アトリエkeiのスピリチュアルなシェアノート

keiatelier.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

生徒さんが聞いたマリア様への質問で気が付いたこと:「メリハリ」

f0362457_23124298.jpg

今日は「スピリチュアルワークレッスン」のモニターさんのレッスンでした。
レッスンなので、生徒さんに私が学んだことをお伝えしていっているのですが、これまた私の方も気づきが多く、改めていろんなことが深まっていくのを感じています。

今日はチャネリングの一種である「自動書記」というのをやって頂いたのですが、練習の最後に生徒さんにアセンデッドマスターであるマリアさまに自分が聞きたいことを聞くというのをやってもらいました。
生徒さんが聞いたことは「豊かさの循環いついて」。
マリアさまは「考えすぎないこと、今この瞬間を楽しむこと」、そんなことをお話ししてくださいました。

どうすれば豊かさは循環するのか。
それについてのお答えでしたが、これを生徒さんから聞いたとき、なんだか「は!」としました。
今回聞いたマリアさまの言葉はよくスピリチュアル系の話では出てきますよね。「今を大切にする」とか「今を楽しむ」とか「頭で考えすぎないこと」もよく聞くし、私もよく言われます。
でも例えば、何かを知りたいとか、こうやってブログで何かを書こうとか、そういうことをしようと思うとどうしても「考えすぎる」ことになります。
だからこういうアドバイスを聞くと、「分かってるけど、そうなんだろうな~って思うけど、無理じゃん?」って思ってしまっていました。
それから、どうしても「考えすぎない」とか「今を楽しむ」って刹那的で、どう考えても危険、真っ当な生き方ではない、みたいな考えを3次元の波動レベルの自分は持ってしまったりもします^^;

でも今日、生徒さんの口からマリアさまからの言葉としてこれを聞いたとき、瞬間的に「なるほど!」と思いました。
要するに、「メリハリをつけることが重要なんだ!」と思ったわけです。
「考える時は考える」でも「楽しむ時は楽しむ」このメリハリをしっかりつけていくと、「豊かさが循環する」。
「豊かさを感じられる人生になる」ともいえるかもしれません。
これが「考えすぎないこと、今この瞬間を楽しむこと」の意味なんだと思いました^^
ふしぎですね、同じことを何度も聞いているのに、今改めてそこに「は!」とするなんて。
でも、こうやって気づきはやってくるのがほとんどで、これも自分のベストなタイミングなんですよね。

今日は1か月の中に2度満月がやってくる月の2回目の満月「ブルームーン」の日でした。
体調に出たり、気分に影響が出ていたりするかもしれません。
私も数日前はエネルギーがすごすぎて、ねむくなったり、受け取りがちょっと滞って頭が痛くなったりし(これは大天使チャミエルさまに調節してもらいすぐに良くなりました^^)、
その後の今日は久々に毒出しが起こりそれを出してしまうと、個人的なことで書けないのですが、ものすごい気づきがあり、しばし茫然としてしまいました。

どの方にもいろいろな変化や気づきが起こっているとは思うのですが、辛いこと、しんどいこと、びっくりな変化、また「変らない」と感じることさえも、すべては「順調」なのだ思います。
宇宙と自分を信頼してみて下さい。もちろん「よかったら」ですが^^

「信頼」
これ、ものすごく大切なキーワードだな~って改めて思っています。
皆さま、今週もお疲れさまでした♪

[PR]
by atelierkei-0520 | 2018-03-31 23:24 | 日々の気づき

体の不思議 イエスさまのヒント

f0362457_21293911.jpg

ルナの目がどんどん良くなってきている。
飼い主としては本当にほっとしている。まあ、まだしっかり目薬は入れないといけないのだけど、とりあえずは、目をしょぼしょぼしたり、常に右目をつぶっていた状態から、表情は完全に元の感じにまで戻ってくれた。
変化を感じたのは1週間ほど前から。
目がぱっちり開くようになって、左目の半分くらいの大きさになっていた右目の大きさがだんだん戻ってきた。

