じぶんを知ろう♪アトリエkeiのスピリチュアルなシェアノート

keiatelier.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2019年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ガイドさんの交代

ガイドさんの交代_f0362457_21083930.jpg
私たちにはたくさんの目に見えない存在が「サポート」としてついてくれている。
その中でも「守護霊」と呼ばれるグループがあって、私はそのグループのトップを「メインガイド」または「ガイド」さんと読んでいる。
サポートチームの代表例として「天使」というグループもあるが、天使が人間の経験がないのに対して、
この人たちは、地球人の場合もあれば、宇宙系の場合もあったりいろいろなんだけど、共通するのは「3次元の経験がある」って点だ。

だから、3次元の私たちに与えるガイドさんの影響力はかなり大きい。
この「メインガイド」というエネルギー体が交代する時は、自分の中の一部のプログラムが書き換わると言ってもいいと思っている。

ここ数年、人によって時期に差はあるものの、多くの人の中でこの「メインガイドの交代」が起きているのだけれど、今の時期、特に「ライトワーカー」と呼ばれる人の中でガイドさんの交代が起こっているのではと思っている。

交代の目的はアセンションのこの時期での「静」から「動」への移行じゃないかと思う。
「静」とは「忍耐」とか「学び」といってもいいかも。
「動」は「解放」「行動」かな。

先日、「エンジェルサポートレッスン」の生徒さんに他人のガイドさんに会うという練習で、私のガイド(メインガイド守護霊)さんに会ってきてもらった。
登場したのは、女性でオランダとかその辺の貴族っぽい人だったということだった。

私のメインガイドは「マーシャルおじさん」という過去世で縁があった男性なのだが、少し前、来月の中ごろにガイドが交代すると聞いていた。
そして今日、この女性の方が私の新しいメインガイドになるということが分かった。

ガイドの交代も、「移行期」のようなものがあるようで、どうも少し前からこのガイドさんはもう私のもとにいたようだ。どうりでマーシャルおじさんが静かだったわけだ。
今日は自分でガイドさんに会いに行ったのだが、笑顔で上の女性が出てきて、その後ろにマーシャルおじさんがはにかんで笑ってた。

「マーシャルおじさん」は、生まれた時から私を見守っていてくれた人で、スピに目覚める前から節目節目で夢に登場してくれていた。
決まって、ものすごく暖かいエネルギーで私を包んでくれて、そのメッセージはいつも軽やかだった。
「マーシャルおじさん」は人間だった時は労働者下級の人だった。
にもかかわらず、幼い前世の私を拾ってある時期まで一緒にいてくれた人だ。
厳しい環境にも心は蝕まれることなく、「愛」にあふれた人だった。人間としての地位は低かったが波動の高い人で、「おじいさん」になる前にこの世を去った。

かつての私を助けてくれたように、私の「静」の時間を見守っていてくれたマーシャルおじさん。
そしてこれからの私の「動」の時代を支えてくれるのは、なんとまあ、対照的な上の写真のバラのような女性でした。
不思議なんだけど、ここ数日いろいろとやっていて、それが全部「男性性」のものだったせいか、なんかちょっと脳からアドレナリンがでまくっていたんだけど、ふと「あ、あの生徒さんがあってくれた女性にあってみたい」と会いに行くと、帰ってきたら、なんか心が「ふわん」と優しくなっていた。「しゅわわ~」と脳の興奮が収まった。


あ~、ガイドさん、代わるんだね。。
ずっと受け入れられなかったのが、今日始めて、「すっ」と受け入れることができました。

ガイドさんとの関係が暴露されていく過程が「マーシャルおじさん」の場合すごく面白くて、そんなサプライズで私を喜ばすところもマーシャルおじさんは、おじさんっぽくて、私はこの人が大好きでした。
「自分の話シリーズ」でおじさんとのことを詳しく書いてみたいとも思っています。

マーシャルおじさん、お疲れ様でした!

って、まだあと交代まで2週間くらいはあるか!
わはは^^♪





ただいまこちらのワークを募集しています☆








by atelierkei-0520 | 2019-08-29 22:38 | ◇日々の気づき

モノたちの声

モノたちの声_f0362457_23134712.jpg


「記憶」と向き合っていると、本当に不思議だ。
今「作業台の掃除」をしている。
ずっと「やらなきゃ〜」と思っていて、先延ばしにしていたのだけど、先日「ホ・オポノポノ」をやっていたら、これがキーワードできたので、やっと重い腰をあげた。
オーダー待っていてくださっている方には申し訳ないのだけど、「クリーンなエネルギーで取り組んだ方がいいよね」ってことで、お掃除を優先した形だ。

はっきり言って、私は整理整頓があんまり得意じゃない。
一瞬はきれいになるけど、いつもすぐ散らかってしまう。
少し前に「ガラクタ捨てなきゃ!」ってかなりがんばってモノを減らしたけど、やっぱり見た目はそんなに変わらないし。

