アトリエkeiのスピリチュアルなシェアノート

keiatelier.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

10月最後の日

f0362457_19322546.jpg
今日はずっと気になっていたこれ↑に行ってきました。
そう、「国宝展」
11時前に着いて、、なんと、、50分待ち…。
中は物を見るどころではなく、、ガラスの中の展示物に押しかけてはターンして返ってくる弾丸のような人々を、まるでボクサーになったかのごとくよけること30分。。
そう、全く見れなかったに等しかった。
とにかく、ちゃんと見ようと思ったらおそらく4時間はかかるだろう。。

こういう時、最近の私は全く別の戦法を取ることにしている。
それは
「ダウンロード戦法!!」
今この瞬間、この場所にいて、なんかすごいものを見ている場合、そしてそれをしっかりじっくり3次元的に堪能できない場合は、「この展示物の高い部分の全てを自分にダウンロードするぞ!」と宣言して、ただひたすら無意識で動く。
で、意識では全然分かんなくても、自分の高い部分がちゃんとキャッチしてくれているので、それを信じてただ展示物を遠くから目でキャッチ。(もちろん、近くに行けたら行くけどね。でも基本このモードに入ると長居しない。)
「OK!ハイ次!、よっしゃ、次もキャッチ!」とどんどんダウンロード。
だから30分で終わっちゃう。
こういう、潜在意識にダウンロードしたものは、いつか本当にそれが必要になった時に自分でもそれとわからないかもしれないけれど、ひょっこり出てきて、何かしらの役に立つ。と思っている^^
「この展示物の高い部分」って言うのがミソなので真似する場合はそこを忘れずに入れて宣言してくださいね。
ボクサー(気分だけね)のように人をよけながら進んでどんどんダウンロードしていた私だけど、唯一、一か所だけ、ブワッと涙が出そうになってしまった作品があった。
それは「長谷川等伯」の「松林図屏風」
写真が良かったのでこちらのリンクを張っておきます↓
https://www.cinra.net/news/gallery/124862/1/
大切な息子を亡くした後に描いたこの絵はとても有名で、数年前に新聞小説で「等伯」の話を読んだときに、見てみたいと思っていた。
何か共鳴したのか、絵の下半分が人々の黒い影で隠れてしまっていても、感じるものがあった。
「これだけでも見れてよかった」そう思ったのでした。



f0362457_19322623.jpg
今日はめちゃめちゃエネルギーの高い日。ものすごくお天気が良くて、空がきれい。
朝起きた時から、今日は「歩く」と決めていて、京都駅から、国立博物館まで歩き、そしてそこから清水寺の前を通って四条河原町へ。
13時前、清水寺を通り過ぎた辺りでふと目をやった路地にいい感じの入りやすそうな湯葉のお店があって、お昼はそこで頂いた。
ランチセット↓


f0362457_19322632.jpg

f0362457_19322737.jpg
これで2160円。
「歩いた自分へのご褒美♪」と大満足でした。生湯葉とお刺身、おいしかった〜^^

実は今日、先日の作業台大改造の前に作業台の廻りのあれこれを整理していた時に出てきた、もうすっかり忘れていた「どえらいもん」を処分した。
その為に京都方面に出なければ行けなくなり、ここまで出るのなら気になっていた「国宝展」に行こうと重い腰を上げたのだったけど、帰りの電車で、「は!!」とした。
「どえらいもん」の処分…。。
そうか、今日は私の魂の中にあったこれまでの「どえらいもん」を処分したのかもしれない。だから、こんなにもスムーズに全てが進んだのかもしれない。だからこんなにも清々しいのかもしれない…。
こんな感じで浄化することもあるんだな…としみじみしてしまいました。
「どえらいもん」の発見から処分までもう周りのサポートチームにお願いしまくっていた。
新しい月に移行する前の10月最後の日。
みんな、本当にありがとう…と思ったのでした。



[PR]
by atelierkei-0520 | 2017-10-31 20:45 | つぶやき

月曜のメッセージ:サイキック・タロット・オラクルカード直観リーディング:3FERTILITY

f0362457_20035763.jpg
ハートで温めていたものを広げる時期に入ります。

心の情熱を理性を使って形にし、広げてください。
それは、これまであなたが一生懸命一人学び温めていた知恵でもあります。
あなたの持っている知恵を、求める人に見えるようにしてください。
もうその時期です。

