じぶんを知ろう♪アトリエkeiのスピリチュアルなシェアノート

keiatelier.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:浄化 ( 56 ) タグの人気記事

各地のライトワーカーさんへ

f0362457_21005780.jpg
いつもは、こんなことは書かないのですが、なんか今回の台風は気になります。
それは甚大な被害をもたらすかもしれないとかいう恐怖ではなくて、もっと違う感じです。

そろそろ、ライトワーカーの皆さんが自分の力を信じて行動する時期に入るような気がしてなりません。
この台風は、その時代の幕開けを告げるものというか、そのための前準備というか、そんな気がしてなりません。

今回の台風自身が持つ役割というものにはこれだけではなく、私たちの意識では捉えきれない大きな何かがあるのは間違いないと思います。
ですから、その大きな意志に干渉することはできませんが、私たちにもできることがあります。

それは、私たちの集合意識が作り出した手放す時が来たエネルギーを、私たち自身で光に返すことです。


エネルギーワークのできる方は、よかったら、ご自身がお住まいの地域の「土地」を「浄化」してみてください。
そういったスキルをお持ちでない方は、天使に住んでいる場所の浄化をお願いしてみてください。

その土地をよく知っている
その土地を愛している

そういう人がその土地を浄化するのと、薄ぼんやりのイメージしか持てない人が、知らない土地を浄化するのとでは、天と地ほどの違いがあります。

ライトワーカが各地に散らばっているのは、「担当地域」があるのだと私は感じています。

そして、台風をわずらわさなくてもいいように、自分自身を浄化して、自分にあったかい気持ちを送ってみてください。
電気にガスに水道に、そして家族に家に、目の前の全てに感謝して、穏やかに。


このブログを読んでいる方は、私はみんなライトワーカーだと思っています。
ライトワーカーの皆さんは、自分の力を信じてください。

今週もお疲れ様でした!



☆アトリエkeiはメルマガを始めます☆
今週の土曜日からスタートです。
初回までまだ時間があるので、よかったらご登録まだの方、是非ご登録ください^^

ご登録はこちらから↓

登録用フォームアドレス(PC)
登録用フォームアドレス(スマホ)



by atelierkei-0520 | 2019-10-11 21:26 | ◇つぶやき

10のエネルギー

f0362457_22031005.jpg
昨日からエネルギーが強くなってきている気がしてます。
昨日は体のひずみが激しくて、今日はとにかくずっと眠くて眠くて、そして、なんとまた歯医者でした。
明日は10月10日で、どうもこの辺り1週間は1010のエネルギーに支配されてる気がします。今やってきている台風19号の19もやっぱり「10」です。
「10」でイメージするのは「完成」とか「回転」それから、「新しいサイクルのスタート」など、「節目」です。「リセット」もあげられるかもしれません。

とにかく、この期間はかなりパワフルな期間で、すごく大切な時期の気がします。
経験上、こういうエネルギーがドドド〜〜と降りてくる期間は受けるのに必死で何もできないことが多いのですが、その前後の行動が大切になってきます。
「メルマガ」始めるために奔走してたのはこのためか??なんて思ってしまいます。
本格スタートは、なぜか台風が最接近の土曜日とか言ってしまってるし^^;

もし、何かやろうとか、やらなきゃとか、そういう風に思っている方がいれば、台風が過ぎていった辺りからが好スタートかもしれません。
スタートとは「スタートのための準備」の要素が強いかも。
実際の公にするのはまだ先でもいいですが、とにかく、「準備」からスタートする時かもしれません。

台風の被害ができるだけ少ないようにと願いますが、私がこういうことを願う時に気をつけていることがあります。
それは「台風を悪者にしない」です。
台風を排除しようとしないこと
台風には台風の役目があることをわかっておくこと

そしてとにかく、できるだけ心が穏やかになるように行動します(避難とかもここに入ります)。
なぜかというと、人間が持つ意識のパワーはすごいからです。

ここから、来年の春までが正念場だなと個人的には思っています^^
今日こんな話を「エンジェルサポートレッスン」の卒業生さんに話したら、その生徒さんが、「それって私もってことですか?それとも一般的な話?」って聞かれたから、こう答えました。
「うーーん、この話をきいてピンと来た人かな」って。

ピンときた方、今からですよ〜♪


☆アトリエkeiはメルマガを始めます☆
今週の土曜日からスタートです。
初回までまだ時間があるので、よかったらご登録まだの方、是非ご登録ください^^

ご登録はこちらから↓

登録用フォームアドレス(PC)
登録用フォームアドレス(スマホ)

by atelierkei-0520 | 2019-10-09 22:44 | ◇つぶやき

洗濯機壊れる「うお座満月」の今日…

f0362457_22370663.jpg

びっくりです。
洗濯機、壊れました…。。
エネルギーの高い日や自分の何かの節目の時は、「電気製品」や「電気系統」がやられます。
今の千葉の方々のことを思うと、問題の「も」の字にもなりませんが、やっぱりくるんだな~とあらためて。

