アトリエkeiのスピリチュアルなシェアノート

keiatelier.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:アセンション ( 11 ) タグの人気記事

今週のメッセージ:イエスからのメッセージ⑤

f0362457_22293943.jpg

こんばんは、皆さん
私はあなたと共にあり、いつもあなたを見守っています。

今日は共同作業についてお話しします。
皆さんの今ここに生まれてきた1つの理由として
ものごとを経験すると言う目的があります。
それは本当はもう既に知っていることを別の角度から再確認するためであり、
体験によって物事の理解を深めることが目的です。

ですからあえて困難な道を選び
手助けを最低限に抑えながら前に進もうとします。
痛みを知ることで痛みというものを知り、
また痛みを知ることで痛くないという状況を知ろうとするのです。

皆さんの中にあるもともとのプログラムがこのような形で設定されており
それ故、助けを求める事はどこか反則のような
意志に反するような
甘えのような
そんな感覚になるのが普通です。

けれどアセンションの流れの中では
このプログラムが一つ一つ書き換えられています。
すべてのものと調和し共鳴することの醍醐味を知る段階に入っています。

まずは自分の周りのスピリットたちに目を向けてみてください。
目をつぶり、そこと共鳴するイメージを持ってみてください。

1日1回穏やかな静かな心になって
「今日という日を共に経験し、すべての目的を共に達成しましょう。」
または
「今日という日を共に経験しました。すべての目的を共に達成できたことを喜びます。」
と言ってみてください。

自分の周りのスピリットたちとの一体感を感じてみてください。
そして、その感覚がわかったらそれを少しずつ広げてみてください。
周りの人々
周りの自然
周りの生き物
この世にある全て

あなたはすべての存在と共鳴する存在です。
ワンネスの感覚を見つけてください。

あなたが穏やかな心で他者と共鳴する時、
共同作業が行われます。
一人では成し得なかったことが、
そこで起こります。

共同作業の醍醐味を知って下さい。

イエス

今週のメッセージでした。
イエス様からのサポートチームとの連携を強くしていくためのアファメーションを教えていただいたように感じています。
このブログでも、「とにかくお願いしまくること」が、すっごく効果的だと書いてきました。
でも、今日はもっといい方法を教えていただいた気がします。


「今日という日を共に経験し、すべての目的を共に達成しましょう。」
で一日を始め、
「今日という日を共に経験しました。すべての目的を共に達成できたことを喜びます。」
で、一日を締めくくる。
そんなイメージを持ちました。


「共に経験し、共に喜ぶ」
そうですよね、私たちは「チーム」です。
「チーム」として「私の人生」という目的を日々体験しています。

「助けて」もいいですが、「一緒にやろうよ」っていうのは、もっとなんか、楽しい気がしました^^

皆さま、今週もよい1週間を〜♪

by atelierkei-0520 | 2019-05-21 22:52 | ◇今週のメッセージ

ノートルダムのアセンション


f0362457_21512492.jpg


今朝、うそみたいなニュースが飛び込んできました。みなさんもびっくりされたんじゃないかなと思います。
パリにたくさんの思い出のある友人からは「気持ちがついていかん…」と呟きが送られてきました。

私もノートルダムには、ものすごい前の話ですが何度か行ったことがあります。それこそ、スピリチュアルの「ス」の字もなかった頃でしたから、私にとっては普通にすごい有名な観光地でした。
でも、中に入った時に見えた「バラ窓」の美しさには息を呑んだことを覚えています。
荘厳な雰囲気と美しい光りを写真に撮りたかったのですが、現像した写真には光りは100分の1くらいになってしまっていて、がっかりしました。もう一つ覚えているのは、お土産で売られていた小さな銀色のマリア様のペンダントトップで、自分で紐をつけてその頃少しやっていたビーズのネックレスと重ねづけしたりして楽しみました。

まさか、このタイミングで、燃えてしまうなんて。しかも、ノートルダムが。

800年近くの間、これだけ実は燃えやすかった大聖堂をずっと守ってきたフランスの人々の落胆は察するに余りあります。
でも、こう思っています。
きっと次の1000年のための新しいノートルダムができるんだと。
前の時代の大切なものを引き継ぎつつ、開いたスペースには未来のエネルギーが入ってくる。
ノートルダムもアセンションを選んだのだと思います。