競争意識、生き残りの意識、そういったものではなく、
大地に根差す木のような深く揺るがない意識を持ってください。
全てはあなた自身から出来ています。
それはあなたにしか出せないもの。

その場所で、静かに呼吸し自分を表現してください。
それがあなたという人をクリアにし、
周りを豊かにしていくでしょう。


今日は大アルカナカード「3FERTILITY」でした。
「そろそろだな」と感じていた丁度その時に、このカード。
やっぱり高次元のメッセージは「新しいスタートだよ」というもののようです。しかも現実的に動きなさいというメッセージ

ここ数日個人的にもシンクロが続いています。あらゆるところから「スタート」のメッセージがきます。
昨日見た動画のスピリットからのメッセージにもそれがありました。
動画は2014年10月前のもので、そこから数年の話で、時期的にもう終わったはずの話です。
けれど、びっくりですが、その内容はまるで「今」の話のようでした。
「時間は幻想」と言いますが、まさに私にとっては「今」、私が見ている現実では「今」からの話なのだと強く感じました。
話の中で、「来月からスタートしてください」とあり、それがどんなに小さなスタートでも、これからの数年に影響し大きく育っていくというような内容でした。
そして、今日カードを引いたらこのカードが^^
「3」は拡張、前進、熱意、誕生を表すともあります。
いろんなメッセージを受け取って、そうか〜と思って、今朝ゴミ出しに出たら、私にとっての特別な鳥が姿を見せてくれました。
「伝達の鳥」
イソヒヨドリちゃんでした(イソヒヨドリと教えて下さった方ありがとうございます^^)。

今年は大きな意味で「スタート」だと感じていましたが、そのスタートの前に徹底的に準備させられる期間があったように感じています。
途中かなり重い波動に翻弄されつつも、何故かその流れを共有し、また並走してくれるサポートにもちゃんと導かれていました。
だから自分に何が起こっているのか、停滞感でどよーーんとしていた時期も、深い部分では理解できていたので、乗り越えられました。
その中でたくさんの新しい気づきもあり、少しづつ本当の意味で自分を信頼できるようになっています。
こうなってくると、本当にあらゆる動きが速くなってきます。
「必要なこと」が自分が認識する前にもう目の前にやってきています。
自分とサポートを信頼しているのでそれを素直にやっていくと、あっという間に片付きます。
そしてそのことが自分のやりたかったことにも繋がり、あっさりとそれも実現します。
それはあまりにも自然で、その「奇跡」に気付かずに通り過ぎてしまいそうになります。
これが、前回ブログで書いた「4次元通路飛行型」の流れに乗った状態だと感じています。
決して派手ではないのですが、「飛行型」が流れに乗るとそれはそれで魔法のようです。
全ての存在と連携しているのを感じます。
「飛行型」が体験する「思考の現実化」は「私が実現する!」というような強く叫ぶような感じではなく、あたたかく柔らかくとても優しいものです。
本当にとてもしみじみと優しいのです。

私がこれを今強く感じるのは、もしかしたらこの感覚は初めてなのかもしれません。
いつもいつも強い信念と力でねじ伏せるようでなければならないと思い、そうしてきた魂の歴史があります。
こういったタイプは「自分が!自分が!」という「力」への執着と徹底的に向き合うことになります。
そうして「力の放棄」を学んでいくようです。それは「調和」というものを受け入れ知るということに繋がり、「ワンネス」を実感していく道でもあります。
この新しいスタートの直前にも大きく深いこの「力」への執着と向き合うことになりました。
その流れを受け止め、大きく深呼吸し肩の力を抜いた時、「スタート」となったようです。

私にとっての「やりたいこと」というのは、皆さんが自分なりの移行のアプローチにたどり着くためのちょっとしたきっかけ作りをしたいということかなと思っています。
私の場合は「4次元通路飛行型」の人たちに対してになるのかなと思いますし、関わる人の数は数える程度かもしれません。
けれどそうやってこの時期の不思議を分かち合えることが私にとっての「ワクワク」であると思っています。

思いのほか長くなってしまいました。
皆さま、今週も良い1週間を^^

追伸:と、いうことで、今週は「オラクルカードを使えるようになろう♪」という対面レッスンの募集をしようと思っています。場所は神戸です。
このブログでまたお知らせします^^