昨今の片付けブームの中で、私も知恵だけはちょっとだけついた。
だから自分のこの散らかりの原因は、モノに正しい住所をあてがうことができていない、ということだろうと思っている。
彫金の作業台はとにかく散らかる。
ありとあらゆる工具は散乱するし、削りカスや研磨粉が散らばるし、果ては、菜種油とヤニと松灰でできた「ヤニ台」という固定道具を火であぶったりするので、いつの間にか周りのあまり使わない小物たちにうっすらと油とヤニの膜が貼ったりする。

いつも片付けの前に私が陥る状態が、「途方にくれる」という状態だ。
「いったい、どうやって、この小物たちを“正しく”こんどこそ散らからないように、且つヤニでべたべたにならないように、収納していけばいいのだろう………」と。

今までの私の知識では、とにかくモノを減らすことが重要だということで、どうやって処分するものを選ぼうかと思案するのに時間がかかっていた。
ところが、今回はちょっとだけ感覚が違った。たぶん「ホ・オポノポノ」の影響かなと思う。
「とりあえず、一つ一つのものの埃とヤニを拭いて、処分するとか片付けるとかは、その後に考えよう…」と動き始めたのだ。
小さなケースや瓶に向き合いながら、石鹸をつけたぼろ布で汚れをふき取り磨くと、その下にはきれいな本来の姿が現れ始め、私の中から自然に「ごめんね・ゆるしてね」が出てくる。こんなになるまでほっててごめんって気持ちだ。
「あ、これってまさに“クリーニング”じゃん♪」と楽しくなってきて、ふと思いついた。
「あ、そうだ、“片づけができない”っていうのも徹底クリーニングしてみよう」と、手を一旦止めて、片付けにまつわるいろんな思いをクリーニングしていった。

そうしたら、ある瞬間にちょっとびっくりなイメージがひらめいた。
それは、「ものの配置」のイメージだった。
「えええ〜!?そんな置き方、考えても見なかった!!」というもので、はっきり言って「目からうろこ」、まさにインスピレーション。
あまりにも考えたことのなかった置き方だったので、ちょっと躊躇もした。
「でも、やってみないとわからんもんな…。。」ということで、さっそくやってみた。
始めはちょっと違和感。「う〜ん、どうなんやろ」とも思ったけど、とりあえず一日置いて、他のところを片付けていたら、
なんと、だんだんとその配置がなじんできて、すごくすごくいい感じになってきたのだ。
すごく集中できそうというか、モノたちが、みんなが、一つの目的に向かっていける感じというか。。

このインスピレーション、どこから来たのかといえば、
なんか、「モノたち」からのような気がする。
私が、モノたちに心を開いた形になったからなのか、モノたちが答えてくれた。
そんな気がしたのです。

「処分する」っていうのも大切なことなのかもしれないけど、そういうことにしか意識が向かなかった時には、経験できなかったことだなと思ってとても不思議だ。

昨日は寝る前に「寝てる間もガンガンクリーニングします!ウニヒピリ、創造主、よろしく♪」といって寝ました。
そうしたら、かなりディープな記憶が夢という形で浄化されていった。
細胞の記憶、「肉」の記憶。絶対正気の時には見れない記憶。
漫画チックだったからかろうじて見れたけど、起きてげんなり^^;
でも、溜め込んでいてはどうしようもないものだったのだろう。

来月は私のメインガイドが交代する。
その前の調整なんだろうなと思っているので、とにかくクリーニングするのみだなと思っています。
今、多くの人が「ガイドの交代」を迎えていると感じています。
「手放し」に取り組んでいる人も多いとか。
そんな話も、また次回^^



ただいまこちらのワークを募集しています☆



by atelierkei-0520 | 2019-08-27 23:19 | ◇日々の気づき

今週のメッセージ:イエスからのメッセージ⑭

今週のメッセージ:イエスからのメッセージ⑭_f0362457_21265556.jpg

こんばんは、皆さん
私はあなたと共にあり、いつもあなたを見守っています。

大人として振る舞うという事は大変なことだと思います。

子供のようでいてはならない。
もういい加減、大人にならなくてはならない。

そんな風に言われたり、自分に言い聞かせてきましたね。
けれどよく考えてください。
ちょっと待ってください。

皆さんはいつ子供だったのですか?
皆さんはいつ大人なのですか?

皆さんは1つのスピリットとして完璧です。
本当は大人だとか子供だとか、そういったものは無いのです。

皆さんがもともと持っているものに自らを近づけたとき、それが分かります。
自分というものを大人だとか子供だとか、
そういった判断はそこにはないでしょう。

もっと自分の奥を見てください。
表面のことにとらわれないでください。

自分の心の奥の静かな部分に触れた時、
もしかしたら皆さんのいう「大人」という理想像に近くなるのかもしれません。

でもそれは、「大人」ではありません。
「あなた」という人の本来の姿。

大人になるのではなく、自分に戻って下さい。

イエス


「今週のメッセージ」でした。
今「ホ・オポノポノ」をやっているせいなのか、それに通じるメッセージとなりました。
思いつきで始めた「クリーニングノート」が、私の「モヤモヤ思考」でもうすぐ一杯になりそうで、まさかの2冊目突入という事態に発展しそうです。
改めて、自分の「決め付け」や「判断」というものが、どれだけほんとのところを隠していたのかを実感しているところです。
いやはや、これは私のライフワークになると思います。。