燃える大聖堂を見ながら賛美歌を歌っているパリの人々が印象的でした。
その歌声が古い時代のエネルギーに癒しを与え天に還しているように感じました。

今日は衝撃的すぎて、ここに記録せずにはいられませんでした。
「見つめる先は光りであると信じること」
イエス様の言葉が心にしみました。

by atelierkei-0520 | 2019-04-16 21:53 | ◇つぶやき

見えなかったものが、見える時代へ

f0362457_22125793.jpg
今日はやっぱりこの話題。
すごいエネルギーの日だな~と感じた9日の次の日、なんだかそのエネルギーのせいなのか「ぼーーー」っとしていたその日にこのニュースが飛び込んできました^^↓


これって、やっぱり、今は時代の大転換期なのではと思わずにはいられません。
これこそ、「3次元」を抜け出した確たる証拠なんじゃないかな^^

だって、今まではどうやっても見えなかったものが、「見えるようになった」!!!

スピリチュアルの世界は、ある意味とてもマニアックというか、それぞれの人の聖域みたいなものがあって、そこは「目に見えない世界」のこととして、「普通」の社会、「普通」の人間関係の中では、踏み込むことは「タブー」みたいなところがありました。
でもこのニュースは「3次元」的には「信仰」のように扱われたこの「見えない世界」っていうものは、実は「信仰」なんかではなく、ただの、今まで発見されていなかった「科学」や「物理」などの「法則」なんだってことに、みんなが気づいていく時代に入っていっている、そんな予感を感じさせてくれます。

そして、このニュースと連動するように同じ日に、ライトワーカージャパンさんの記事に、なぜ少し前から自分が「浄化」「浄化」と言っていたのかがわかるような記事が投稿されていて、こちらも、「なるほど~」となったのでした。
その記事はこちら(有料記事だけど雰囲気だけでも、ということで貼ってみます^^;)↓

詳しくは書けませんが、4月28日のこの日に流れてくる高い波動のエネルギーを受け取るために、どうも今の手放し期間があるようなのです。そしてこのエネルギーが新しい時代を進めていくエネルギーとなるようです。

今、それぞれの方が完璧なタイミングで「手放し」を行っていると思いますが、とにかく自分を大切にしてもらえればと思います。
少なくとも、自分で自分を責めるのをやめるだけでも、自分の流れをスムーズにしてくれると思います。
いろんなことが起こっている時期だからこそ、ちょっとだけ頭の隅にこういうことを置いておくと、いいかなと思って書いてみました^^


by atelierkei-0520 | 2019-04-12 22:57 | ◇つぶやき

今週のメッセージ:大天使ガブリエルのメッセージ⑩難しさの先に

f0362457_22112088.jpg

難しさの先に

こんばんは皆さん。
今日は少しアセンションについてお話ししましょう。
エネルギー的に高い波動領域に入ること、これがアセンションだと皆さん思っていますね。
皆さんがイメージするアセンションは、今いる場所から移るとか、
または反対に自分の周りにそのエネルギーを引っ張ってくるとかそういう感じかもしれません。
けれど皆さんに、言っておきます。
それはちがいます。

森の中の一軒家に、あなたがいたとしましょう。
そこにはあなたとあなたの愛するものがいます。
この時あなたは助けを必要としていて、自分1人では愛するものを守れないと思います。
もう少しでくじけそうになったとき、あなたは街に出かけ助けを呼ぶことを決意します。

その人は名声のある高慢チキなお医者さんかもしれません。
あなたがお願いをした時、彼は手を差し伸べることを決めます。
瞳の中の真剣さに心打たれたからです。
彼は街を捨てたあなたのために森に入り家族を助けてくれました。

これがアセンションです。
皆さん、アセンションとは
枝葉の方に目をやることなく、その真髄を見つめ行動することです。
プライドやわだかまりなどにとらわれず、
自分たちが持っているもので支え合うことです。

皆がそれができるようになった時、
この世界から制限が消えていきます。
囲い込みがなくなり自由になります。そして調和するのです。

今は過渡期で難しさも感じるかもしれません。
でも目の前の人の1番純粋なものを見つめてください。
そこを見るようにしてください。
そして自分の心と相手のそれが共鳴するのを感じて下さい。
一人ひとりの中に先に息づく高い未来があります。
それを感じることができた時、あなた方はその未来に行くのです。

