アトリエkeiのスピリチュアルなシェアノート

keiatelier.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

夏休み中のつぶやき:静かな、でも決定的な個人的エネルギーの変化を向かえて

f0362457_21131929.jpg
先週7月20日から3日ほどとてもエネルギーの高い日を感じて過ごしていました。
こういう時期のいろんな兆候を感じながら、なんとなく過ごしていたら、なんと今週の月曜に「どかーーーん」とエネルギーの変化を向かえてしまいました。
私的には「どかーーーん」なんですが、実際はとても静かで、人に話せば「へ~」くらいで終わる表面的にはたわいのないことでもあります。
でも、当の私のエネルギーは前と後では大違いという、大変な変化となりました。

どんな人にも、他人からすると大したことなくても、また、自分でも理性は「大したことない」とか「その時はそれで精いっぱいだったからしょうがない」と処理しているようなたわいもない「トラウマ」といってしまうのも大げさかなと思う「思い出」のようなものがあるかと思います。
でも実際はそういう些細なものは「大したことない」どころか、本来受け取る予定のエネルギーを生涯にわたって受け取らせないようにするような、また本来流れるべきエネルギーをブロックしてしまう強烈な「栓」のような存在である場合も多々あります。
月曜の夜に経験した「気づき」は私が「あ~、これだけはたぶん今世では浄化できないかもね。それでいい。その方がいい。」と無意識で思っていた心の深い深い所に埋まっていた「栓」が「すぽーーーん!!」と抜けちゃった経験となりました。
そして抜けて初めて、その「栓」が自分にとってどれだけ影響があったのかをしみじみと感じることになりました。

きっかけは「インナーチャイルド」に思いを馳せることになったことでした。
なんとなく、インナーチャイルドについて考えていると、過去の自分のちょっとした「思い出」がいくつか湧き上がってきました。それは「やってみたらいいのに結局できなかった」思い出とか「自分がふがいないばっかりに赤っ恥をかいた」なんていう屈辱的な思い出などで、思い出しながらいつものように「あ~、しょうがないね、勇気がなかったね」と思う反面、「自分がもう少しこうだったらできただろうに」という当時の自分を採点する自分も同時にいて、またいつものようにそのままの状態で思い出は心の奥に沈んでいこうとしたのですが、この日は突然「どかーーーん」と気づきがやって来たのです。
それは「え、ちょっと待って!!ちがう!そうじゃない…そうじゃなくて、ただ、、ただ、、私は、守られていたんだ!!」ってことでした。
「出来なかった」のは「出来ない自分だったから」ではなく、私を大切に思う大きな大きな存在たちが「させなかったんだ」ってことに初めて気が付いたのです。
なぜさせなかったのか。それはもう「守る」ためだったのだと気が付きました。
私が、私として必要な経験をして、今ここにいるために、私を大切に思ってくれている存在たちが、まるで宝物を扱うかのように、時には身を挺して、そっとそっと、ここまで運んできてくれていた。
「必要な傷以外は一切私に傷をつけない」その存在たちの意思は絶大で、全ての場面で私は強力に守られていました。
そのことに気づいてしまいました。

これらの思い出は常に私に「ちゃんとできたらよかったのに」という後悔のようなものを感じ思いださせるものでした。
でも今まで私の思考はそこ止まりで、仮にそれが「できちゃった」場合のその後について考えたことはなかったんですが、月曜の夜はふと「できちゃった」場合、それによって起こる様々なことが冷静にリアルに見えた時、それはかつての私が思っていたような明るいものばかりではなく、むしろそれこそトラウマになってしまうくらい「傷つく」という形でその経験を完了することになったのかもしれないと気がついてしまったのです。
そして、そんなイメージの経験は私の中では「もういい」となっている経験で、そこに行く前にちゃんと止められていたと気がついたのでした。
過去の「出来なかった」とか「穴があったら入りたい」とかそういった大げさに言うと「屈辱」とも言える記憶が、一気に「ただ愛されていた」という記憶に置き換わってしまいました。
そのとたん、私の全身の力が抜けて、私に注がれるエネルギーがどわーーーとなんの滞りもなく私の中を流れていくのがわかって、その感じがものすごくものすごく穏やかで幸せでした。

