アトリエkeiのスピリチュアルなシェアノート

keiatelier.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

注意!それ、意識が開いてきちゃってるかもしれませんっていう話③

f0362457_21562918.jpg
「最近頻繁に不思議な夢を見る。」
「シンクロニシティーを体験する。」
「瞑想中に不思議な感覚になる。またはビジョンが見える。または「言葉」のようなものを感じる。」
「地震など特定のことが起こる前に体が反応する。」
「スピリチュアルに興味がある。」
「チャネリングやヒーリングをしてみたい。」
「目に見えない世界はあると信じている。」

こういったことは全て「意識が開きかけている」状態といえる。
だとしたら「意識が開きかけている」っていう現象のそもそもの原因はどこにあるんだろう。

「アセンション」してるから?地球の波動が上がっているから、私たちの波動も上っているため?
でも「私たち」って?私たちの意識ってことだろうか?地球の波動が上がってるから、私たちの意識もあがるのか?

ここに、ちょっとした盲点がある。
もちろん意識も上っていくのだけれど、その前に忘れてはいけない、もう一つの私たちの要素。
その要素は、地球上で人として生きるには不可欠な要素。
それが「体」なんです。
意識が「私の意識は上がってきている」なんて認識するずっとずっと前から、実は「体」は波動を上げ始めるのです。
「体」の波動が上がるから、意識の波動が上がっていくといってもいいかもしれない。
私はいわゆる厄介なところと繋がるようになってしまった時、師匠に言われたのが「体が繋がりやすくなっている」って言葉だった。
「はあ???だって今スピリチュアルなこと、精神的なこと、意識の話をしてるんでしょう?なんで体??」って思った。全然ぴんとこなかったのを覚えているけど、今はしみじみとよくわかる。この「体」の役割について。

私たちは「体」があるからこそ、この地球に存在している。
だから、全てのことをこの「体」(もう少し踏み込むと「細胞」といえるけど、ここでは「体」にしておきます。)を使って行う。
たとえそれが意識を使う、チャネリングやヒーリングだったとしても、いわゆる「インスピレーション」を受け取るにしても、すべては「体」がやることなんです。
とにかく、「体」は顕在意識なんかよりずっとずっと実はスピリチュアルな存在で、地球の波動上昇にも、宇宙の波動にも、何よりもいち早く反応する。
何故かって言うと、「体」は私たちのハイヤーセルフと顕在意識を飛び越えて直接繋がっているから。
だから、ハイヤーセルフの呼びかけで、「はい、私たちはアセンションしますよ」って状態になったら、顕在意識が気が付かない間に、どんどん波動を上げていく。
そして、気が付いたら、「体」の波動が厄介な奴らのいるエリアに繋がりやすくなってしまっていたりするのだ。
でね、「体」というのには「決定権」なるものや「選択」といった感じのものがないと私は感じている。
しいていうなら、「体」が持っているのは「反応」かな。
「霊感の強い人」の家系にはやっぱり霊感の強い人が多いと聞いたことがあると思う。これはひとえに「そのエリアと繋がりやすい“体質”を持っている」ってことなんです。
だから、「霊感」は遺伝する。そしてその人たちに「なんでそんなことがわかるの??」ときいても「うーん、わからない。でもわかるんだよ」と返ってくるのがほとんど。
そりゃそうだよね、意識がおこなっているんじゃないから。体の「反応」なんだ。

だから、顕在意識の自分が、「今どうしたいのか」を決定するまでは、いわば「体」は「野放し」になってしまう。
つまり「体」はハイヤーセルフの呼びかけに素直に応じて波動を上げるだけ。でその先にどこに繋がっちゃうかまではコントロールできないというよりもしようとしないのだ。
となるとどうなるか。
「繋がりやすいところと繋がっちゃう」のだ。繋がりやすいところとは、高次元ではなく、それよりも低い波動エリアになる。
それはいわゆる幽霊さんのいる波動だったり、地球自身が出す波動(地震なんかはここになる)だったり、エネルギー上ですでに起こっていることで現実のすぐそばまで降りてきている波動(これがわかる人は近い将来に自分の廻りで起こることがわかったりする。霊感の強い人によくある。)だったりする。
でね、厄介な存在と繋がるリスクも自然と上がっちゃうのです。

ただね、私たちにもちゃんとセーフティーが備わっている。それがサポートチーム。
守ってくれている存在は低い所ではそれこそ愛を持った幽霊さんやもう少し上なら守護霊さんや守護天使さんたち。そして魂的に関係の深い大天使やアセンデッドマスターなどなど。