今の表面はまだでも
必ず皆アセンションするのです。

大天使ガブリエル


今日のメッセージは、とても強いメッセージに感じました。
先週ニュージーランドで起こった事件を思います。
ニュージーランドだけでなく、世界各地でこのような事件は起こっていますね。
私は理屈が好きなので、つい仕組みに目が行きがちですが、アセンションンが意味する本当のところをガブリエルさまに再確認させてもらった気がします。
このメッセージからは、「自分たちのことを信じて!」というガブリエルさまの励ましも感じました。
「自分たち」とは私たち人間のことです。

とにかく、強く温かいメッセージでした。
本当のとこを見失わないようにとも思いました。

今週も始まりました、皆さま、良い1週間を^^

by atelierkei-0520 | 2019-03-18 23:06 | ◇今週のメッセージ

めまぐるしくエネルギーが動く日々

f0362457_21505830.jpg




今週は、なんだか盛りだくさんで、今、少しほうけています。
エネルギーが降りてくる日と、私の元から不要なエネルギーが出て行く日とが、交互にやってくるような感じといいましょうか。
こんな時、今までだったらついハイテンションになったり、逆にローに落ちて頭の体操が始まったりしたものですが、全ては「脳の思い癖」ということに気がつくと、とにかく「わ~~☆」と感情が上がる時も、「どかん!」と感情が爆発する時も、その瞬間はその感情を感じるしかなくても、その後はひたすら脳の癖を抜くために「静か」にしています。
これは「感情を感じないようにする」ということではないんです。
むしろ感情はしっかり感じています。でもそこに「脳」のおしゃべりを乗せないのです。

私たちは感情を発生させると、その瞬間から「脳」がおしゃべりを始めます。
そして、その感情をより強く感じるように「脳」は「心」を煽っていきます。
そうやって感情を膨らまし、「エゴ」の声に正当性を持たせます。
そうやって、私たちは否定されることへの恐怖を克服しようとするのです。
「ハイテンション」も「ローテンション」もその根幹にはこの重い「恐怖」というエネルギーが息づいています。

でもこれらは、私たちが過去世も含めた流れの中で持つことになってしまった、ただの「癖」なのです。
そのエネルギーを使うことで生き残ろうとしていた時代の、今は必要なくなってしまった習慣なのです。

静かにしていると、
「脳」のおしゃべりをあえて止めてみると、
そこにはただ「感情」という放出すべきエネルギーがあるだけで、そのエネルギーが静かに消えていくのを感じることが出来るようになります。
それはまるで澄んだ空に浮かぶ雲のように、静かに流れ、形を変えて、いずれは消えていくのです。

残るのは若干の切なさと、心の中に広がるやさしさです。

否定されることへの恐怖は生き残りのための起爆剤として必要だった時期もあったかもしれません。
今これが必要なくなったということで、自分の中にあるネガティブな感情をどうやったら取り除けるのかと人は悩んだりしますが、
むりやり取り除こうとしなくてもいいのです。むしろ自然に任せた方が速く進む場合の方か多いと感じます。

静かに、脳のおしゃべりをやめて、エネルギーを解き放っていくと、いずれは少しずつ消えていきます。
ベストなタイミングは無意識の自分が全て知っています。

今はアセンション。
今はそれらのエネルギーが消えていく時期なのです。だから静かに見つめるだけで、古いエネルギーは剥がれ落ちていきます。

今日はある動画を見ていたら、上の音楽を見つけました。
なんだか、今日の気分にぴったりだったので載せてみました^^

by atelierkei-0520 | 2019-03-15 22:01 | ◇つぶやき

自分観察

f0362457_21522521.jpg

前回勢いで書いたこの投稿

これを書き終わってちょっと思ったんだけど、脳の勘違いを修正するためにはとことんの「無反応」が必要だと書いたけど、これって、もしかして「特異点」の前だと、ちょっとしんどくなるかもとも思う。
これを冷静に受け入れて実行できるのは、自分自身には全て「ある」のだという確信を根拠なく持てた時だから。

ほんとに、特異点の前と後ではエネルギー状態がガラっと変わるんです。
特異点の前の段階で必要なことは、とにかく、自分の中からあがってくる声を否定しないことがもっとも重要。
とにかくこの時期は、ひたすら今まで押し殺していた自分の声と言うものを見せられる機会が大波小波とやってくるので、それを受け入れ、それによってでてくる自分の気持ちを大事に拾っていくしかない。
でも、自分がやるこの「内観」という作業は、どんな偉大なヒーラーも及ばない絶大な浄化効果があるんです。