アイスランドから帰ってきて、自分の体と向き合って、食べ物を変えたり、自分に向いている運動を探したり。
体については「やっぱ難しいな」とへこむこともありました。でも、「私はもう一度自分の体とちゃんと付き合いたい。この体でいろんなことがしたい!」と体に話しかけていたら、自分の体の「キー」となる部分を見つけることができ、それに導かれると、めきめき体が元気になってきています。
ジュエリーの制作で「ワクワク」を取り戻しつつあった時、腱鞘炎になってしまい、ここでも体でへこみかけましたが、ヒーリングで持ちこたえ、諦めず腕の使い方を再検証してアプローチしていたら、なんと今まで絶対に付かなかったところ、またそこは腱鞘炎で激痛を起こした腕の部分でもあるのですが、そこに「筋肉」が付きだしました。そして、今腱鞘炎は治っています。平ぺったかった私の頼りない腕が丸く立体的になって来ていて、見た目も健康そうになってきました(自分だけがわかる些細な変化かもしれませんがね^^;)。
足にも久々に筋肉が少しだけ戻ってきました。今背中にその流れが来ています。
そんな中、大きなエネルギーの変化を向かえ、今日、何気なく立ち寄った本屋さんで読んだ本に「運気は背中からやってくる」とあり「おお~!なんかバッチリやな、私!」とご機嫌になりました。

体が元気になると、心が変わりますね。
心が元気になると、体も整う方向に動き出します。
どちらが先とかいうものではなく、どちらが先でもよくて、でも同時に起こるものでもあって。
「私は愛されていた。どんな場面でも、どんな時でも。今愛されているだけではなく、過去でもいつもいつも愛されていた」
両親以外でそこまで自分を愛してくれている存在がいるんだってこと。
自分は無条件に愛されるに値する存在だったってこと。
それに気が付いた私は、どこまでも幸せでした。
そしてそれに気が付くことができて、本当に幸せです。

[PR]
by atelierkei-0520 | 2018-07-25 22:21 | つぶやき

「お知らせ」と かに座新月・日食の日に起こった「変な閃き」

f0362457_22582890.jpg
今日は、まずはちょっとお知らせです。
このブログに2か月ほど「夏休み」を頂こうと思っています。
いつも読んでくださっている方、「楽しみにしています」とおっしゃってくれている方、本当に申し訳ありません。
とは言いつつ、去年もそうだったように、「書きたくなったら」書いちゃうと思うのですが、時期的にとても忙しい時期に入るので、その時期を全力で過ごしたいと思いブログはとりあえずお休みさせて頂くことにしました。
また再開しましたら、良かったら読んでください。よろしくお願いいたします。

で、お休み前の最後の投稿がこの話でいいのか??と思いつつ、何故か書かずにはおれないので、やっぱりこれを書いておくことにしました。

昨日13日は「かに座新月・日食」というやつだったみたいで、例によって、肝心の昨日はそのことに気が付かず、今日そのことを知りました^^;
占星術をよく知らない私には「かに座新月」の「かに座」が何を表すのかさえ分かりません。また、ちょっと頭に入れようかなとそういうサイトに行っても、何故かまったく内容が頭に入ってこないので、ここはもう理解しようとすることはあきらめております。
ただ、SNSなんかでこういう「かに座の新月、しかも日食!」なんていうのが上がってくる日には、最近は自分の中で何故か不思議な動きがあるのも事実で、毎回不思議な思いもしています。

そしてやっぱり昨日もやってきました。
が、昨日のは、自分でも訳が分からず、なぜこんな思考になっているのか、そことなぜつながるのか、それが今後どうなるのか、いや、それよりもただのスピオタクのイタイ妄想なのか、もう何が何やらという感じになってしまうものでした。
このモヤモヤをスピ友達の誰かに聞いてもらうかと思ったのですが、そういったやり取りには意味を感じないというのもあり、止めておきました。
でもどこかに記録しとかないとなんか落ち着かないので、これまた例によってここに独り言ちます^^;
お休み前の投稿がこんな感じでごめんなさい^^;