角膜には血管がほとんどないらしい。
だから今回のルナの「角膜潰瘍」のようにその角膜を損傷するととにかく治りにくい。
だけど、体は不思議で、ルナが角膜を損傷した瞬間から、その損傷に向かって毛細血管が伸び始めた。
今見ていただいている先生曰く、その毛細血管がどれだけ伸びているかで、大体何日前に損傷したかもわかるらしい。
1週間にごとに病院で検査すると、確実に血管が伸びていき、ちょうど1週間前ルナの目がぱちっと開きだした頃に、その血管が損傷個所に到達した。
それから、なんとみるみるうちに陥没が埋まってきている。
血管が伸びるまでは本当に時間がかかったが、血管が到達すると、そこにどんどん必要なものが送られて行って、ルナの体は自分で自分の核膜を治している。
もちろん、「薬」というサポートがあってのことなんだけど、やっぱり改めて体の力に感心してしまう。

ちょうどこの前の日曜日にNHKの「人体」というシリーズを見た。
このシリーズも体の不思議を感じさせてくれるものだった。
スピリチュアルもある程度いくと「体」に到達するような気がする。
心の仕組みがなんとなくわかってきたら、次は「体」だ。
でも、心は話してくれるけど体は話してはくれない。
「体」ほど難しいものはないかもしれない、そうも感じてしまう。
体は何を感じて、どうしようとしているんだろう。

少し前私は脳をシータ波にして行うヒーリングで「体を治す」ということに興味を持った。
きっかけは母の半ぎっくり腰がこれでよくなってしまったからだ。
腰の骨が力を加えていないのに動いたのがわかった。
「面白い!」と思った。

ヒーリングで体を治せるのか?理論的には治せるはずだ。だって全ては波動だから。
でもそうやって体と向き合って「100%」を模索するも、うまくいくようで、そうでもなかったりする。
ルナの目を治そうとやってみてもなんかが違う…。
自分では限界を感じて何かヒントがないかとネットでヒーリングを調べていたら、動物のヒーリングには「イエス」さまがいいというのが出てきた。
そう言われてみれば、アセンデッドマスターのイエスさまには時々お世話になっているのに、ヒーリングはお願いしたことが無いなと思い、試しにやってみることにした。
イエスさまはすぐに来てくれて、ルナの右目に手を当てながら、何かを囁いていた。
何を囁いているのか?と聞き耳を立てるとこんな風な言葉が聞こえてきた。

あなたは自分の目を治すことができる。
治すことができると知っている。
あなたは自分の目が治ることを受け入れている…

イエスさまはずっとただルナ自身に自分には力があること、それを受け入れること、それをルナに思い出させるかのように囁いていた。

このヒーリングの次の日の朝のルナの様子を見て、私はその時点で通っていた病院が「おかしい!」と思い、ネットで別の病院を探した。家族の何気ない一言で、「目の疾患に強いお医者さんがいるかも」と思い、それで検索すると、通える範囲にある病院を見つけ、そこで納得の治療を受けることになった。今ルナの目はお医者さんが言っている通りの経過をたどって順調に回復しつつある。
私は今の病院はルナ自身の治る力が引き寄せたと思っている。

イエス様のヒーリングは、私にとって、すごく印象に残るものだった。
人にも動物にも、ちゃんと「治る力」が備わっている。
その「治る力」をどうやって引き出していくか、それが体に対するアプローチなのかもしれないと思う。

今、いろいろ実験中です。そして、それがなんだかいい感じなんです^^
また何かわかれば、シェアします^^

[PR]
by atelierkei-0520 | 2018-03-28 21:43 | 日々の気づき

月曜のメッセージ:フェアリータロットカード・大天使ラファエルからのメッセージ

f0362457_13343397.jpg
情報がやってくる

言葉から得られる情報や、相手の経験から得られる情報は、
あなたにとって大変役立つことが多々あります。
直感で必要なものをその中から選ぶようにしてください。

あなた方がよくやりがちなのが、
情報を丸ごと全て受け入れるということです。
だからあなた方は情報に触れる時、
自分の中にそれがないにも関わらず正しいと受け取ってしまったり、
相手に違和感を感じたときは警戒します。