ただ「内観」もいつもいつも、その瞬間瞬間やっていたら、きっと大変だと思うから、やっぱりこういうときの力強いツールとしては「ホ・オポノポノ」かなとも思う。
「無反応」はつらくても、呪文のように「ごめんね、許してね、ありがとう、愛しています」もしくは省略して「ありがとう、愛しています」を言うだけで、すごく効果があるので。
これだと、「ぐわっ」とアドレナリンが瞬間的に出たとしても、すぐに対応できるよね。

「ホ・オポノポノ」について詳しくはこちら↓



自分の状態を冷静に見た時に、最近いい感じになってきたのに、やっぱり同じ状況を引き寄せるなーと悩んでいた方は、「無反応」はいいかなと思う。

で、これに気がつくとね、脳は結構いつも同じ種類のアドレナリンを出そうと、思考の波の中をうろうろしていることに気がつく。
すぐに火がつくネタをいつも探してる。
例えば、人のやっていることを見ては考え、ニュースやSNSを見ては考え、自分のいろんなことを拾ってきては考え、、、
私も今日一日で何度も「あ、、また考えてる…。。いやいや、そこに思考はもう向けないんだった…」となんどもフラットに戻りました。

脳の癖を抜くのは結構大変です。
でもつくづく思うのですが、特異点の前であっても、後であっても、個人的アセンションのこの時期に役立つコツは

「とことん自分観察」

だと思います。
ちょっとマニアックかもしれないけど、「自分」を観察してみてください^^
自分って言うものをとことん観察していくと、そこに全てがありますから。

皆さま、今週もお疲れ様でした~♪


by atelierkei-0520 | 2019-02-23 21:53 | ◇つぶやき

今週のメッセージ:ミカエルのオラクルカード:過渡期にいるあなたへ

f0362457_15094146.jpg

過渡期にいるあなたへ

見るもの全てがあなたの目の前で変わっていきます。
それは全て、あなた自身が変わってしまったかのように感じますが
そうではありません。
瞬き一つの瞬間にあなたは自分の本来のものを外に出しているのです。
見たことのなかった自分を今たくさん発見しているのです。

もう少ししたらあなたは夢から覚め、
おとぎ話を完全に終了させます。

そうするとあなたが向かっている先にあるものは
決して敵対するものではなく
あなた自身を表現する別の形であることがわかるでしょう。
その姿は決して醜いものではなく
自分と同じ美しい存在であることがわかるでしょう。
それはまるで魔法が解けたかのような感覚で、
あなたの中に平和と安心が広がります。

キーワードは「ユーモア」です。
不思議がるものの中に「おかしさ」を見つけてください。
そうすると本当の姿が見えてきます。

あなたの中の本当の世界がみえてくるでしょう。

大天使ミカエル



今週のメッセージでした^^
変化を目の当たりにすると人は怖くなります。
どんなことの中にも「ユーモア」を見つける、それはちょっと力を抜くことだともいえるかもしれません。
そうすると冷静にもなって、いろんな「問題」と感じていたことが実はそうでもなかったということに気づけるかもしれませんね。
昨日はワンコの散歩から帰ってきて「今何時だ?」とスマホを玄関で見たら、なんと「11時11分」^^
f0362457_15105122.jpg
今年も見逃さなかったようです♪
で今日はなんだか体中が痛い…^^;特に背中が^^;
エネルギーが強いときに良くこうなります。
今この投稿をして気がついたのですが、、なんとなく雰囲気と色が好きで待ち受けにしたこの写真のモデルさん、、「赤毛」だ…。。。
潜在意識、おそろしや!
名残惜しい気もするけど、スマホ変えたら待ち受けも変えようかな。。

ということで、皆様、今週も良い1週間を〜^^♪


by atelierkei-0520 | 2018-11-12 15:48 | ◇今週のメッセージ

3次元の終了を告げる映画「美女と野獣」実写版の話

f0362457_23424802.jpg

今日は先日見に行ったディズニー映画「美女と野獣」実写版の話。
もしこれから見に行かれる予定の方で、先入観なしに見に行きたい!という方は今日のブログは読まないでくださいね^^


