アトリエkeiのスピリチュアルなシェアノート

keiatelier.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2019年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

宇宙の流れに乗るってことについて①最近の気づき

f0362457_21224611.jpg

最近、少しづつ掴んできている感覚がある。
それは物事がびゅん!と現実になる時の感覚だ。

ブログを始めた頃は、やっぱり「引き寄せの法則」というものを出来るようになりたかったし、どうやったら自分が希望する現実をこの3次元で再現できるかということを解明しようと夢中だった。

当時は宇宙の仕組み、「波動の法則」とか「量子力学」とか「クウォンタム」とか「エネルギー」のこととか、いろんなことを自分自身で実験したり、考えてみたりしてた。
理屈好きの私は、どんどん理屈がわかるようになってきて、楽しかったけど、まちがいない!というような実感のようなものがどうしても掴めなかった。たぶん、このときの私は「できるか」「できないか」という視点でしかこれらのことを見ていなかったから、結局は100%ではないってことが不満だったのだと思う。
今思うと、「できるか」「できないか」にこだわっている時点で、波動的に「物事がびゅん!」と現実になる状態ではなかったのだと思う。

でも、最近ちょっとだけ、なんか、わかってきたような気がしてきているんです。

例えば、少し前私はある有名店Aの「モンブラン」がどうしても食べたくなって、「よし!近々いいタイミングがあれば、モンブランを買って帰ろう!」と思った。
すると昨日出かけてた母が、「デパートの特設コーナーでSのモンブランが売ってたのよ。食べたことないから買ってみた。でもね、なんかびっくりするほど高かったのよ。。」といってモンブランを買って帰ってきた。

私は「Sか~。。あんまり期待できないけど、でもおやつがあるって嬉しいからいいか」なんて思いながらパッケージを受け取って箱をみてびっくり。
「ちょっと、お母さん、、これSのモンブランじゃなくて、Aのモンブランじゃん。。。そりゃ高いはずやわ…(絶句)」
母は、「え!??うそ??だってSの名前しかなかったよ!そのショーケースに入ってたのよ。。どういうこと??」と狐につままれたような表情になっていた。
で、昨日は、念願かなって、Aのモンブランをほうばることになってしまった。

同じく昨日のことだけど、昨日は昼間ジュエリーの店から電話が入り、売れ筋の作品で今在庫切れの作品をいくつかまた納品してくれないかという依頼があった。その作品はちょっとややこしい工程を経る作品なので、私も「よいしょ!」と腰を上げなければ、なかなか作らない。私はいくら売れるとわかっていても、やっぱりいつも新しいことをしたかったりするので、在庫切れはいつものことなんだけど(ビジネスは向かないなと思う所以はこういうところにもある)。
でもこの貴重な稼ぎ頭でもあるその作品を、わざわざほしいとリクエストしてもらえるのなら、ここはまた頑張るか!と思い、作業を開始した。
作業を始めながら、「よし、やるならこれで○○円稼ごう。うん、全部売れたらそれくらいになるくらい作ろう。売れるかはしらんけど、あはは、でもたぶんいける」と思いながら、黙々と作業した。
そうしたらね、夜お店からの電話で、昼間私がイメージした「○○」円っていうそのまんまの金額の別作品が売れたという連絡が入った。

※※※

最近感じていることは、何かイメージしてそれが形になる時は、「~したい」って形ではないってことだ。
そうではなく、それをイメージした時には自分の中でもう出来ることになってしまっている。
つまり「~したい」ではなく、「~する」という形なのだ。

つまりね、自分は出来ると思っていることが現実になるっていう至極単純なことなんだけど、これがね、意外とかつての自分にはなかったんだよね。


現実になる流れを遮断するのは「条件」のような気がしている。
例えば、「~したい」と思ったあとの「でも」「だって」も代表的な「条件」だけど、「頑張れば」とか「今はダメでも」とか、こういったものもそれと同じくらい邪魔な「条件」になる。
宇宙は高い波動になればなるほど「シンプル」だ。
「~したい」より「~する」の方がよりシンプルだからきっと現実になりやすいのだ。

ただね、一つだけいえることは、「~したい」と思っても何かしらの条件をつけてしまう自分を「なかったこと」にすることは絶対に無理なのだ。「無理だ」と思っている自分を「無理じゃない!」と押し殺すことはできないのだ。