[PR]
by atelierkei-0520 | 2017-10-30 21:23 | 今週のメッセージ

なんかパワーすごいぞ

f0362457_22433446.jpg
今週水曜日に髪型を変えて、次の木曜日から自分の中のエネルギーがグワッと変わった。
なんか、奥からエネルギーが湧きだしてきて、じっとしていられない。

ということで、金曜日にずーーーーーーーーーーーーと気になっていた、彫金の作業台の位置を変えようと思い立ちやりだした。
私の作業台は1メートル×2メートルくらいある木製のものすごい重い作業台で、この上と下のスペースに、これまた物凄い重いものやらごちゃごちゃしたものやらが、山と積まれてある上、作業スペースはありとあらゆる細かいものが散乱していて、作業台を動かすとなると、それらすべてをまずは撤去しなければならない。
それだけでも、髪型を変える前の私は、今抱えている仕事の時間もあるし、もうイメージしただけで目が遠くなっていた。

ところが、金曜の私はまるで別人。動き出したかと思ったら、全てのものをあっという間に撤去したのち、作業台だけではなく、その位置の調節のために傍にあった家具まで動かし、その上、これまたずーーーーーーーーーと気になっていたもう一つの大仕事までやってしまった。
それは作業台の高さを変えることだったんだけど、これまた非力な女子(?)には大仕事にもかかわらず、こちらの方も若干苦労もしたものの、やってのけてしまった。
途中腰が「う!!!!」となったものの、そこはいたわりながらやり遂げて、夜はしっかり全身ヒーリングをして、今少しの筋肉痛を感じつつも体もなんとか乗り越えた感じ。

不思議だね~~~。あんなにも動かなかったのに、動くときは動くね。
最近、私は自分のそういう動きを信頼できるようになってきた。どうしても動けない時は、動かなくていいと思っている。
そして動くときは何の躊躇もなく動いてしまう。理由は全くないのに。
今回の動きも、たぶんなんかの準備で、後から「あ~!よかった。そういうことね」ってなると思っている。

停滞期は次のジャンプのための準備だったりする時もあります。
自分の声に耳を傾けていると、なんかこんな感じになってきます。
だから、本当にやることは一つだなって思います。
「自分の中の声に耳をすます」
それだけ^^

今週もお疲れさまでした!



[PR]
by atelierkei-0520 | 2017-10-28 23:07 | つぶやき

4次元通路の2つのルート③

f0362457_21391222.jpg


4次元通路には2つのルートがあるって話を書いている。
これまでの話はこちら↓
「4次元通路の2つのルート①」
「4次元通路の2つのルート②」

「歩行型」と「飛行型」の違いの大きなところは「願望の出どころ」の違いだと思っている。
同じ「豊かになりたい」という願望でも、出所が違う。

(繰り返しになりますが、これはあくまでも私が感じていること。「正しい」とか「これが真実だ」という意味で書いているのではないので、ご了承ください。)

「歩行型」の人は3次元で叶わなかった願望を「4次元のエネルギー」で現実化していくことを体験する。
つまり、願望の出どころは限りなく「3次元」に近い。だから願望はかなり具体的に表現できるもの。
一方「飛行型」の人は感覚・感情の方を優先するので、どちらかと言うと出どころは5次元よりかもしれない。もちろん完全に5次元ではない。
けれど、「歩行型」の人の願望よりは高い波動領域からきている。


最近、私が持っている「人」のイメージは大きな球体だ。その球体を人は「魂」と呼ぶのかもしれない。
こんな感じだ。

大きな球体の中には、「全て」が詰まっている。
まず、肉体を持った今生きている「私」がいる。
同時に、沢山の「私」と関係する「過去世」「未来世」、それから、天使やアセンデッドマスター、龍とか妖精とか、その他もろもろのエネルギー、そして、もっと言うとそれぞれが存在する「宇宙」も含まれるかもしれない。
要するに、球体の中は文字通り「全て」でパンパンなのだ。
で、球体の中には、これらの存在を俯瞰できる「私」がいる。それが「ハイヤーセルフ」だ。

