アトリエkeiのスピリチュアルなシェアノート

keiatelier.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2019年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

「ガラクタ捨てれば自分が見える」風水整理術入門:カレン・キングストン著

f0362457_23101471.jpg


いよいよ10連休が始まりましたね^^
といいつつ、私は展示会2ヶ月前ということで、連休どころではありませんから、やっぱり特別なこととといえば、平成が終わり「令和」になるってことのほうでしょうか。

さて、先日もチラッと書きましたが、ここ最近の浄化の仕上げとしてのように突然「ガラクタを捨てよう!」という気になりどうしても処分できなかったものをついに処分しました。こちら↓



で、その気にさせた本というのが上の写真のこの本です。

「“ガラクタ”捨てれば自分が見える」風水整理術入門:カレン・キングストン著」

「風水」と聞くと実は私はちょっと苦手です。
何故かというと、「きまり」が多すぎるからです。
方角・色・場所・間取り…あげればきりがありませんし、人によって見解も違うし、何より本当は素人では理解できない難解な学問のような深いものであると思うので、理解する前にギブアップしてしまいます。

ところが、この本は違いました。著者が欧米人だからでしょうか。
良く聞く「風水」の話がどうやったら運が良くなるかってところに着目して、色や方角や置くものについていろいろと語っているのに対して、この本はどうやって自分の周りから不要なエネルギーを取り除くかってことのみにフォーカスしてくれていて、内容は完全に「スピリチュアル」でした。
自分にとっていらないものを処分していくことをエネルギー的に理解してやってみようという内容で、それは完全に「内観」「浄化」について語られているものでした。
少し極端なので、はじめは私のモヤモヤした気持ちの声が「そんなに割り切れたらそもそも問題なんてないんだよ!」なんて抵抗もしたのですが、読み進めていくうちに、なんか体がうずうずしてきて、“ガラクタ”を処分したくてしょうがなくなるという状態になり、結果20代の自分への執着を剥がすという大浄化の時間を持つことになるという不思議な効果をもたらしてくれた本です。

ちょっと古い本ですが、「断捨離」なんかがよく取り上げられるようになった今、十分受け入れられる内容でした。
簡単な内容で当たり前のことが書かれているのですが、何故かパワーをもらえた気がします。書いた人のエネルギーによるものかもしれません。

明日は「鳩の目覚め」という大きなエネルギーが降りてくる日のようです。
先日ある生徒さんが気がついてくれたのですが、「鳩=ハート」なのかもと感じています。
「ハートの目覚め」
記事の内容とも合致するので、きっとそうなのではと思っています。
たくさんの人たちが自分のハートの声に耳を傾けるようになる、それが「令和」の時代かもしれません。
これからのエネルギーをしっかりと受けとるためにも、もう手放してもいいものは手放して、新しいエネルギーのための「スペース」を明けてもいいかもしれませんね^^

それでは皆さま、良い連休をお過ごしください~♪
こちらのブログも連休をいただいちゃうかも……。。そろそろ恒例の「強化月間」に入らなければいけませんので><!
つぶやきは書いたりするかもしれません!

by atelierkei-0520 | 2019-04-27 23:10 | ◇日々の気づき

心は全て「わかってる」

f0362457_23155745.jpg

先日の幽霊さんの出来事がちょっと面白かったのでここでシェア。

少し前の投稿でちらっと書いたけど、先日久々に外で幽霊さんを引っ付けて帰ってしまった。
私は大抵夢で見ることによって引っ付けてしまった幽霊さんを知ってしまうのだが、この日も久々に夜中うなされてそれを知ることになった。
ところがこの日の被害者は私だけではなかった。
この幽霊さん、かなりタチが悪くて、今ワンコの看病のため、母と同じ部屋で寝てるのだが、なんと、私の隣で寝ていた母までうなされてしまったのだ。(だいぶ目が離せるようになったワンコはこの日何故か私達と一緒に寝るのを拒否。後から幽霊さんのせいだったかーとワンコに感心したのだった。。)

夜中目が覚めて、もーやだー(-ー;)ともんもんとしてると、母がトイレに立ち戻ってきて怖い夢をみたというのだ。
どんな夢かというと、弟の夢だったという。
弟がかなしみのあまり気が触れて、夜の繁華街を叫びながら徘徊していて、胸が張り裂けそうになった母が助けに行こうとすると、私が「お母さん、あの人はもう完全に別の世界に行ってしまったんだよ。私達にはどうすることもできないんだよ!」と言って母を止めたというのだ。弟が見知らぬ男達に連れて行かれるところで目が覚めたらしい。

起きた母はかなり動転していて、もし今弟が本当にああだったらどうしようと半泣きで何度もつぶやいていた。
そこで私は母にこう聞いてみた。

私:お母さん、あのさー、それ、本当に弟だった?本当の本当に弟だった?それから本当に私だった?