すっかり秋の雰囲気になってきました。
朝晩は肌寒いくらいです。
今週は雨が多いとか^^

今週も始まりました。
皆さま、よい1週間を~♪





ただいまこちらのワークを募集しています☆



by atelierkei-0520 | 2019-08-26 21:46 | ◇今週のメッセージ

カマキリさんの出現

カマキリさんの出現_f0362457_21334384.jpg


実は、私、結構、いや、当然、虫嫌いだ。
虫を手で触るなんて、もってのほかだ。

「クロアゲハ」はハイヤーセルフからのメッセージだと思っているけど、やっぱ「触る」は考えたことない。

でもなんか、金鳥山に登った辺りから、少し感覚が変わったかもしれない。
夏の山では、もう一生分の虫を見た。あり得ん数の虫が息づいていた。
「夏の山はもう登らん」と思ったのだけど、そんな中で、ちょっと不思議な感覚になることが何度かあった。

ふとした瞬間に、目の前の虫に「意思」のようなものを感じる時があって、そんな時、その虫に不思議な神々しさを感じたり、滑稽さを感じたり、いじらしさを感じたりした。

山の中の丸太の椅子に座ろうとしたら、カミキリムシがいて、目の前に丸めたクモの小さいのを獲物としてくわえてブーーンと飛んでいってしまった時、一瞬だけど、そのカミキリムシと同じ大きさになって、カミキリムシの後ろから、森の中を見た。
木漏れ日と、緑と空気が、すごく新鮮だった。「これがやつの世界なのか…」と思った。

龍神様がいるという場所に連れて行ってもらったとき、やたらとガイドさんの頭にまとわりつく大きなアブがいた。
「血を吸おうと頭を狙ってくる」とガイドさんは言ってたけど、私には別の光景に見えた。
「ここは龍神様の場所だぞ!頭が高いぞ!頭をさげろ!」
って感じで、龍神様のために役立とうと一生懸命な衛兵きどり。龍神はたぶん頼んでないと思うけど、龍神が大好きなアブ、がんばってんな~と思った。
龍神エリアを出ると、アブは消えた。

だいぶ山を降りて、見晴らしのいい広場に出た時、ベンチに座ろうとしたら、ちょうちょがベンチにとまっていた。
「この場所は、あんたの場所なんだね。でもごめん、めっちゃしんどいから座らせて」とベンチに座ると、一旦飛び立ったちょうが、すぐ戻ってきて、降ろして膝に乗せた私のリュックの取っ手に止まった。
ちょうど私が見下ろすと、目と目が合う格好になったのだけど、まんまるな二つの目がなんか「うるうる」してる感じで、必死で何かを訴えてるように思えた。「あの、、、そこ、、私のベンチなんですぅぅぅ、、」って感じで。


「ホ・オポノポノ」を始めて2週間くらいが過ぎた。
そんな中、連続でものすごくきれいな黄緑色の5cmくらいのカマキリさんに遭遇した。

一度目は、バス停で私の服の袖の中に入り込み、駅のホームまで連れて行かされ、ホームで「あ、どうも!」みたいな感じで、襟元から出てきてかばんの取っ手にとまってた。
「あ!なんかもぞもぞしたと思ったら、ちみか!!」となって、思わずホームに落としたんだけど、ホームは結構な人で、カマキリは自分がついてきたくせに、ホームで固まっていた。
こりゃぜったい踏まれるなと思ったので、もう一度「おいで!」と手に乗せて、人が通らないところまで連れて行った。

二日ほどあと、別の場所でまた、同じようなきれいな黄緑色のカマキリに会った。
用事である場所に行って、公園の塀の前で電話している時に、不意に塀の上の茂みから出てきて、まるで塀の上が舞台かのように、独特のリズムで踊るように出てきた。
「あこりゃ♪あこりゃ♪あこりゃこりゃこりゃ♪」見たいな感じで。しかも、こっち見ながら。明らかに私に見せてるねって感じで。
電話中に噴出しそうになってしまった^^
「なんのアピールやねん…^^;」って。

「カマキリ、きてるなーー」なんて思って、ネットで「カマキリ スピリチュアル」を検索すると、けっこういい兆しの虫らしい。
うんうん、だってものすごくきれいだったし、触れても重さを感じないし、なにより、陽気な感じ。

こうやって、虫にも少しだけ心を開けるようになったことが、なんか不思議でうれしい。

「ホ・オポノポノ」をしていると、時々不思議なインスピレーションが来る。
水色の石のリングが見えたので、石ストックをごそごそ探すと、見たのとほぼ同じ石が忘れ去られてそこにあり、リングにしようと作業を始めてみたら、あっという間にいい感じに仕上がった。