見終わったあと、この映画は「3次元」が終わることを私たちに告げる映画だと感じてしまった。

映画の中にはかつて3次元にあった主要なエッセンスがギュッと凝縮されてそこにあって、当時はその中でもがき続けた私が、今は映画を見ることでそれを俯瞰して見ている。そんな感じがした。
だから、あの人もあの人もあの人も知ってる。どの人の経験も知っている。そんな気持ちになって、映画の間中、涙がいっぱい出てしまった。
これは悲しいとか、感動とか、感激とか、そんなんで涙が出たのではなく、涙が出たのは「共振」したから。
私は涙は「真実センサー」だと思っていて、向き合っている何かと自分の中の何かが共振した時に涙が出ると思っている。
「美女と野獣実写版」は「共振」しまくりだった。

映画は、わがままな王子が魔女に野獣にされ、人々の記憶から消され、本当の愛を知るまでは永遠に元に戻れないという有名な話なのだけど、全てが「3次元」の世界の比喩なんだと今回初めて気が付いた。
お話では魔女が王子を野獣に変え、愛を知ったら魔法が解ける、そうあるけど、本当はそうじゃないね。魔法をかけたのは魔女じゃない。
本当は魔法をかけたのは王子自身。
王子の高い意識が「愛」を知りたいと願い、そのためのプランとして低い意識の王子はわがまま放題で満たされない自分をどこかで「俺は野獣だ」と思い、魔女を呼んだ。
そして、本当の愛を知って王子の魔法は解けることになっているけど、ここも本当に魔法が解けた瞬間はそこじゃなかった。
塔の上で悪役に「野獣よ」と言われた時、「俺は野獣じゃない!」と王子が心の底から言うその瞬間こそが、本当は彼自身がかけた魔法が解けたとき。
すべてはここなんだ。
自分が自分のことをどう思ってるか。
それが世界を決めるし、その為にそれぞれ別の目的を持った人たちがベストなポジションに就いて、それぞれが自分の人生の主役でありながら、誰かのためのわき役になる。
でね、スピリット達はいつも言っている。全てを演じ尽くして、この人生が終わった後は、まさにこの映画の魔法が解けたその後のようになるんだって。
「あれ?なんであなたのことを忘れてたのだろう」「なんでここのことを忘れていたのだろう」って。

映画の時代には一つの人生が終わるまでみんな魔法がかかったままだったけど、まだまだ演じてる途中の、今生きている私たちは人生の途中にもかかわらず、なんと魔法が解けていっているんです。一人一人が素直な自分に戻ること、本当は全てあって、もう沢山学んだんだって気がついてくと、自分が解放されると同時に、周りの役者たちも、本来の素直なその人たちに戻っていく。悪役が解放されていく。
それが「アセンション」なんですね。

この映画は「終わるよ!お疲れ様~♪」そんなコードを音楽という体感できる波動によって肉体の細胞に運ぶ役目を持っていると感じました。
「すごいな、誰だ?」と思っていたら、なんと映画の最後辺りで画面ど真ん中に、金色の甲冑を着た「大天使ミカエル」が登場してびっくり!!
だから映画を見に行く途中の階段に「白い羽」が落ちてたんだね^^
ミカエルさん、すごいね!と思ったのでした。

「忙しい」と言いながら、映画に行ってるじゃんという突っ込み、そうなんですよ。そこも理由がありまして。その話はまた次回^^

by atelierkei-0520 | 2017-06-07 23:55 | ◇つぶやき

10月31日と11月1日、境目の日

f0362457_10274575.jpg

ちょっと今すごい瞬間にいるのかもしれないってことを書きたいと思う。
それは、「今この時期」とか「今の時代」なんていうあいまいな言葉ではなく、本当に今この数日間のこと。
特に、10月31日と11月1日を挟む数日間。
っていうのも、また昨日の朝すごい夢を見てしまった…。
このことを書こうか迷てったら、昨日、登録しているラインメッセージから
「11月1日から14日までにあらゆる浄化が終わり、15日から創造の日々がスタートする」とか。
その他にもいろいろあって、こういう話はネット上でよくあるし、11月1日は「111」だし、わかるんだけど、とにかくその夢が私にとって凄くて、
「何なんだ;;;この夢は;;;」って思っていた上での話だったので、ちょっとこの数日は後から振り返れば特に象徴的な意味合いのする日になってしまうんじゃないかと思い記録することにした。

「歴史は繰り返される」っていう言葉を聞いたことあると思う。
「時間は縦に並ばない」以前大天使ガブリエルがそう教えてくれたけど、実際の時間というのはそれぞれが独立して存在しているという。
ただ三次元的に考えると時間は確かに並んでいるのだが、本当は「縦」ではなく、それは円形に並んでいるらしい。
これが「サイクル」。