それにしても、「洗濯機」
「洗濯」=「クリーニング」
この時期に「クリーニングマシーン」が変わるなんて本当にふしぎです。

今日は急遽家電量販店に走りましたが、3連休の初日、しかも増税前のせいなのか、もう「人」「人」「人」。
人であふれかえっていました。
「増税前」は3次元的な理由で、たぶん宇宙的に見れば、みんなバージョンアップ、なのかしら?なんて思ったり。
iphoneもついに「11」が発売だし。買わないけど。。

いろんなことが起こりすぎて、頭のネジが飛びそうです。
でもやっていることは自分と向き合ってるだけ。
本当にふしぎです。

皆さま、今週もおつかれさまでした☆


by atelierkei-0520 | 2019-09-14 22:38 | ◇つぶやき

エネルギー変換の日

f0362457_23012601.jpg

9月9日から、私はある本を読んでいました。
その本についてはここでは紹介できません。
なぜなら、とても危険な面があると感じたからです。でもこの本は、私の魂を回顧の旅に誘う形になりました。


私のライフワークになりつつある「ホ・オポノポノ」
それは本当にシンプルでパワフルです。

でも「ホ・オポノポノ」の元になった歴史の方に、私が拒否反応を起こす「負の記憶」があることに私は気がつきました。

エジプトを起源とする高い波動を利用して行なうエネルギーワークは、その後世界に散らばって行き、土地に土着して行く中で、いろんなものが混ざりました。
そこには人々の低くなって行く意識も当然加わって、とても重たいものになっていきました。

エネルギーワークは人々を助けもしましたが、それによって人を殺めることもできました。
だから、力を手に入れた人たちはそれを使って、霊や人を「恐怖」で縛り付けていったのです。
そして今回初めて知りましたが、人々のそういった低い思考のエネルギーに引き寄せられたのか、または地球自身が低い波動だったからなのか、なんと神々までもが、「低い自己」を持ち、その土地に存在することもあったようなのです。

私が、本を読んでいる時に向き合っていたのは「怒り」でした。
こういった理不尽なエネルギーの使い方が本来とかけ離れていることに、失望と怒りを感じました。
そして「軽蔑」も感じました。
私はスピリチュアルを声高に叫び、人を集めてもっともらしい話をする人たちに対して、その内容がどんなにいいことであっても、どこか受け入れられないところがあるのですが、おそらくここからくる「軽蔑」の気持ちだったのかもしれません。

私は、エジプト時代に巫女のようなことをしていた記憶があります。
高い意識と暖かい愛の気持ちで奉仕していました。そしてポリネシア辺りやネイティブアメリカンのような時代もあったと思います。
おそらく、エジプトの意識を心の深いところで持ったまま、低い意識のシャーマニズムが支配する土地に転生したときに、大きく失望し疑問を持って傷ついた時代があると思います。
そうして、その記憶を持ったあと、おそらく、私は「迫害する側」になったと感じています。
私の魂の記憶は、どうしても許せなかったのです。
そういう「呪術」のようなものを使うものたちは、うそばかりついて、人をがんじがらめにすると。
怖くもあったと思います。
なぜなら、その「呪術」は本当に人を光から遠ざけ監獄のような真っ暗なところに入れてしまえると知っていたからです。

自分の過去世に教会に奉仕していたのは何故なのかや、教会のダークサイドに利用されたのは何故なのかを知った気がしています。
私の心の中にあった「シャーマニズム」への怒りがそこに向かっていたのだと思います。

私は今回、この時の感情をクリーニングしました。
けれど、本当に必要だったのは、この後の手放しだったと思います。

今日はまた体が重くなっていました。
自分の体に対しての思いをクリーニングしていた時、ふとこんな声がきこえました。
「疲れた」と。
そしてこんなインスピレーションがきました。
これは疲労感、修行の疲労感だ。と。
そして次の瞬間、私はこの本を読んだ本当の目的がわかったのです。
全て手放すこと。
この本に書かれている全ての内容を手放すこと。
それが、今の私にもっとも必要なことなのだと。

本の中身には、今までのもやもやとした知識をクリアにしてくれるものがたくさんありました。
少し前私は「体をよくする方法が知りたい!」と宇宙にリクエストして、ある気づきを得たと書きました。
その時に気づいたそのままのことが、そこには記されていて、私はそこを読んだ時、「やっぱり!」と思いました。
そして、この本に書かれていることをもっと理解できるようになれば、今までできるようになりたいと思っていたことが叶うかもしれないと思いました。
少し前の私だったら、もしかしたら心に感じる違和感を無視してこの本の虜になっていたかもしれません。