現実になる時は、
なぜか「できる」と思う。「そうする」と思う。
そう、根拠なく。シンプルに。
そこにもやもやした自分はいないんだよね。

そういう状態に自分がなるために出来ることは、とっても簡単。
小さな成功体験を積んでいくことと、「条件」をつける自分と向き合うこと。
「叶った前提で願いを過去形で書く」とかではないみたい(笑)

この二つをやっていくことが、そのまま自分の波動を整えて行き、結果「引き寄せ」なんかでいわれている宇宙の流れに自分が合っていくような気がしています。


by atelierkei-0520 | 2019-01-31 21:31 | ◇日々の気づき

先日のハイヤーセルフのため息は、本物だった。。

f0362457_21375311.jpg

あ~、えらいことを始めてしまったかもしれない。。
先日のハイヤーセルフの心配は、このことだったのか…

実は3日ほど前から、昨年の年末にハイヤーセルフと約束したことを実行に移すべく、ある作業を始めました。
イメージ段階だった時は、頭の中のことなので、そのイメージを形にするためにどれだけ時間がいるのかは、あまり考えませんよね。
だからなんとなく、「ぱあああ☆」とか「ふわん♪」とかそんな感じだったのですが、実際に作業に入ると、これが思いのほか時間がかかるってコトに今更ながらびっくりしているという次第です。

ある作業とは、このブログの記事を整理することです。
いやはや、本当に大変。。
しかもね、自分が書いてて何なんですが、初めのころあんなに一生懸命書いた記事が、今読むと、よく分からんのです…
一度出し切ったので、脳がその記事を読む気がないのか、それとも同じことであっても昔と今では少し見る角度が変わってきたからなのか、とにかく、ものすごく集中しないと理解できません。。

私の変化が見て取れるのもいいかなと思い、このブログではあえて昔の記事に手を加えず、そのまま残していくことにしていますが、まとめの方では少し書き換えた方がいいかななんて思ったら、やることが膨大になってしまって、頭がフリーズ。

そして、なぜか今日はジュエリーの方のお仕事もバンバンと入ってきて、こちらもフリーズ。

で、仕方がないので、もう考えるのをやめました。
やることはやる。
ただそれだけだ。
そう思って頭を切り替えて黙々とやっていたら、なんだかいいリズムになってきて、時間が過ぎていくのが楽しくなってきました。
で、なんと夜、ジュエリーのお店からちょっといい作品が売れたと連絡が♪

ガブリエル様の言っていた「思考の枠をはずす」と、なんかいい感じやん♪と改めて思ったのでした。

今日はエンジェルサポートレッスンの生徒さんからも連絡が入り、明日のレッスンがキャンセルに。
「明日も引き続きやってね」ってことだろうな。

いやはや、ハイヤーセルフの言うとおり、私、「額装」どころではなかったわ。。
だからハイヤーセルフはあんなにやきもきしてたのね^^;
なんとか、チームの予定通りに間に合うと思うんだけれども、、
ちゃんとやるから、後の調整はお願いしますとお願いする一日でした。。

by atelierkei-0520 | 2019-01-30 21:41 | ◇つぶやき

今週のメッセージ:大天使ガブリエルのメッセージ③許す時

f0362457_20573143.jpg

許す時

今日は皆さんに1つ提案をします。
それは許すと言うことです。

皆さんの中でこの許すという言葉を聞いたとき、
何かはっとする思いはありますか?

はい、そうです。
今がその時です。

人は怒りを原動力に生きてきました。
そしてそれは長い歴史の中で必要なことでした。

けれど皆さんは今ここにいます。
今日を無事生きています。

これほど大切な事実はないのではありませんか?

※※※

生きるために怒りは必要ですか?

待ってください。
怒りを忘れたら、誰かが悲しみますか?
愛する人が自分のために怒ってくれないと、また怒りますか?