母:へ?だって、確かにそう思ったんだよ。夢の中では確かにそうだと思ってたんだよ。

私:落ち着いて「今」考えてみて。あ、頭で考えたらダメだよ!心で考えるの。心で感じるの!

母:………
………そう言われてみるとね、、、なんか、切り絵みたいだった。とても平面的でカクカクしていて…。。
以前おばあちゃんとペギー(先代ワンコ)が初めて夢枕にたった時の感じとは全然違ってた。あの時は、ふたりともシルエットだったけど、丸くて立体的で、確かにおばあちゃんとペギーだった。。
私:お母さん!それだよー!それ!
違うでしょ?違い、わかるでしょ?
今日の夢は私が引っ付けてきた幽霊さんがお母さんの脳の中の材料を使ってお母さんが一番ダメージを受ける映像を見せてきたんだよ。間に受けてたら幽霊さんの思うツボだよ!
悲しんだり怖がったりしたら喜ぶだけだから忘れて寝るにかぎるよ、寝よう!

こういうと、母は落ち着いてまた寝出した。
私もバカバカしくなってその後はスカーっと寝てしまった。


私たちの心は、本当はすごい。実は真実というものをちゃんとわかっている。
「真実」っていうのは、本当はこの世界には「光」という「愛」しかないってこと。
だからそれがないものはただの「幻想」にすぎないのだ。

母が見た夢の映像はとてもチープで「愛」というものがまるでない。あるのは心の闇に付け込もうとする低い意識。
夢に限らず、幽霊さんに限らず、目の前の現象に何の光りも感じない場合は、関心を示す必要はない。
その意識を責めたり憎んだりする必要さえもない。なぜなら、その低い意識は「幻想」だから。その低い意識さえも本当は光なのに「低い」と勘違いしている幻想なのだ。
幻想に何をぶつけても空回りして疲れるだけなのだ。

母はあの夢を「真実」と捉えることもできるし、反対に取るに足らない「幻想」と取ることもできる。
結局何をとるかはその人次第、「自由」でもある。
どんな選択をするのも自由だけど、もし「真実(光)」を選びたいと思うのなら、感じていること見ていることを、一度落ち着いて頭ではなく「心で考えて」みるといいかもしれない。

「自分がどう感じるかが全て」
これは間違いないのだけど、注意点としては私達が感じていることの中には、意外と自分のものじゃないものも混じっている。
目の前の大切な人が持っている感情を自分の中に取り込んで、自分も同じ様に感じていると思い込んだり、幽霊さんの入れ込んでくる感情を自分の感情と勘違いしたり。これもまた「幻想」の一種だ。

だから、強い感情を持った時は、その感情に流されてしまう前に、ちょっと自分に聞いてみるといいと思う。本当にこれは私の感情かな?って。
そうすると、これまた不思議で心はちゃんと答えてくれる。不思議と自分のかそうじゃないかは心でしっかり分かるのだ。

「わ~」となっている時の心で感じるんじゃなくて、一端そこから離れて静かになって、静かな心で感じてみる。
そうすると必ず私たちは「わかる」もんなんですね^^
よかったら試してみてください^^





by atelierkei-0520 | 2019-04-25 23:16 | ◇日々の気づき

今週のメッセージ:イエスからのメッセージ③

f0362457_17554310.jpg
こんばんは皆さん。
私はあなたと共にあり、いつもあなたを見守っています。

今日は皆さんに1つ大きなお知らせがあります。
大きな変革の時がすぐ目前に迫っています。
たくさんの人々が眠りから覚め、
本当の自分、本当の世界を模索し始めます。
その時は1番必要とされる手助けがどの人にもありますが
その1つとして、知識の共有があります。

皆さんの知っていることを共有していきましょう。
出来ることが小さくてもいいのです。
自分の知っていることを共有できるチャンスがあるのなら
それに手を差し伸べてみて下さい。

知っていることを話す事は罪ではありません。
あなた方は嘘を極端に恐れますが
あなた方は嘘を話すのではありません。
感じていることを、ただ話すだけなのです。

自分の話したいことを本当か嘘かで考えるとき、
人は話せなくなります。
そうではなく正直に
ただ自分はこう感じているのだということを伝えてください。
そうすることが人々への大きな手助けになります。