人は特異点を過ぎると、このハイヤーセルフの視点を少しだけ共有できるようになる(様な気がしている)。
もちろん、まだまだ「少し」だ。
でも、特異点を過ぎると、それまでの球体の中の一部、小さな肉体を持った「私」から、「ポーン!」と抜け出して、それまでとは全く違う大きな「私」の視点からも物が見えるようになる。
そして、それまで自分だと思っていた「私」は、大きな大きな「私」から見ると、ほんの小さな一部でしかなかったことに気が付くのだ。

そうすると、何が起こるか。
あれだけ存在感のあった願望や欲求、問題がなどが、大きな自分からするととっても希薄になるのだ。
つまり小さな「私」が自分の全てを支配するということがなくなる。
もちろん、小さな私の願望、欲求、問題などが消えるわけではないけど、それは大きな自分の一部であって全てではないと知ってしまうので、主導権が大きな自分の方に少し移動するのだ。
だからそれまでとの「願望」の形が違ってくる。
高い波動の自分の「願望」の方が願望として認識するようになっていく。

この地点に到達するのが、「歩行型」ルートより「飛行型」ルートの方が速いのだ。
つまり、「飛行型」の方が「歩行型」より早く、「五次元の感覚」に近くなる。

こんな風に書くと、まるで「歩行型」より「飛行型」の方が勝ってるように感じるかもしれないけど、そういうことではない。
「飛行型」の方が、「歩行型」より早く「5次元」にたどり着くのか?
いや、そういうことではないと感じている。
何故なら、「歩行型」が持っているより3次元に近い願望とは、実は「ダミー」なのだ。
彼らの大きな自分から出ている本当の「願望」、それが彼らを「歩行型」ルートに向かわせた本当の理由だし、逆に「飛行型」は「歩行型」を選ばなかった理由かもしれない。

「歩行型」が望むのは、「ダイナミックな移行」だ。何よりもドラマチックで、感動的で、衝撃的で、圧倒的な解放感。
「飛行型」が望むのは、「おだやかな移行」。静かで、小さな変化や動きを噛みしめながら進んでいく先の、段々と明るくなっていくその動き。

昔読んだスピリットの話で、「3次元と5次元は部屋。4次元はそれを繋ぐ通路だ」というのがあった。
つまり「4次元」という状態は留まれない。それが今本当にわかる気がしている。
考えて見ると3次元よりの願望や5次元よりの願望はイメージできるのに、4次元の願望はイメージできない。
最近よく「変化のスピードが速い」というけど、それは4次元の特徴なのかもしれない。3次元のように同じことをぐるぐると繰り返すことはできない。本当に「通路」という表現がぴったりなのだ。

「通路」で経験できること、それは「移行」というプロセスだと思う。
「歩行型」は4次元で様々な自分の思考を形にしていくテクニックを獲得していく。
けれど、4次元を抜ける時、その全てのテクニックをおそらく手放さなくてはいけなくなるんじゃないかと感じている。
そして「歩行型」の場合の「移行」のプロセスとは実はそっちの瞬間の方がメインで、その瞬間の解放こそが、彼らの大きな自分が望んでいる移行の形なのではないかと感じている。
絶対だと信じたものを手放す時、おそらく特異点のもっともっと先に彼らは辿り着くだろう。その瞬間に「飛行型」を飛び越して、彼らはもう5次元にいるのかもしれない。
それはきっとものすごく激しい変化だろうし、その分、抜けたときの解放感はすごいだろう。

私は自分が「歩行型」のルートではないと知った時、正直、残念に思った。
「引き寄せ」なんかの凄さを体験してみたかった。電車の席が座れるとかいうレベルじゃなくて。
でも、「飛行型」を受け入れてそこから俯瞰して「歩行型」のルートを見たときに、5次元に移行するためにそのルートで何が起こるのかを想像してみた。
それはスピリチュアルオタクの妄想かもしれないけれど、自分に「それを経験する?」って聞いたとき、「無理!!絶対無理!!私は、穏やかが一番いいです…」って即効で答えていた。

なぜ2つに分かれるのか。どうしてそれぞれのハイヤーセルフはルートを選ぶのか。
それはもうこれしかない。「分業」だ。
光が自分が知りたくてたくさんの自分に分裂した時から、全ては、これしかない。「分業」。