あり得ません。
愛する人はあなたを愛し、あなたの幸せだけを願っています。

笑顔になってください。
愛する人にその笑顔を見せてください。

あなたの幸せこそが
全てを幸せにするのです。


大天使ガブリエル


今日はいつもはメッセージを真ん中に持ってくるのですが、なんとなく左寄せがいいなと思い、こんなスタイルになりました。
写真との兼ね合いかもしれません。
先週の土曜日に、これまたなんとなく「素晴らしきかな人生」という映画の紹介をしましたが、今日のメッセージを聞いて、あの記事を投稿させたのはガブリエルさまだったのねと思いました^^

メッセージの中の「許す」に主語がありませんね。
人を許すこと、そしてもう一つ、自分を許すこと。
人を許せない時は、自分自身も許せません。
本当は自分を許せないから、人を許しません。
そこには底なしの悲しみがあって、人はそれを「許さない」というエネルギーに変えて自分を支える時があります。
でもそれでは、ずっと同じループを続けることになります。
それがなければ自分は立っていけないような、ここに存在していてはいけないような、そんな気持ちを無意識に持ち続けます。
しんどくて、不安ですよね。
だから余計に「怒り」が必要だという気持ちになるのでしょう。


「あなたは幸せになる覚悟はありますか?」
「あなたは自分自身に幸せになる許可を出せますか?」
大天使ガブリエルさまからはそんなメッセージも感じました。
「今がその時」のようですね^^


今週も始まりました、皆さま、良い1週間を^^☆

by atelierkei-0520 | 2019-01-28 21:44 | ◇今週のメッセージ

映画「素晴らしきかな人生」

f0362457_22495799.jpg



今日は久々に映画の話。
去年のクリスマスシーズンにBSかCSでやっていたので見た人も多いかしれない。
名だたるスターが出ているわりにあまり話題になっていなかったのか、この映画の存在を私は全く知らなかった。
ストーリーは、もしかしたら映画通には物足りなかったのか、もしかしたら「ベタ」という評価も当てはまるのかもしれないし、そもそも、これだけのスターたちがやるような華やかな内容ではないのかもしれない。
この映画の紹介のために宣伝フィルムをさがしたけど、オリジナルの俳優たちの声が使われているものは、はっきり言ってこの映画の魅力は伝わらないと思う。仮に私が映画公開時にあれを見ていたら今回のテレビ放送は見ていなかったかもしれない。
以外にも、吹き替えバージョンの方がうまくまとめられていて、上のリンクではそちらを使ってみた。
(実際に映画を見る場合は字幕版が絶対オススメです!)


私はこの映画がとても気に入ってしまった。
なんといっても、映画全体が優しさに包まれていて、ほんとにほんとに優しい映画だった。
優しさを受け取る登場人物たちはみんな恵まれていて、世界には彼らよりも優しさが必要な人は山ほどいるかもしれない。
単なる勝ち組の高望みと言われるかもしれない。
でも、やっぱり思う。
人の悲しみや悩みというものは、それぞれの中で本物なんだと。

私が特に心を打たれたのは、ウィル・スミスの演技だった。
この人はこんなに本物の感情を表現できる人だったのか。

彼の目には、
本物の
戸惑いと、
絶望と
怒りと
そして
底なしの悲しみがあった。

この人の目の中には、私も経験したことのあるものがちゃんとある。
ここまで目の中にそれを表現した役者さんはいるのかな、とも思った。
たぶん、彼の演技がそこまで私の琴線に触れたのは、映画の中の登場人物たちの気持ちに私が寄り添えるからかもしれない。

人は一度深く深く沈んで、そしてそのどん底で、もう一度輝きの意味を知る。
「見逃さないで、そこには幸せのおまけがついているから」
映画の中の言葉です。
この映画は天使たちとのコラボ作品だと思いました。
まだ見ていない方はよかったら^^

今日はこの冬一番の寒さです。
夜空にはオリオン座が輝いていました。
皆さまも、あったかくして、よい週末をお過ごしください(^^)

追伸:映画にはプチサプライズがあるので、「見たいな」と思った方は、映画の批評は見ずに見てくださいね~♪


by atelierkei-0520 | 2019-01-26 23:05 | ◇つぶやき

「チコちゃん」的ハイヤーセルフに怒られた今日

f0362457_21041605.jpg

今日は「エンジェルサポートレッスン」の日。
「他人のハイヤーセルフに会う」練習として、生徒さんに私のハイヤーセルフに会ってきてもらい、「今の私に必要なアドバイス」というのをもらってきてもらう、というのをやっていた時のこと。

生徒さんが持ち帰った私のハイヤーセルフからのメッセージとして、こんなんが↓

ハイヤーセルフ:「ふ~…、もっと必要なことに集中して欲しい…」

∑(゚Д゚)
わ!わわわ!

