アトリエkeiのスピリチュアルなシェアノート

keiatelier.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:エネルギー ( 71 ) タグの人気記事

体へのアプローチが知りたいという一件②

f0362457_22225149.jpg
前回の続き
前回の投稿↓
「体へのアプローチが知りたいという一件①」


「体は“治す”のではない。“元に戻す”のだ。」

これは、かなり前に創造主にどうすれば体を治すことができるのか?と聞いたときに返ってきた返事だった。
私は、この言葉を聞いて、体を改善させるためには「治す」という概念ではそれは行われないのだということを初めて知った。

「発想を変えなければいけないのか…」
アドバイスはとても新鮮だったけど、でもその「元に戻す」という意味がどうやっても掴めなかった。
問題が起こる前の段階に戻すことなのか?
ということは時間を戻すということ?そんなこと可能なの?
毎日、確実に時間は過ぎていって、自分も確かに年をとっている感覚がある。
そんな中で「時間を戻す」???

この時私はこのヒントの探求に夢中になるも、これ以上のことは全くわからなかった。
私の波動状態では到底これ以上は進めないのだと悟り、ここから離れることになるのだが、昨年の強化月間の時に、体へのアプローチが少し前進することになった。

その時のことはこちらにも書いた↓



意識を集中させることによって面白いように腱鞘炎が改善した時、「腱鞘炎はなんとかできる」なんて思った私はまた無理をし腕を再びおかしくしてしまったのだけど、「大丈夫、治せるもん♪」と余裕をかましてやってみるも、なんとその時は同じようにやってみてもうまくいかなかった。
焦った私は、本当に自分の浅はかさを後悔し、改めて体について考えを改めた。
「体はモノじゃない」
その時、無理をさせたことを心から体に詫びて、そしてもう一度静かに体に耳を傾けた。すると今度は体は反応し、それによって再び改善してしまった。
この時、初めて体に対して敬意を表する気持ちが私の中で出来上がった。
「心から接すれば、体は聞いてくれるのかもしれない」
その時思い知ったのは、「治してやる」「やってやる」「できる」そういう3次元的な発想では、この変化は起こらないってことだった。
どれだけ真摯に体と向き合うか。本当に体と向き合う心がそこにあるのか。
そんなものが体に変化を起こすためには絶対的に必要なのではと感じた。

この時に掴んだもう一つの感覚は「体は自分で自分を治す」ってことだった。
だから体のヒーリングで必要なことは、その体の動きを促すこと、そしてもう一つは邪魔しないこと、これがもっとも大切なのではと思ったのだ。
これだけわかれば、もう何でも体に関しては「わかった!」となるかと思ったりしたのだけど、実際はそうはいかなかった。
何かが、なんというかモヤモヤしているというか、言語化できないというか、理屈がわからないというか、これ!というものが足りないというか。。
で、やっぱり、この後も手ごたえがあったり、なかったり。

「向き合う心」
これもなかなか難しい。
だって、「治ってほしい」という思いが、どこから来るのかってところによっても、この心のエネルギーも変わってくるし。

ということで、ここでもまた自分の限界を感じ、あきらめるわけではないのだけど、「体」へのアプローチをこれ以上追及することは一旦棚上げにした。
なぜなら、今の自分の波動では「ここまでだ」ということがわかったので。

物事の探求というものは、それを知りたいという揺るがない「意志」も必要だけど、こだわりすぎるといつの間にか「執着」という重い波動を持つようになる。
このブログでも何度か書いているけど、全てのものは波動という周波数によって分けられた細かい「次元のレイヤー」の上にある。
知識もテクニックも全て。
だから何かを知りたいと思っても、その情報が今の自分より上のレイヤーにある場合は、「今」の自分では絶対にそれを手に入れることはできないのだ。
だから私は最近はこういう状態になったら結構ささっと切り替えができるようになった。
でも追求を全くやめたわけでもなく、ルナの事件や自分のことや家族のことなどで考えるきっかけがあればいつもやっぱり考える。

こうしていつも何処かしらで「体」に思いを馳せる私だったが、この間は初めに書いた創造主の「体は治すのではない。元に戻すのだ」という言葉をすっかり忘れていて、何故かこの言葉を思い出すことはなかった。

ところが、そうこうして今年、あれ??と思う瞬間があった。
その時に思い出したのです。この創造主の言葉を。
そういえば、そんなこと言われてたっけ?って。
あれは、もしかしてこのこと??って。


「体は“治す”のではない。“元に戻す”のだ。」

“元に戻す”とは「時間」ではない。

“元に戻す”とは「感覚」なのだ。

細胞がもつ「感覚」
これを“そもそもに戻す”

それが「体が改善する」ことになる。。のでは???