それぞれが、「別のもの」としてそれぞれを体験する。そして結局はそれを共有するのだ。
それが「ワンネス」だと最近感じている。

「歩行型」も「飛行型」も、一つの「チーム」。体験することが違うけどお互いのためにも自分の経験を選ぶ。
だからどちらのルートの人にもただ尊重し敬意を払いたいと思うのでした。

4回シリーズにしようと思っていたのに、なんか書いちゃいました。
読んでくださってありがとうございました^^


[PR]
by atelierkei-0520 | 2017-10-27 22:08 | スピリチュアルといわれる世界

みんな節目??

f0362457_23121748.jpg

昨日、突然、「あー!もうだめだ!!この髪、切らんとどうにもならん!!」と美容院を予約した。
今朝、突然、「久々に、思い切って前髪切ろうかな」と思いついて、美容師さんにお願いした。
「なんだか、この感じ飽きた。気分を変えたい」って言ったら、美容師さん、「なんか今日はイメチェンする人が多いんですよーーー、なんでですかね、なんかあるのかな?」と。

みんな無意識でも、ちゃんと流れが来てるよう(*^^*)
髪をかなり短くしたら、美容をサボってた顔のいろんなのが目立つようになりました。。帰ってテレビをつけたら、、「美にこだわる人たち」をゲストに呼んで展開されるバラエティが。。



うーん。。
とりあえず、体操でもするか。。

[PR]
by atelierkei-0520 | 2017-10-25 22:59 | つぶやき

月曜のメッセージ:サイキック・タロット・オラクルカード直観リーディング:魂のカード6

f0362457_21481748.jpg
素晴らしいエネルギーが到来します。
あなたがそれを望めば、その光はあなたを照らします。

けれど、現実的な注意も怠らないでください。
きちんと目を開けて周りを見て、足元を確認してください。
踏み切る時は必ず目を開けてください。
しっかりと状況を把握していれば怖くありません。

あなたをサポートするものは、天の光もありますが、
「現実」という今あなたがいる場所も、
あなたをサポートする大切な存在なのです。

受け取るためにも、バランスを取ってください。


今日はサイキック・タロット・オラクルカード精神のカードの6でした。
小アルカナカードだったせいか、とっても地に足の着いたメッセージのような気がします。
これがこのサイキック・タロット・オラクルカードの特徴かなとも思います。
かなり高い魂レベルのメッセージから、現実に根差したメッセージまで、幅広く力強いメッセージをくれるのです。

「現実」大切ですよね。
特に今ブログに書いている「4次元通路飛行型」にとっては、ふとした瞬間に地上から離れすぎる傾向があります。
そういう時って、わざと重いエネルギーを人から頂いたりして、バランスを取ったする時があります。
だから、嫌なことや気分が落ち込むことがある場合も決して無駄なことではないんですね。
こういうことも「無駄なことはない」と言われる所以かもしれません。

自分の心の声に耳を傾けるのと同時に、理性の声もちゃんと聴く。
両方の声をちゃんと聴いて、自分の「今」を俯瞰して把握する。
時々、そういうことも必要だと思っています。

今週も始まりました。
皆さま、良い1週間を~^^


[PR]
by atelierkei-0520 | 2017-10-23 21:54 | 今週のメッセージ

4次元通路の2つのルート②

f0362457_22182378.jpg
前回のつづき
前回↓
「4次元通路の2つのルート①」

4次元という通路を移行するときにある2つのルート。
一つは4次元の土をしっかり踏みしめながら進む「歩行型」。
もう一つはその「歩行型」の人たちを横目で見ながらふんわりと足を浮かせながら進む「飛行型」。

「4次元通路歩行型」の人たちの特徴をあげるとこんな感じかなと思っている。
この人たちはとにかく、テンションが高い。
なぜなら、3次元では出来ないと思っていたことが、自分の意図次第で実現してしまうという、3次元から見ると「奇跡」のようなことを身をもって経験してしまうから、当然興奮するし感動も大きくなるので、テンションも高くなる。(もちろんこれは、テンション地味目の私からの視点なので、「高い」と感じているのは私側の感覚です)。