( ̄▽ ̄;)
私、ハイヤーセルフを困らせてた==!

もう、どんぴしゃすぎて思わず爆笑してしまった^^;

実は私は、「今年はいろんなことを前倒しにやっていかなきゃってきがするの!なんとなくね!」なんて、カッコいいことをいっておきながら、ここ最近、いろんなことに心を奪われてしまう傾向がある。

例えば、最近「額装」という分野にやたら熱くなっていて、「なんかかっこいい!やってみたい!あんなもの、こんなものを額に入れて飾れたら素敵じゃない??あ~教室に行ってみたい!」と、今は行けないのに、やたらとネット検索をするとか、やたらと欲しい本が見つかって、買うか買わないかを何度も何度も空想で悩んでみたり、とか、何だか知らないが、よいのかどうなのかもよく分からないいろんなアイディアが出てきては妄想し、消えてはまた表れ、そうして気がつけば一日がまた終わっているという始末。
「額装」については、素敵な作品が出来たら売ってみたいなんてとこまで妄想が広がり、そっちのサイトまで真剣に検索する始末。
そしてそこから、習字をもっとしたい、絵を習いたい、などなど、とめどなく頭がぐるぐるしている感じ。

この感じは別に気分的に悪くないっていうか、どっちかって言うとちょっとハイテンションのほうだけど、どうせやらなきゃいけないことはちゃんとやる(つもり)だし、だから、まあいいか~~なんて思っていたところに、このハイヤーセルフからの言葉でした^^;;;;;

やっぱり!?いや、わかってるんです、っていうかわかってたんです^^;
自分の状況も、やらなきゃいけないことが先ってことも。

生徒さんいわく、私のハイヤーセルフさんはまるで「チコちゃん」のようにため息付きかげんだったとのコトでした。

「必要なことをじっくりやろうよ~」(byハイヤーセルフ)


はい、すいません。。
ちゃんと目の前のことに集中します^^;
いやいや、大丈夫よ、やるよ、去年の年末のハイヤーセルフとの約束もちゃんと実行するつもりだし^^;

今日は生徒さんのおかげで、改めて身を引き締めたのでした。
上の写真の猫ちゃんみたいにはっとした日でした。
生徒さんに感謝です^^;




by atelierkei-0520 | 2019-01-25 21:36 | ◇つぶやき

自分の話:大天使ガブリエル

f0362457_21264482.jpg


久々の自分の話
今までの自分の話はこちら↓
「自分の話シリーズ」

先日の投稿から、この話を書く気になった。
先日の投稿とはこちら↓
2015年6月11日私は初めて大天使ガブリエルに会った。

「天使」という存在について、このときの私はまだほとんど知識も実体験もなかった。
不思議な導きによって、いろいろな経験をしだしてはいたけれど、それが自分の頭の中で「天使」と結びつくことはほぼなかった。
けれど、現実は相変わらず私にとって厳しく残酷に感じていた時期だったので、この時期、私は自分の頭の中に自分だけの空想の空間を作り、毎日そこに避難する時間を持っていた。

その場所はどこか高地の山と山の間にある草しか生えていない空間で、いつも夕暮れ時の澄んだ静かな空が広がっている。私一人しかいない空間。私だけの空間。
奇しくも、この少し前に、私は同じ空間で自分のハイヤーセルフと会うという不思議を経験したところだったので、この空想空間に足げく通っていた。

この日も、その頃夢中になって読んでいたあるブログに「ハイヤーセルフと会話する方法」と言うのが載っていて、私はこの空想空間でやってみることにした。
なんとなく、出来たような、妄想のような、そんな感じだったけど、このときの私は、前回の成功体験(ハイヤーセルフと会ったという)で気をよくしていたので、「出来た」と言うことにして、それは終えた。

自分のハイヤーセルフといい感じの会話が出来たと思ったせいか、体が軽くなった気がした子供のような姿をした私は、その場で足元を見ながらご機嫌で「ぴょんぴょん」と跳びあがったりしていた。
この後、ご機嫌のままビジョンを終了しようとした時だった。