つづく



by atelierkei-0520 | 2019-07-19 22:51 | ◇日々の気づき

体へのアプローチが知りたいという一件①

f0362457_21262368.jpg
数日前から「毒だし」期間に入っているようで、今日はなんだかものすごく喉が痛くなってます。
ここ1ヶ月ほど、いや、もう少し長い期間かもしれませんが、感覚的に私は今「喉のチャクラ」を調整する動きに入っている気がしています。
個展1週間前から「ぎっくり首」になったりしましたが、「首」も痛くなったり治ったりを繰り返す中、必ず首が痛いときに前側の「喉」にも違和感を感じます。
そして今日は「喉」が痛くて咳が激しく出ます。

今地球上で起こっているアセンションという次元上昇では「心」だけではなく「体」も高い周波数にあわせて変化しているといわれています。
そのせいなのかはわかりませんが、少し前から私は「体」にとても興味を持つようになりました。
スピリチュアルを学んだのは、「天使」や「守護霊」や「前世」などを知ることで「心」の状態がよくなっていくことに興味を持ったからでしたが、最近はその学んだことで「体」にアプローチできないのだろうかってことの方に興味が移っていっている感じもします。

なぜなら、「心」がひと段落すると、なんか「体」だと思ってしまうのです。
なぜなら「心」と「体」は常に同期しているから。


例えば、一昨日から、なぜか久々に「自分が情けない」という感情がどんどん出てきて困ってしまいました。
とにかく人と比べては自分が情けなく感じて悲しくなるのです。
「ちぇ、なんだ、まだ残ってるのかあ」なんて少々うんざりしながら「思い癖だ!抜こう!」と思っても、いつものようにうまくその思考から抜け出せません。
なんだか「できない」というよりも、その思いを手放そうとする気が全くない自分がいるような、不思議な気がしました。

それが昨日の朝まで続いたのですが、朝、お布団の中でふと気がついたのです。

「あれ?なんか、私、腰がおかしくない?」と。

そう気がついてみると、ここ数日少し腰に違和感を感じていたのを思い出しました。
そこで、寝たまま自分の腰をヒーリングしました。
腰の違和感が取れたのですが、なんとその後むっくり起き上がった私の中にその「なさけない、、」という感情がすっかりなくなっていて、いつものとおり「さあ、今日は何をしようか」と一日に対する幸せな気持ちが戻ってきていました。

で、この日はその後、その「なさけない、、」の原因の思い癖が何かの拍子にとんでもなく「ばかばかしいな~」と思うことになるというちょっとした気づきが起こり、「あ~、この気づきのために毒だしだったのか」と納得したにもかかわらず、夜にはまたちょっと「うつうつ」した感情がなぜか戻ってきてしまいました。

「困った」と思いながらお風呂に入りました。
お風呂から上がって気がついたのですが、また腰が治ったときと同じように「うつうつ」の感情がなくなっているのです。
「あれ??お風呂であったまったら、うつうつがなくなってる…」
不思議な感覚でした。

心の健康には体の健康が欠かせないことは、スピリチュアルじゃなくとも常識になりつつありますが、やっぱり不思議ですよね。

※※※

私の最近考えていることはこんなことです。

もし、人が、自分の体のことをある程度コントロールすることができたら、どうなるのだろう。
突然出てくる体の不調におびえることなく、ちゃんと自分の体のことに対処できるというスキルを持つことができたらどうなるのだろう。
コントロールできない、コミュニケーションできないと思い込んでいる自分のこの体と話し合いながら、人生を送れるようになったらどんな感じなんだろう。。