少し前から、私は「DNA」に興味があります。
どう興味があるのかって言われたら、説明に困ります。なぜなら「ただ興味があるから」なので。
じゃあ、難しい話が分かるのかって言ったら、全く分からないし、ネットなんかで説明を読もうとしたら、占星術と同じで文字情報だけだったら全然頭に入ってっこない。
言い訳がましいけど、おそらく興味があるのは目で見える「DNA」のほうではなく、目に見えない「DNA」の方のような気がしています(DNAは多次元)。
ただ、そこを知りたいからこそ、まずは目に見える「DNA」を知りたいと、例えばそれが細胞のどこにあるのか、どんな姿をしているのか、どうやって分裂するのか、そういったことを時々調べては「へえ~」とか「ふーん」とか言って感心しています。
まあ、そんな感じだから、今私が一番反応するのが「DNA」の二重らせんの画像。これが目に入ったら、ひとりでに「おお~!」とテンションが上がります。。

そんな中、昨日、彫金の作業をしていると遠くからテレビの音が聞こえ、「金曜ロードショー、ジェラシックワールド!」というのが耳に入ってきました。
その瞬間、私は飛び出していって「それ見る!!今日はそれ見るから!」といっていました。
「ジェラシック」シリーズは私の中では第一作目の「ジェラシックパーク」で既に完結していて、本来なら「あ、またあの人間の欲で恐竜を作ったらえらいことになるやつね」くらいのはずなのに、この日は何故か違っていて、まるで条件反射のようにテレビをぶんどりました。
自分でも「あんた、そんな暇ないでしょ?なんで今なの?しかも途中でCM入るし、日本語吹き替えだし、見たいなら別の日に借りてみれば?」という自分がいるのにも関わらず、ハートの自分はもうその声を完全に無視してテレビにくぎ付けに。


見終わった後、なんか、へんな気分になりました。また例の「切ない」ってやつで、まあ映画の作りがそういう意図を含んでいたから「切ない」となるのかなとも思うんだけど、何故か心の中に引っかかって、終わってからもずーっとそのことを考え続けて忘れられません。
「このシリーズはDNAがベースだからね。だからきっと見たかったんだよ。。」と、見たい理由はそれで納得もできるけど、なんだかな~と思いながら、あることを思い出しました。
それはヒーリング中に不思議なものを見て、それを大天使メタトロンが回収していったことがあり、それが何かをメタトロンさんに聞いてみたというものでした。
その時メタトロンさんは「浄化しきれていない恐竜の魂。恐竜の歴史はとても悲しく、その断片を集めています」と言っていました。
チャネリングを習ったばかりの私には、そのことを聞いても何を意味するのかまでは分からず「よくわからんな…、ちゃんとチャネリング出来てんのかな?」とも思ったのですが、「恐竜の歴史はとても悲しく…」の部分を聞き取った時に、涙が出てきて“悲しい”気持ちが胸で再現されたことが不思議で、このやり取りが印象に残りました。
2015年の秋の話ですが、これ以来「恐竜」と聞くとこの「恐竜の歴史はとても悲しく…」を思い出すようになっています。


「悲しく、悲しく。。何が悲しいんだろう。絶滅した時の出来事がすさまじすぎたこと??増えすぎて共食いしたとか、隕石で吹っ飛んだとか、だから悲しい歴史なのかな」
2015年の秋から、この日映画の後お風呂に入るまで、ずっと「悲しい」がピンとこなかったんですが、風呂場で映画の最後の場面を何度もリプレイしながら、「なんでなんで?何がこんなに気になるんだろう、なんでなんで?」を繰り返していた時「あ…!」となってしまいました。
そしてあまりの突拍子のなさと、なんで今そんなことを私が「あ!」となっているのか、まったくわからず、ただただ久々に戸惑ってしまいました。
あまりにも突然で、しかもそれがわかったからって、いったい何なのか、私に何の関係があるのか、全然わからないので何に「あ!」となったのか、そこまではかけないんですけど、多分私は私が知りたいと思っていること(それが本当は何なのかはまだわからないともいえる曖昧さ!)のヒントを受け取った気がしています。
もしくは、その情報が存在している次元にちょっとだけアクセス出来たのかもしれません。だって昨日は「かに座新月・日食」だったから。

「DNA」
「操作」
「恐竜」
「悲しい歴史」
「地球オリジナルの」
「人間好みに作られたデザイナーズ恐竜」
あの最後のシーンの恐竜の表情、
そういえば「人」も宇宙の存在に「DNA」を操作されたと言われている

「恐竜の歴史が悲しい」という理由が自分の中に落ちてきた瞬間でした。
2015年の「?」が今理解に変って、また新しい「?」がやってきました。きっと今は「?」だけど、だいぶん後になって「!」となるんだろうと思います。