けれど情報の中のエネルギーもまた
バラバラなものが提供者の意図によって組み上がっているだけなのだと知ってください。
情報全体がもっていこうとしている意図や方向性よりも、
一つ一つの短い言葉やセンテンスの中に神の本当の意図が隠れている場合があり、
そこに触れることが何より重要なことがほとんどです。

自分にとって本当に必要な情報は自分でわかります。
それを選び取ることを恐れないでください。

最も重要なことは、心の進化です。
それは心が自由になることを意味しますが、
その為に今あなたは学び情報に触れているのです。

先生はいません。
いるのは情報の提供者のみです。

どう進むのかを決めるのはあなた、
どう生きるのか決めるのはあなたです。

目覚めた後は大量の情報がやってきます。
常に自分の中心にいるようにすれば、迷うことはありません。
あなたのすばらしいスタートを応援しています。

大天使ラファエル


今日のカードはフェアリータロットカードの「Unity:統一性」でした。
メッセージをくれたのは大天使ラファエルさまです。
カード自身から感じることは、学んだり知識を得ることの重要性や、経験者からの教えを得る機会が出来たり、また求めたりする動きがあること、そしてその中で知識や経験を共有できる様々な背景を持った仲間などの存在が現れるということでした。
上の文章は、そういった流れを背景として持つ中での大天使ラファエルさまからのメッセージです。

目覚めが進むと様々な情報が集まってきます。またこれから現実でいろんなことが起こるとも言われているので、自分が意識しているしていないにかかわらず、沢山の情報が目の前にやってくるかもしれません。
新しい状況を迎えると、自分の感覚を確かにするために何かのコミュニティーに参加したくなったり、先を知っていると感じる人に学びたいと感じるかもしれません。
そんな時大切なのが、ラファエルさまのおっしゃる常に自分の中の感覚とすり合わせることだなと思います。
自分の中にないものを無理やりそれにしようとしなくてもいいし、また反対に自分の中にないことだからと切り捨てることもないと思います。
とにかく「私はこう感じる」というものと、「あの人はそう感じているんだ」ということは、どちらかを選択するためにどちらかを消去しないといけないことでもなく、同時に存在できるものだと思います。

「先生はいません。
いるのは情報の提供者のみです。」
この言葉が印象的でした。

また、情報を発信している人のエネルギーや意図、情報自体がもつエネルギーや方向性、そしてそこに含まれる言葉やセンテンスそのものがもつエネルギー、これを全て一緒くたに考えるのではなく、バラバラの「要素」としてとらえ、必要なものだけを吸収していく。こうすれば、必要以上に流れてくる情報を警戒したり、振り回されたりしなくなりますね。
まさに「クォンタム」な捉え方^^だと感じました。
私が感じるラファエルさまはとっても男性性が強い方なんですよね。いつもなんか背筋ピン!!となる感じです^^;

皆さま、今週もよい1週間を^^♪


[PR]
by atelierkei-0520 | 2018-03-26 20:12 | 今週のメッセージ

久々に上からのエネルギーを体感してます。。

f0362457_21423984.jpg
今日は何だかんだとてつもなくエネルギーが高い気がする。
自分の中にも入ってくる量がハンパない。
こういう上から入ってくるエネルギーがとてつもない時は、わたしの場合、体に症状がでる。
まず首の後ろ、肩が鞭打ちみたいに痛くなる。
左目の奥が鈍く痛くなり眼球がひっくり返る感じがする。
それから、ものすごく眠くて気怠くなる。