それができれば、人はもっともっと「自由」になり「独立」するのではないだろうか。

もし、それが「普通の人」である自分ができるようになったら、それはどんな人でも可能なはずだ。


そんな風に考えると、なんだか「ワクワク」するのです。

だから少し前、本気で神様に祈ってみました。
「私は体を治すアプローチを知りたいです!本当に知りたいのです!もしそれを知ることができるのなら、私は必ず知ったことを人に伝えます!」って。

この祈りがどこまで通じるのかは未だわかりません。
この祈りの随分前から私はこのことについては本当に強く興味を持っていたのですが、いつも「これかも!」と思ってはその後はなんか進まず、なんかもやもやしてしまい、結局は「体」は難しいね…」って感想しかもてませんでした。

でも、祈った後、個展の少し前に、すごいびっくりな経験をし、初めて「もしかしたら」という気づきを得ました。
その気づきはまだまだ不安定で、本当なのか、効果があるのか、そんなことも検証の数が少なすぎてわかりません。
今までのように「やっぱ、よくわからん。。体は難しいね…」という結論になるのかもしれません。

だから、この状態でここに書いていいのかもわからないので、書くべきか迷っています。
でも、このことをまだ書く段階ではないかもと、別のことを書こうとしてもまったく思考が動かないのです。
ということで、ちょっとだけ次回この気づきについて書いてみたいなと思っています。

by atelierkei-0520 | 2019-07-11 21:41 | ◇日々の気づき

気がつけば七夕。。

f0362457_20570538.jpg
昨日からどんどんエネルギーが強くなって、今日はものすごく眠く、心地よい気だるさの中にいました。
そして、「暑い」。
写真は昨日の大阪の空。

考えてみれば、今日は「七夕」。77というぞろ目の日です。
こういう昔からの言い伝えのある日は、なんかエネルギーが高くなる気がする。
きっと何かあるから「言い伝え」ができたのだろうなとも思う。
昨日も今日も何やら空が忙しげでした^^

そんな中、個展の事後処理のめどがやっと立ってきました。
後は、「片付け」…
それが終わったら7月中に納品予定の品を制作しなくちゃいけません。

織姫と彦星に思いを馳せる暇もなく、現実が過ぎていきますが、でもなぜか順調で穏やかです。
今晩は静かで幸せな夜でありますように。
明日、片づけがちゃっちゃちゃっちゃとできますように。。

皆さま、今週もお疲れ様でした~♪


by atelierkei-0520 | 2019-07-07 21:13 | ◇つぶやき

おやすみ中のつぶやき2019⑧おやすみ中の最後のつぶやき

f0362457_21473117.jpg
あー、終わりました。。
今日は搬出の日でした。
まだまだこれから片付けが残っています。
写真は6月17日の空ですが、今日の夕方帰りに見た空の表情がよく似ていました。
この空を見ながら、「終わった~~」と感無量。

今回の強化月間も、また学びが多かった気がします。
3回目の強化月間は過去2回とは全く違うエネルギー状態で過ごすことができ、この状態がどんな風に現実に現れてくるのか、正直楽しみでした。
これについては、また改めて書こうと思います。

今回の個展でここに書けることとしては、なんといっても「エンジェル・サポート・レッスン」の卒業生さんが2人も来てくださったことです。
このレッスンはオンラインのレッスンです。半年程のレッスンの中で親しくはなっていたものの、実はお会いするのは初めてという不思議な感覚の再会となりました。

で、やっぱり驚いたのですが、声だけと実際にお会いするのとでは、お二人ともぜんぜん違っていました。
お二人とも、エネルギーがキラキラしていて、お店の人も私もすごくうれしくなりました。

一人はまるで、天使か妖精のようで、もうお一方は強くてかつやさしい女神のエネルギーを感じました。

こんな感じ↓
f0362457_22221300.jpg
お二人とも、たぶん自覚はないと思います^^

「エンジェル・サポート・レッスン」を卒業された後、きっとこのお二人は独自の世界を自分で切り開いていかれているんだろうなと感じてしまいました。エネルギーが大きくなるんですよね。お二人のエネルギーは店いっぱいに広がっていました。

こんなに素晴らしいエネルギーを「普通の人」が実は持っているんです。
「普通の人」も、すごいんですよ^^
「普通の人」たちが、自分の中の本来のエネルギーを開放する時代に入っているんだなってつくづく感じました~♪