この忙しい時に何で「恐竜」なんだよと思いつつも、こういったことはもはや私の人生の面白い色どりになっています^^;
とりあえずは、「今に全力投球の夏休み」に行ってきます。
皆さまも、今年は例年になく暑い夏になりそうです。
水分補給と体調にはくれぐれもお気お付けください。

では2か月後に!
ありがとうございました^^

追記:映画はなかなか面白かったです。「どんなものにも“心”はある」そんな当たり前のことをエンターテイメントの世界も受け入れるようになってきたんだなと感じました。

[PR]
by atelierkei-0520 | 2018-07-14 23:36 | つぶやき

バックの取っ手の裏に差し込まれた白い羽のその後

少し前に投稿したこれ、覚えていただいているでしょうか?↓


この羽、この後どうしたかと言うと、、私は取って置いておくことも、捨てることもせず、そのままそっとしておくことにしました。
天使からのメッセージは受け取ったので、無くなってもいいし、そのままでも、それはそれでいいし、という感じで。
で、この後すっかり羽のことを忘れ(天使さん、ごめんね^^;)、過ごしていたんですが、夏至のころにふと思い出して、そういえばあれ、どうなったかな?と改めて確認してみました。
見ると、まだ羽はそこにありました。
私はなんとなく嬉しくて、「やっぱね~、無くなってもいいとか言いながら、こうやってまだあるとうれしくなるな~♪」とご機嫌になりました。



「ん??????あれ??なんか変じゃないか…??」
私はある異変に気が付きました。
前回、羽に気が付いてそっとそのままにした時の写真がコレ↓
f0362457_21415211.jpg

そしてこちらが今回気が付いたときの写真↓
f0362457_08182873.jpg


前回と見比べると、羽が反対になってますね。



でもこれだけではなく、私が驚愕したのはこちら↓
f0362457_08213835.jpg

なんと、、、羽、カバンの生地の細い糸に通されて、、、固定されてるんです。。。。。。
「ひえええええええ!!」
となりました^^;
このカバンの生地は、ウエットスーツなんかに使われているのと同じ生地で、超目が詰まったツルツルした生地。なかなかゴミが引っかかりにくい素材なんです。
その超極細の糸を一本だけすくって、そこにこれまためちゃ小さな羽が通されています。。。
うーーん。「人」の指ではどう考えてもできん、というか、そんな方法で固定するなんて、考えもしないよ、、

私がこの羽を見つけてどうしようか悩んだとき、どこかで「せっかくなのに無くなったら惜しいな~。どうかこのままここにあり続けてくれますように」と思っていたのを天使は聞いていたんでしょうか。
とにかくなぜこうなったのか、よくわからんけど、私のカバンにこの天使の羽はくくりつけられ、今もずっと一緒です。

時々、びっくりさせてくれる彼らは、本当に面白いです^^



[PR]
by atelierkei-0520 | 2018-07-12 09:04 | つぶやき

月曜のメッセージ:エンジェルタロットカード「Seven of Earth 」大天使ミカエルからのメッセージ

f0362457_22565657.jpg
世の中にはたくさんの道があります。
あなたはあなただけの道を行こうとしています。

人の話を聞いて得も言われないモヤモヤを感じた時は、
あなたは一瞬他人の道に立っています。
自分の道ではないからモヤモヤするのです。

自分の道はうっそうと茂る森の中を歩くようで先は見えず、
他の人の道のほうがずっとわかりやすく明るく感じます。
けれどあなたの道には、
ちゃんとあなたが困らないよう、
道をたどれるよう
様々なギフトが隠されています。

自分の思い込みによる光だけを見ずに、
その森をもっと楽しんでください。

その道はあなただけの道。
その道を歩けるのは唯一あなただけなのです。

豊かさも幸せも、
すべてはそこ(今)にあります。

大天使ミカエル


今日は「エンジェルタロットカード:Seven of Earth」でした。

人は自分の道の良さに気が付くのが案外下手なのかもしれません。
その道が素晴らしかったってことに気が付くのは案外それを手放す時なのかもしれません。

でもせっかくなら、自分の道の「今」を楽しみたいです^^
今週も始まりました。
皆さま、良い1週間を。
サポートしてくれているスピリット達と共に「今」をしっかりと過ごせますように。

[PR]
by atelierkei-0520 | 2018-07-09 23:03 | 月曜のメッセージ

やっと晴れました!!