上の写真は今日のものではないけど、今日の空にも似たような雲が出ていた。
とにかく、空もいろんな雲が出ていて忙しいそうな空だった。
昨日の夜、窓のシャッターを下ろそうと空を見上げると、久々に例の「ツー」と移動する光を見た。
もしかしたら今日の準備だったのかなーなんて、また妄想してました^ ^

皆さま、今週もお疲れ様でした!
よい日曜日をー♪

[PR]
by atelierkei-0520 | 2018-03-24 21:41 | つぶやき

大天使ミカエルさんの話:感謝

f0362457_23532864.jpg
美しい地球、この地球に生まれたあなたは今何を見て、何を感じていますか?
あなたが見ているものの中で暗く重いものがあったとしましょう。
そこが問題だとかなぜなんだろうとうつむいて考えてしまうことがありますね。

もう少しゆっくり考えて見て下さい。
少しでいいのです。

あなたは、今なぜなんだろうと考えていますが、そのことがそんなに重要ですか?
体を硬くして、呼吸を殺して、そうやってエネルギーの回転を弱めてもなんにもなりません。

「感謝」という言葉を知っていますね?
なぜなんだろうと思う前に、目の前を見て下さい。。
目の前のものが今そこにある不思議を感じて下さい。
なぜそれが目の前にあるのですか?
なぜあなたはそれを見ることができるのですか?
そうやって考えた時に、あなたの中に感謝が生まれてきませんか?

あなたは感謝について知りたいと思いましたね。
そしてこれが今日辿り着いた答えでした。

全てのことに感謝の気持ちが湧き出てくるとエネルギーが変わりますよ。
簡単です。
それがなぜそこにあるのか、その不思議に目をやれば必ず感謝が湧きます。
目の前のものをただ純粋な子供のような気持ちで見てみて下さい。
一つ一つ、そこに奇跡(軌跡)があり、そこに感謝があるのです。

大天使ミカエル


今日はちょっとズルして、「ミカエルさま~、ブログに書きたいから、何かお話ししてください」とお願いした。
するとミカエルさま、「今日はわたしが話してもいいのですか?^^」と。

「感謝」というものについての話だった。
少し前に、ふと「感謝」ってなんだ?と思った。「私は本当にいろいろなことに感謝してるのか?」と。
ここ最近、「感謝」という言葉もよく目にしていて、チャネリングのサイトでも、「感謝すること」について書いてあった。
でも、「感謝してください」と言われると、「え?感謝しないと幸せになれないの?それってしなくちゃいけないってこと?」とか、結局「~しないと~にはならない(できない)」って雰囲気なら、それって脅しやないか、と反発する自分が出てくる。
まあ、ここまで来ると、そういう事でもないってちゃんと分かってるんだけど、どうもこの時は引っかかってしまって、今日「ミカエルさま~、感謝について教えて~」と投げていた。

実は、このところ、ちょこちょことお金を使っていて、「使っている」とか「減る」とかそういったことの方に意識が向いていたんだけど、守護天使のモリーさんから、「あなたはお金をおもしろく使っていません。お金はおもしろく使ってください」なんて言われて、「はあ?面白いってなによ~、ポジティブに使えってことでしょう?どうせ~」なんて答えていた。
でも、今日ふとした瞬間に、「あ、、ちがう、、感謝だ、、」と思った。

今これを手に入れることができる不思議。
そこにはたくさんの人の時間と労力、そして自然の力、そういった全ての軌跡(道)が詰まっている。
そう感じた瞬間に心に「感謝」が出てきた。
お金は、自分が一生懸命何かをすることで手に入れるから、どうしても使う時はどちらかと言うと「払っている」ほうに意識が行きがち。
でも本当は、お金という媒体を使うことで、自分ではできない何かを手に入れることがお金を使うってこと。
だから、払うっていう行為は「感謝」と一体となる方がきっと気持ちがいいし、モリーさん的に言う「おもしろい」ことになるのだと思った。

ミカエルさまが上手くまとめて下さった。
「それがなぜそこにあるのか、その不思議に目をやれば必ず感謝が湧く」
感謝も、するものではなく、自然と出てくるもの。それにはしっかりと周りを見るってことがキーなんだね。
また一つ、じんわりしたのでした^^
今日はギリギリセーフの投稿!
おやすみなさい!