※※※※

これで、今年の強化月間のつぶやきはおしまい^^
次回からは通常に戻していこうと思っています。
今月は、「エンジェル・サポート・レッスン4期生」を募集したいと思っています。
そのためのHPも作る予定!
またブログもよろしくお願いいたします^^

by atelierkei-0520 | 2019-07-01 22:46 | ◇つぶやき

おやすみ中のつぶやき2019⑥

f0362457_14375933.jpg
あー、なんと幸せなことか。。。
と、寝転びながら空を見ていました。

今日は個展は会場が定休日でお休みでした。
ということで、徹底的に体を休める一日にしました。ほぼ夕方まで「お昼寝」状態。
つくづく、ものすごく疲れていたんだな~と実感。。心と体が子供のように喜んでおりました^^

そこで改めて思ったのですが「幸せ」という感覚は、やっぱり疲れすぎや緊張感の中では湧き上がってこないものかも。
私も個展初日から3日目までは「アドレナリン」のほうが勝っていたのか、「ドキドキわくわく」「楽しい♪」が強かったのですが、4日目5日目になると今度は「疲労感」のほうが勝っていて、とにかく「はよ休みたい…」っていう気持ちが出てきました。

で、不思議なものですが、こうなってくると、エネルギー的に下がってくるので、初日から3日目にはまったく気にしていなかった売り上げが気になったり、アイテムの売れ方が気になったりしてきて、同時に「暇」な時間が増えていきました。
暇になるとこれまた不思議なことに、3日目まであんなにお客様を喜ばせていた作品たちが、たまにお店の人に誘導されて仕方なく見に来たお客様には、全く響かない作品たちとなり、それを見てちょっと悲しくなったり、何か足らないものがあるのかしら?なんてちょっと落ち込む自分が登場してきたり。
しかも昨日なんかは、家から「ルナがおなかの調子が悪いみたい。ご飯たべない。帰りにルナが食べやすそうな何かを買ってこれたら買ってきて」なんてメールが入って、「え~~~!!はよルナの元に帰りたい><」なんて状態になってしまいました。

帰り、自分の身に起こってることを考えてみました。
この4日目5日目の感じというのは、かつての自分そのままで、これもやっぱり「脳」が私に「いつもどおり」のパターンを提供しているのだと思いました。
だから、これまでの私は、こういう日は家に帰ると「今日はぜんぜんやってん…疲れたわ~」なんてどよ~んとしてたのですが、今回はそれはやめようと思いました。
で、帰って一番にこう言おうと決めました。
「今日はぜんぜんやってん。でも、楽しかったよ^^」と。

で、本当にそうすると、そのとたん、口からその言葉を出したとたん、心が「ふわ~~~」と軽くなって、本当に「今日は楽しかった」となったのです。
これね、本当に嘘ついてるわけではないんです。この二日間は「暇」だったおかげで、店員さんと思わずプライベートの話しになり、今までなぞだらけだった店員さんの面白い話がいっぱい聞けたり、お客様にはなってくれなかったけど、店員さんを挟んでものすごく素敵な人と3人で2時間近くワクワクする話をしたり。

つくづく、「どこに焦点を当てるか」で感覚っていうのは変わるのだということを感じました。
でもやっぱり考え方をどちらに持っていくのかを「選べる」ようになったのは、私の中で溜まりに溜まった「ネガティブな思考」って言うものをある時期から徹底的に向き合って消化していったからだと思っています。
ある程度これをしないと、そもそも「ポジティブな感覚を選ぶ」ことさえ重荷になってしまう場合もあります。
だから、無理なく「選択できる」自分でない場合は、まずは気持ちを感じるところのほうが大切だなと思っています。

さて今日は、朝起きた時から「うを~~~!!やった~~!!休むぞ!!!!」となったので、普通に起きてわんこの散歩をして朝ごはんを食べた後は、とにかく「昼寝」三昧。体と心がめっちゃ「しあわせ~~~」と言っていて、私もうれしくなっていたら、なんと展示会1週間前に「ぎっくり」きておかしくなり、マシになるもずっと痛かった首のどこがおかしいのかがわかってしまい、そこをゴロゴロしながら「ここなんだよね~、、」と摘んでそのまま寝ちゃったら、おきたらおかしかったところが直ってしまいました^^
調子に乗って、「これ、親指の痛いところも直せちゃうかも。お、ここだ。」とまた摘んでいたら、そこも直っちゃいました^^
不思議ですよね~、、何とか直そうと真剣にヒーリングしてたときはマシにはなるも直らなかったのに、「幸せ~」の状態でやるとできちゃうって。

