アトリエkeiのスピリチュアルなシェアノート

keiatelier.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2019年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

今週のメッセージ:イエスからのメッセージ⑫選択の時

f0362457_21305611.jpg

こんばんは、皆さん
私はあなたと共にあり、いつもあなたを見守っています。

今、様々なところでライオンズゲートのエネルギーについて書かれています。
皆さんは、今年もまたワクワクしながらその時を待っていますね。
とても良いことだと思います。

けれど実生活において何か大きな変化があるかと言われると、
毎年「よくわからない」と言う人の方が多いかもしれません。
これほどまでに大きなイベントであるにもかかわらず、なぜなのでしょうか?

皆さんはこのようなイベントの情報を手に入れそれを迎える時、
自分がどんな感じなのか考えたことがありますか?
それを考えれば、なぜなのかがわかります。

皆さんはオリンピックを観ます。
花火を観ます。
ショーを観ます。

観る前はその日をワクワクしながら待って、
そして当日はそれに胸を躍らせ目をキラキラさせながら堪能し、
そうして終わればまた日常に戻っていきます。
まるで夢でも見ていたかのように。

皆さん、もし本当にそのイベントの中で起こる
中心的なエネルギーを取り入れたいと思うなら
観客でいてはダメなのです。

「待つ」と言う姿勢は違うのです。
そうではなくその大会のアスリートになってみてください。
そのショーのエンターテイナーになってみてください。
運営者になってみてください。

そこには喜びとともに現実がありますね。
ドキドキワクワクもありますが
勇気が必要だったり、覚悟が必要だったり
何よりも行動が必要です。

宇宙のエネルギーは中心から広がっていきます。
ですから周りで見ている人々にもエネルギーはいき渡ります。
受け取ったものは、必ず「いつか」に繋がっていきます。
ですから自らを中心におかないことが
悪いことでも、損をすることでもありません。

そう、皆さんは選択できます。

中心のエネルギーを受け取るのか
それとも周りでエネルギーを受け取るのか。

でもそろそろ、
中心に躍り出ても良いのではないですか?
そのために、今ここにいるのではないですか?

ライオンズゲートの期間は
皆さんが本来の自分を取り戻すためのエネルギーがやってきます。
中心でそのエネルギーを掴んでも良いのではないでしょうか。

何かの観客や、誰かのファンではなく、
自分が主役であることを
受け入れても良いのではないでしょうか。

イエス


今週のメッセージでした。
なんか、思わず「うっ!なるほど!」となってしまいました。
確かに、スピリチュアルを通してこういう宇宙のイベントごとにも興味を持っていますが、なんかどこかで「どんないいことがあるのかしら?」なんて、「待ち」の姿勢であることも多いなと改めて思いました。
でも、確かに本当に変化が起こる時は、自分が何か勇気を持って決断し行動した後に起こるように感じています。
「変わったらいいな〜」って感じじゃなくて、「変える!」と思って行動した時です。

今回のライオンズゲートの期間は「行動」してもいい時期なのかもしれませんね。

今週も始まりました、皆さま、良い1週間を〜♪^^

追記:今回の写真、観客もいいけど、ぽっかり開いたゲートの空の下で選手としてこの時を体験してみたら?というイエス様からのメッセージににピッタリ♪と思い選びました。
選んで気がついたのですが、上の写真の下真ん中にいる男性が持ってるタオルの数字が「1927」、全部足すと「1」!!
「スタート」の数字です…
天使、さすが……(ブログの監修は大天使ミカエルさまとヨフィエルさまなのでね^^)!

by atelierkei-0520 | 2019-07-30 22:12 | ◇今週のメッセージ

金鳥山へ行ってみた

f0362457_19185114.jpg

今日はカタカムナの聖地
金鳥山に登ってきましたー。

決まったのはなんと3日前。映画「天気の子」を一緒に見た友人が良かったらと声をかけてくれて、反射的に「行く!!」となりました^_^
ここしばらくの風邪を含めた毒出しはこの山に登るためだったのかとも思うし、またこの山に登るのも含めて新しいステージに踏み込むための「準備」だったような気がしています。

が!
ツアーは盛りだくさん過ぎて、、、
9時に山に入って18時に出るという山登り初心者兼日頃はお家に籠るもやしっ子の私には修験道のようでした!!
だから残念ながらまともな写真がない。。。
普通のツアーでは絶対に入れないだろうけもの道を登ったり降りたり、ありえん数のヤブ蚊に襲われながら(でも奇跡的に噛まれたのは4ヶ所、しかもあんまり痒くない)断崖絶壁のゼロ磁場に立って感謝と愛を叫びました。
仕上げは龍神に呼ばれ、予定には無かったありえん獣道を行き、龍とご対面してパワーストーンを頂きました。