[PR]
by atelierkei-0520 | 2018-03-23 23:58 | 大天使

木を植える男 ポール・コールマン / 菊池木乃実 著

f0362457_23051931.jpg

この本が先日チラッと書いた、とても印象的だった本。
とにかく、とてもとても心に響いた本だった。
ポール・コールマンさんは、世界トップレベルの贅沢な環境で過ごしていたにもかかわらず、ある日どうしても幸せを感じられなくなって、アイスランドへ旅行に行った。
そこから、この人は何もかも捨てて、歩き出す。目的は「木を植えること」。
彼がこの「歩く道」の中で体験し獲得していくものは、まさに今私たちが体験し獲得していっているもの。
でもその獲得する過程の道が極限までシンプルなので、それが心に染み入る時にはもうすでに彼にとって「確信」になっている。
普通は、気づいてもまた迷い、気づいてもまた迷いを繰り返すのに、彼の場合はそれがほぼない。
だから、読んでいる側にも、彼の持っている「確信」が伝わってきて、自分の中のゆっくりと形づいていた、でもまだ少し頼りないものが、読みながら確かなものになっていくのが不思議だった。

少し前、私は自分が静かにならなきゃと気が付いた。
自分のハートから出ていく振動を静かにすること。
それがすごく重要だってことに気が付いたんだけど、彼はそれをアフリカで歩いている時に獲得する。
自然、地球、周りと一体となって調和すると完全に気配が消えるらしい。
「そうか、、静かになるっていうのはそういうことなんだ…」と思った。
読むうちに、どんどん自分の中にあったものが「確信」に変っていく。

私は時々、スピリチュアルな道でうんざりする時もある。
どうしてもっと早く進まないのか。
どうして「わかった!」と思ったのにまた悩むのか。
でもやっぱりストレートにズドーンとそこに行きつくには、かなりの三次元的に言うと日常を完全に抜けた「冒険」や「チャレンジ」が必要なのかもしれないとつくづく感じた。
で、それをしたいか?と問われると、「いいえ、私は私の道が好きですから結構です」と答える。
だからやっぱり自分の道を愛しているとも思う。

ポールさんの経験を知れてよかった。
なぜなら私にはできない経験だから。
大天使ガブリエルさまの言葉がまたしみる。
「自分にない経験をうらやましがったり嘆いたりする必要はありません。
あなたではない別の人だと思われる人が経験してくれているから。」