ちなみに、わんこの調子のほうは、昨日会場から遠隔でラファエル様にヒーリングしてもらい、なんかいい感じだったので安心して帰ると、「ルナはご飯いっぱい食べてご機嫌だよ」とこちらも解決していました。
今日は朝から元気いっぱいに散歩もして、私もうれしくなりました。

いい結果というのは「自力」と「他力」が融合したときにおこるもの。
そういった気づきも改めて強くしている今日この頃です^^

またこの期間の気づきもご紹介したいと思っています。

by atelierkei-0520 | 2019-06-25 17:12 | ◇つぶやき

おやすみ中のつぶやき2019④:ホントつぶやきです。。

f0362457_19472221.jpg

すごい気づきがきました。
新しいステージに入った気がします。。

そうなのかもしれない、そのことを言っていたのかもしれない。

ここ2年の個展の前の強化月間は毎年新しい大きな気づきをくれたけど、3回目の今回はまさに仕上げのような気がして、でも、感じていることに現実がまだ追いついていなくて、「かもしれない」で留まっていたら、なんと、今日ふしぎなメッセージをある方から頂きました。
その方の夢で私が10人程の人に囲まれて座り、何かをお祝いされていたというのです。その光景はお誕生日会のようだったと。

キーワードは「観想」と「感謝」
この二つの言葉は、次のステージの生き方、あり方そのままの気もして、本当に不思議でした。
新しいスタート。
夢の話は私の心境とぴったり沿っていて、そしてそれは上で繋がっている誰かからもお祝いされることなのだと思うと、何だか感無量でした。
長かったなあ、、、。

気づきの話はまた言葉に出来るようになったらここでもシェアしたいと思います。

今週はイエスさまのメッセージはお休みします。楽しみにしていて下さっている方々、ごめんなさい!
頑張りますーーヽ(;▽;)
f0362457_19473788.jpg


by atelierkei-0520 | 2019-06-06 18:35 | ◇つぶやき

おやすみ中のつぶやき2019③今日の空も凄かった。

f0362457_23412421.jpg

f0362457_23304794.jpg

f0362457_22571455.jpg
今日の空も凄かった。
凄かったのは空全体だったから、とてもカメラには収められなくて、それが残念!
でも、先週の空とは若干趣きが違っていたようにも思う。
今回の空は、
「攻防」って感じ。
5次元以上の存在たちが、3〜4次元エリアの大掃除の為に降りてきたって感じで、掃除される側の必死の攻防を感じた気がした。

空の戦いとは別に地上の私の周りは穏やかで、なんか、ちょっと人ごとというか、有難いというか、不思議な感じ。

今日は特に龍さんたちが宇宙のファミリーたちと大活躍だった気がしてます。
そしてこの方、前回の空にもいた方のような気がしてます(^^)↓
f0362457_23333306.jpg

これ↓
f0362457_23361927.jpg

今回の作戦の指揮官さんだったりして(^^)
空を見るだけでいろんな世界を妄想します。

by atelierkei-0520 | 2019-05-30 23:37 | ◇つぶやき

今週のメッセージ:イエスからのメッセージ⑥

f0362457_10130077.jpg
おはようございます、皆さん。
私はあなたと共にあり、いつもあなたを見守っています。

今日は私たちについて話しましょう。
皆さんは私たちを特別な存在だと思います。
「アセンションした人」などと呼びます。
マスターであり人間と言うものを超越した存在であると言う言葉で表現されているかもしれません。
けれど、私たちは皆さんと何ら変わりはありません。
違いがあるとするなら、それはたった1つで
皆さんは有限の世界に生きていて
私たちはその外にいると言う点だけです。

この違いが何のためにできたのかと言われたら、
それは宇宙の大いなる意志の下、エネルギーを生み出す動力として有限の世界が必要で
そのため勇敢な皆さんがその役割を担うことを引き受けたのです。