でも気がつきました。
「これは違う」と。
何が違うのかと聞かれたら、意識の置き方が違うということかもしれません。
モノを見ているそもそもの視点が違うといっていいのかもしれません。
本が見ている視点の高さは、3次元です。元の私がまさしく持っていた視点。
でも、今の私は違う視点にいるので、どうしてもその視点が受け入れられませんでした。
そうして、私がこの本にたどり着いた理由に、もっと他の目的があったことに気がついたのです。

それは自分の魂の歴史を知ること。
そして、その時に抱えたたくさんのものを今手放すこと。


「本にあった全ての方法と記憶を私は手放し解放します。
全てを可能にするのはただ一つ“愛”です。その事実を受け入れます」

そういう祈りが、心の奥から出てきたのでした。

スピを始めてから、ずっと私を突き動かしていたのは、「何故なのか知りたい!」でした。
「なぜ?」「どうして?」
もしかしたら、ここからやっと解放されるのかもしれません。

明日は「うお座満月」
生徒さんの話によると、感情や情緒面の浄化を促してくれるとか。
ネットで調べると、うお座は癒しや解放を司る星座で、痛みや悲しみも全てを受け入れ溶かし、新たな生命エネルギーへと変えていく力を持っているそうです。

「ホ・オポノポノ」でも手放した「記憶」は新たな生命エネルギーへと変換されるとあります。
私たちは、今の自分にとって必要のないものは新しいエネルギーへと変えていけるのです。
それは裏返せば、自分を悩ますその感情のエネルギーは、自分にとってはかけがえのないエネルギーだということです。

やっぱり宇宙の流れは完璧なようです^^


by atelierkei-0520 | 2019-09-13 23:12 | ◇つぶやき

バイバイ♪ シャーマンの記憶

f0362457_22480776.jpg
9月9日は、どうもすごいエネルギーだったように感じています。
8日から急激に体が重くなってきて、突然喉が痛くなってきました。
そして9日に入ると、体の各パーツがばらばらになったような歪みを感じて、本当にしんどかったです。
10日も少し引きずりましたが、今日はいつもどおりに戻っています。

毎度のことですが、流れというのはすでに計画され、私たちは完璧にそれをこなしているようです。
3年前の「9月9日」のことを書いた記事がアクセスが多くなっていて、「何書いてたっけ??」と見直すと、
「あ~~!!これってライオンズゲートから9月9日の辺りに起こったことだったっけ!?忘れてた!」という内容でした。
この時のことはちょ~個人的な話しだし、なんともいえない話なのでここにはまだ書いたことはないんですけど、すごく衝撃的なふしぎ体験をしていました。

で、今またこの時とは違ったふしぎな流れを体験しています。
今年は「ライオンズゲート」でそもそもに立ち返り、その流れで「ホ・オポノポノ」を本気でやるようになり、その中で、自分の中の魂の記憶にこの「ホ・オポノポノ」に通じる何かがあるのだということ、いまさらながらを知りました。

そして、今日、この流れの中で、私が本当に向き合わねばならなかったことに気がつかされ驚いています。
それは、人類の「シャーマニズム」の歴史でした。
人類なんていうと大げさですね、「私」という魂が経たシャーマニズムの記憶というべきかもしれません。

私はもともと、オカルトの類はあまり興味がなかったので、この「シャーマニズム」というカテゴリーはあまり詳しくはありません。
興味がなかったというよりは、完全に「いかがわしいもの」「謎のもの」という認識でした。
科学的ではない未開の地の人たちの信仰。そんな認識でした。

でもスピリチュアルを学んだり、最近のメディアのそれらに対する取り上げ方も変わってきたせいもあって、「シャーマニズム」といえば謎の信仰のイメージだったのが、そこにネイティブアメリカンなどに代表される自然と共に生きる人々の神秘的なイメージが加わり、今は肯定的なイメージに変わっています。
また今のポリネシア辺りなのか、そういう島で暮らす先住民だった過去世もみているので、自分も無関係ではなかったのだと思うのと、その時の記憶が穏やかなものだったので、やはりいいイメージを持っていました。

今の私たちが忘れてしまった、実は超高度なエネルギー的な知恵を持っている人たち。またその人たちの文化。
「シャーマニズム」の定義とはちょっとずれてくるのでしょうが、この辺りを思うとそんな人や文化のイメージのようなものがポワンと浮かぶようになっています。