友人に送った石のペンダントを遠隔でクリーニングするとその石からまるで返信なのか?って感じるようなビジョンがきた。

今日はふと、「身の回りのものを、もう少し、丁寧に扱おう」と思った。「一つ一つのものを丁寧に」と。
なんか「モノ」たちの小さな小さな声をキャッチしたのかもしれないなと思う。

虫にも植物にもモノにも、「魂」がある。
そんなことは分かっていたつもりだったけど、
小さな者たちと「心が通う」っていうのは、もしかしたら初めてかもしれない。。

不思議な感覚を味わっています。


ただいまこちらのワークを募集しています☆




by atelierkei-0520 | 2019-08-23 22:36 | ◇つぶやき

「ホ・オポノポノ・12のステップ」をやってみよう♪「自分」のためのセルフ浄化&ヒーリング・メール講座☆

「ホ・オポノポノ・12のステップ」をやってみよう♪「自分」のためのセルフ浄化&ヒーリング・メール講座☆_f0362457_23112029.jpg

こんにちは、アトリエkeiです。

散々ブログで熱く語っていた「ホ・オポノポノ」。
改めて学ぶと、当初の認識をはるかに超えて、私はこの「ホ・オポノポノ」に感服してしまいました。

思いが熱いうちにこの感覚をお伝えしたい!そう思って、今回私が「ホ・オポノポノ」の「12のステップ」を通して得た「気づき」とその「過程」を完全シェアする体験型のメール講座を作ってみました。
ブログを読んでいただいた方の中で「私もやってみたい!」と思った方、是非一緒にやってみませんか?


☆「ホ・オポノポノ・12のステップ」をやってみよう♪「自分」のためのセルフ浄化&ヒーリング・メール講座☆

私たちは今、2020年の大転換期に向けて、エネルギーの刷新を行なっていますよね。
その流れの中で、宇宙の流れを利用しながら、自分の中の溜まりに溜まった古いエネルギーを光に転換している真っ最中です。

今とっても苦しい思いをしている人
自分の内側から沸きあがってくる自分の思いに押しつぶされそうになっている人

そういう人は、まさに今、自分のエネルギーを光に変えようとしているのですね。
新しい高い波動領域に向けて、自分自身の波動を上げているのです。

で、この時期、鍵となるのは「自分との対話」、「内観」です。




■なぜ今「ホ・オポノポノ」なの?■

ごめんなさい
ゆるしてください
ありがとう
愛しています

この「4つの言葉」で問題解決ができてしまうと有名な「ホ・オポノポノ」。
スピリチュアルにご興味ある方は一度は聞いたことがあるかもしれません。


私が今回気がついたのは、「ホ・オポノポノ」は素晴らしい「内観」ツールであると同時に、自分の中を本来の光の状態に戻していく「浄化」のためのツールで、しかもその中には、癒しのプロセスも入っている完璧な「システム」であるという点でした。


「内観」自体は「ホ・オポノポノ」でなくてもできるかもしれません。
シンプルでありながら緻密に設計されたこの「ホ・オポノポノ」というシステムは、たくさんの古いエネルギーの手放しを求められる今、
とにかく、とっても「効率がいい!!」のです。

しかも一度そのシステムを理解し自分の中に取り込めば、未来永劫ずっと使っていけるアセンション移行期のための5次元からの贈り物だと私は感じています。


「ホ・オポノポノ・12のステップ」をやってみよう♪「自分」のためのセルフ浄化&ヒーリング・メール講座☆_f0362457_23110615.jpg
このメール講座では、私が「12のステップ」を通して「ホ・オポノポノ」を理解していったプロセスを皆様にも経験していただきながら、
自分のエネルギーを浄化&ヒーリングしていく方法を知っていくのを目的にしています。
そのため、今回の私の気づきのシェアとその過程をご紹介し、皆様にも実際にワークとしてやっていただくことで経験していただく流れになります。

「体験」を何より重視していますので、毎回皆さんにもやってもらうことがあります。
受身型のワークではないことをご了承ください。

では事前準備が必要なのか?
いえいえ!「“ホ・オポノポノ”はなんとなく知ってる」くらいの感覚は欲しいですが、
それさえあれば全然準備はいりませんよ!ご安心ください^^
逆に「知ってはいるけど、よくはわからない」くらいの方が、楽しんでいただけると思います^^

毎回、メールで今やっていただきたいことをお知らせします。
メインの内容のメールは10通くらいになると思います。
ですから、終わるのは10日から2週間くらいだと思ってくださいね。
ペースは、受ける方に合わせながらやっていきたいと思っています。
(土日は無理、逆に土日しかできない、途中ご予定があってワークを中断する必要がある、などなど、お申し込み後の「ヒアリング」時にお気軽にご相談ください。)

私の意識の目覚めの時にお世話になった「ホ・オポノポノ」
その時もその不思議な効果と考え方に感銘を受けましたが、
図らずも今回もう一度向き合うこととなった時、その奥の深さに驚かされました。
私たちの構造、そしてエネルギーの動き。
それらは私がこれまで学んだエネルギーの流れや働き、仕組みと共通のものがあり、やはり宇宙の真理は共通なのだと感じます。

「ホ・オポノポノ」の「12のステップ」を通して、自分自身のエネルギーについて学び、「内観」・「浄化」のスキルを身につけてみませんか?