あなたが自分の感じていることを話している限り
あなたは誰も束縛しません。
あなたは自由であり
それを聞く人もまた自由です。

あなた方はこれから真の自由という世界に踏み込もうとしています。
本当の自由を知るときに来ています。

自由を感じてみて下さい。


イエス


私もそうでしたが、スピリチュアルに目覚めた初めのころは、感じていることが正しいのかどうかっていうことにとてもこだわっていたように思います。だから書くことも今とはまた違う難しさもありました。
でも、あるときから「感じたことを書くだけでいい」となった時、ずっと自由になったのを覚えています。
スピリチュアルに限らず、人々が感じていることに静かに耳を傾けあう時、そこには「癒し」があるように思います。


「あなたが自分の感じていることを話している限り
あなたは誰も束縛しません。
あなたは自由であり
それを聞く人もまた自由です。」
この言葉がとても印象的でした。
感じていることを語り合うだけの時間。
私も、その時間にたくさんの気づきや癒しがありました。
きっと私はそのときに「自由」を感じていたんですね。だからその時間がとても心地いいと感じるのかもしれません。


いろんな人が自分の感じている世界観を人に自然に話せる日がもうそこまで来ているように感じています^^

皆さま、今週も始まりました!
よい1週間を~♪

by atelierkei-0520 | 2019-04-23 23:01 | ◇今週のメッセージ

突然の断舎離

f0362457_19390517.jpg
19日に美容院と歯科で、2ヶ月前の古い自分の髪の毛と、4ヶ月間の古い歯垢(思考!?)を一気に落としてきました。
帰りに何故か歯科で「この前のお休みの時に淡路島に行ってきて新玉ねぎを取ってきたんです!患者さんにもおすそ分けしています、良かったら持って帰ってください^^」と嬉しいお土産をもらい、「あ~、いらないものを捨てたから、新しいモンが入ってきたのかも^^心もなんだかぽかぽかだ~」とご機嫌になりました。
20日はルナの病院で、先生から「ルナちゃん!!完治って言っていいと思うよ!おめでと~」と言われ、角膜ジストロフィーの方も少しづつ小さくなってきていることを確認し、ご機嫌だったところに、帰りの車の中で、ものすごく気になった前の車のナンバー「9991」を久々に「エンジェルナンバー」で調べてみるとこんな記事を見つけました。↓




「あなたの人生の第1章が終わり、第二章が始まろうとしています」というところが、映画「リーディング」を見たときにも感じたところとリンクしてしみじみしました。

そして、家に帰ると、数日前に母が借りてきたある本を手に取り、読み出しました。半分くらい読んで、突然、「そうだ!!!!“ガラクタ”を、処分しよう!!!!!!!」と思ったのです。

なぜそんな気になったのか、完全に本の影響ともいえますが、同時に心の奥で「今がそのときだ!!!」と強く強く感じました。
今日までにダンボール1箱分の本を下取りに出して、ゴミ袋6袋分のものを処分準備が完了しました。

こういう衝動は、もちろん、「初めて」ではありません。
以前も何度も何度も自分の周りを快適にしたくて、整理整頓にチャレンジしました。最後にチャレンジした時も「もう捨てるものはない」ってくらい頑張って処分したつもりです。
でも、なんだか、今回の「処分」は、今までのと全然レベルの違う処分となった気がしています。

今回の「処分」を体験して初めて気がついたのですが、今までの「処分」の時間は、どちらかというと「執着の確認」の時間だったように感じています。自分に必要のないものを捨てるのではなく、「絶対に捨てられないものを確認する時間」だったように思うのです。
だから、今までいくら物を捨てても、いまいち何もかわらなかったのだな~と今しみじみ思います。
おかしいですよね、「執着」を濁してくれている余分なものを捨てて、より「執着しているもの」を際立たせるなんて!

私にはどうしても捨てられないものがありました。それは成人式の時に着た「ちょっとオシャレで高級なパンツスーツ」でした。
いろんな思いが詰まったそのスーツは落ち着いてみたら「私」にはどうやっても似合わない代物で、結局なんだかんだとその後1回も着た覚えはありません。でもどうしてももったいなくて捨てられませんでした。去年、頑張ってたくさん服を処分した時も、やっぱりこれだけは捨てられなかった。。
ところが、今年は「よし!これはもう捨てよう」と初めてなったのです。
そしてそのまま、ゴミ袋に入れました。
私は初めて、そのスーツは自分には似合わないと冷静に受け入れることができました。

そして、もう一つ大きなものがありました。それはお気に入りの箱にパンパンに入れ込んだ手紙や葉書類でした。
この箱も、過去何度も整理しました。何度も何度も。
今回、その箱の中の手紙の9割を処分しました。
たぶん死ぬ時に持っているだろうなって思う数点を残して、全てです。そして箱も処分しました。
箱の中のエネルギーを改めて感じてみて驚きました。なんと、私が取っていた手紙類は、最近のものを除くと、ほぼ全てが「20代」の頃のものだったのです!!
涙がぽろぽろ出てきました。
「20代の私」
わたしはずっと、ずっと、気がつかなかったけど、この「20代の自分」を引きずってきたのに、やっと気がついたのです。