また覚書くらい出来ればと思います。。
なんだか今週はめっちゃ盛りだくさん。。。
何が何だか!?
でもきっとこれから私に必要なのことが起こったと思っています。
とりあえずは、皆さま、今週もお疲れ様でした!


by atelierkei-0520 | 2019-07-28 07:54 | ◇つぶやき

映画「天気の子」

今日の投稿は映画「天気の子」を先入観なく見たい!という方はスルーしてくださいね^^
f0362457_21194354.jpg


先日、映画「天気の子」を見てきた。
アニメと言われたら、スタジオジブリかディズニーしか知らない私が見る「今の世代アニメ」の2作目だ。
初めて見た「今の世代アニメ」は同じ監督の「君の名は」という映画だったが、その映画が自分が見ていた夢の設定にそっくりで驚いた。
これを見るきっかけになった話や感想は以前こちらに書いた↓




今回の「天気の子」も前回同様「予告編」を見ただけでは、特に「見たい」と思ったわけではなかった。
「君の名は」にしても「天気の子」にしても、予告編で強調されるのは若い男女の運命的な恋の話の方で、ちょっと私には世代が違うせいか、そこが「こそばい」感じで首をすくめてしまう感じなのだ。

実際見てみると、やっぱりそこは「こそばい」。
女の子の動きも男の子の動きもどこかドラマチック、ロマンチックすぎて、その部分に関しては私にはスタジオジブリの作品の「ほのかに醸し出す」感や、ディズニーの完全に日本文化の外側で思いを歌で表現しちゃうなんてくらいの有り得なさの方が、エンターテイメントとしてしっくりきてしまう。
だから、はっきり言うと「今の世代アニメ」は苦手だ。

だけど、どちらの作品も実際見てみると、何故か心に深く深く突き刺さる。
それはたぶん予告編が強調するストーリーではなく、毎回その作品の奥に丁寧に敷詰められているもう一つのテーマのようなものの方だ。
今回の作品は、その日会おうと約束していた友人の一人が何故か突然「天気の子っていう映画がみたい」と言い出し、集まるメンバーで見に行ったもので、またも私が特に希望したものではなかった。

でも全て見終わって、改めて映画を振り返って、驚いた。
なぜなら、今回の「天気の子」の奥に敷詰められていたテーマは、まさに今週「今週のメッセージ」でチャネリングしたイエス様からのメッセージそのままに感じたからだ。
ちょっとここに一部編集してもう一度乗せてみたいと思う。


今日は強さと勇気についてお話ししたいと思います。

自由に生きると言う事は
人としてこの3次元に生まれた皆さんに約束された真実です。
ですから皆さんは
いつでもその原点に立ち返ることができます。

けれど実際はどうでしょうか。
とても難しいですね。
何をしてもいいと言われても
自分が何をしたいのかを認識することさえ
難しい人もたくさんいると思います。

自由に生きるという真実のもと
皆さんは様々な決断という場面で強さと勇気を必要とします。

皆さん
強さと勇気というのは
原点に立ち返ることを選べるかどうか
その心の動きのことです。

皆さんは、決断し次の道に進む時
必ず
自らは自由であると言う原点に戻ることになります。

それは自由意志のもと存在する自分自身を認めるのと同時に
そのすべての責任を自ら負わねばならないことを意味します。

だから皆さんはそこで強さと勇気が必要となるのです。

強さと勇気を持つためには現実を直視するしかありません。
自分は自由であるということを認めるのです。

今目の前にある光景も
気に食わない現実も
全てが自由である自分のもとに起こっているのだということを
認めることができますか?


さて、皆さん

あなたは自由だと言われたらどうしますか?
どう生きますか?
どうありたいですか?
あなたはそれを受け入れますか?
それとも変えることを選びますか?

決めてください
強さと勇気を持って

その決断が
あなたの人生となっていくのです。

イエス



映画の結末を書くことはできないけど、この結末を見た人はどう思うのだろう。
たぶん「スピリチュアル」を知らない人がみれば、3次元の視点だけで見れば、「わからない」となるのではないだろうか。
でも「スピリチュアル」を学んでそこを感じられるところにある人が見れば、そこに描かれているその結末に気がつくことができるのではないかと思う。

自分が求めている本当のものに勇気を持って手を伸ばす。その決断をする。
その結果は…?