自分や他の人の魂の記憶の中に、この知恵が封じられる場面を何度か見て、その終わり方に「しかたがなかった」と思いながらも寂しさを感じていました。
先日ジュエリーの仕事でデザインのイメージを探していてたまたま見つけたインカの文明が終わったときの話を知った時も、同じでした。

「なぜ終わったのか」
それは地球上がこの素晴らしい知恵を持った集団が存在できる波動の世界ではなくなったのだということは感じましたが、そこをもっと掘り下げることはしませんでした。
大きな目で見れば、こういった文明を滅ぼす要因になった別の価値観を持つ文明も「必要だった」といえるのだとはわかっても、やり口は気に入らず、なんとなく「滅ぼされるもの=被害者」「滅ぼすもの=加害者」という図式が頭の片隅でいつもくすぶっていました。

でも今日、その滅ぼされる側の「被害者」と思っていた人々の中に「こんなものなくなってしまえ!!」という自分たちの文化に対する怒りがあったということを知りました。
そしてそれは、私の中にもあり、それがスピリチュアルという世界に懐疑的だった自分の土壌になっていたのだと気がつきました。
そしてそれは今でも私の中の「重石」になっている気がしています。

物事は波動が高くなればなるほど「シンプル」になっていきます。
そして低くなればなるほど複雑にややこしくなっていき、決まりや駆け引きが多くなっていきます。

シンプルだった「祈り」が、時間を経て人々の意識が3次元に沈んでいくことにより、それは複雑な「呪術」になっていきました。
すべては、ただ「認められたいがため」「自分だけが認められたいがため」。
そして、それは「まとめる」という表現の「束縛」「支配」でした。

そのために様々なエネルギーを巻き込み、だまし、束縛し、そして自分自身もがんじがらめになっていった、そういった側面がシャーマニズムの歴史にはあったようです。

私たちが、一度はスピリチュアルという世界を自分たちから切り離したのには、今改めて別の視点から見るためだったのかもしれません。
そうやってそこから抜け出すしか方法はなかったのだと思います。


モーナ・シメナオ氏から始まって、ヒューレン博士やKR女子に引き継がれた「ホ・オポノポノ」の本の中には、あまりそれ以前の話がありませんでしたが、それが何故なのかが理解できました。
彼らが紹介してくれる考え方はとてもシンプルです。
この考え方を理解して、今やっと私の中の記憶は本当の意味で修正され、「重石」は解消されて行っている気がしています。
「スピ」に対する抵抗の気持ちは、よく「魔女狩り」の記憶を持つ女性に見られますが、こういった古い「呪術」にまつわる負の記憶も多いのかもしれないな~と思ったのでした。

でも、一つだけいえることは、こういった類の「呪術」はもう使えないってことです。
そもそも、不可能なのです。
だって、もう地球が3次元じゃないから^^
「自分は3次元で生きている」と思い込んでる人同士の間では、可能かもしれないけど、
そうじゃない人たちにとってはもう異次元の話です。

残っているのは、その時の記憶だけ。
「記憶」だと気がつけば、さよならすればいいだけです。

私は今日、さよならしてみました。
そうしたら、外で雨が降り出しました^^
浄化の雨が降ってくれたようです。
とても優しい雨でした^^


by atelierkei-0520 | 2019-09-11 23:19 | ◇日々の気づき

今週のメッセージ:イエスからのメッセージ⑭

f0362457_21265556.jpg

こんばんは、皆さん
私はあなたと共にあり、いつもあなたを見守っています。

大人として振る舞うという事は大変なことだと思います。

子供のようでいてはならない。
もういい加減、大人にならなくてはならない。

そんな風に言われたり、自分に言い聞かせてきましたね。
けれどよく考えてください。
ちょっと待ってください。

皆さんはいつ子供だったのですか?
皆さんはいつ大人なのですか?

皆さんは1つのスピリットとして完璧です。
本当は大人だとか子供だとか、そういったものは無いのです。

皆さんがもともと持っているものに自らを近づけたとき、それが分かります。
自分というものを大人だとか子供だとか、
そういった判断はそこにはないでしょう。

もっと自分の奥を見てください。
表面のことにとらわれないでください。

自分の心の奥の静かな部分に触れた時、
もしかしたら皆さんのいう「大人」という理想像に近くなるのかもしれません。

でもそれは、「大人」ではありません。
「あなた」という人の本来の姿。

大人になるのではなく、自分に戻って下さい。

イエス


「今週のメッセージ」でした。
今「ホ・オポノポノ」をやっているせいなのか、それに通じるメッセージとなりました。
思いつきで始めた「クリーニングノート」が、私の「モヤモヤ思考」でもうすぐ一杯になりそうで、まさかの2冊目突入という事態に発展しそうです。
改めて、自分の「決め付け」や「判断」というものが、どれだけほんとのところを隠していたのかを実感しているところです。
いやはや、これは私のライフワークになると思います。。