私にとっては心が熱くなる本でした^^
持っておきたい本だな~と思いました。

今日は春分の日、春の嵐の中、静かに過ごしました^^


[PR]
by atelierkei-0520 | 2018-03-21 23:52 | 日々の気づき

月曜のメッセージ:フェアリータロットカード・大天使ガブリエルからのメッセージ

f0362457_21370919.jpg

居心地の良い場所から旅立たなくてはなりません。
風の動きをよみながら、あなたは進みます。

子供のように無邪気に楽しんだ世界から卒業し、
本当の魂の旅へ。
あなたの持つ夢は、前に進んだときのみ、あなたの前に現れます。

心の進化を求めて下さい。
必ずあなたは導かれ、
大切な友と共に目的を達成するでしょう。

サポートを受けたいときは、本当に必要とするものを知ってください。
本当に知りたいことにフォーカスしてください。
あなたがどの道にいても、私たちは導き支えます。

全ての人に道は開かれています。
あなたにも、あなたにも、あなたにも。。




今週は大天使ガブリエルさまからのメッセージでした。
先週のミカエルさまと同じく、「次のステージ」に促されるメッセージでした。
ミカエルさまがこちらのことを「不安定な夢」と表現したのに対し、ガブリエルさまは「子供のように無邪気に楽しんだ世界」と表現されました^^
こういうところにそれぞれの天使さんの個性が現れますね。
今日はとても印象に残る本を読みました。その本の中には、スピリチュアルというものを考えて考えて、試して、また考えてを繰り返している私をとてもシンプルな場所に戻してくれる本でした。
とってもシンプルなメッセージが積み重なった本ですが、一つ一つのメッセージが「ガツン」とくるものでした。
この本は「今」読むことに意味があった、そう思いました。
そしてもう1冊出会った本があります。
アメリカの医師でありヒーラーでもある女性が書いた本で、意識と体の関係を教えてくれる内容のようです。
まだはじめを読み始めたばっかりなので、読み終わったらまた紹介します。

先日も書きましたが、今回ワンコの「角膜潰瘍騒動」と自分の「粉瘤事件」で、いろんな感情と向き合いました。そして真剣に「体のことが知りたい!」と思いました。
そうすると、先日紹介した食の本と、今日読んだ本、そして読み始めた本、すべてがこれに通じるものとなりそうで、ガブリエルさまの言葉がしみます。

「粉瘤事件」では私の小学生のインナーチャイルドが過去に得られなかった彼女が欲しかった本当のものを獲得するために、彼女が動き出して起こったことのようです。
ほんの数分でしたが小学校の時の自分が自分の中で広がり、彼女が決断したことによって、彼女が一番欲しかったものを手に入れた瞬間がありました。
その後、不思議な事態になっています。このことは長くなりますのでまた後日報告できたらなと思っています。
で、結局、このドタバタ劇の結果、少し前に「もうこれ以上はいけない」と諦めた「体に対するアプローチ」を少しだけまた進められるようになるのではと思っています。

「本当に必要とするものを知ってください。」
「本当に知りたいことにフォーカスしてください。」
これを知るためには、私たちは時として「試練」のようなものを自分で引き寄せるんですね。
改めて、「はあ、、、なるほどなあ、、」となっている次第です。

「大天使」とは、私たちの心の成長を導いてくれる存在です。
「学びたい」
「知りたい」
「成長したい」
光に通じる全ての要望を彼らは助けてくれます。
だから、まずは彼らとしっかり連携できるようになること、それが「成長」にはすごく効果的だな〜と感じます。

今週も始まりました、皆さま良い1週間を〜^^♪


[PR]
by atelierkei-0520 | 2018-03-19 21:55 | 今週のメッセージ

体のこと

f0362457_21102417.jpg

今、いろんな流れから、「体」についてもいろいろと考えるようになっている。
考える、というより「知りたい」の方が正確かもしれない。
前、体について興味を持ったのは完全にスピリチュアルな面からだった。
でも今度は、「現実の肉体」という面でそこに興味を持っている。
それは「老化」を止めるとかそういう事ではなくて、そもそも私たちってどうやって体を保っているのだろうっていう点。
まあ、そこに至るきっかけはやはり「老化」だったりするので、そこは切り離せないのかもしれないんだけどね^^;

「老化」に思いが至ったそもそもは「粉瘤」というちょっと厄介な良性の腫瘍ができたこと。
これは昔、小学生のころ一度できたことがあって、今回のことはそこのインナーチャイルドとの関係もすごく強かったので、実際は「老化」とはあまり関係ないのかもしれない。
でもこの「粉瘤(アテローム)」というものがなぜできてしまったのかを考えた時(医学的にはなぜできるかは全くの謎らしい)、そこから、「老化」→「体?」についての興味に変っていった。
「粉瘤」の原因として直観的に思ったのは、まず「ストレス」とか「怒り」。
つまり「そうとう溜めてる」ことが原因じゃないかなと感じた(ルナのことや自分のこの問題も含めて)。ここに、インナーチャイルド的な要素として「注意の欲求」も入っているかもしれない。
「カタカムナ」をかじると、物事が持つ音の響き事態にそのものの本質があるのだということがわかって、その方面でも、「粉瘤ふんりゅう」という漢字が持つ音の響きも「マグマの噴火」や「怒り(ふんがい)」を連想させるので、勝手にそう思った。
で、もう一つの要素として、老化による「代謝の悪さ」(もちろん運動不足も含む)があるんではないかと思うようになった。これはネットで調べると、そこの因果関係は全く関係ないとかいてあったので、実際のところはどうだかは分からない。
でも、これがきっかけで、「じゃあ、代謝がいいってどういうこと?何をどうすれば代謝が良くなるの??」などとそちらの方に興味が映っていった。