ご応募、お待ちしています。

■「ホ・オポノポノ・12のステップ」をやってみよう♪「自分」のためのセルフ浄化&ヒーリング・メール講座☆
ワーク形式:メール形式のプライベートワーク
期間:一日1通(ご質問やご感想などの返信は含みません)、約10日~2週間程度
価格:25000円(ペイパルによるクレジット払い)

以下の注意点をご確認ください↓

<注意>
・お申込者さまご自身で取り組んでいただく作業があります。
・未成年はご応募できません。
・必ず講座を受けるご本人様がお申込み下さい。
・講座途中の解約はできません。
・お申込み確定後のキャンセルはできません。

お申し込みはこちらから→☆☆☆


ただいま、こちらも募集中です☆


by atelierkei-0520 | 2019-08-21 23:29 | ◇アトリエkeiのワーク情報

今週のメッセージ:イエスからのメッセージ⑬手放しの時

今週のメッセージ:イエスからのメッセージ⑬手放しの時_f0362457_22295073.jpg
こんばんは、皆さん
私はあなたと共にあり、いつもあなたを見守っています。

今日は皆さんに大切なお話があります。
これからのことです。

今一人一人が自分と向き合い
これからのことを考えています。
それは形はそれぞれに違いますか、本質は同じです。
古い生き方・考え方を捨て、
新しい感覚で生きるための選択です。

とても怖いと思います。
何も保証がありません。

あなた方は何か保障がほしくて、人に意見を求めたりもしますが
そもそも人に聞くことでもありません。

選択のために必要なのは
「自分がどう生きたいのか」
それだけです。

「安全に生きたい」と言うのなら聞きます。

安全とはなんですか?

「家族みんながちゃんと生きていけること」

それは今できていますか?

「なんとか。でも明日はわかりません。明後日はもっとわかりません。」

いつものようにしていれば、あなたは明日も明後日も安全ですか?

「いいえ、それもわかりません」

そうですね、分かりませんね。
だから怖いのです。
安全でないと思うのです。


皆さん泣いてください。

あなた方は自分の本当の声に耳を傾ける時
安心・安全を捨てねばならないと思っています。
自分の本当の声を取ろうとしたときは、
その恐怖に、または悔しさで、皆さんは涙します。

皆さん安心安全とはなんですか?
それは答えがある状態のことです。

それならば、自分の答えを見つけてください。
本当の自分の答えを見つけるのです。

でもその前に古い価値観の安心を
手放さなければいけません。

その時は思いっきり泣いてください。
なぜなら泣くことで
手放すことができるからです。

手放すことができれば
新しい答えが入ってきます。
あなたの本当の安心・安全
それが「心地よさ」なのです。

恐怖や不安を卒業し
「心地よさ」の中に進んでください。

イエス


久しぶりの「今週のメッセージ」でした。
そんなこと言われても…って感じでもありますが、今私がやっていることはまさに「手放し」です。
「今週のメッセージ」を振り返ると、イエス様結局ずっとこれを言ってるな~と思います。
でも、本当の手放しって、本当に泣きますTT

今までも何度も何度もやってきたつもりでしたが、
やっぱりここにくると、以前には分からなかった、見えなかったものが見えてくるな~としみじみしたりもしています。

ありえんくらいすごいお盆も終わりました。
ここから、どんな世界を自分が作っていくのか、正念場だな~と思っています。

皆さま、今週も始まりました!
よい1週間を~^^

by atelierkei-0520 | 2019-08-19 23:00 | ◇今週のメッセージ

祈りの夜明け

祈りの夜明け_f0362457_20390397.jpg


「ホ・オポノポノ」の「12のステップ」の7日間が終わりました。
7日目の昨日の朝は、これまでと打って変わって、とても心が静かでした。

なんとなくの導きで「ホ・オポノポノ」の本を見つけてからの流れは、始まった当初の予想をはるかに超えた、ものすごい濃い学びの期間となりました。本当に不思議な思いで、今ここにいます。

7日目に不思議な祈りが降りてきました。
それは
「私は手放します。
私は追及するのをやめます。
私は全てを創造主に委ね、この記憶を手放します。」
でした。

これは、私が「12のステップ」を通して学んだ「ホ・オポノポノ」の究極の祈りです。
私は「祈り」と言うものは、心から湧き上がるものであり、そういう祈りが自分の現実を変えていくものではないかと感じ始めています。
ですから、この究極の祈りも、自分の中から湧き上がったときにのみ有効な祈りであると思います。
昨日は、一瞬だけ、この祈りを持つことができた時間がありました。
考えるのをやめ、ただ静かになったのです。
とても大きな発見でした。

私はなぜこの「ホ・オポノポノ」をこんなにまで深くやるはめになったのでしょうか。

ライオンズゲートの前の晩に、私は今まで隠し続けてきた自分の声と向き合わなくてはいけなくなりました。
それは、もう「スピリチュアル」と言うものの中に隠すことはできなくなっていました。
にもかかわらず、8月8日から何故か猛烈に「昔わけもわからずやっていた12のステップをどうしてももう一度やりたい!!」と思いました。
正直、かつての自分がそうだったように、現実逃避なのかなとも思いました。