すっかり秋の雰囲気になってきました。
朝晩は肌寒いくらいです。
今週は雨が多いとか^^

今週も始まりました。
皆さま、よい1週間を~♪





ただいまこちらのワークを募集しています☆



by atelierkei-0520 | 2019-08-26 21:46 | ◇今週のメッセージ

「ホ・オポノポノ・12のステップ」をやってみよう♪「自分」のためのセルフ浄化&ヒーリング・メール講座☆

f0362457_23112029.jpg

こんにちは、アトリエkeiです。

散々ブログで熱く語っていた「ホ・オポノポノ」。
改めて学ぶと、当初の認識をはるかに超えて、私はこの「ホ・オポノポノ」に感服してしまいました。

思いが熱いうちにこの感覚をお伝えしたい!そう思って、今回私が「ホ・オポノポノ」の「12のステップ」を通して得た「気づき」とその「過程」を完全シェアする体験型のメール講座を作ってみました。
ブログを読んでいただいた方の中で「私もやってみたい!」と思った方、是非一緒にやってみませんか?


☆「ホ・オポノポノ・12のステップ」をやってみよう♪「自分」のためのセルフ浄化&ヒーリング・メール講座☆

私たちは今、2020年の大転換期に向けて、エネルギーの刷新を行なっていますよね。
その流れの中で、宇宙の流れを利用しながら、自分の中の溜まりに溜まった古いエネルギーを光に転換している真っ最中です。

今とっても苦しい思いをしている人
自分の内側から沸きあがってくる自分の思いに押しつぶされそうになっている人

そういう人は、まさに今、自分のエネルギーを光に変えようとしているのですね。
新しい高い波動領域に向けて、自分自身の波動を上げているのです。

で、この時期、鍵となるのは「自分との対話」、「内観」です。




■なぜ今「ホ・オポノポノ」なの?■

ごめんなさい
ゆるしてください
ありがとう
愛しています

この「4つの言葉」で問題解決ができてしまうと有名な「ホ・オポノポノ」。
スピリチュアルにご興味ある方は一度は聞いたことがあるかもしれません。


私が今回気がついたのは、「ホ・オポノポノ」は素晴らしい「内観」ツールであると同時に、自分の中を本来の光の状態に戻していく「浄化」のためのツールで、しかもその中には、癒しのプロセスも入っている完璧な「システム」であるという点でした。


「内観」自体は「ホ・オポノポノ」でなくてもできるかもしれません。
シンプルでありながら緻密に設計されたこの「ホ・オポノポノ」というシステムは、たくさんの古いエネルギーの手放しを求められる今、
とにかく、とっても「効率がいい!!」のです。

しかも一度そのシステムを理解し自分の中に取り込めば、未来永劫ずっと使っていけるアセンション移行期のための5次元からの贈り物だと私は感じています。


f0362457_23110615.jpg
このメール講座では、私が「12のステップ」を通して「ホ・オポノポノ」を理解していったプロセスを皆様にも経験していただきながら、
自分のエネルギーを浄化&ヒーリングしていく方法を知っていくのを目的にしています。
そのため、今回の私の気づきのシェアとその過程をご紹介し、皆様にも実際にワークとしてやっていただくことで経験していただく流れになります。

「体験」を何より重視していますので、毎回皆さんにもやってもらうことがあります。
受身型のワークではないことをご了承ください。

では事前準備が必要なのか?
いえいえ!「“ホ・オポノポノ”はなんとなく知ってる」くらいの感覚は欲しいですが、
それさえあれば全然準備はいりませんよ!ご安心ください^^
逆に「知ってはいるけど、よくはわからない」くらいの方が、楽しんでいただけると思います^^

毎回、メールで今やっていただきたいことをお知らせします。
メインの内容のメールは10通くらいになると思います。
ですから、終わるのは10日から2週間くらいだと思ってくださいね。
ペースは、受ける方に合わせながらやっていきたいと思っています。

私の意識の目覚めの時にお世話になった「ホ・オポノポノ」
その時もその不思議な効果と考え方に感銘を受けましたが、
図らずも今回もう一度向き合うこととなった時、その奥の深さに驚かされました。
私たちの構造、そしてエネルギーの動き。
それらは私がこれまで学んだエネルギーの流れや働き、仕組みと共通のものがあり、やはり宇宙の真理は共通なのだと感じます。

「ホ・オポノポノ」の「12のステップ」を通して、自分自身のエネルギーについて学び、「内観」・「浄化」のスキルを身につけてみませんか?