ですから宇宙と言う壮大な生命は
皆さんと言う存在がいなければ成り立たず
それは例えるなら皆さんの体の心臓のような役割を持っています。

皆さんがエネルギーを引き入れ、浄化し、放出するその動きは
まさに心臓のような役割を持っているのです。

私たちの持っている役割としては
その勇敢な皆さんを支えることであり
また皆さんの行うダイナミックなエネルギーの動きの一部として
皆さんの中に存在することです。

天使やアセンデッドマスターのエネルギーは
そのまま皆さんのものであり
皆さんはそれを皆さんの意思で活用できます。

そのような形で皆さんと共にあれることが
本来の形であり、われわれが望むことで
外側に置かれ崇められることを望んではいません。

私たちのエネルギーを皆さん自身の中に引き入れるために
今、皆さんはこの宇宙での自分の存在と言うもののあり方を
再認識しています。
本当の自分に気がつくためには、
これまで持ってきた枠を外すことが必要です。

それは「いらない、いらない」と否定することではなく
すべては必要であったと肯定することから始まります。

皆さんが持つありとあらゆる願い・思い・願望・欲望、そういった事は
宇宙の大きな観点から見ると全て必要だった
そういう視点が持てますか?
自分の全てを受け入れ・許し・肯定することができますか?

これが呼吸になります。
大きく息を吸う行為になります。
その時我々のエネルギーが皆さんの中に吸い込まれていきます。
そしてわれわれは皆さんの中に新しい新鮮な空気を運び入れて皆さんのために働きます。

自分を許し大きく息を吸ってください。
私たちを吸い込んでください。
自分が持つ壮大な形を知り、
自分の全てを受け入れてみてください。

イエス


今週のメッセージでした。
このメッセージに先駆けてなのか、先週不思議な感覚の体験をしました。
「自分を許し受け入れる」とこんな感覚になるのかという不思議な体験です。
些細なことですが、また自分の中のエネルギーが変わったのを感じて、静かな確かな「喜び」というものをかみ締めていたら、昨日「エンジェルサポートレッスン」の生徒さんからもうれしい報告をもらいました。
生徒さんの話を聞くと、「それって特異点に到達したんじゃないですか!?」っていう内容で、やはり、自分のある側面を受け入れた結果起こった大きな内側のエネルギーの変化で、生徒さん自身も「こんな感覚になるなんて!」とびっくりされていました。
この話も、やっぱり本人にとっては一大事でも、一般的には些細な出来事なのかもしれませんが、「自分の何かを許し受け入れる」ことができた時のエネルギーの変化は本人にとってはすごいことです。
一人ひとりの些細な出来事による個人の変化は一見他者には関係のないことのように思えたりしますが、実は人類、宇宙という視点から見るとすごく大事なことで、ひいては他者にとっても馬鹿にできない「大事」のような気がしています。
「一人ひとりが自分を受け入れること」の大きさを理解し始めています。

自分の内側を認めることというのは、否定的な側面を「いらないから何とかしよう」としてもうまくいかないことがほとんどです。
でも、ただただ、その「いらない」と感じるものを見つめていると、あるとき自分の中から「ひらめき」のようなものが登場して、その「ひらめき」が「いらない」ものと置き換わったときに、「ぐわん」と自分の中が変わります。
だから、できることは、ただ正直に自分を見つめるだけだと思います。
それがイエス様の言う
「いらない、いらない」と否定することではなく、すべては必要であったと肯定することから始まります。
ということだと感じています。

皆様、今週もよい1週間を~^^♪

by atelierkei-0520 | 2019-05-29 10:58 | ◇今週のメッセージ

おやすみ中のつぶやき2019①人間が作る消費の世界

f0362457_17350737.jpg

今日は石の展示会でした。
仕入れルートは他にもあるんですが、この展示会は一年に一度。だからとても楽しみでしたが、ここの感じ方も変わってきたなーとつくづく思う一日でした。

ここ数年、アジアからの観光客や小売りの業者さんが増えたためか、もう出来上がっている「製品」の量がかなりを占めるようになり、私のような「ルース」と呼ばれる裸石を目的に行く作家にとってはちょっと寂しい光景になってきています。
そんな中、今日は不思議な感覚になりました。