この作品を作った存在たちのメッセージがそこに詰まっている気がする。


映画の上映中、私の真実センサーはなりっぱなしで、ずっと涙ぐむことになってしまった。
何に涙ぐんでたかというと、映画の中の現実という世界の圧倒的な美しさにだ。
私たちのリアルな現実よりもずっと美しく感じられるその風景。はじめてみるかのように感じるその風景。

でもそれを見ながら涙ぐんだ時、ふとこう思った。
私たちは、もしかしたら、今当たり前に見ている3次元でのこの風景を、かつてはこんな風に胸に詰まるような感覚で見ていた時期があるのではないか。
もうその時期のことは覚えていないけど、この世に生まれて、初めて目が見えるようになって、そうしてなんの偏見もなくただ見えてきたこの世の風景を、こんな風に感動しながら見ていたんじゃないか。

赤ちゃんの目があんなにキラキラしているのは、
こんな風に世界が見えているからなのではないだろうか。
私も赤ん坊の時は、
こんな風に感動していたんじゃないだろうか。
「なんて素晴らしいせかいなんだろう」って。

この気づきも、私の中ではものすごく大きなものでした。

ちなみに、この映画で頻繁に出てくる雲と全く同じタイプの雲の写真を、これまた何故か私は少し前の「今週のメッセージ」で使っている。

その時のイエス様からのメッセージは「幸せでいてください」だった。

こちら↓



本当に不思議なシンクロでした。

映画は風景が素晴らしかったので、劇場で見るのがおススメかなと思います^^
最初の写真は、映画を見終わって仰ぎ見た空。
「天気の子」の映画に出てくるような雄大な空でした^^

by atelierkei-0520 | 2019-07-25 23:07 | ◇つぶやき

今週のメッセージ:イエスからのメッセージ⑪強さと勇気の話

f0362457_22021119.jpg
こんばんは、皆さん
私はあなたと共にあり、いつもあなたを見守っています。

今日は強さと勇気についてお話ししたいと思います。

自由に生きると言う事は
人としてこの3次元に生まれた皆さんに約束された真実です。
ですから皆さんは
いつでもその原点に立ち返ることができます。

けれど実際はどうでしょうか。
とても難しいですね。
何をしてもいいと言われても
自分が何をしたいのかを認識することさえ
難しい人もたくさんいると思います。

だから皆さんは可能性を探します。
運命や使命を
アドバイスを求めながら知ろうとするのです。
「あなたは〇〇をする人のようだ」と言われれば
「そうか」と思い
また別の人から「あなたには△ △がある」と言われれば
また「そうなのか」と悩むのです。

自由に生きるという真実のもと
皆さんは様々な決断という場面で強さと勇気を必要とします。

皆さん
強さと勇気というのは
原点に立ち返ることを選べるかどうか
その心の動きのことです。

自分は自由であるということを認め
受け入れる時に必要になるエネルギーです。

皆さんは、決断し次の道に進む時
必ず
自らは自由であると言う原点に戻ることになります。

それは自由意志のもと存在する自分自身を認めるのと同時に
そのすべての責任を自ら負わねばならないことを意味します。

だから皆さんはそこで強さと勇気が必要となるのです。

強さと勇気を持つためには現実を直視するしかありません。
自分は自由であるということを認めるのです。

皆さんが可能性を外側の意見に求めている時は
残念ながら現実を直視しているとはいえません。
そしてその状態では
強さと勇気という
前に進むための強力なエネルギーを
使うことはできないのです。

今目の前にある光景も
気に食わない現実も
全てが自由である自分のもとに起こっているのだということを
認めることができますか?


さて、皆さん

あなたは自由だと言われたらどうしますか?
どう生きますか?
どうありたいですか?
あなたはそれを受け入れますか?
それとも変えることを選びますか?