ご応募、お待ちしています。

■「ホ・オポノポノ・12のステップ」をやってみよう♪「自分」のためのセルフ浄化&ヒーリング・メール講座☆
ワーク形式:メール形式のプライベートワーク
期間:一日1通(ご質問やご感想などの返信は含みません)、約10日~2週間程度
価格:25000円(ペイパルによるクレジット払い)

以下の注意点をご確認ください↓

<注意>
・お申込者さまご自身で取り組んでいただく作業があります。
・未成年はご応募できません。
・必ず講座を受けるご本人様がお申込み下さい。
・講座途中の解約はできません。
・お申込み確定後のキャンセルはできません。

お申し込みはこちらから→☆☆☆


ただいま、こちらも募集中です☆


by atelierkei-0520 | 2019-08-21 23:29 | ◇アトリエkeiのワーク情報

今週のメッセージ:イエスからのメッセージ⑬手放しの時

f0362457_22295073.jpg
こんばんは、皆さん
私はあなたと共にあり、いつもあなたを見守っています。

今日は皆さんに大切なお話があります。
これからのことです。

今一人一人が自分と向き合い
これからのことを考えています。
それは形はそれぞれに違いますか、本質は同じです。
古い生き方・考え方を捨て、
新しい感覚で生きるための選択です。

とても怖いと思います。
何も保証がありません。

あなた方は何か保障がほしくて、人に意見を求めたりもしますが
そもそも人に聞くことでもありません。

選択のために必要なのは
「自分がどう生きたいのか」
それだけです。

「安全に生きたい」と言うのなら聞きます。

安全とはなんですか?

「家族みんながちゃんと生きていけること」

それは今できていますか?

「なんとか。でも明日はわかりません。明後日はもっとわかりません。」

いつものようにしていれば、あなたは明日も明後日も安全ですか?

「いいえ、それもわかりません」

そうですね、分かりませんね。
だから怖いのです。
安全でないと思うのです。


皆さん泣いてください。

あなた方は自分の本当の声に耳を傾ける時
安心・安全を捨てねばならないと思っています。
自分の本当の声を取ろうとしたときは、
その恐怖に、または悔しさで、皆さんは涙します。

皆さん安心安全とはなんですか?
それは答えがある状態のことです。

それならば、自分の答えを見つけてください。
本当の自分の答えを見つけるのです。

でもその前に古い価値観の安心を
手放さなければいけません。

その時は思いっきり泣いてください。
なぜなら泣くことで
手放すことができるからです。

手放すことができれば
新しい答えが入ってきます。
あなたの本当の安心・安全
それが「心地よさ」なのです。

恐怖や不安を卒業し
「心地よさ」の中に進んでください。

イエス


久しぶりの「今週のメッセージ」でした。
そんなこと言われても…って感じでもありますが、今私がやっていることはまさに「手放し」です。
「今週のメッセージ」を振り返ると、イエス様結局ずっとこれを言ってるな~と思います。
でも、本当の手放しって、本当に泣きますTT

今までも何度も何度もやってきたつもりでしたが、
やっぱりここにくると、以前には分からなかった、見えなかったものが見えてくるな~としみじみしたりもしています。

ありえんくらいすごいお盆も終わりました。
ここから、どんな世界を自分が作っていくのか、正念場だな~と思っています。

皆さま、今週も始まりました!
よい1週間を~^^

by atelierkei-0520 | 2019-08-19 23:00 | ◇今週のメッセージ

祈りの夜明け

f0362457_20390397.jpg


「ホ・オポノポノ」の「12のステップ」の7日間が終わりました。
7日目の昨日の朝は、これまでと打って変わって、とても心が静かでした。

なんとなくの導きで「ホ・オポノポノ」の本を見つけてからの流れは、始まった当初の予想をはるかに超えた、ものすごい濃い学びの期間となりました。本当に不思議な思いで、今ここにいます。

7日目に不思議な祈りが降りてきました。
それは
「私は手放します。
私は追及するのをやめます。
私は全てを創造主に委ね、この記憶を手放します。」
でした。

これは、私が「12のステップ」を通して学んだ「ホ・オポノポノ」の究極の祈りです。
私は「祈り」と言うものは、心から湧き上がるものであり、そういう祈りが自分の現実を変えていくものではないかと感じ始めています。
ですから、この究極の祈りも、自分の中から湧き上がったときにのみ有効な祈りであると思います。
昨日は、一瞬だけ、この祈りを持つことができた時間がありました。
考えるのをやめ、ただ静かになったのです。
とても大きな発見でした。