私たちは常に一定のサイクルを繰り返している。
数秘で表すなら1~9。
「1」が始まりで「9」が完成・終焉、そしてまた1に戻る。
「マヤ歴」も円形で出来ている。そしてその中の長期歴のサイクルは2012年の冬至で終わっている。
この時に「人類は滅亡するかも!」って騒いでたよね。
これまでのサイクルとは「1」で始まり「9」で終わる時、私たちはリセットを選択した。つまり「滅亡」。だから、この時に騒いでいたのは別におかしいことじゃなかったと思う。
だけど今回は私たちは「リセット」で同じ円を回るのはなく、足を一段上に挙げて自分を「ステップアップ」させ、上の新しいサイクルに入ることを選んだ。
「1」で始まり「9」で終わるのではなく「9」でステップアップするサイクル。
ってことは次に「9」が来たときはまた一段上にステップアップする「円形」ではなく「螺旋階段」の時間。
これがアセンションの道で、私たちが今まで体験したことのない世界。新しい時間が流れる世界。

でね、先日の夢はこのステップアップした瞬間のものだった。

こんな風に想像してみて欲しい。
目の前にカーブした道がある。
そこをてくてく歩いていくと、どやらその道は円形のようで、すぐ先に始めたときと同じ場所に続く最後の道が見える。
「あー、目の前に同じ地点に戻る道がある…」って思った瞬間、その最後の道にはもう一つ別に上に上がる光る階段がある。
その二つの道が見えている状態、これが「アセンション」を知った時の状態だった。
そして、てくてく歩きづづけた結果、今、この階段の真下の位置にいる。

上がるか、そのまま行くか。
私はどうやら上がるのを選んで、本当にその道に入ったようだ。そこに足を一段踏み出した。
そしてこんな風にも思う。
みんな「上がる」道を選んでいるって。
その階段のそばに行けば行くほどわかるのだが、始めと終わりの境目の手前には、いつの間にか強化ガラスがはめてあって、向こうは見えてももう行くことはできない。つまり強化ガラスのこちら側階段のあるの「9」と向こう側の元来た道に戻る「9」がある。
そしてその強化ガラスをはめたのは、まぎれもなく最後の一周をしようと決め道をスタートした私たち自身。

私が夢で見たのは、そのガラス越しに見た古い「9」の世界だった。そして目が覚めたとき、私はその「9」ではなく新しい「9」にいたのだった。
それを知らされる夢だった。
心臓がバクバクする中で、なんとか落ち着き、起きて普通に日常を送り、落ち着いてから夜大天使ミカエルさんに聞いてみた。


するとミカエルさま

「あの夢はかつてあなたが経験したことです。
シチュエーションは現世でしたが、現世ではありません。まさにあの通りのことを経験したのです。
ちょうど今朝、正確には昨日の夜がその瞬間でした。
時間が円形なのは知っていますね。
昨日がその境目でした。
けれど今回は新しいサイクルに入りました。
これまでのサイクルが終わりました。
おめでとう。あたらしいサイクルが始まったのですよ^^」


そう、天変地異の夢は何度も見ている。いつも不思議なシチュエーションで「今」ではなかった。
だから前世でそんな体験をしているのは知っていた。
でも先日の夢はまさしく「今」だった!
見たものすべてが完璧に「今」でボールペン1本でも夢特有の歪さはなかった。
感覚もすべてが実際の物だった。
何が起こったのか目が覚めたとき全く分からなかったけど、私が見たのは古いサイクルのままの場合に来るはずだった「9」

エネルギーの世界と現実には時差がある。
2012年はエネルギーの世界の境目だったと思う。そのエネルギーの世界の境目が今現実に登場していて、それが10月31日の新月と11月1日の111。
10月31日の「1」と11月1日の「111」を足すと「1111」。「1」のぞろ目は「ウェイクアップコール」
そろそろいろんなことが動き始めるのではないかなと思う。

境目は人によって多少誤差があると思うけど、たぶん今ここだと感じている。
だから、今見えている「不安」は決して、私たちの行く未来じゃない。それは古い「9」の世界。
落ち着いて、その「不安」を凝視するのをやめて、目を緩めてちょっと周りを見れば、光る階段が見えるはず。
もし今見えなくても、その古い「9」には行けないことを、知っておいてください。
「知る」ことで、そうなります。