ふと私の体から前一メートルくらい離れた、地上から2メートルくらいの高さの何にもない空間に「ぷわぷわぷわっ」と真っ白な薄い雲が発生した。

「え??」と思って見ていると、その雲はバランスボールくらいの大きさのふわふわした白い天使になった。
白い天使はなぜか金色のラッパを持っていて、空中で浮かびながらそのラッパを吹いている。音は聞こえないけど、何か楽しげな音楽を奏でているようなそんな感じだった。
予想外の展開にびっくりしたものの、その天使のちょっと陽気な感じが「もしかして私のために出てきてくれたのかな?」なんて嬉しくなって、そのまま音楽に合わせるかのように、私も音に合わせて「ぴょんぴょん」していると、その浮いている白い天使の向こうから、すーーとゆっくり原っぱを滑るようにして別の天使が現れた。

「ああ、この白い天使は、こっちの天使の登場を予告する天使だったのか…」そう思って、草原の間から見える天使を呆然と見ていた。
その天使は、濃い茶色の分厚目の質素なローブを着ていて、同じように茶色い羽は大鷲の羽のように分厚くたくましい羽をしていた。
髪はローブほど濃くはない明るめのブラウンで、羽のたくましさとは対照的な小柄な女性のように見えた。
楽しげな白い雲のような天使と比べると、とても静かで穏やかな感じだった。

「誰なんだろう」と思う前に、その時点で天使といわれて思い浮かぶのは、その当時読んでいたブログに時々出てくる「大天使ミカエル」くらいしかなく、思わずその天使に向かって、

「え??え??ミカエル??」と聞いてしまった。

天使は笑って首を横に振る。

私はどうしたらいいかわからなくて

「え??え??ミカエル?ミカエル??」とまた聞いてしまった。

するとその瞬間

ガブリエル

ズドン!!と私の脳天から背骨を通って胸のあたりに収まるように、大きく巨大な答えがやってきた。

大天使ガブリエルはその後私のそばまでやってきて、光る棒のようなものを渡し、そのまま白い天使と一緒に消えた。

「ガブリエル、ガブリエル」
その音が私の中でずっと鳴り響いていたのだけれど、このときは何を渡されたのか、何が起こったのかは全くわからなかった。
この時点では、またも私は自分が「妄想」だと思っていた空間に、自分では全く意図していなかった不思議な出来事が起こったことのほうに気をとられ、ますますイメージの世界のとりこになっていく事になる。

後でこのことを振り返ると、このとき重要だったのはやっぱりこの「ガブリエル」という名に秘められた音・コードを受け取ることだったように思う。だってここから私の本格的な学びが始まったのだから。

ラッパを吹く天使っていうのも、人々の妄想ではなくやっぱりいるんだなというのも印象的だった。
彼らの役目はおそらく、「次元の穴を開ける」のだと思う。祝福のラッパのイメージがあるけど、それは彼らがその場所でラッパを吹くと、そこに次元の穴が開き、高次元の光が降りてくるのだと思う。大天使とか創造主とか宇宙とか神とかの私たちを愛する存在の光だ。
このときの私は「大天使ガブリエル」という祝福をうけたのだ。

高いエネルギーの光を浴びたいのなら、「私を祝福してください」と天使にお願いしてみるといい思う。
そうすれば必ず目には見えなくてもラッパを吹く天使がやってきて、その時必要なエネルギーと繋げてくれるはず。
このときの私に教えてあげたいくらいだな^^

大天使ガブリエルとラッパの天使の出来事は、今でも思い出すととても新鮮です。

終わり。

by atelierkei-0520 | 2019-01-23 22:27 | ◇自分の話

今週のメッセージ:大天使ガブリエルのメッセージ②エネルギーを充電する方法

f0362457_20305564.jpg

エネルギーを充電する方法

皆さんのエネルギーが
枯渇してしまう時というのは、
こちらから見ると、
とてもおぼろげに見えます。

それはまるで
奇妙に歪んだケースの中に閉じ込められた
光のようです。

皆さんには
自分がどのように見えているのかわからないと思いますから、
自分がそのような窮屈な場所にとどまっているとは思えないでしょう。

思考のケースの中に入り込むと
源とのつながりが弱くなり、
エネルギーが枯渇するかのように
感じるかもしれません。
けれど本来のあなた方のエネルギー源は
自分のハートの中にあります。

