごつごつした地面に降り立ち、思い思いに写真を撮ったり座って時間を過ごしたりしています。
その場所は何かが起こった場所のようでした。伝わってきたイメージはニューヨークの9.11のような印象を受けました。
私もその場所をもっと感じたくてそこに降り立ちました。
周りを見渡しながら思いにふけっていると、突然足元がぐらついたと思ったらいつの間にかUボートのようなものに他の人たちと一緒に乗せられているのです。
そしてそのボートを運転しているのはアメリカの兵士みたいな人で振り返ったその表情は今日入隊するために集まってきたひよっこたちを「おまえらこれからしごくぞ~」みたいな感じでにんまりして見ているみたいな感じでした。
どうも私たちはどこかに招集されていくようで、「何で私が??」とびっくりしました。
「あ、でも私はきっと何かの間違いだ。だってそんな役にはたたんもん」と思ったのですが、前の列から回ってきたメンバーリストに自分の名前が載っているのを見つけなぜか何らかの役割がちゃんとあてがわれているのを知るというものでした。
この後もちょっと興味深いシンボルチックなモノ(3人の人魚 モールス信号みたいな音 怒ってる雄牛)も出てくる夢だったので、いろいろと「なんだろ~」と興味深々だったのですが、なんとこの出来事。。

スパルタすぎるやんか…
なんかしらんけど、スパルタすぎるわ…

悲しみを通り越して、もう「無」になっています。
すべてリセットっちゅうことや。。

by atelierkei-0520 | 2018-12-06 23:16 | ◇つぶやき

やっとやっと抜けました~~~

f0362457_21022181.jpg
いよいよ12月です。
11月は本当に大変でした^^;
でも、12月2日にやっといろんなことが整ってきて、いろんなことが揃いました。「また前に進めるぞ!」ととても前向きでハートが熱くなるエネルギーに満ちてきました。また「ワクワク」が戻ってきました。
そして現実での出来事が、また新しいタイムラインに移ったことを教えてくれているように感じています。

こういう書き方をすると、波動を整えあげていくことで、より高い波動のタイムラインに移る「ジャンパー」のテクニックの話をしているように見えるかもしれません。
高次元の存在たちも現実は自分で選べるとか、高いタイムラインに移る必要性とか、パラレルワールドによって出来上がっている世界の本当の姿を理解させようと、そういうことをよく説明してくれます。
人間の左脳が持っている限界のようなものは、一度に一つのものしか成立しない点にあると思います。
「AはBである」といわれると、それ以外のイメージを感覚的に持つことが難しいというか、同時に別の考え方に触れると、戸惑って混乱して、「せっかくAはBでいこうとしてるのに、どうしろって言うんだよ!!」となってしまうのです。
これは「良い」「悪い」「光」「闇」などの二極性と呼ばれる3次元の存在としての常識によるものや、その3次元の物質としての脳の特性でもあるんだと思うのですが、私たちがその考え方をベースにしている時は、本当は「ジャンパー」的な考え方ともう一つの捉え方が一つの世界観として同時に存在していたとしても、私たちはまずは理解しやすい方の話を「真実である」と受け入れて、もう一方は感じられなくなってしまうようです。

けれど不思議なことに、一方を理解しだすと、これと同時にこれとは相反するような世界の捉え方があることを理解するように促されるようになります。
そして一番初めに求められるのが「受け入れること」です。
「全てはただそうである」という宇宙の真理を静かに受け入れることを求められるのです。
「自分の現実は自分で決められる」というのに!!
「選択すること」と「受け入れること」が同時に存在することを理解しろというのです!

脳ではとてもついてはいけないんですが、なぜか目に見えない愛ある存在たちとの交流の中で、感覚として理解できるようになっていく不思議を今体験しています。
公園の木が話してくれた「私たちは一つだから」という感覚。
「大いなる全て」という存在のこと。
そして「どちらでもいい」という諦めとはまた全く違うニュートラルな感覚。


この二つの考え方を同時に持つことは、本当に難しいと感じています。
始めの感覚としてはちょっと前にも書きましたがバランス感覚に似ています。どちらにも入り込みすぎない静かな感覚。
そしてそこに少し慣れてくると、ちょっとだけその感覚が自分の中で一つのものになる感じがわかってくる、そんな感じです。
私はもしかしたら今初めて「多次元」というものに触れているのかもしれません。

f0362457_20590359.jpg
上の写真は、何かを抜けた後の日曜日の夕方の空。
やさしいピンク色の雲。まるで鯨が海の中をゆったりと気持ち良さそうに泳いでいるような雰囲気で、気持ちが温かくなりました。
いやはや、最近脳がついていけなくなってます^^;


by atelierkei-0520 | 2018-12-04 22:53 | ◇つぶやき