でも、「12のステップ」の初日になるあの日、
「12のステップ」をネットで調べだし、あの美しいスピリットと繋がるちょっと前にふとこんな風に思ったのです。

「私は、問題が起こったから、ホ・オポノポノをするのではない」
「ホ・オポノポノをするために、問題はおこったのだ」

と。


だいぶ前、「エンジェルサポートレッスン」の生徒さんと過去世を見に行く練習をしていたとき、生徒さんと私の関係を見るというのをやりました。
生徒さんは、ハワイのような南の島で遊ぶ幼い子供たちが見えたといっていて、続きを私が見に行くことになりました。

私が見たのは、こんな感じでした。
お花の冠をかぶったかわいい4、5歳の女の子(生徒さん)とおかっぱ頭の同じくらいの歳の私と思われる女の子が、海辺で遊んでいます。
私たちは波打ち際できゃっきゃと遊んでいたのですが、そのうちに不思議なものを拾います。
それは小さめのガラス瓶で中には丸めた何か文字のようなものが書かれた紙が入っていました。
その文字は私たちが使う文字ではありませんでした。

浜辺を見渡せる高台の崖の上に一人の白髪の女性が厳しい顔をして海を見ています。顔は日焼けして浅黒く深いしわが刻まれていましたが、姿勢はシャンとしていて、年齢不詳です。
厳しい顔のまま、踝を返し、崖を下りていくと、そこに私たちが拾ったビンを持って走りより、女性にガラスのビンを手渡しました。無邪気な私たちの様子とは裏腹に、その瓶を厳しい顔で見つめた女性は、洞窟に村人全員を集めます。
大人たちは深刻に話し合い、それから、何かを紙のようなものに書き写したものを集め、洞窟の奥に隠し封印しました。
その後、みなで輪になり、神の前で踊る踊りを踊りました。
そして、私たちはばらばらになりました。その島を捨てたのです。新天地を求め、船に乗って。
私とその女の子はこの時に別々になりました。

この前世を見たときは、それが何を意味するのか、なぜこの前世を見せられるのかはよくわかりませんでした。
でも生徒さんとの過去の絆としてその前世があったのだということだけを心に留め、特に深くは考えませんでした。

でも、9日の日、歯医者で前歯を入れてもらった帰りの電車で、ある本の説明文を読んだ時、この記憶がよみがえったのです。
それがこれでした↓
祈りの夜明け_f0362457_20472582.jpg
私は、似たような過去世をもう一つ見ています。
それもお友達の前世を見たときでした。
その時も、ネイティブアメリカンのような人たちが平和に暮らす中、とても霊力の強い女の子(お友達)が、これからやってくる者たちが、村を焼き尽くすという予言をし、村人たちが同じように自分たちの大切なものを洞窟に封印するというものです。
この時の村人たちは逃げることはせず、滅ぶことを選びました。

もしかしたら、こういった歴史は私たちの文明のずっとずっと前から、そして宇宙の別の星々でも繰り返されている記憶なのかもしれません。

彼らが封印したものは3次元では存在できないもの。5次元以上の叡智。
でも今は、その封印が解かれていっているのかもしれません。

8月8日の日、私にメッセージをくれた美しいスピリットは、今思うとあの前世の白髪の女性の若い時のような感じもします。

あなたは
あなたのすばらしい人生のために、
今ここに生きています。
だからあきらめないで。

やるべきことをやれば、
またあなたは元に戻ります。

あなたの中に
私はいます。
私が繋がった知識があります。

あなたのことは
私はちゃんと知っています。

私がこんなに深くこの「ホ・オポノポノ」に捕らわれたのは、私の中にある縁のようなものがそうさせたのかもしれないと思うほど、強烈な体験となりました。
もう少しまとまって落ち着いたら、今回の学びを、ご興味をお持ちの方に向けたワークとして提供できたらと思っています^^


by atelierkei-0520 | 2019-08-15 22:00 | ◇つぶやき

ホ・オポノポ「12のステップ」6日目突入。。

ホ・オポノポ「12のステップ」6日目突入。。_f0362457_21223446.jpg
今日で「ホ・オポノホノ」「12のステップ」は6日目になりました。
いつまで続けるのか、この話題。。
でも、今日はまた大きな発見があり、自分の中で「できた!!」となりました。

「12のステップ」は7日続けると「12のプロセス」となるそうで、それが何を意味するのか、ちょっと勉強不足でわかっていません。
でも、「ってことは7日は続けてみよう」となり、今日を迎え、そして「できた!!」となったのです。
何ができたかと言うと、うーん「自分流のホ・オポノポノの理解」でしょうか。
ここに到達したことにより、この考え方を活用できるようになったという感覚でしょうか。