決めてください
強さと勇気を持って

その決断が
あなたの人生となっていくのです。

イエス



今週のメッセージでした。
なかなか深いテーマでした!
今、たくさんの人が「新しいステージ」に進もうとしている時期だといわれていて、私自身もそれを感じています。
その流れでのお話なのかもしれません。

本当の意味で新しい場所に行く、それを前に進むというのかもしれませんが、その時は必ず「恐くなる」と感じています。
心の底から理由なく湧き上がってくる恐怖は、ある意味、自分が前に進もうとしている証拠だとも感じています。

前に進もうとするその動きや決断は、「自分は自由である」ということを認めることなのですね。
私は決断する時の勇気や強さというもは、何度も繰り返していくうちに、自分の「コア」を支える筋肉のようなものになっていく感じがしています。それはとても難しかった「自分自身を認める」というところをサポートしてくれるものです。
「自分自身を認める」とは「自分は自由である」ということを認めるということなのかもしれません。

今週も始まりました^^
皆さま、よい1週間を~♪



by atelierkei-0520 | 2019-07-23 23:43 | ◇今週のメッセージ

「わかる人」「そうでない人」

f0362457_21205583.jpg
今日ちょっとしたきっかけで、「スピリチュアルであるか、そうでないか」とは?という話になった。
この場合の意味としては「サイキックな能力があるか、ないか」という意味だったので、世の中の「わかる人」「そうでない普通の人」というくくりで、そこの線引きはどこなんだろうという話になった。

私の結論から言うと、
「わかる人」なのか「そうでない普通の人」なのかって言うのは、
その本人が「わかる・感じる」と認めているか、認めていないかの差なんじゃないかな〜って思う。

「わかる人」は「わかる」と思ってるから、ふとした瞬間に何か感じたら、人に「わかる」とか「今わかった」って言っちゃうし、それを聞いた人はその人を「そうか、わかる人なのか」と受け入れるし、
「そうでない普通の人」は「わからない」と思ってるから、ふとした瞬間に何か感じても「気のせい」「思い込み」なんて思って、人には言わないか、わざわざ「私はぜんぜんわからないから」なんて言う。


だから、本当の意味で「そうでない普通の人」なんていないよねって思う。
だって、どんな人も何かしらいつも周りに漂う「何か」を感じているよね。

例えば一番わかりやすいのは
「あの人うれしそうだな」とか「この人は何かなやんでいるのかな」とか、合ってるか間違ってるかは別にして、人の持つ雰囲気なんかかもしれない。
「わかるか」「わからないか」なんていうのは全部これと同じようなこと。
「この場所なんかいい感じだな」とか「今日はなんだか特別な感じのする日だな」とか、対象物を変えていくだけでいい。
頭で推理するんじゃなくて、心で感じたことを頭で認識するまで持っていくことを「OK」にすると、「わかる」人になる。

「サイキックな能力」というものはどんな人にも備わっている人が持つ基本的な能力の一つ。
強弱はあると思うよ。生まれつきのDNAの差ってとこも始めはあるだろうと思う。
それから、キャッチしたものがどこから発信されているか見極められるかってとこも大切なポイントだとは思う。

いろいろあるけど、強弱を大きく左右するのは結局は「対象にどれだけ興味を持っているか」だと思う。

今日は参議院選挙でした。
今回は頭でいろいろ考えて投票するのではなく、テレビのニュースで候補者の主張をインタビュー形式で紹介してくれるコーナーで、その候補者のしゃべる姿を見て心が一番いい反応をした人に1票入れてみました。
こんな風に、自分の心が感じていることに耳を傾けるのも日常を送る上で一つ面白いやり方だと思っている。
選挙もなんか楽しかった^^


風邪もやっと完全に抜けました。。
意外と長引いてしまった今回の風邪。。
でも何やら「節目」だった気がしています。


by atelierkei-0520 | 2019-07-21 21:39 | ◇つぶやき

体へのアプローチが知りたいという一件②

f0362457_22225149.jpg
前回の続き
前回の投稿↓
「体へのアプローチが知りたいという一件①」


「体は“治す”のではない。“元に戻す”のだ。」

これは、かなり前に創造主にどうすれば体を治すことができるのか?と聞いたときに返ってきた返事だった。
私は、この言葉を聞いて、体を改善させるためには「治す」という概念ではそれは行われないのだということを初めて知った。

「発想を変えなければいけないのか…」
アドバイスはとても新鮮だったけど、でもその「元に戻す」という意味がどうやっても掴めなかった。
問題が起こる前の段階に戻すことなのか?
ということは時間を戻すということ?そんなこと可能なの?
毎日、確実に時間は過ぎていって、自分も確かに年をとっている感覚がある。
そんな中で「時間を戻す」???