絶対に売り切れない大量の製品たち。
使われているのは天然石や貴金属なので、全てが処分されるわけではないだろうし、大部分は再利用されるのかもしれないけど、
廃棄する、再利用する、を前提に作られたモノたちの放つエネルギーは、なんだかペカペカと痛かった。

石も金属も、人工的なプラスチックや科学薬品でさえ、本当はこの地球から生まれているのは間違いないのに、山や森や海や空が持つエネルギーとの違いはなんなんだろう。

人間の持つ、「意図」の力は、本当に凄いのだと思うのです。
本来は同じものを、「意図」によってここまで違うモノにしてしまう。
「全てのものは人間の意識が作る」っていうのも、なんか納得してしまいました。

だから、私たちは目の前のものとどういう「意図」を持って関わるのか、それが物凄く大切だなーと改めて思いました。

自分が今持ってる石を大切にしようと改めて思い(買ったはいいが10年以上使ってない石とか結構あります(^^;;)、なんと今年初めて一個も買わずに帰ってきましたー(´・_・`)

一個一個を大切にする世界で生きたいなーと思いました。
消費活動を見直そうっと!

by atelierkei-0520 | 2019-05-17 16:56 | ◇つぶやき

「ガラクタ捨てれば自分が見える」風水整理術入門:カレン・キングストン著

f0362457_23101471.jpg


いよいよ10連休が始まりましたね^^
といいつつ、私は展示会2ヶ月前ということで、連休どころではありませんから、やっぱり特別なこととといえば、平成が終わり「令和」になるってことのほうでしょうか。

さて、先日もチラッと書きましたが、ここ最近の浄化の仕上げとしてのように突然「ガラクタを捨てよう!」という気になりどうしても処分できなかったものをついに処分しました。こちら↓



で、その気にさせた本というのが上の写真のこの本です。

「“ガラクタ”捨てれば自分が見える」風水整理術入門:カレン・キングストン著」

「風水」と聞くと実は私はちょっと苦手です。
何故かというと、「きまり」が多すぎるからです。
方角・色・場所・間取り…あげればきりがありませんし、人によって見解も違うし、何より本当は素人では理解できない難解な学問のような深いものであると思うので、理解する前にギブアップしてしまいます。

ところが、この本は違いました。著者が欧米人だからでしょうか。
良く聞く「風水」の話がどうやったら運が良くなるかってところに着目して、色や方角や置くものについていろいろと語っているのに対して、この本はどうやって自分の周りから不要なエネルギーを取り除くかってことのみにフォーカスしてくれていて、内容は完全に「スピリチュアル」でした。
自分にとっていらないものを処分していくことをエネルギー的に理解してやってみようという内容で、それは完全に「内観」「浄化」について語られているものでした。
少し極端なので、はじめは私のモヤモヤした気持ちの声が「そんなに割り切れたらそもそも問題なんてないんだよ!」なんて抵抗もしたのですが、読み進めていくうちに、なんか体がうずうずしてきて、“ガラクタ”を処分したくてしょうがなくなるという状態になり、結果20代の自分への執着を剥がすという大浄化の時間を持つことになるという不思議な効果をもたらしてくれた本です。

ちょっと古い本ですが、「断捨離」なんかがよく取り上げられるようになった今、十分受け入れられる内容でした。
簡単な内容で当たり前のことが書かれているのですが、何故かパワーをもらえた気がします。書いた人のエネルギーによるものかもしれません。

明日は「鳩の目覚め」という大きなエネルギーが降りてくる日のようです。
先日ある生徒さんが気がついてくれたのですが、「鳩=ハート」なのかもと感じています。
「ハートの目覚め」
記事の内容とも合致するので、きっとそうなのではと思っています。
たくさんの人たちが自分のハートの声に耳を傾けるようになる、それが「令和」の時代かもしれません。
これからのエネルギーをしっかりと受けとるためにも、もう手放してもいいものは手放して、新しいエネルギーのための「スペース」を明けてもいいかもしれませんね^^

それでは皆さま、良い連休をお過ごしください~♪
こちらのブログも連休をいただいちゃうかも……。。そろそろ恒例の「強化月間」に入らなければいけませんので><!
つぶやきは書いたりするかもしれません!

by atelierkei-0520 | 2019-04-27 23:10 | ◇日々の気づき