「20代の私」は抑圧されたそれまでの世界から解放された輝かしい自分でした。
やっと制服から解放される!今まで地味に頑張ってきて、やっと自分らしく生きれる!そう思って、フランスにも行きました。
周りの私に対する評価も「普通」から「あの人はちょっと違う」的な存在になったと思っていました。だから20代の私には「自分武勇伝」のようなものがいくつもあります。
でも、20代の私はキラキラしているつもりでしたが、数年前から自分の感覚が変わってきたのを覚えています。
その時代の自分の写真を見るとなんかすごく「恥ずかしい」のです。目を背けたくなるのです。「馬鹿じゃないの」という視線を投げかけたくもなって、なんだか悲しくなるのです。

今日、やっと理由がはっきりしました。
「20代の私」は、自分を「全否定」していたのです。自分を全く見ようとしなかったし、受け入れてもいませんでした。
だから全く違う、頭の中の素敵なイメージに自分をひん曲げて合わせようとしていました。そして上手く周りをだませたと思いながらも、本当の自分を見られるのを心のそこから恐れていました。
でもどんなに隠せたと思っても、敏感な人には分かるのです。そして大抵はそこに気がつく人たちに、本当の自分を暴かれてしまうのを恐れて、私は心の舵取りを任せてしまう傾向があったのですが、最終的にはいつもそんななさけない自分を強い自分が打ち負かし、独立を確保しました。
「弱い自分を絶対に許さない」そんな自分もこの頃出来上がりました。
似合わないスーツもこだわった髪型も、全てはこの辺りのこだわりと「本当の自分を認めたくない」ってところからきていたんですね。

気がついた私には、もう「20代の自分」に対する嫌悪感はありませんでした。ただただ、「頑張ったね!よく頑張ったね!」といい続けて、手紙を処分しました。
私が友人たちからの手紙を処分できなかったのは、「20代の自分」がずっと私に「認めて!認めて!」と声をかけ続けていたからだと思います。そしてそのエネルギーは、そのままその後の私の「認められたい」という気持ちに置き換わっていました。
今日私は初めて、「自分が大嫌いで必死に頑張ってた20代の自分」を認めてあげることができました。
そして、手紙をくれた友人たちに対しても、手紙をくれた当時のその人たちと今のその人たちに対して、心から感謝しました。
こんな私に、こんな風に手紙をくれた、全ての人が幸せでありますようにと。

ものすごい浄化の2日間になりました。
「あなたの人生の第1章が終わり、第二章が始まろうとしています」
私は本当に次のスタート地点に立ったのかもしれません。

そんなこんなで、片付けって、本当にすごい浄化パワーを持っているなと実感。
すがすがしくてたまりません。
でも、これができたのは、先に心の浄化にずっと取り組んでいたからだと思うのです。
「モノを処分すること」が自分の状態を整える面はもちろんありますが、先にも書いたように、心が整う前にやろうとしても、ほとんどが「執着を確認する時間」になってしまう気がしています。
だから、まずはやっぱり自分の心と向き合って、自分のたくさんの声を拾って、その声を認識する=心を整理することが先のほうがいいなと思います。
もちろん、処分しながら心と向き合うのもありですが。

ものを捨てられないとか片づけができないって思っている方もきっと大丈夫^^
それをする前に心を整理してみるといいかもしれません^^


皆さま、今週もお疲れ様でした!


by atelierkei-0520 | 2019-04-21 21:31 | ◇つぶやき

枕に刺さる白い羽

f0362457_21320338.jpg
今朝、起きて寝返りを打ちうつぶせになると、視界の右上になにやらある…。。
「ん??」と思ってよく見ると、なんと1本の白い羽が「ぐさ!!」と枕に刺さって揺れていました…^^;

どうも初めて天使を意識させられた時も(こちら↓)
そしてこの時も(こちら↓)

私の周りにいる天使たちは、サインを強調したい時は「ぐさ!!」と刺すようです^^;

実は昨日、久々にものすごーーく変な波動を引っ付けて帰ってきてしまいました。ちょっとかなり立ち悪いのが引っ付いていたようで、夜中久々にうなされました^^;;;