すると、不思議な本を引き寄せた。
それが上の写真の本。
今いろんな健康な体を作るための食事についての本が出ているし、この本がベストだとはもちろん思わないけど、なかなか内容は面白かった。
本は日本人の昔の食生活がどれだけ私たちの体に良かったかってことが中心に書かれていて、また「なるほど〜」と感心することから、「え??そうなの??」と目からウロコの話も多かった。
たとえば、大豆が実は厄介な食べ物だった、、なんてびっくり。
「肉を食べると砂糖が欲しくなる」とか。
そこに食べ物には「陰」と「陽」があること(これはいろんな所でもよく言われている)や食べ物がそれぞれ個別に持っている「呼び名」の中に「本質」があることなどがかかれていたけど、その辺りなんかはまさに「カタカムナ」とリンクする。

ざっと読んで、すべてを実行することはよっぽどのやる気がないと無理だな〜〜なんて思ったけど、一つの参考としてここもやっぱり「知る」って大切だなと思ったのでした。

今、周りでも「食」を見直す動きに入っている人も身近にいたりするので、やっぱり一つの流れとして、改めて自分たちが「生きる」っていう事を「肉体」の面から再考する時期に入っているのかもしれない。

ちなみに、築30年のうちの家の古いふろ場のタイルが、床との間に空気が入ってまさに「粉瘤」状態で盛り上がってきていて、なんと私がアイスランドから帰ってくる日に業者が入ることが決定。。その後3日くらいはお風呂使えないらしい(;;)
ルナの目は「潰瘍」だし、これは反対に陥没するやつで、ここは「陰」と「陽」なのか??

自分の内側の現象化がここまでシンクロするのかと苦笑するばかり。
インナーチャイルドの問題も含め、私がやっとそこと向き合えるような状態になったからこそ、こういうことが起こるのだけど、実際に起こるとやっぱりへこむ^^;
とりあえず私の問題は、一足先に解決させる予定ですけどね!
(ルナの目はまだ陥没は治っていませんが、しょぼしょぼが治ってきて目は痛くなくなっているようです。)

それでは、皆さま今週もお疲れさまでした^^♪



[PR]
by atelierkei-0520 | 2018-03-17 21:34 | 日々の気づき

ホーキング博士やあれこれ…

f0362457_21584911.jpg
今、本当に頭がフリーズしてます。
スピリチュアルに目覚めると、「どぅわ====」と進む時と、こうやって「何もかも言葉にできない…」っていう状態が繰り返す気がしている。
フリーズしている期間は、何も進まないのかって言うと、どうも逆で、すっごく静かな自分の外側ではものすごい動きが加速しているのがわかる。
いつも同じだった周りの人たちの状況がどんどん変わっていくし、その流れが自分の内側でも起こってることがわかる。

今日はホーキング博士が亡くなったそうだ。
私は特にホーキング博士に詳しいわけではないけど、ずっとこの地球上に「宇宙」を下ろしてきていた代表的な人が、
この地上から卒業されたことにも、やはり2018年は特別な年であるように思う。
ネット記事のこれがちょっと面白かった↓
「スティーブン・ホーキング博士」のところの写真が、何故かガリレオガリレイになっちゃってる不思議((笑))
でも案外偶然じゃなかったりして^^そこのアピールだったりして^^