この時私はこのヒントの探求に夢中になるも、これ以上のことは全くわからなかった。
私の波動状態では到底これ以上は進めないのだと悟り、ここから離れることになるのだが、昨年の強化月間の時に、体へのアプローチが少し前進することになった。

その時のことはこちらにも書いた↓



意識を集中させることによって面白いように腱鞘炎が改善した時、「腱鞘炎はなんとかできる」なんて思った私はまた無理をし腕を再びおかしくしてしまったのだけど、「大丈夫、治せるもん♪」と余裕をかましてやってみるも、なんとその時は同じようにやってみてもうまくいかなかった。
焦った私は、本当に自分の浅はかさを後悔し、改めて体について考えを改めた。
「体はモノじゃない」
その時、無理をさせたことを心から体に詫びて、そしてもう一度静かに体に耳を傾けた。すると今度は体は反応し、それによって再び改善してしまった。
この時、初めて体に対して敬意を表する気持ちが私の中で出来上がった。
「心から接すれば、体は聞いてくれるのかもしれない」
その時思い知ったのは、「治してやる」「やってやる」「できる」そういう3次元的な発想では、この変化は起こらないってことだった。
どれだけ真摯に体と向き合うか。本当に体と向き合う心がそこにあるのか。
そんなものが体に変化を起こすためには絶対的に必要なのではと感じた。

この時に掴んだもう一つの感覚は「体は自分で自分を治す」ってことだった。
だから体のヒーリングで必要なことは、その体の動きを促すこと、そしてもう一つは邪魔しないこと、これがもっとも大切なのではと思ったのだ。
これだけわかれば、もう何でも体に関しては「わかった!」となるかと思ったりしたのだけど、実際はそうはいかなかった。
何かが、なんというかモヤモヤしているというか、言語化できないというか、理屈がわからないというか、これ!というものが足りないというか。。
で、やっぱり、この後も手ごたえがあったり、なかったり。

「向き合う心」
これもなかなか難しい。
だって、「治ってほしい」という思いが、どこから来るのかってところによっても、この心のエネルギーも変わってくるし。

ということで、ここでもまた自分の限界を感じ、あきらめるわけではないのだけど、「体」へのアプローチをこれ以上追及することは一旦棚上げにした。
なぜなら、今の自分の波動では「ここまでだ」ということがわかったので。

物事の探求というものは、それを知りたいという揺るがない「意志」も必要だけど、こだわりすぎるといつの間にか「執着」という重い波動を持つようになる。
このブログでも何度か書いているけど、全てのものは波動という周波数によって分けられた細かい「次元のレイヤー」の上にある。
知識もテクニックも全て。
だから何かを知りたいと思っても、その情報が今の自分より上のレイヤーにある場合は、「今」の自分では絶対にそれを手に入れることはできないのだ。
だから私は最近はこういう状態になったら結構ささっと切り替えができるようになった。
でも追求を全くやめたわけでもなく、ルナの事件や自分のことや家族のことなどで考えるきっかけがあればいつもやっぱり考える。

こうしていつも何処かしらで「体」に思いを馳せる私だったが、この間は初めに書いた創造主の「体は治すのではない。元に戻すのだ」という言葉をすっかり忘れていて、何故かこの言葉を思い出すことはなかった。

ところが、そうこうして今年、あれ??と思う瞬間があった。
その時に思い出したのです。この創造主の言葉を。
そういえば、そんなこと言われてたっけ?って。
あれは、もしかしてこのこと??って。


「体は“治す”のではない。“元に戻す”のだ。」

“元に戻す”とは「時間」ではない。

“元に戻す”とは「感覚」なのだ。

細胞がもつ「感覚」
これを“そもそもに戻す”

それが「体が改善する」ことになる。。のでは???

つづく



by atelierkei-0520 | 2019-07-19 22:51 | ◇日々の気づき

今週のメッセージ:イエスからのメッセージ⑩見え方の基本

f0362457_18101702.jpg

こんばんは、皆さん
私はあなたと共にあり、
いつもあなたを見守っています。

今日は見え方の基本についてお話しします。

この特別な時代に、
皆さんはあえて生まれてきました。
それは見方・見え方をこれまでの常識から大きく変化させる時代であり、
その変化を担うのが皆さんです。

皆さんの先祖から受け継いできた見え方というのは、ある時期から大幅に狭まり、
制限が設けられました。
それは一方の世界を大幅に省くことによって
焦点を当てる範囲を狭め、
見える範囲のことをより詳しく知るためでした。

人類の歴史の中で起こりうる
あらゆる場面のあらゆる感情を、
つぶさに見つめそれを知りました。
それは丁寧に、きれいに塗るために何度も重ね塗りする「ぬり絵」のように、
少しずつ角度を変えて何度も見ることになりました。充分にそこを見ることができた時、
皆さんの中に見る部分がなくなり、新しい見方と言うものが必要になってきました。