彼らは「結果」を重んじる傾向がある。法則に当てはめれば、宇宙は必ず答えてくれると知っているから、自分や周りがどんな結果を出すか、そこに注目する。
結果を重視する姿勢は、目標を明確にする姿勢に繋がっていく。
「なりたい自分の状態」をイメージすることを大切にする。言葉の力も知っていて「アファメーション」や具体的な目標を言葉にすることにも積極的。
それらは「数字」にこだわる傾向にも繋がっていく。「月収いくら稼ぐ」とか「いついつまでにこれを達成」とか第三者にもわかりやすい具体的な数字や事象を上げて、それを達成するために、エネルギー的な努力ももちろん、同時に現実的な行動でも努力を惜しまない。
そうして、必ず欲しいものはゲットしていく。
スピリチュアルな知識、エネルギーのことを知っている上に
「結果」
「目標」
「数字」
ここにこだわれるので、当然「ビジネス」が得意だし、好き。自分の思考を形にして「稼ぐ仕組み」を作ることも得意だ。
当然そこに「ワクワク」や「やりたいと感じる」なんていうのも入っていくので、かなり頼もしい。
この人たちの特徴は「アスリート」と言ってもいいかもしれない。
とにかく何度もチャレンジして、エネルギーを使いこなすための筋力を鍛えまくる。エネルギッシュ。

で、これに比べて「飛行型」はどうもふわーんとしていてつかみどころがない。第三者から見ると何を考えているのかよくわからないかもしれない。足がついていないせいか、なんか現実感がない。「歩行型」からみるとそれは単にやる気のない人のように感じるかもしれない。どんなに「歩行型」が成功例を上げても「ふーん」としか返ってこない感じだし、本人たちも「ふーん」しか返せない。
「結果」「目標」「数字」に身が入らない。
どうにも力が入りきらない感じ。
例えば、「豊かになりたい」という願望があったとして、「歩行型」の人が「月収いくらになる!」と目標を立てるのに対して、「飛行型」はまず数字にできない。
なぜなら「豊か」って数字じゃないと思っているから。だから豊かさに対しての欲求はもちろんあるんだけど、具体的な形にするよりも「感じ」とか「雰囲気」とかそんな風になってしまうため、説明しづらい。
その他のいろんな物事に対するイメージが「歩行型」の人たちが具体的なのに対して、「飛行型」は抽象的な感じに近い。
「結果」にもあまりこだわらない。もちろんいい方かいいけど、大切なのはその時の感じることの方。自分があーなんか嬉しいなと感じられたり、よかったなーと感じられたらそれでいい。何が起こるかはあまり問題じゃない。

4次元の通路を移行していくと、どちらのタイプもそれぞれ今まででは経験できなかった感動的な変化を体験したりする。
でも、その変化が具体的に外に事象として出やすい「歩行型」に対し、「飛行型」は「すごーーいい…☆☆☆」と感動していても、あんまり外側に分かりやすい変化としては出てこない。
だから一見すると特に何も変わっていない。本人の中では今までと感覚が大違いになるのでそれでじんわりと感動していたりするんだけど、なんせ人にはわかりにくいし説明しづらい。
とにかく、外から眺めると地味なのだ。

「飛行型」の一つの特徴として、4次元に入ってすぐは自分は「飛行型」だって気が付かないことがあるかもしれない。
ルートは一つだと思い込んでいて目立つ「歩行型」をお手本としたりして同じ努力するんだけどうまくいかないし、3次元を抜ける時に「エキサイティングな経験ができる?!」と脳は期待するのに、ホントのところの「したいこと」は違うので、道に迷ってしまい、悩むのだ。

でもここから飛行型の独自の浮遊(あゆみ)が始まる。
「悩む」という形の「内観」を徹底的にし始めて、いつしか、自分の求めていたものが、4次元の土を踏みしめることではなかったのだと悟る。
これが特異点に到達した時。
で、ここで初めて「飛行型」の自分の特徴を把握し始める。
始めは4次元を体験したいと移行したのに、実際はそこはふんわりとスルーしてしまう地味な「飛行型」。
もしかしたら今うまくいかなくて悩んでいる人がいるのなら、この「飛行型」の可能性もあるかもね。

私はもう戻れない位置まで来たところで自分のそれに気が付いて、「なぜ?」と思った。
なぜ自分はこちらのルートを選んだのか。
「飛行型」を受け入れてその流れに逆らわなくなって、時間が経ってみるとちょっとだけそこがわかってきた気がしている。