不思議なんですが、最近こういうことが起こるときは、必ず「必要がある」からサポートの元起こります。
今日はある会に参加して、そこで立て続けに3つの「過去世」を癒してもらうという流れになりました。そして私も3人の方の過去世を癒し、その方たちの過去世を癒すことで私の同じ要素も浄化され、結果今の自分に振動を送って負の影響を与えている6つの要素が一気に光りに還るという大浄化イベントがあったのです。

前日にわざわざ肉体の波動にダメージを食らうことをして、その後久々の都会を一人仕事の用事も兼ねてブラブラし、しかもその日は何故か私は全身真っ黒な格好の気分で、そしてこれまたいつもは必ずつける自作のジュエリー何点かも、何故か昨日はつけると落ち着かなくなるので外していました。
この流れでどこかでかなりたちの悪い幽霊さんをひっつけたのですが、これは今日の日の浄化のため「必要があって」そうしたのだと思っています。

奥の奥に沈んだ重い波動を光りに還すため、それを炙り出す必要があるときは、私たちはこうやってわざと波動を下げる時があります。
そこまで一端下げないと、その重い部分にアプローチできないからです。

夢から覚めたとき、ほんとうに気分が悪くて、久々に「なんやねん==」と自分の引っ付け体質に嫌気がさしましたが、枕の羽を見て「あ~、なんか意味あるのね」と思えました。そうしてその後の浄化を経て、やっぱり上がやることは完璧だなと思ったのでした^^

その会が終わった後、猛烈に眠たくなり仮眠して目が覚めると、顔元がすっきりしていました。

それにしても、過去世の癒しもいいな~と久々に感じました。
今を忘れたくないので、もうあまり過去世は気にしていないのですが、やっぱりそこからの波動は無視できないんですね。
何でもかんでも過去世のせいにしても前には進めないのですが、ハイヤーセルフと天使たちが整えてくれる環境でそれが行われる時の効果はすごいなと思っています。




by atelierkei-0520 | 2019-04-18 22:54 | ◇つぶやき

ノートルダムのアセンション


f0362457_21512492.jpg


今朝、うそみたいなニュースが飛び込んできました。みなさんもびっくりされたんじゃないかなと思います。
パリにたくさんの思い出のある友人からは「気持ちがついていかん…」と呟きが送られてきました。

私もノートルダムには、ものすごい前の話ですが何度か行ったことがあります。それこそ、スピリチュアルの「ス」の字もなかった頃でしたから、私にとっては普通にすごい有名な観光地でした。
でも、中に入った時に見えた「バラ窓」の美しさには息を呑んだことを覚えています。
荘厳な雰囲気と美しい光りを写真に撮りたかったのですが、現像した写真には光りは100分の1くらいになってしまっていて、がっかりしました。もう一つ覚えているのは、お土産で売られていた小さな銀色のマリア様のペンダントトップで、自分で紐をつけてその頃少しやっていたビーズのネックレスと重ねづけしたりして楽しみました。

まさか、このタイミングで、燃えてしまうなんて。しかも、ノートルダムが。

800年近くの間、これだけ実は燃えやすかった大聖堂をずっと守ってきたフランスの人々の落胆は察するに余りあります。
でも、こう思っています。
きっと次の1000年のための新しいノートルダムができるんだと。
前の時代の大切なものを引き継ぎつつ、開いたスペースには未来のエネルギーが入ってくる。
ノートルダムもアセンションを選んだのだと思います。

燃える大聖堂を見ながら賛美歌を歌っているパリの人々が印象的でした。
その歌声が古い時代のエネルギーに癒しを与え天に還しているように感じました。

今日は衝撃的すぎて、ここに記録せずにはいられませんでした。
「見つめる先は光りであると信じること」
イエス様の言葉が心にしみました。

by atelierkei-0520 | 2019-04-16 21:53 | ◇つぶやき

今週のメッセージ:イエスからのメッセージ②

f0362457_22234226.jpg

こんばんは、皆さんイエスです。
私はあなたと共にあり、いつもあなたを見守っています。

今日は皆さんに勇気が出るようなお話をしましょう。
見守っている立場としてはたくさん言いたいことがあります。
けれど全てを話すと皆さんもびっくりしてしまうのでゆっくりといきたいと思います^^

アセンションの流れの中で皆さんはいつも戸惑います。
行く先が良いと分かっているのに、迷うのはなぜですか?
皆さんはいつも躊躇しますが、それはどうしてですか?

たくさんの声が聞こえてきそうですね。
そう、皆さんは不安なのです。
行く先が頭では良いと知っていても心が納得しませんね。
「わからない」といいます。
なぜなら心にはたくさんの過去の記憶がありますから。

記憶が持つ重要な点は、そこに真実はないという点です。
記憶は真実では無いのです。
ですから皆さんは幻影を真実だと感じてしまう傾向があります。
自分が見ているものが幻影だと信じることができますか?
難しいのは知っています。あまりにリアルですから。

けれど真実とは未来にあります。
今ではなく未来です。

わかりますか?
皆さん、エネルギーなのです!