やってみてわかったことは、「ホ・オポノポノ」を理解するためには、段階・プロセスがあり、それにちょうど毎日やって7日くらいはいるんだってことです。

そして、一度その段階・プロセスを踏んで、「ホ・オポノポノ」を理解すると、そのプログラムが自分の中に完全にダウンロードされ、その後は「コード」を入れるだけで作動するようになるのだと感じています。
そのコードが「4つの言葉」や「ブルーソーラーウォーター」などなのだと思います。

つまりは、「4つの言葉」が真の威力を発揮するのは、プログラムをダウンロードしている場合なんですね。
「毒だし」ってことだけで見れば、とにかく感じていることを出していって、「4つの言葉」でクリーニングしていくのは一つの方法として有効です。エネルギーが落ち着きますから。
でもたぶん、「ホ・オポノポノ」の新のプロセスが作動するのは、プログラムがダウンロードされている場合で、醍醐味はこちらのほうだなと思います。

今日気がついたのは、「ホ・オポノポノ」の一連のエネルギーの流れは、脳をシータ波にして行う「シータヒーリング」と全く同じだってことでした。
これにはびっくり。
エネルギーの流れが、全く同じなのです。
でも、シータヒーリングは、なんと言うか、やり方、考え方の点でちょっとだけ弱点があって、「エゴが反映しやすい」のです。
シータヒーリングも教え自体は完全にエゴを手放して創造主にゆだねられるかがキーポイントなのですが、やり方のプロセスや考え方がエゴに捕まえられやすいのですね。

それに比べると、「ホ・オポノポノ」は完全にベクトルが自分に向いているのと、「0」や「ワンネス」の考え方を上手に織り込んでいるので、「エゴ」が反映しにくい構造になっています。
だから、ようするに「やりやすい」のです。
理解すれば。

少し前に「体のこと」についての気づきを書き始めていたのに、とまってしまっていましたが、今は「ホ・オポノポノ」を学びまた新たな理解に進んでいます。
「元に戻す」こと。これがキーだと書きましたが、「ホ・オポノポノ」も目指すところは「元に戻す」ことなのです。それが「0」。

「100%自分の責任」を受け入れて祈ると、顔面神経痛でご飯がスムーズに食べれなかった父が、ご飯を食べれるようになりました。
そして、「左ひじが痛い」という母のひじも、自分の中の記憶をクリアにしてから、見るとどこが原因かわかってしまい、そこを揉んだら改善してしまいました。
そしてまた今日、母が腰が痛いと言うので、「シータ波」のヒーリングと「ホ・ポノポノ」を織り交ぜたヒーリングをすると、やっぱり改善してしまいました。
体の反応は、早いです。

自分の現実の問題に関しては、もう根っこがものすごく深いようで、どんどん出てきて現在クリーニング真っ最中^^;
こちらはちょっとまだ報告できることはありませんが、とにかくもっとやってみたいと思っています。

大分前に見たエドガー・ケイシーの映画の中で衝撃を受けた言葉のことを書いたことがあります。

人が更なる進化を遂げるために必要なことが2つある。
一つは、これははじめはとても恐いことだと思うけど、自分の様々なことを信じて「流れ」にゆだねられるかどうか。
そうして、もう一つは、これは一つ目が出来なければ絶対に出来ないことだけど、「神を○○できるかどうか」。

ってやつですが、この「流れにゆだねることができる」状態が「0」なんですね。
確かに、自分の顕在意識だけでそこを「ゆだねる」と決意して実際にゆだねるのは「怖いな」って思ったけど、「ホ・ポノポノ」をやることは普通にそこに戻っていく流れになるので、「怖い」って感覚もなく、それができそうです。

どんな風に転がるのかわかんないけど、やっていこうと思います。

上の写真は、金鳥山の絶壁ゼロ磁場で叫ぶ私です。
かなりへっぴり腰。。ガイドさんはさらに2段上の、「絶対無理!!」ってとこに立って「愛」と「感謝」を叫んでた。
私もここまで着たからには、「やらん」選択肢はないと思い、「はずかしい」の先に行くために、ちょっとだけ安全も確保しつつ、叫びました。「愛」と「感謝」。

このときから、この「ホ・オポノポノ」の流れは始まっていたのかもしれません。。

by atelierkei-0520 | 2019-08-13 22:39 | ◇つぶやき

ライオンズゲートの変わった雲さん

ライオンズゲートの変わった雲さん_f0362457_21065475.jpg
ライオンズゲートのエネルギー、まだ続いてます。
本当にこんなに凄いのは初めてです。。

昨日、今日もやはり「12のステップ」を続けていて、今浄化のプロセスを自分の中に落とし込んでいます。
エネルギーが上がったり下がったりで、動きが激しくて、ちょっとヘロヘロ^_^;
ちょこちょこ地味ですが不思議なことも起こったり、なるほどな学びもあったりしながら、学んでいます。
で、やっぱり浄化で大切なのは「気づき」だなーと思います。