f0362457_14445261.jpg
4日の投稿を終えた次の日からの大雨、やっと終わりました。私の住んでいるところは、交通は道路、鉄道全てがダウンし、陸の孤島状態でしたが、比較的安全な場所であったため、避難などはせずに自宅にずっと籠っていました。
今は曇ったり晴れたりを繰り返していますが、うだるような暑さが舞い戻ってきています。
そんな中、まだ雨の降っている地域もあり、また今回の豪雨による災害でたくさんの方がつらい思いをされていると思うと、やはりまだまだ祈る気持ちです。
実際に体験している人もそうでない人も、一人一人の人が、この豪雨を通して自分の持っているものと向き合うことになったのだとは思いますが、私もまた、大切な「視点」というか「立ち位置」というものを確かなものにすることになったと感じています。
それは振り返れば、数か月、半年前から自分の中で「もやもや」していたものだったのですが、昨日の夜、「どうしてこんなに傷ついているんだろう。なぜこんな気持ちを味わっているんだろう」と思ってお風呂に入っていると、突然答えがやってきました。今朝、最後の毒出しが終わって、朝ご飯を食べたあと、猛烈に眠くなって、たまらず2時間ほど寝てしまったら、起きるとものすごくスッキリしていました。

スピリチュアルというものに開眼すると、どうも二つの立ち位置があるように感じています。
それはもしかしたら「二つ」なんかではなく、もっとたくさんあるのかもしれないけど、私は「二つ」の間でふらふらとしていました。
二つとは、「宇宙的な視点」と「人間としての視点」です。
スピリチュアルに目覚めたときは「宇宙的な視点」はとても大きくてかっこよくて神秘的で、私の中で「憧れ」となりました。そしてその世界を知識として知りたいと思ったし、感じれるようになりたかったし、その世界を知っている人の仲間にもなりたかったものです。
でも昨日、その「宇宙的な視点」に触れた時、自分の中の「人」の部分が強烈に傷つきました。
人間のこれまでの歴史が残したものと向き合わなくてはいけないとか、アセンションに必要な浄化が起こっているとか、向き合う事とは結局はそういうものなのかもしれないし、高い視点で見るといろんなことが言えるのかもしれません。
でもそれを「人の悲しみ」の理由にはできないだろ!と思ったのです。
「宇宙とか、エネルギーとか、どうでもいい!!何言ってんだ??」とも思っている自分がいました。

それによって、自分が持っているというか、これから持ちたい「立ち位置」というものに気が付きました。
だから、今自分はこんなにも「体」と向き合っているのか、とか、「生きる」ってことを3次元的に真剣に取り組もうとしているのかとかとか。
要するに「人間としての視点」を大切にしたいと思ったわけです。
それは「エゴによる視点」というものではもちろんありませんが。
こうやって改めて書くと、なんか当たり前だなと照れるのですが、この間そこをしっかりと確認することになりました。

人として成長したい。
それは言葉を変えると、「人間として生まれたことを精一杯楽しみたい」となります。
休みになったら遊びに行くとか、いいものを買うとか、家族を持つとか、そういう事もそれはそれでいいんですが、そのいろんな幸せを乗せるための、まずは土台作りをしたいと感じるようになっています。
精神的な土台は結構いい感じで進んでいるので、最近の私の動きは「3次元的な土台」の方に取り組み始めているんだなと感じました。
「しっかりした体」をつくること。
そしてその体を使って少しづつ「できること」を増やすこと。
そして、その中で「共感」を体験すること。
スピリチュアルで精神世界に突入した私の心は、意外にも「現実」に着地しようとしています。

この豪雨でたくさんのことに向き合っている全ての方の奥底にある力を信じています。

[PR]
by atelierkei-0520 | 2018-07-08 15:48 | つぶやき

やさしい空 ハートの雲

f0362457_08100264.jpg

昨日は、サッカー日本代表、おしかったですね。
試合が終わって、5時過ぎごろワンコの散歩に出ました。さわやかな朝でした。
散歩しながら、つくづく、切ないな〜〜〜と思いました。
「終わる」って本当に切ない。
もう二度と戻れない、時間は戻せない。
「これが最後だから」とか「もう二度とないことかもしれない」とか、そうやって「終わり」を目の前にしている時は、そうでもないけど、本当に「終わる」と、もうどうしようもないんだけど、「ここから離れたくない」と思ってしまう。
「このままでいい、変わらなくていい」って。