そして今、皆さんは平面的に捉え色を塗ってきた「現実」というぬり絵を、
奥行きや高さのある立体作品へと変えようとしています。

アセンションは皆さんが決めたことなのです。
ぬり絵に飽きた皆さんが
新しい世界を模索しはじめた結果
起こっていることなのです。

立体作品を作るための見方は、
これまでのぬり絵とは大きく変わります。
縦、横、斜め
あらゆる角度から物事を捉え直し
そのものが本当はどんななのかをつぶさに観察し理解しなくてはなりません。

始めは大変かもしれません。
次々に視点を変え、観察し、頭を整理し、理解まで持っていくのは
とてつもなく時間がかかる気もするでしょうし、また正解を知らない中での作業になりますから
確かめようのないものに不安を感じることもあるでしょう。

でも皆さん、
「これをずっと続けなければいけない」ということではありません。
なぜなら皆さんはこれを続けるうちに
多次元の思考になってくるのです。
意識がクォンタム状態になります。

それは目の前にある、ある方向の面を見た瞬間に、
そのものが本当はどんな姿・形をしているのか瞬時に分かるのです。
見方を、視点を変えずとも、
ありとあらゆる角度から見たそれが、瞬間的にわかり、
望めばその1つに焦点を当て
そこを深く見ることもできます。

皆さんは今それぞれが、それぞれの状況の中で、
たくさんのことを考え理解しようと一生懸命ですが、
それらは全てこの状態になるために
皆さんが自ら選んだことなのです。

まずはありとあらゆる見え方があると言うことを受け入れ、
それぞれの立場に立ってみてください。

そうすることに慣れてください。

見え方を限定しないでください。

それができれば本質が見えてきます。

クォンタムな思考を身につけたとき、人はとても静かになります。
そしてワンネスを理解した時、心に喜びと感謝が溢れ出します。

これがこれからのものの見方の基本になります。
皆さんが身に付けていくことになるものです。

ぜひ覚えてください。

イエス



「今週のメッセージ」でした。
「新しいものの見方・見え方」の部分をチャネリングをしている時、ものに焦点を当てしっかり見ようとするところをイメージすると、自分の思考が塊から瞬時に霧のような小さな粒に変わり一瞬でその粒が対象物の周りに球状に配置されるイメージが浮かびました。
見ている面は1面なのに視点・思考は無数の角度に配置され、瞬時にすべての情報が脳にやってきて瞬時に処理され、一気に「知っている」「理解している」という状態になっているのです。

最近イエス様のチャネリングが「イメージ」で一瞬で来ることが多く、言葉に直すのに困ることも多いです。だから文章も長くなってます^^;
言葉に直すところをイエス様に手伝ってもらっているというなんか変なことになってます^^;
これも「クォンタム」な思考の初期の初期なのかもしれませんね。

やっと風邪が抜けてくれた感じがしています。最後の最後がなかなか抜けてくれなくて、今も鼻水だけが止まりません^^;
でも今日からやっと日常が取り戻せています。
どうやら巷でも風邪がはやっていると小耳に挟んだのですが、世の中の皆さんも「毒だし」なのかななんて思っています。

皆様、今週も良い1週間を~♪

※※※

追記:
「エンジェルサポートレッスン」の4期生の募集がなんだかんだとずれ込んでしまい、8月になりそうです。
募集は8月ですが、スタート時期などはご相談の上決められます。9月ぐらいからがいいんだけど、なんて思われている方でもお申し込みいただけますので、またご検討ください^^
また以前アトリエkeiのワークを経験されている方は、募集前のお申し込みも可能です。その場合は以前ワークのときにお知らせしたメールアドレスに直接ご連絡ください。お待ちしています♪

「エンジェルサポートレッスン」って何?という方は参考までに前回の募集記事をお読みください。
(注意:回数と価格は変更する予定です)



by atelierkei-0520 | 2019-07-17 18:16 | ◇今週のメッセージ

風邪ダウン!

f0362457_17070070.jpg

風邪でダウンしてしまいました^_^;
アイスランドから帰って来た時のダウンに比べたら大分マシですが、今回のもちょっときつめ。特に昨日はめちゃしんどかったです。。
今回の私の毒出し調整期はこの風邪が治ったら完了ということでしょう。

風邪は家族の一人が持ち込みばらまいた代物でしたが、何故か酷くなったのは私だけという不思議。。

前回、体へのアプローチについて気づいたことを書こうと思った経緯を書いてみましたが、こういった風邪の類いも治せるのかと聞かれたら、おそらく「無理」ということになるのかなーとも思います。