私はなぜこの「ホ・オポノポノ」をこんなにまで深くやるはめになったのでしょうか。

ライオンズゲートの前の晩に、私は今まで隠し続けてきた自分の声と向き合わなくてはいけなくなりました。
それは、もう「スピリチュアル」と言うものの中に隠すことはできなくなっていました。
にもかかわらず、8月8日から何故か猛烈に「昔わけもわからずやっていた12のステップをどうしてももう一度やりたい!!」と思いました。
正直、かつての自分がそうだったように、現実逃避なのかなとも思いました。

でも、「12のステップ」の初日になるあの日、
「12のステップ」をネットで調べだし、あの美しいスピリットと繋がるちょっと前にふとこんな風に思ったのです。

「私は、問題が起こったから、ホ・オポノポノをするのではない」
「ホ・オポノポノをするために、問題はおこったのだ」

と。


だいぶ前、「エンジェルサポートレッスン」の生徒さんと過去世を見に行く練習をしていたとき、生徒さんと私の関係を見るというのをやりました。
生徒さんは、ハワイのような南の島で遊ぶ幼い子供たちが見えたといっていて、続きを私が見に行くことになりました。

私が見たのは、こんな感じでした。
お花の冠をかぶったかわいい4、5歳の女の子(生徒さん)とおかっぱ頭の同じくらいの歳の私と思われる女の子が、海辺で遊んでいます。
私たちは波打ち際できゃっきゃと遊んでいたのですが、そのうちに不思議なものを拾います。
それは小さめのガラス瓶で中には丸めた何か文字のようなものが書かれた紙が入っていました。
その文字は私たちが使う文字ではありませんでした。

浜辺を見渡せる高台の崖の上に一人の白髪の女性が厳しい顔をして海を見ています。顔は日焼けして浅黒く深いしわが刻まれていましたが、姿勢はシャンとしていて、年齢不詳です。
厳しい顔のまま、踝を返し、崖を下りていくと、そこに私たちが拾ったビンを持って走りより、女性にガラスのビンを手渡しました。無邪気な私たちの様子とは裏腹に、その瓶を厳しい顔で見つめた女性は、洞窟に村人全員を集めます。
大人たちは深刻に話し合い、それから、何かを紙のようなものに書き写したものを集め、洞窟の奥に隠し封印しました。
その後、みなで輪になり、神の前で踊る踊りを踊りました。
そして、私たちはばらばらになりました。その島を捨てたのです。新天地を求め、船に乗って。
私とその女の子はこの時に別々になりました。

この前世を見たときは、それが何を意味するのか、なぜこの前世を見せられるのかはよくわかりませんでした。
でも生徒さんとの過去の絆としてその前世があったのだということだけを心に留め、特に深くは考えませんでした。

でも、9日の日、歯医者で前歯を入れてもらった帰りの電車で、ある本の説明文を読んだ時、この記憶がよみがえったのです。
それがこれでした↓
f0362457_20472582.jpg
私は、似たような過去世をもう一つ見ています。
それもお友達の前世を見たときでした。
その時も、ネイティブアメリカンのような人たちが平和に暮らす中、とても霊力の強い女の子(お友達)が、これからやってくる者たちが、村を焼き尽くすという予言をし、村人たちが同じように自分たちの大切なものを洞窟に封印するというものです。
この時の村人たちは逃げることはせず、滅ぶことを選びました。

もしかしたら、こういった歴史は私たちの文明のずっとずっと前から、そして宇宙の別の星々でも繰り返されている記憶なのかもしれません。

彼らが封印したものは3次元では存在できないもの。5次元以上の叡智。
でも今は、その封印が解かれていっているのかもしれません。

8月8日の日、私にメッセージをくれた美しいスピリットは、今思うとあの前世の白髪の女性の若い時のような感じもします。

あなたは
あなたのすばらしい人生のために、
今ここに生きています。
だからあきらめないで。

やるべきことをやれば、
またあなたは元に戻ります。

あなたの中に
私はいます。
私が繋がった知識があります。

あなたのことは
私はちゃんと知っています。

私がこんなに深くこの「ホ・オポノポノ」に捕らわれたのは、私の中にある縁のようなものがそうさせたのかもしれないと思うほど、強烈な体験となりました。
もう少しまとまって落ち着いたら、今回の学びを、ご興味をお持ちの方に向けたワークとして提供できたらと思っています^^


by atelierkei-0520 | 2019-08-15 22:00 | ◇つぶやき

ホ・オポノポ「12のステップ」6日目突入。。

f0362457_21223446.jpg
今日で「ホ・オポノホノ」「12のステップ」は6日目になりました。
いつまで続けるのか、この話題。。
でも、今日はまた大きな発見があり、自分の中で「できた!!」となりました。