日本代表の選手たちがインタビューで涙しているのを見て、「そうだ、この人たちの大半が4年後はないんだ。だから本当にこの人たちにとっては“最後”だったんだ」と思い、切なくなってしまった。
そうして、それはやっぱり私たちも同じなんだと思った。
今回ワールドカップを一緒に見た人と4年後も同じように一緒に見ているかはわからない。
今日もうるさそうに、迷惑そうに寝てたワンコが、次のワールドカップの時も同じようにそばにいるかはわからない。
4年前にワールドカップのことをあーだこーだと言っていた弟は、4年後の今日はいなかった。
本当に「今」はこの時だけなんだなあとしみじみ思ってしまった。
だからこの世界は切なくて素晴らしいんだろうなと思いました。

そんなことをしみじみと感じながら空を見上げると、こんなかわいい雲が浮かんでいました。

f0362457_08100611.jpg
「大好きだよ^^」「最高だよ^^」
「その世界、素晴らしいよ^^」
そんなメッセージに感じました。

もはや足踏みもできないので、いつも通り前に進みます。
「今」を大切に^^
素敵な思い出となった日本代表の試合でした。


[PR]
by atelierkei-0520 | 2018-07-04 19:36 | つぶやき

月曜のメッセージ:エンジェルタロットカード「Nine of Water 」大天使ミカエルからのメッセージ

f0362457_20545281.jpg
感情を味わうと豊かになる

今日は皆さんにユニークなコツをお知らせします^^
豊かさや幸せというものは努力して追い求めるものではありません。
豊かさに身を置いているのは、豊かさを追い求め努力したからそうなったのではなく、
言うなればいつの間にかそうなった、またはいつの間にかそうなっている、
そんな流れのようなものです。

人は流れを掴もうと必死になりますが、流れは捕まえられません。
そうではなく、その流れに乗るのです。流れの中でたゆたうのです。
大きな流れ、激しい流れ、うねるような流れ、様々な流れがありますが、流れとは何でしょうか。

流れとは実は「感情」のことなのです。
今感じている感情をその場でしっかりと感じると
あなたはあなたを運ぶ大きな流れに乗ることができます。
流れは段々と緩やかになり、
その過程であなたは豊かさを感じ始めるでしょう。
そしてその流れはあなたを豊かな海へと導きます。

流れを怖がらず、その感触を楽しんでみて下さい。
それが豊かさへのコツなのです。

大天使ミカエル


今日は「エンジェルタロットカード:Nien of Water」から大天使ミカエルさまからのメッセージでした。
「感情を感じきる」というのは、このブログでも何度も書いていますし、よく書いている「内観」のキモになるところでもあります。
私たちは何のために生まれてきたかと言うと、もう「感情を体験したいから」に尽きると最近は思っています。
だから自分の感情に無関心だったり、無理やりなかったことにすると、その上に「イライラ」という鬱屈したエネルギーが溜まります。
で、これもある意味「感情」ではあるのでそこも感じていいのですが、本当はその下にもっと自分のコア寄りの感情が隠れています。
大天使ミカエルさまが言う「流れ」とはこの自分の奥深くに流れているコアの感情だと感じました。
このコアの感情を見つけそこをしっかり受けとめ感じてあげること、これがここで何度も書いている「毒出し」の別の表現にもなります。

「コアの感情を見つけそこをしっかり受けとめ感じてあげること」
これは上のミカエルさまの表現だと、「流れに乗る、流れの中でたゆたう」となるんですね。
大天使の目から感情というものに向き合う私たちを見るとそんな風に見えるのかなと面白かったです^^
感情を川の流れに例えているのも面白いですね^^
始めは少し、だんだん激しく、そしてたくさんの栄養をその流れに蓄えて、下流にたどり着くころには穏やかになり、最後は豊かな海に繋がっていく。
このイメージは、まさに5次元への波動上昇のイメージにぴったりだと感じました。
いろんな感情をしっかりと感じて豊かに生きたいですね^^

今週も始まりました。
今日の夜中のサッカーのベルギー戦ではどんな感情を感じるんでしょうか。
その前に、その時間に起きれるのか^^;
いろんな感情をしっかり感じたいと思います。
皆さま、良い1週間を〜♪



[PR]
by atelierkei-0520 | 2018-07-02 21:07 | 月曜のメッセージ