思考の枠を外し自分のハートにつながれば
あなたの中の活力が蘇り
自分の中に元気を取り戻したように感じるでしょう。

一人一人それぞれが
神聖な源を心に秘めています。

大きく深呼吸して思考を外し
ただそこにいると
エネルギーは充電されていきます。

難しく考えずただ試してください。
今の時期とても大切です。

大天使ガブリエル



今日は満月、しかも年明け前から特別な日だといわれていた月食の日。
「スーパー・ブラッド・ウルフ・ムーン」と言われるそうです。
例のごとく、あんなにブログにも書いていたのに、今日が満月だということはすっかり忘れていたのですが、今回もしっかり体感がありまして、今ブログを書く前に「あ~だからか!」となっています。
いつものごとく背中ハートチャクラの裏辺りが少し痛むのですが、それよりも今回痛むのは「目」です。
特に右目が痛くて、今日は一日コンタクトはやめました。
そして一日なんだか起きてるんだか起きてないんだかって状態で、でも不快ではなく、心地いいくらいで、不思議です。


これを書いている今は「目」はだいぶ収まっています。
以前はこういうエネルギーが降りてくると、必ず毒だしとして「メンタル」に症状が出てきていましたが、最近はほとんどが「体」になってきました。これも変化の一環なのかなと思います。

(こういうエネルギーが降りてくる時期に何が起こっているかはこちらにも書いています↓)

メッセージでは「本来のあなた方のエネルギー源は自分のハートの中にあります。」とあります。
「思考のケース」とは「スピ的な知識」も含まれると感じます。
スピリチュアルの勉強をすると「高い波動とちゃんと繋がらないと!」と上を見がちですが、神聖な源は探すものではなく、心の中にあるということを教えてくれるメッセージだと感じました。

いずれにしても、自分のエネルギーが枯渇しているなと感じるときは、「思考」をやめて、ただゆっくり静かに呼吸することが一番大切なのかもしれません。
その時が、大天使ガブリエルさまの言うように自分の神聖な源と繋がっている時なのだと思います。
この時間は、これからどんどん大切になってくるようにも感じます。

今週も始まりました、皆さま、よい1週間を~♪


写真は、昨日の霧雨が上がった冬の京都。
光とやわらかさに高いエネルギーを感じる一日でした^^↓

f0362457_20275089.jpg

新しく入れた写真アプリがなかなかいい仕事してくれることを発見、ご機嫌です^_^

by atelierkei-0520 | 2019-01-21 21:22 | ◇今週のメッセージ

アカシックで未来を見ることについてお風呂でメタトロン様に聞いてみた話

f0362457_22331350.jpg
最近、年度の変わり目ということで「2019年」という年がどういう年になるのかって話が多く出てきている。
個人的にも先日ジュエリーの今年の個展の時期をどうしようかと悩んで、オラクルカードを引いてみたりして、ここは興味のあるところだ。

宇宙にはアカシックレコードというエリアがあるという話は有名で、そこにアクセスするやり方もいろいろとある。
このブログで時々募集している「エンジェルサポートレッスン」でも「アカシックレコードにいく」という回もあり、私も自分の過去世なんかをここから引き出して見たりしている。
でも、このやり方は、実は私の意識自体はアカシックレコードのエリアには入らない。あくまでも「引き出して見る」というやり方だ。
詳しくは分からないけど、未来を見ている人の中には、アカシックレコードのエリアに直接入ってみている人もいるのかなと感じ、その感じに興味を持った。
人のいう「アカシックレコードで見た2019年の様子」ではなく、自分自身でそこを感じたくなったのだ。

ただ、「未来をみる」ってこと自体には、少し抵抗感があるというか、うーん、必要あるのかな?って感じがしなくもない。3次元のエゴの塊の自分自身は興味津々なんだけど、分かってる自分の意識の方が「え、それって必要?」といってくるのだ。
だってね~、未来って無数ににある霧のようなものだから。

ということで、昨日はお風呂に入っている時に大天使さまの誰かに聞いてみようってことになって、湯船につかりながら聞いてみることにした。
このときはアカシックレコードを管理しているといわれている大天使メタトロンさまにアクセスすることにした。
大天使メタトロンさまとのやり取りはそんなに多くないのだけれど、ヒーリングなんかで時々登場することがあり、その時の感触でこの人は本当にアカシックレコードを管理しているんだろうなと感じることが何度かあった。

私が「アカシックレコードに未来を見に行ってもいいですか?」と聞くと、メタトロンさまからはこう返ってきた。

メタトロン:「あなたが、<最高・最善の未来を見る>と意図できないのであれば、やめておいた方がいいでしょう」

私:∑(゚Д゚) あわわ!!なるほど!!そういうことですね!!