長くなったので、続きはまた次回。
皆さま、今週もお疲れさまでした~^^

[PR]
by atelierkei-0520 | 2017-10-21 23:11 | スピリチュアルといわれる世界

4次元通路の2つのルート①

f0362457_23373559.jpg
今日からの話も、あくまでもアトリエkeiの自身についてのとらえ方として読んでほしいと思う。
これがいいだとか正しいとかではなく、ただそう感じているだけの話。

以前だいぶ前に、自分の内側の次元について書いたことがある。
その時の記事はこちら↓
「次元の感覚」

で、分かりやすいので、ここでもう一度メタフィジック通信さんのこれを載せておきます↓
f0362457_21215721.png
写真のスクリーンショットは表の途中で切れちゃったので、完全版はこちらのサイトで↓


私たちは元々内側に持っていた「3次元」の状態を抜け出し、「4次元」の状態を経て、「5次元」に向かう。
この変化のスタート時期やそのスピードは人それぞれだけど、結局はみんなこの流れを経験していく。

3次元から抜け出てすぐは、この4次元の状態をマスターしようとするようになる。
今までの考え方の何かが違うと気づき、エネルギーのことを知り、今度は使いこなし、自分の思い通りの人生を現実化しようと躍起になっていく。
それができることが、次元を進んでいる証拠であると思っているから。

で、ここで、何故か「うまくいく人」と、「うまく行かない人」が出てくる。
うまくいかない人は当然悩む。
「何かが違う、どうすればあの人たちのようになれるんだろう??」
「自分の気づきが足りないに違いない」
「まだまだ手放せないものがあるからだ」
「自分はまだ重いからだめなんだ!」
とか。

そしてうまくいかない人は、一生懸命学ぼうとする。もう本当に頑張る。でも、うまくいかない。っていうか、それなりに手ごたえのようなものがある時もあるのだが、なんか思い描いているのとは違う。「うまくいっている人」のようにはなれない。。。

私は、特異点を通過してしばらくして、この仕組みがなんか理解できた。
言葉にできるようになったのは最近だ。

それは、4次元という「通路」には2つのルートがあるってことだった。
一つは4次元という通路を、マッターホルンやキリマンジャロの登頂を目指す登山家のごとく、ガッツリ足を地面にのめり込ませながら、その感触を肌で感じてハイテンションで進んでいくタイプと、
もう一つは、その人たちを横目で見ながら、まるで雲のように「ふわ~~」と飛びながら4次元の土は踏まずにテンション地味目に進んでいくタイプだ。
特異点を過ぎた時、私は自分がこの「後者」だってことに気が付いて愕然とした。
まさか、、まさか、、そこ経験しないで通過するの……???…めっちゃ楽しそうな、そこ、スルーするの??ハイヤーセルフ、、マジですか…、、( ゚д゚)'"
本当にびっくりだ。

でもこれに気が付いて、私は自分が今どんなところにいるのか、何を見ているのかに気が付いて、ものすごくスッキリしてぶれなくなった。
前者を「4次元通路歩行型」とすると後者は「4次元通路飛行型」かな。

これから、ちょっとこの二つのタイプについて書いていきたいと思う。

[PR]
by atelierkei-0520 | 2017-10-20 23:56 | スピリチュアルといわれる世界

どうやら寝ぼけて先祖に宣言したようだ

f0362457_22554825.jpg

昨日の夜中、ワンコが部屋に入れろとドアをカリカリする音で目が覚めて、ワンコを部屋に入れてから布団に包まりながら、いつの間にか、「先祖」について考えていた。

寝ぼけていたから、なんでそうなったのか全然覚えていないけど、いつの間にか先祖にこう言っていた。
「もう、あなたたちのいろんな後悔やら果たせなかった思いやらを、私たちは引き受けないよ!もう十分やったんだから、
あんたたちの子孫である私たちが、人生の大切な時間をそんなもんで費やすよりも、
あんたたちの子孫である私たちが、生き生き輝いてこの人生を自分らしく生きていく方が
ずっとずっとあんたたちの解放になるはずだ。そう思わない?もう終わり!みんな解放だよ!」