「12のステップ」は7日続けると「12のプロセス」となるそうで、それが何を意味するのか、ちょっと勉強不足でわかっていません。
でも、「ってことは7日は続けてみよう」となり、今日を迎え、そして「できた!!」となったのです。
何ができたかと言うと、うーん「自分流のホ・オポノポノの理解」でしょうか。
ここに到達したことにより、この考え方を活用できるようになったという感覚でしょうか。

やってみてわかったことは、「ホ・オポノポノ」を理解するためには、段階・プロセスがあり、それにちょうど毎日やって7日くらいはいるんだってことです。

そして、一度その段階・プロセスを踏んで、「ホ・オポノポノ」を理解すると、そのプログラムが自分の中に完全にダウンロードされ、その後は「コード」を入れるだけで作動するようになるのだと感じています。
そのコードが「4つの言葉」や「ブルーソーラーウォーター」などなのだと思います。

つまりは、「4つの言葉」が真の威力を発揮するのは、プログラムをダウンロードしている場合なんですね。
「毒だし」ってことだけで見れば、とにかく感じていることを出していって、「4つの言葉」でクリーニングしていくのは一つの方法として有効です。エネルギーが落ち着きますから。
でもたぶん、「ホ・オポノポノ」の新のプロセスが作動するのは、プログラムがダウンロードされている場合で、醍醐味はこちらのほうだなと思います。

今日気がついたのは、「ホ・オポノポノ」の一連のエネルギーの流れは、脳をシータ波にして行う「シータヒーリング」と全く同じだってことでした。
これにはびっくり。
エネルギーの流れが、全く同じなのです。
でも、シータヒーリングは、なんと言うか、やり方、考え方の点でちょっとだけ弱点があって、「エゴが反映しやすい」のです。
シータヒーリングも教え自体は完全にエゴを手放して創造主にゆだねられるかがキーポイントなのですが、やり方のプロセスや考え方がエゴに捕まえられやすいのですね。

それに比べると、「ホ・オポノポノ」は完全にベクトルが自分に向いているのと、「0」や「ワンネス」の考え方を上手に織り込んでいるので、「エゴ」が反映しにくい構造になっています。
だから、ようするに「やりやすい」のです。
理解すれば。

少し前に「体のこと」についての気づきを書き始めていたのに、とまってしまっていましたが、今は「ホ・オポノポノ」を学びまた新たな理解に進んでいます。
「元に戻す」こと。これがキーだと書きましたが、「ホ・オポノポノ」も目指すところは「元に戻す」ことなのです。それが「0」。

「100%自分の責任」を受け入れて祈ると、顔面神経痛でご飯がスムーズに食べれなかった父が、ご飯を食べれるようになりました。
そして、「左ひじが痛い」という母のひじも、自分の中の記憶をクリアにしてから、見るとどこが原因かわかってしまい、そこを揉んだら改善してしまいました。
そしてまた今日、母が腰が痛いと言うので、「シータ波」のヒーリングと「ホ・ポノポノ」を織り交ぜたヒーリングをすると、やっぱり改善してしまいました。
体の反応は、早いです。

自分の現実の問題に関しては、もう根っこがものすごく深いようで、どんどん出てきて現在クリーニング真っ最中^^;
こちらはちょっとまだ報告できることはありませんが、とにかくもっとやってみたいと思っています。

大分前に見たエドガー・ケイシーの映画の中で衝撃を受けた言葉のことを書いたことがあります。

人が更なる進化を遂げるために必要なことが2つある。
一つは、これははじめはとても恐いことだと思うけど、自分の様々なことを信じて「流れ」にゆだねられるかどうか。
そうして、もう一つは、これは一つ目が出来なければ絶対に出来ないことだけど、「神を○○できるかどうか」。

ってやつですが、この「流れにゆだねることができる」状態が「0」なんですね。
確かに、自分の顕在意識だけでそこを「ゆだねる」と決意して実際にゆだねるのは「怖いな」って思ったけど、「ホ・ポノポノ」をやることは普通にそこに戻っていく流れになるので、「怖い」って感覚もなく、それができそうです。

どんな風に転がるのかわかんないけど、やっていこうと思います。

上の写真は、金鳥山の絶壁ゼロ磁場で叫ぶ私です。
かなりへっぴり腰。。ガイドさんはさらに2段上の、「絶対無理!!」ってとこに立って「愛」と「感謝」を叫んでた。
私もここまで着たからには、「やらん」選択肢はないと思い、「はずかしい」の先に行くために、ちょっとだけ安全も確保しつつ、叫びました。「愛」と「感謝」。

このときから、この「ホ・オポノポノ」の流れは始まっていたのかもしれません。。

by atelierkei-0520 | 2019-08-13 22:39 | ◇つぶやき