メタトロン:「見に行きますか?」

私:(^◇^;)いいえ、今はお風呂に入っているし、、やっぱ、やめときます。。

すごい、さすが大天使メタトロン。。こんな短い一言で私をズドン!と納得させるなんて。。
そうか、だから私が習ったアカシックレコードの行き方では「アカシックの中には入らない」のか。。
だから、そこにあるはずの情報を、アカシックに行くのではなく、大天使さまや創造主が見せてくれる場合があるのか。。

この意味を説明しようとすると長くなる。
でも簡単にいうと、今の自分というものはメタトロンさまの言う「最高・最善」は決められないのだ。
なぜなら、何が最高・最善かは、今の自分にはわからないのだ。
今の自分が思う最高・最善はあくまでも現時点での「最高・最善」であり、それさえも意識というエゴが作り出しているものなのだ。
エゴがアカシックレコードに入り込むと、 自分自身が混乱する、そういう感覚を持った。

そんなことを理解した私に、メタトロンさまはこうも伝えてきた。

「あなたが無意識に行動することを信じなさい。無意識である時が、もっとも最高・最善の意図と近くなります。自分の無意識の力を信じなさい」

またも、ドカーーン!!
そうだよね、最近、「なんとなく」って言うのに対して、私は確固とした、でもまったく根拠のない自信を持っている。
とにかく、「なんとなく」ほど間違いないことはないのだ。
メタトロンさんのいう「無意識」というのとこの「なんとなく」の感覚はとても近いと感じている。
最近の「なんとなく」というのは、かつての私にとっての「無意識」だったように思う。
自分との対話、毒だし、内観、そしてその先の浄化を経て、私はこの「無意識」というものを「なんとなく」とキャッチできるようになってきたと思うのだ。

自分自身と対話を続けていくと、「最高・最善」の未来と繋がれるようになるんだね。
また大天使さまに教えてもらったのでした。

おもしろかったので、ここでシェアします^^




by atelierkei-0520 | 2019-01-18 22:36 | ◇日々の気づき

ほっと一息…

f0362457_21203877.jpg
年末の思いつき企画のこちら↓
なんとか、今日最後の方が終わりました^^
という事で、今回はこちらの企画は終了いたしました。
ご応募いただいた皆さま、ありがとうございました^^

そしてそのタイミングで、なんと「エンジェルサポートレッスン」のお申込も入り、ブログ上での「エンジェルサポートレッスン3期生」の募集は終了いたします。
ただ、スケジュール的にはあとお一人ほど受けることができるかなとも思っていますので、再度募集の記事を載せさせていただくかもしれません。もし過去アトリエkeiのワークにご参加いただいた方で「申し込みたかった!」と思われている方がいらっしゃるのなら、アトリエkeiのメールアドレスまでお問合せください。

今回のオラクルカードの企画は、全くの思いつき、勢いで募集したのですが、思いのほか時間がかかってしまいました!
気がつけば、もう1月も後半へ…^^;
時間の速さは増すばかりに感じます。

オラクルカードのリーディングってそんなに時間かかるの??って思われるかもしれません。
実は、カードのリーディング自体はあまり時間はかかりません。
問題は「リーディング結果」をメールにまとめるレポート作業なんです。
リーディングで受けたインスピレーションを、お相手の方がカードの写真を見ながらイメージできるように、言葉に直し、整理し、前後関係を確かめて、言いたいことをまとめて、文章に組み立てて、パソコンで打つ。
これが、けっこう時間がかかってしまうんですね~。

で、このレポートをまとめる作業をしている間も、常にお相手のハイヤーセルフやら大天使さまやらと繋がっての作業になるので、「右脳」「右脳」「右脳」「左脳」「右脳」「左脳左脳」そしてまた「左脳」みたいな感じで瞬時に脳のチャンネルを切り替えながらの作業になるので、じつは結構体力も要ります。
レポート一つ書くと結構お腹もすきます^^;
ということで、だいたい今回の企画でお一人1.5日~2日かかってしまいました(これはたぶん慣れもあると思うのですがね)

レポートを書く前になんか今回はなぜかいつもヤフーニュースで一つ二つどうでもいいニュースを読んでからレポートを書くということにもなっていました。たぶんこれは「グラウンディング」の代わりになってたんだろうなと思います(笑)

でもその甲斐あってか、皆さまからとっても丁寧なご感想をいただけて、ものすごく嬉しくなっております。
久々だったけど、このタイプの企画をやってよかった!と思えています。
ご感想を頂いた順番にまたお返事させていただきます、もう少しお待ちください!