記憶とは過去のことでありそれはエネルギーです。
少しノスタルジックなエネルギーなのです。
記憶とは手放すべきエネルギーなのです。
そして高いエネルギーは未知の世界のもの、つまり未来なのです。
未来が不安になるときは、必ずその未来に過去のエネルギーを反映させ、
あなた方は過去の記憶を未来だと勘違いします。
皆さん違います!
未来は純粋な輝く真実のエネルギーであり、
今よりも高い波動のエネルギーなのですよ。
だとしたら今のあなた方に未来の姿が見えると思いますか?
未来は、見えなくて当然なのです!

この単純な仕組みをただ受け入れて信じてみてください。
記憶のエネルギーを反映させず、
ただ、行く先は光なのだと単純に法則として受け入れてみてください。
そうすれば
あなた方はもう少し自分を信じて前に進むことができるでしょう^^

イエス



イエス様からのメッセージは、終始「ニコニコ」といった感じでした。ですから、「^^」マークを入れてしまいました^^
力強く、穏やかで、温かい。希望に満ちたエネルギーです。

未来は見えなくてあたりまえ…。。。
前回の投稿で今の時期は「上昇期」だと書きましたが、その流れからこの話もすごく納得…。
確かに高い未来は「見えない」かもしれませんが、古い記憶、思い癖を取り除き、自分の周波数が上がってくると、その未来を感じることはできると思っています。そのときは「なんとなく」と感じてしまうか、もしくは「シンクロ」のサインがやってきたりします。

ここ数日、また「1」のぞろ目をよく見ます。
何なんだろうなと思いながらも、深くは追求しません。何かしらのサインであったとしても、「未来から」のサインなので、追求してもしょうがないことはわかってますから^^

昨日は、階段から転げ落ちて、一時は後遺症が残るかもってくらい心配したうちのワンコが、ちょっと目を放した隙に、なんと、上がらないようにと「御簾もどき」とラックで封鎖していた階段を、自分で隙間を作って一気に駆け上るという信じられないことが起こりました。。
さすがにあの経験の後だし、ルナも上がらないだろう、できないだろう、となんとなく甘く見ていた私たち家族の心臓が凍りつきました。。
いや~…ほんとうに未来はわからない^^;
ルナが回復してくれた証でもあったので、嬉しくはあったのですが、とにかく階段はNGってことで、今はもっと厳重に封鎖しています。
おかげで人間は不自由してますが…^^;

それでは、今週も始まりました。
皆さま、良い1週間を~♪

by atelierkei-0520 | 2019-04-15 23:00 | ◇今週のメッセージ

物語も完結へ…



今日、お友達からこの動画が届きました。
あ~、ついに完結。。。
今年、このタイミングで完結するってことにやっぱり「流れ」を感じてしまいます。
今年は日本でも「平成」が終わります。そして、映画の公開は12月ですが、4月28日の新しい時代に向けたエネルギーが降りてくるという情報を知った次の日にこの映画の「完結」の動画を見たのも、やっぱり何かの意図を感じます。

以前もブログで書きましたが、「スターウォーズ」の物語は、集団意識が高い波動領域から低い波動領域に落ちていく時期の話に感じています。
「ジェダイ」という存在はちょうど「降下」が始まったころに生まれた存在なのではないかと想像しています。だから移行が完了すれば「スカイウォーカー」のDNAを経て「ジェダイ」は消えていくのかもしれません。レムリアのように。
「ジェダイ」はとても高い意識を持ってはいますが、全体の意識の中で「光か闇か」という考え方を持っている場合は「3次元」の波動領域に入っていることを示しています。意識が「自分は正義である」とか「正義のために」と思っている限り、必ず「悪」が必要になります。その場合は、「悪役」をあえて引き受ける光の存在が現れ、「対立」は繰り返されます。
「降下」の動きはその後の「上昇」の前触れでもあるのですが、経験の浅い集合意識はそれがわからず、「対立」という次元に落ちていくしかなかったのでしょう。
同じことがアトランティスの時代にも起こったようです。アトランティスでもやはり「降下」の恐怖から「対立」という次元に落ちて行き、崩壊したのではないかなと感じています。

ここに書いているのは、あくまでも私の勝手な妄想ですが、こういう風に書くと、上の二つの例は「アセンションに失敗した」みたいな印象になりますが、私はそういうものでもないような気がしています。