それが私たちの力です。



by atelierkei-0520 | 2016-10-29 10:45 | ◇スピリチュアルといわれる世界

エネルギーと三次元:②今起こっていることを知る

f0362457_14193793.jpg
前回の続き
前回↓
「エネルギーと三次元①:現実化の流れ」
前回、アセンションの為地球と人類が波動を上げると、思考の現実化が速くなると書いた。長い目で見れば、これって私たちからすると、魔法のような時代に入ることになる。「これが欲しい」と思った瞬間に全てが瞬く間に用意される。
けれど、そこまでたどり着くまでの道のりに私たちがこの仕組みを理解しなければならない理由がある。
前回でも書いたが、地球はまだアセンションを始めたばかり。人類もまだまだ自分の中に長い間貯めていた「重いネガティブ波動」がある。
三次元の上のエネルギーの次元で振動数的に近いのはネガティブな波動。
だから地球が波動を上げて、まず近くなるのは「ネガティブな波動エネルギー」。このために、まず真っ先に現実化するのは「ネガティブな波動」の方なのだ。
今世界中で極端なことが同時多発的に起こり、それを見たり場合によっては体験したりするのはこの為。

「人類」として地球上にいる以上、何らかの形で「人類としてのネガティブなこと」を見たり知ったりする。
でも見たり知ったりすることと、「自分の体験している現実にそれを下ろす」かどうかはまた別なこと。

アセンションのこの時期に生きている私たちの高い意識での役目として、エネルギーの浄化があると思っている。
それはエネルギーを目に見える物や事象にして、私たちが体感し、そこにポジティブな意味づけを見つけて重いエネルギーを光に還えすこと。
こういうわけでネガティブなエネルギーを自分の中に引き入れることも、私たちは役目として引き受けている部分がある。
みんな無意識だけど、いわば今エネルギーの大掃除をしているんだよね。

けれど私たちはそれぞれ自由意思の元、どれくらいのネガティブ波動を引き受けるかを決めてきている。
だから、世界が不安定だからといって「私」が不安定になる必要は全くない。
逆に「自分が安定する」っていうことが、世界のために最も求められていることでもある。
このことをちゃんとわかっているってことがとても大切。なぜなら、この地球の浄化の時期、
つまり貯めていたネガティブを現実化していく時期の混乱と見える現象を「大きく」するか「最小限」にするかが一人ひとりの意識にかかってくるから。

このブログでも時々書くけど、「嫌なことが起こっても気にしない」っていうのの理由にこういうことがある。
感じることは問題ない。っていうより大切なこと。だって自分の現実にそれを形として登場させたいかさせたくないかの判断基準だから。
だけど起こっていることにとらわれてしまい、そのことを強く感じていると、それは前回書いた現実化プロセスの「強く願う」ことと同じ状態になってしまい、それを自分の現実に下ろしてしまう。
結果混乱が「大きく」なる。

今までは、この「下ろす」時に時間がかかった。別の角度から見るとそれは「タイムラグ」という安全弁がかかっていた。
このタイムラグによって時間稼ぎができたので「思考の方向性」を修正することができた。
ところが、これからは波動が上がることによって、「下ろす」ための行動よりも先に「思考の方向性」でエネルギーが現実化するようになってくる。
だからこそ、エネルギーのことを知り、使う練習をしなければいけないんだよね。

そいうことで、天使たちなどの高次元の存在はあらゆる手を使って、私たちのこの時期の大切さや私たちが見ているものの本当の姿を何度も伝えにきてくれているのだ。


高い波動の未来のためにも、まずは「一人一人が自分自身の本当の幸せを見つけてそれを感じる」っていうことが、何より大切。
だってその人が幸せを感じれば、周りにそのエネルギーが反映されるから。
そして波動の法則により、それが近い波動の人を振動させて、振動がどんどん大きく広がるから。そうやって幸せが広がって、調和した未来に繋がっていくから。

「自分がしんどい思いを我慢すれば周りが幸せになる」っていうのはエネルギーのことを知れば、ありえない。
「自分は幸せ」っていう波動を外に放っていくことが、5次元の世界に繋がっていく。


こう言うことを踏まえたうえで、「願い」について書いてみたいと思う。

by atelierkei-0520 | 2016-07-29 14:30 | ◇スピリチュアルといわれる世界