何故なら、風邪も必要だから。
ここが、体のアプローチの難しいところなんです。
体の出す症状は私たちが気づかなければいけないことを知らせる意味があったり、身体の一大決心による大浄化だったりすることも多く、これをコントロールしているのは高い次元の自分だと感じています。

だから、三次元の生活レベルの判断でコントロールしたいと思ってもなかなか上手くは行きません。
ただ、そこを超えたところに何かあると気がついたのが今回の気づきでした。

そんなことをまた風邪が治ったら書いていきたいです。

楽しみにしてくださっている方、ご期待に添える内容かはわかりませんが、もう少しお待ち下さいねー(^^;

レッスンの時間を都合してくださった生徒さんたちにも、感謝しています!

皆さま、今週もお疲れ様でした!

by atelierkei-0520 | 2019-07-14 16:45 | ◇つぶやき

体へのアプローチが知りたいという一件①

f0362457_21262368.jpg
数日前から「毒だし」期間に入っているようで、今日はなんだかものすごく喉が痛くなってます。
ここ1ヶ月ほど、いや、もう少し長い期間かもしれませんが、感覚的に私は今「喉のチャクラ」を調整する動きに入っている気がしています。
個展1週間前から「ぎっくり首」になったりしましたが、「首」も痛くなったり治ったりを繰り返す中、必ず首が痛いときに前側の「喉」にも違和感を感じます。
そして今日は「喉」が痛くて咳が激しく出ます。

今地球上で起こっているアセンションという次元上昇では「心」だけではなく「体」も高い周波数にあわせて変化しているといわれています。
そのせいなのかはわかりませんが、少し前から私は「体」にとても興味を持つようになりました。
スピリチュアルを学んだのは、「天使」や「守護霊」や「前世」などを知ることで「心」の状態がよくなっていくことに興味を持ったからでしたが、最近はその学んだことで「体」にアプローチできないのだろうかってことの方に興味が移っていっている感じもします。

なぜなら、「心」がひと段落すると、なんか「体」だと思ってしまうのです。
なぜなら「心」と「体」は常に同期しているから。


例えば、一昨日から、なぜか久々に「自分が情けない」という感情がどんどん出てきて困ってしまいました。
とにかく人と比べては自分が情けなく感じて悲しくなるのです。
「ちぇ、なんだ、まだ残ってるのかあ」なんて少々うんざりしながら「思い癖だ!抜こう!」と思っても、いつものようにうまくその思考から抜け出せません。
なんだか「できない」というよりも、その思いを手放そうとする気が全くない自分がいるような、不思議な気がしました。

それが昨日の朝まで続いたのですが、朝、お布団の中でふと気がついたのです。

「あれ?なんか、私、腰がおかしくない?」と。

そう気がついてみると、ここ数日少し腰に違和感を感じていたのを思い出しました。
そこで、寝たまま自分の腰をヒーリングしました。
腰の違和感が取れたのですが、なんとその後むっくり起き上がった私の中にその「なさけない、、」という感情がすっかりなくなっていて、いつものとおり「さあ、今日は何をしようか」と一日に対する幸せな気持ちが戻ってきていました。

で、この日はその後、その「なさけない、、」の原因の思い癖が何かの拍子にとんでもなく「ばかばかしいな~」と思うことになるというちょっとした気づきが起こり、「あ~、この気づきのために毒だしだったのか」と納得したにもかかわらず、夜にはまたちょっと「うつうつ」した感情がなぜか戻ってきてしまいました。

「困った」と思いながらお風呂に入りました。
お風呂から上がって気がついたのですが、また腰が治ったときと同じように「うつうつ」の感情がなくなっているのです。
「あれ??お風呂であったまったら、うつうつがなくなってる…」
不思議な感覚でした。

心の健康には体の健康が欠かせないことは、スピリチュアルじゃなくとも常識になりつつありますが、やっぱり不思議ですよね。

※※※

私の最近考えていることはこんなことです。

もし、人が、自分の体のことをある程度コントロールすることができたら、どうなるのだろう。
突然出てくる体の不調におびえることなく、ちゃんと自分の体のことに対処できるというスキルを持つことができたらどうなるのだろう。
コントロールできない、コミュニケーションできないと思い込んでいる自分のこの体と話し合いながら、人生を送れるようになったらどんな感じなんだろう。。