宇宙が繰り返す巨大な「下降」と「上昇」の動きの中で、先の2つの例は「下降期」にあったのではと思うのです。
この時期はとにかく下がるしかなかった、それが本当のところのような気がしてなりません。
この時代を選んで生まれてきた意識たちにとっては宇宙のこの動きを利用した「学び」の一種ではあったと思うのですが、重くなるしかない意識の中で新しい低い波動領域にあわせて移行することは本当に大変なことだったように感じています。

「下降」にしても「上昇」にしても、移行期には必ず周波数に合わないものを手放さなくてはいけなくて、そこにはテクノロジーも入ります。
先日のブログでも書きましたが、テクノロジーも思考も、全てはそのものが持つ周波数にあわせた波動領域に存在します。
それまで当たり前に持っていた高いテクノロジーを手放していくことは、波動が下がっていく中、執着が強くなっていく集合意識にはとても出来なかったことだと思います。
波動の法則は絶対で、周波数の合わないものを無理やり持ち込もうとする時には激しく「クラッシュ」します。「スターウォーズ」のモデルとなった時代やアトランティスではこの「クラッシュ」が起こったのではと思います。

けれど、今、私たちの時代は「上昇期」にあると思っています。それこそが「アセンション」なのだと思うのです。
だから上がるしかないし、テクノロジーもそれにあわせて上がっていきます。そして、意識もたくさんの経験を集合意識に収め、どんどん周波数を上げています。
私たちがしなければいけないことは、古い重たいこれまで自分をがんじがらめにしていた「思い癖」を手放すことです。
そこには高い波動領域からするととんでもなくナンセンスな「3次元的な技術」もあることでしょう。
でも、思うのです。きっと「下降期」よりもずっとずっと楽なはず!って。
だって私たちの手放しの方が「下降期」の人たちの手放しよりずっと受け入れやすいでしょう^^

私たちの魂は、「下降期」の経験を経て今ここにいます。
「スターウォーズ」のモデルとなった時代も、アトランティスも、私たちの集合意識は知っています。
それを心の奥底に持っていて知っているからこそ、私たちは「今できる」とわかっているのだと思います。
大変なことも多いかもしれませんが、私は「できる」と思っています^^

それでは、思いのほか壮大な話になってしまいました^^;
皆さま、今週もお疲れ様でした~♪

今日はものすごくいいお天気で、ワンコと幸せに散歩ができました♪感謝(TT)~♪
f0362457_23425684.jpg




by atelierkei-0520 | 2019-04-13 23:46 | ◇つぶやき

見えなかったものが、見える時代へ

f0362457_22125793.jpg
今日はやっぱりこの話題。
すごいエネルギーの日だな~と感じた9日の次の日、なんだかそのエネルギーのせいなのか「ぼーーー」っとしていたその日にこのニュースが飛び込んできました^^↓


これって、やっぱり、今は時代の大転換期なのではと思わずにはいられません。
これこそ、「3次元」を抜け出した確たる証拠なんじゃないかな^^

だって、今まではどうやっても見えなかったものが、「見えるようになった」!!!

スピリチュアルの世界は、ある意味とてもマニアックというか、それぞれの人の聖域みたいなものがあって、そこは「目に見えない世界」のこととして、「普通」の社会、「普通」の人間関係の中では、踏み込むことは「タブー」みたいなところがありました。
でもこのニュースは「3次元」的には「信仰」のように扱われたこの「見えない世界」っていうものは、実は「信仰」なんかではなく、ただの、今まで発見されていなかった「科学」や「物理」などの「法則」なんだってことに、みんなが気づいていく時代に入っていっている、そんな予感を感じさせてくれます。

そして、このニュースと連動するように同じ日に、ライトワーカージャパンさんの記事に、なぜ少し前から自分が「浄化」「浄化」と言っていたのかがわかるような記事が投稿されていて、こちらも、「なるほど~」となったのでした。
その記事はこちら(有料記事だけど雰囲気だけでも、ということで貼ってみます^^;)↓

詳しくは書けませんが、4月28日のこの日に流れてくる高い波動のエネルギーを受け取るために、どうも今の手放し期間があるようなのです。そしてこのエネルギーが新しい時代を進めていくエネルギーとなるようです。

今、それぞれの方が完璧なタイミングで「手放し」を行っていると思いますが、とにかく自分を大切にしてもらえればと思います。
少なくとも、自分で自分を責めるのをやめるだけでも、自分の流れをスムーズにしてくれると思います。
いろんなことが起こっている時期だからこそ、ちょっとだけ頭の隅にこういうことを置いておくと、いいかなと思って書いてみました^^


by atelierkei-0520 | 2019-04-12 22:57 | ◇つぶやき

前に進むということ、浄化について

f0362457_21525257.jpg
エドガー・ケイシーの映画を見た後から、このブログでも自分の「浄化」「浄化」と頻繁に書いていましたが、一昨日、昨日とその浄化で空いたスペースになにやら大量のエネルギーが入ってきた気がします。