で、何故か自分を浄化ヒーリングしたくなって、寝ぼけながらなんかミカエルさんにヒーリングを頼んでた。
そうしたら、左の後頭部の内側から何かがキーーーンと抜けていった。なんかめっちゃ痛かった。。
「なにこれ~!いったーーいい!!」と思いながらそのまま寝ちゃって、仕事の為につけていた4時30分の目覚ましに、もう心臓が飛び出すかってくらい驚いて、目覚ましを止めた後、寝不足でねむすぎてまたウトウトしていたら、なんとも本当に不思議な夢を見た。
内容はちょっとここでは書けないのだけれど、本当に不思議で不思議で。。

で、何かスッキリするかと思ったら全くの逆で、朝からなんかイライラするし、悲しいし、眠いし。
でも電車では必ず座れて、全て順調で。

昔はよく「うちの家には何か先祖の問題があるんじゃないか」って思ったもんだ。そうやって悩む人も多い。
でも「ガイドさんシリーズ」であるガイドさんが言っていた。
「先祖が彼女にお願いしています」って。

先祖がどうだったかで自分たちの今が決められているんではないんだね。先祖はただお願いしているだけ。
聞いてあげるのも、やってあげたきゃそれでいいけど、本当は今生きている人が自分自身の人生をしっかりと受け止めて、前を向いて生きることが何より先祖の苦労が活きることだと思った。
「ご先祖様!私は生きるよ、先祖の為に生きるのではなくて、自分の為に生きるよ!」そう宣言することも移行には必要なのかもしれないなと思ったのでした。

今日は先日一目ぼれした新しい財布を下ろした。
財布はずっと変えたかったけど気に入るのがなかったのに、突然目の前にやってきた。
そして新しいネットバンキングのキャッシュカードが届いた。
ずっと前から新しいネットバンキングの口座を開こうと申込書をもらっておきながら、何故かズルズルやらなかった手続きを先日ついにやったら、その手続きが今日完了した。

「18日」
私の次のスタートはなんだか今日のような気がするな。
なんか何となく切ないスタートだけど、それはきっと今までの世界にはもう戻れないってことを心が知っているからだと思う。

変化ってもっと華やかでセンセーショナルなドラマみたいな感じなのかってどこかで思っていたけど、案外と地味なもんみたいです^^

[PR]
by atelierkei-0520 | 2017-10-18 23:03 | つぶやき

月曜のメッセージ:サイキック・タロット・オラクルカード直観リーディング:17HOPE

f0362457_21064740.jpg
希望をすてないで。

もう少しでそれがあなたの手元にやってきます。
何世代も積み重ね、準備してきたあの約束です。
沢山の魂の希望があなたという人になりました。
次の世代に委ねるのはまだ早すぎます。
これからあなたが体験して行くのです。
津波のように押し寄せる変化に準備してください。

まだあきらめる時ではありません。
自分の魂の声を聴いて、真実の気持ちに気づいてください。
そうすれば、まだあきらめる時ではないとわかるでしょう。

今日はメッセージを受け取るために集中すると、ボーンと大きく「希望をすてないで」ときました。
最近、今年の初めからずっと自分が向き合っていたことを振り返ると、それは何かのための「準備」期間だったような気がしています。そして何故か「そろそろのはず」と思うのです。
何のための準備なのか、何がそろそろなのかは例によってわかりません。
けれど、特に先週からの流れは重要な気がしていて、「そろそろ」とか「いよいよ」とかの前の静けさのような気がしています。
上のメッセージは、かなり高い波動領域からのメッセージですので、現実の何かについて「諦める」とか「諦めない」とかではないと思います。
おそらく、「自分の心の声を諦めないためにも、現実の何かを諦める」ということもあるでしょう。
とにかく、自分の高い部分のところとの連携を今一度強く求められていると感じました。
今週は動き出すんじゃないかな〜と感じています。
とっても静かな変化かもしれませんが、もしかしたら、振り返ると「あ〜、あそこだね」っていう時間になるかもしれません。

皆さま、今週も良い1週間を^^


以下サイキック・タロット・オラクルカードガイドブックから抜粋↓
このカードは、希望、信頼、癒し、熱望、成功、究極の悟りの性質に焦点を当てます。
この「希望」のカードは、不可能が可能になりえることを教えています。


[PR]
by atelierkei-0520 | 2017-10-16 21:32 | 今週のメッセージ