それができれば、人はもっともっと「自由」になり「独立」するのではないだろうか。

もし、それが「普通の人」である自分ができるようになったら、それはどんな人でも可能なはずだ。


そんな風に考えると、なんだか「ワクワク」するのです。

だから少し前、本気で神様に祈ってみました。
「私は体を治すアプローチを知りたいです!本当に知りたいのです!もしそれを知ることができるのなら、私は必ず知ったことを人に伝えます!」って。

この祈りがどこまで通じるのかは未だわかりません。
この祈りの随分前から私はこのことについては本当に強く興味を持っていたのですが、いつも「これかも!」と思ってはその後はなんか進まず、なんかもやもやしてしまい、結局は「体」は難しいね…」って感想しかもてませんでした。

でも、祈った後、個展の少し前に、すごいびっくりな経験をし、初めて「もしかしたら」という気づきを得ました。
その気づきはまだまだ不安定で、本当なのか、効果があるのか、そんなことも検証の数が少なすぎてわかりません。
今までのように「やっぱ、よくわからん。。体は難しいね…」という結論になるのかもしれません。

だから、この状態でここに書いていいのかもわからないので、書くべきか迷っています。
でも、このことをまだ書く段階ではないかもと、別のことを書こうとしてもまったく思考が動かないのです。
ということで、ちょっとだけ次回この気づきについて書いてみたいなと思っています。

by atelierkei-0520 | 2019-07-11 21:41 | ◇日々の気づき

今週のメッセージ:イエスからのメッセージ⑨目的の達成の仕方

f0362457_22243145.jpg
こんばんは、皆さん
私はあなたと共にあり、いつもあなたを見守っています。

今日は皆さんに目的の達成の仕方についてお話ししましょう。
今皆さんは非常にきわどい地点にいます。
その地点というのは現実化のスピードが、
これまでとは比べものにならないくらい速いという地点です。

「そうは言っても何も変わっていませんが」と言う声が聞こえてきそうですが
そう思うあなたにいます。
そのまま、あなたの現実では「変わらない」という思いが現実化しています。
皆さんが考えるほど思考の現実化は厄介ではありません。
すべては皆さんの意識が形作っています。
まずはそのことに気がつくことです。

でも目的は違います。
目的は思考の現実化と少し違う性格を帯びています。

目的とはあなたのライフパーパスと密接に結びついたものです。
また普段はそこにエゴの声が加えられ、あなたの願望となります。

目的を達成しようとする場合、
皆さんは思考の現実化に意識を向けがちですが
本来はどれだけ純粋な意図を
そこに向けられるかが重要になります。

純粋な思いと
揺るがない意志です。

ここを、なるべく不要なものを
そぎ落とし
純粋にし、
自分の意識でとらえることができるか
そしてとらえたものを保ち続けれるか
これが目的を達成するために必要なことです。
この時、
方法や可能性に意識を向ける必要はありません。

ただあなたはどうしたいのか
どんなふうにいたいのか
またはありたいのか
何をしたいのか

それを静かな心でしっかりと捉え、
まずは目の前のことをきちんと実行することです。

目的を達成するためには思考を単純化してください。

モヤモヤする上澄みの感情にとらわれるのではなく
その奥にある単純な自分の思いのほうに焦点を当て
自分の心の中心にぐっと引き寄せ大きくして
自分で見やすくしてください。

そして、ただ、
その単純な思いの方に意識を寄せて下さい。

それを続けてみてください。

そうすることに慣れてください。

そうすればその思いに純粋なエネルギーが流れ込み
また皆さんが進みます。
必ず前進します。

今の時期のエネルギーを利用し、
訓練してみて下さい。

あなたの目的のために

イエス



「今週のメッセージ」でした。
「今の時期」というのは、次の大きなイベント「8月8日ライオンズゲート」までの調整期間の時期のことだと感じています。
7月3日は地球で日食が観測される日だったようですが、この時期からライオンズゲートの時期にまた大きなエネルギーを受け取るための調整期間に入ったと書かれている記事を読みました。
こういう調整期間はここのところ、しょっちゅうですが、ここ数日は高いエネルギーが入ってくることによる「毒だし」症状も感じていたのでなんか納得です。
この時期できることは一つです。とにかく出てくるものは押さえつけず出してしまうこと。

でも今日はイエス様からもう一つ提案がありました。
「モヤモヤの奥にある自分の思い」そこに意識を向けること。
「毒だし」ばっかでもう飽きた!という方はチャレンジしてみてください、よかったら^^

今週も始まりました。皆さま、よい1週間を〜^^♪



by atelierkei-0520 | 2019-07-09 23:13 | ◇今週のメッセージ