1と8は足すと「9」
数字の0123456789にはそれぞれに宇宙的な意味がある。
その中でも「9」は特別。
今日2018年3月14日は「1」
昨日2018年3月13日は「9」
「9」までとどまって、「1」で行ってしまったホーキング博士。
不思議だなーと思うのでした。

今日はついこの前まで、どうしよう、どうしようと悩んでいた旅行用の買い物が次々と自分が満足する形で達成されていった。
全て流れるように。
ふと立ち寄ったGAPで、売れ残りのダウンジャケットがまさに欲しかったもの!!だったし、ネットで必要なものを検索していると、「ネックピロー」なるものが上がってきて、「あ、そうそう、こういうのも買っときゃなきゃ…」とぽちっと押すと、なんとアマゾンのタイムセールでかなりお得に購入できた。
それから、「こんな本借りて、役に立つんかいな…しょうがないか、これしか図書館にないし…」としぶしぶ借りた本が、案外良かったり。

頭がフリーズしているのとは裏腹に、いろいろと進んでいきます。
いろんなことが「不安」になる時って、案外動いていない時が多い。
頭をフリーズさせて、とにかく動くと案外と上手くいくものかもしれません。

今日の大天使ミカエルさまからのアドバイス↓
パターンを作らずフレキシブルに動く。パターンは役に立たない。
重要なのは心の状態。心をセンサーとして使えば自然とクラウンチャクラが動き出す。

[PR]
by atelierkei-0520 | 2018-03-14 22:05 | つぶやき

月曜のメッセージ:フェアリータロットカード・大天使ミカエルからのメッセージ

f0362457_21513175.jpg

夢、夢、夢、
沢山の夢を見てきましたね。
もうそろそろ目覚めの時です。

うっすらと覚えているかとは思いますが、
あなたはこの時期に目覚めることにしていました。
そうして目覚めの時には起こしてほしいとお願いしましたね。
今がその時です。
起き上がってください、
大きく伸びをして、ねむい目をこすって。
きっと思いのほか長く寝ていたことに驚くでしょう。

夢とは、あなたが見たいと希望していたもの。
でもこれからは夢という不安定な場所で体験しなくてもいいのです。

目が覚めた場所は、
もっと温かくもっと快適でもっと美しい世界です。
靴を脱いで走り回れるんですよ。

新しい次元にようこそ。
戦いをやめ、心を開いてください。


そろそろ春ですね。
そこで、この月曜のメッセージも「サイキック・タロット・オラクルカード」から「フェアリータロットカード」に変えてみました。
メッセージをくれるのは「大天使」です。今回は大天使ミカエルさまになりました。

「私たちは夢を見てたんだ」
そう思えてしまう日は来るんでしょうか。
またそれってどういう感じなんでしょうか。
私はなんとなくそんな感触を体験する日が近いような気もしていたりします。でも、結局は「夢」と表現される「過去」も大切なものとして残るような気もします。
ただ、朝目が覚めて、どんなに素敵な夢を見ていたとしても、目が覚めるともうその夢の中に戻ることができないように、その感覚になると、どうあっても過去のかつての感覚に戻ることはできないでしょう。
そうして感覚自体は、もう感じることができない、思い出すこともなかなか難しい、「夢」のようなものになる気がしています。
そう思うと「起きる」ということが何とも名残惜しい気もしますね、真冬のお布団の中からなかなか出られないように。

今とても静かに様々なものが整理されていっています。
少し前に大天使ミカエルさまから「モノの整理。早急に周りを片づけること」と言われました。
それがただの部屋の片づけのような物理的な意味合いだけでなかったことを今痛感しています。
いろんなものが氾濫しているので、少しづつ片づけたいなと思っています。
皆さんはどうですか?
3月は4月のスタートに向けていろいろ変化の時期ですね。
後ろ髪を引かれる思いもあるとは思うのですが、どうやらもう「待ったなし!」のようですよ^^;

今週も始まりました。
皆さま、良い1週間を~^^


[PR]
by atelierkei-0520 | 2018-03-12 22:04 | 今週のメッセージ