ライオンズゲートのエネルギーの期間については色々書かれていますが、エネルギーの高い日は9月の後半まで続きそうだなと思っています。
ただ前半と後半があるとしたら、節目は今週かなーと思います。
台風くるみたいだし!
で、その節目の日だからなのか、ワンコの夜のお散歩で不思議な雲を見つけました。
見つけた時は「やっはりー!なんとなくそんな気したよ!」となりました。
上の写真の真ん中の雲、なんか生き物みたいでした。
よく見ると、少しだけ胎動しるみたいな^_^

似たような雲が別のとこにも!
ライオンズゲートの変わった雲さん_f0362457_21225481.jpg
めっちゃ近くまで下りてきてました。
何してるんだろうな。

今週も始まりました!
もうちょっと落ち着いたら、「今週のメッセージ」も投稿しようと思ってます。
皆さま、よい1週間をー♪

by atelierkei-0520 | 2019-08-12 21:05 | ◇つぶやき

ライオンズゲートのエネルギーは続く…

ライオンズゲートのエネルギーは続く…_f0362457_21392635.jpg
今日もすさまじいエネルギーでした。
今日は、ついに前歯が入りました。やっとこちらも完了。。
エネルギーの強い日に、何故かいつも歯医者の椅子で口を開けられ放置されるのですが、今日はなんど寝落ちしそうになったかわかりません。一度なんか足が10センチぐらい持ち上がるほど、痙攣(?ビクン!となるやつ)し、自分でも電気が走ったのか??と驚いてしまいました。

自分史上最も高価な前歯を装着しながら、今日もやっています「12のステップ」。
いや~、これは本当にすごいかもしれません。
今日は歯医者の帰り、上からのエネルギーがすごく強く入ってくる時に起こる「頭痛」が久々に始まってきました。
こういう頭痛が起こる時は、入ってくるエネルギーに対して「流す」作業がうまくいっていないときに起こります。
昨日は一日中「12のステップ」をやっていたせいなのか頭痛は起きなかったので、帰ってすぐにまた「12のステップ」を始めると、不思議なことに頭痛はぴたりと止みました。
やはり「12のステップ」の浄化力は半端ないなと感じる出来事でした。

そして、今日は「ホ・オポノポノ」のやり方というか、コツというか、そういうものがはじめてわかった日ともなりました。
昨日の時点ではとにかく「12のステップ」を理解し落とし込むところまででしたが、この「ホ・オポノポノ」の真髄といってもいいかもしれないとても重要なものが掴めたのです。
不思議なものですが「真髄」というものは掴んで初めてそれとわかるんですね。
だから昨日の時点では全くそこは意識になかったんですσ^_^;

「ホ・オポノポノ」「12のステップ」などの話の中でよく出てくるフレーズがあります。
それは、目の前に提示されるものに対しての自分への問いかけです。

「自分の中の何がこれを見せているのだろうか?」
これに対する気づきが実はものすごく強い浄化を起こします。
そして結果、様々なブロックを取っていくのです。

以前「自分の中の何がこれを見せているのだろうか?」というフレーズを見たときは、それなりにそれに沿って考えてみたものの、またそれっぽい答えのようなものを掴んだつもりにはなったものの、「ふーん」とか「そうか~そうかもね」ぐらのちょっと感動が薄い感じでした。
今考えると、以前の私にはこの答えを導き出すには気づきが足りなかったと言うか、意味がわかっていなかったために、答えにはたどりつけていなかったように思います。

でも今日はこの気づきを導き出すコツみたいなのがわかったのです。
それはもう、長年の霧が晴れていく感覚で、自分でもびっくりな発見がいくつかありました。
で、こうなってくると不思議なのですが、あんなに昨日まで悔悟の大泣き作業だったこの工程が、どことなくワクワクすると言うか、
「自分の中には何が埋まっているのだろう」といまるで推理小説を読むかのような楽しみまで感じてしまうようになってきました。
ただ、推理小説なんていうと、「左脳的な思考」で考えていくように思われると思うのですが、実際は全く違います。
作業は完全に「右脳的ひらめき」で進めていきます。
「右脳的なひらめき」と言うのは、やっぱりある程度訓練でもあるので、スピリットたちとのコミュニケーションが活かされているのかもしれません^^

私は、「12のステップ」の祈りの時には必ず天使たちにも傍にいてもらい、一緒に祈ってもらったり、私から出て行くエネルギーを浄化してねとお願いしています。
大天使ミカエルには私が自分の中の真実にたどり着けるようにサポートもお願いしています。

「ホ・オポノポノ」でアプローチするのは私たちの心の奥底です。だからそこに触れることができるのは私たち自身だけで、天使たちはそこに手を突っ込んでかき回すことはできません。
だからプロセス自体は自分自身でやらねばなりませんが、それをやるときの周辺のサポートは素晴らしく効果的に手伝ってくれるのです。
私がこんなにも短期間にいろんな気づきを得れたのは、天使たちのおかげだと思っています。

今日、一つ大きなブロックが外れたのですが、少し不思議なことが起こりました。
今年の初めからずっと顔の神経痛でご飯を食べるのに苦労していた父が、夜ご飯をスムーズに食べていたのです。
不思議ですね~^^


by atelierkei-0520 | 2019-08-09 22:40 | ◇つぶやき