自分の「浄化」とは、内観による「気づき」によって、自分自身の中に隠れていた深い思いに気がつくことで起こります。
感覚としては、その深い思いに気がついた時、それまで「きゅ」っと縮こまっていた体の力が抜け、その瞬間胸の辺りに何か心地の良い純粋なきれいな水のようなものがじゅわじゅわ~と染み出してきて、目の前が陽の光りで満たされるような感じでしょうか。とても穏やかです。

これは自分のハートから流れ出てくるとても純粋なエネルギーに心が満たされた時の感覚ですが、私たちは自分の重いエネルギーを手放そうとしている時は、あえてのハートの辺りに問題のエネルギーを浮上させ、ハートからの純粋なエネルギーを遮断します。
アセンションの時期にはハートにそれまでの過去世を含めた重い「思いぐせ」を何個も何個も小石で泉の湧き出し口を塞ぐように積み上げて、その思いを一つ一つ経験しながら、栓を抜くように取り除いていきます。
それはひとえに、私たちの持つエネルギーを軽くしていくためです。

栓を一つ除くごとに、私たちは少し軽くなります。
そしてその分だけ自分の中に「スペース」ができて、そこに新しい波動状態の自分に必要なエネルギーを宇宙から受け取るのです。
そしてそのエネルギーと自分の新しい波動の状態がそれまでいた場所より少し上の現実を構築していきます。
これが「次元上昇」だと思っています。そしてこの動きが現実では「前に進むこと」なんていうふうに表現できるかもしれません。

スピリチュアなことだけではなく、人間関係も、お仕事も、すべては「今の自分が持っている」波動がベースに構築されていきます。
少しでも状況を良くしたいとか、いい仕事をしたいとか、成長したいとか、高いテクニックを身に付けたいとか、そういう上昇したい思うときには、この自分の心の奥で起こる「浄化」という作業を無視することは出来ないと思っています。
私たちの世界はパラレルで、高い波動の現実や能力なども全てはそのものが持っているエネルギー状態に合わせた「波動領域」の中に存在します。だから、そこに行きたいと思うなら、自分の波動を上げていくしかないのです。
でも3次元の思い癖を抱える私たちが理解しにくいところは、それは自分に「やりなさい」と強く負荷をかけることや強い誰かに引き上げてもらうことでできることではないという点です。

自分の思いを自分で発見する。これだけが唯一「浄化」が起きるプロセスなのです。

自分自身の中に隠された思いを知って力が抜けると、必ず少しだけステージが上がります。それを繰り返しながら私たちは前に進んでいくのです。

「浄化」のきっかけとしての方法はいろいろあります。
例えば自分に問いかけるのもいいですし、「ホ・オポノポノ」なんかもいいし、ヒーラーさんにやってもらうのもいいかもしれません。
でもこれらは、あくまでも重たいエネルギーを浮上させるためのもので、真の浄化が起こるときは、本人が自分の中の深い思いに思い当たることで起こります。
だから今回の私のように「浄化をするぞ」と決めて行動を起こした場合は、その行動が浄化を完了させるのではなく、その後の今まで気づかなかった自分の発見で起こるのだということを理解してもらうと「やりやすい」かなと思います。

「浄化」っていうのは、「浄化するぞ」という意図でも起こりますが、大抵はそんなことを思わなくても時期が来れば起こることでもあります。
今目の前で起こっていることすべては、必要があってそうなっていると思えると、「浄化」も上達してくる気がします。

今日はテレビでの北斗晶さんの言葉がなんか嬉しかったです。
北斗さんは若いとき、どん底の状況で「自分は何をやっているんだろう…」って泣いていた時、ふと心の中から「でも、わざわざこんなことをやろーっていう私ってすごいじゃん…」って声が上がってきたそうです。そしてそれが転機になったとか。北斗さんの中で大きな浄化が起こった瞬間だと思いました。

「こんな経験をしている私ってすごいじゃん!」って、いいですね^^
自分自身にそんな声をかけてあげれたら、なんか勇気100倍みたいな感じがします。乗り越えられるって思えるというか。

「なにもわざわざこんな経験をしなくたって…」っていうそれをあえてやってしまっている「私たち」。
きっと「すごい」のだと思えました^^

今日は一日なんとなくぼ~とした日になりました。
それだけ、昨日のエネルギーはすごかったなと思ったのでした。


by atelierkei-0520 | 2019-04-10 23:14 | ◇つぶやき