さてさて、そろそろジュエリー作家のお仕事も本格的にスタートしなければいけなくなってきました。
とりあえずは、確定申告も準備しなくては……。
とほほ^^;


by atelierkei-0520 | 2019-01-17 21:45 | ◇つぶやき

今週のメッセージ:大天使ガブリエルのメッセージ①

f0362457_20574864.jpg
大天使ガブリエルとしてお話しします。

今日は皆さんにとても大切なお話をしたいと思います。
これからの時代のことです。

これまでのあなた方が経験したことのない新たな局面に入ります。
この時、誰もが1度は戸惑いあわてる気持ちになるでしょう。

昔の時代に引きずり戻されるような錯覚に陥る場合もあるかもしれません。

けれど皆さんは立ち止まります。
必ず立ち止まります。

そして気がつきます。
これは大きく変わるチャンスだと言うこと。

皆さんは
起こる出来事をポジティブに変換する術を知っています。
皆さんの前ではどんな出来事も
もはやネガティブとはなりません。

知っていますか、皆さん。
自分がどれほどパワフルな存在であるかということを。

笑顔でいて下さい
笑顔でその力を手にしてください。

なた方はどんなことも自分を押し上げるパワフルなエネルギーに変換し、
軽やかに時代を駆け上っていくでしょう。

自信を持ってください。


大天使ガブリエル



今日からしばらく、大天使ガブリエルさまからメッセージを頂くことにしました。
今までは、オラクルカードを引いてそれをきっかけにチャネリングでメッセージをもらっていましたが、この回からはオラクルカードはなしでメッセージをもらうことにしました。
今回は今年初めての「今週のメッセージ」ということで、上のメッセージを頂きました。

「自信を持ってください」とありますね。
私は最近「自信」というものについて、ある感覚を持つようになりました。

きっかけは「愛」というものについて考えたことでした。
「神・宇宙は愛そのものである」と言います。
だから私たちも宇宙と一体になるには「愛そのもの」の状態を感覚的に持つことだと言われます。
でも思ったのです。「宇宙が持っている愛そのものの状態って、どんなかんじなのだろう」と。
そしてこうも思いました。
「神は私たち人間が何かを“愛す”ように私たちを愛すのか」と。
例えば、私が母を愛すように、ワンコを愛すように、そんな風に神は私たちを見るのかと。

私は神でも宇宙でもなく「人間」なので、結局は神のことはわかりません。
でもなんとなく、「ちがうんじゃないかな」と思いました。
なぜなら、「神・宇宙」というものは「愛」そのものであり、「愛す」という動詞、動きではないと感じるのです。
だから宇宙は自分自身である「愛」と言うものを知るために様々に分裂し、愛す側と愛される側を作ったのではと思いました。
そういう意味では、私たちが感じる「愛」というものは、私たち人間だからこそ知ることが出来るもの、もっと言うと「愛」そのものである「神・宇宙」以外の存在でなければ決して体験できないもの、それが「愛す」ということではないかと思いました。
そう考えると、「神・宇宙」=「愛」とはどんな状態なんだろう?なんなんだろう?と思いました。
そうして、なんとなく心を静かにして、自分の中心にいる、宇宙と一体になろうと静かにしている状態をイメージして感じたことは、
「宇宙が感じる愛の状態」とは「自分自身に自信を持っている状態」なのではと感じるようになりました。
つまり人は自分自身に対して静かに自信を持っている状態が、もっとも宇宙に近い状態なのではと思うようになったのです。

自分に自信を持つ

自信を持つことに理屈はいりません。
ただ自分を知ること。
それだけのことですが、全てに通じるのがこの「自信」なのではと感じました。

長くなりました。
今週も始まりました!
皆さま、よい1週間を~^^♪


by atelierkei-0520 | 2019-01-14 21:40 | ◇今週のメッセージ