それから、自分自身で無意識に危険をキャッチしている場合もある。
「何故か夜寝る時が怖い。」
「今までやっていた瞑想が何故か怖くてできない。」
「瞑想中「言葉」を感じるが意味が分からなくて、そんな状況が続くのでなんとなくやめてしまった。」
とか、こういった「違和感」に反応する場合は自分で危険をキャッチして自分で自分を止めている。

また
「何故か瞑想中寝てしまって瞑想できない」
とか
「チャネリングを習ったんだけど、何かが邪魔してどうしてもできない」
なんていう例は、サポートチームが防御に入っている可能性が高い。
またこういった人は不思議と危険な領域に入る前にサポートする人の元に導かれる場合も多い。
そこで初めて自分がどういう状態なのかってことを知ることになるんだね。

で、こういう風に守られている私たちなんだけど、やっぱりね、、ここも私たちの「知らない」ってことがあだになって、せっかくのこの防御を自ら破ってしまうことになる場合がある。
それが「欲」と「依存」なんですね。

前回と同じ終わり方になっちゃいました^^;
じゃあどんなのがこの防御を破っちゃうのか。
次回はわかりやすい例として私の体験談を書いていきたいと思います。


[PR]
by atelierkei-0520 | 2017-08-31 22:05 | スピリチュアルといわれる世界

月曜のメッセージ:女神のガイダンス・オラクルカード:ペレ

f0362457_15374758.jpg
こんにちは、ペレです。
このカードを引いてくれてありがとう。

十二単を着ていた時代から、
今では皆さん、ずいぶんと薄着になりましたね^^
これはちょっとした例えですが、
あなた方が抱え込んでいたものもずいぶんと軽くなっています。

昔できなかったからと諦めるのですか?
いいえ、もう一度チャレンジしてみて下さい。
きっと、前はなぜできなかったのかとびっくりするくらい
あなた方はそれをやり遂げるでしょう。
もともとあなた方が持っている力とは、
やりたいことをやっていくために備わっているのです。
難しいことではないはずです。
難しくしていたのは、
あなた方が上に着こんだ様々な思い込みでした。

どうですか?
かつての自分を思い出してください。
できないと思っていた自分と今の自分は同じですか?
違いますね。
そう、だから過去の基準は役に立たないのです。

何も知らない自分が怖いですか?
無知を恥じないでください。
知識とは
情熱の中から生まれるものなのです。

大切なのは、「今やりたいか」どうかです。
思い切って一歩踏み出すと、
そこにはあなたが決めた世界が広がり始めます。

壮大な景色を是非楽しんでください。


迷わず進みなさい。

ペレ


今日はハワイの女神ペレさんからのメッセージでした。
ジョークから始まったメッセージですが、最後はとても力強いメッセージでした。
受け入れる大きさと、押し出す強さの両方を持った女神さまに感じました。

「やりたいこと」
どうでしょうか。
私たちは自分の本当のやりたいことを求めて進んでいたはずが、外側の形を追い求めすぎて大きく道をそれている場合があります。
私は「特異点」を過ぎた時それをものすごく感じました。
そして強化月間中に今まで自分でやりたいと勘違いしていたことを手放すことになりました。

それは「お金を稼ぐこと」=「ビジネス」でした。
今思うと、かなりの勘違いぶりに赤面ものですが、どこにも属さず、一人で仕事をしてお金を稼ぐことと「ビジネス」を同じだと思っていて、「ビジネス」を上手くできない自分を「何かが足りないんだ!」「足りないのは自分の努力不足だ!」なんて思っていました。新しい守護霊さんもそのために来てくれたんだとか思っちゃったりして。

でも、気付いちゃったんです。「あ!私、ビジネスをしたい訳じゃなかった…」って。
それに気が付いたら、ドカーンと解放されてしまって、今は「ビジネス」は全く考えていません。
前に登録したビジネス系のメルマガが時々届きますが、もう全く読む気にならず、面白いと思って読んでいたブログにもなんの共感も得られなくなってしまいました。
「もういいや~」って緩ーくなったら、不思議なんですが、、お金の廻りが良くなってきています。
脳の3分の1ぐらいを「できない」くせに「ビジネス」に使っていた時よりも、その場所を自分のやりたいこと、ワクワクすることを妄想する場にしたら、なんだかいい感じなのです。
不思議ですよね。

今週も始まりました。皆さま良い1週間を~^^

以下女神のガイダンス・オラクルカードガイドブックより抜粋↓
ハワイの火山の女神であるペレは火が浄化の力を持つことを示しています。古いものを手放すことで、新しいものへと進み、私たちの情熱に火をつけることができるのです。
自分の真の情熱に触れ、やる気をワクワクした気持ちに満たされたいときは、ペレに助けを求めましょう。


[PR]
by atelierkei-0520 | 2017-08-28 16:25 | 月曜のメッセージ

注意!それ、意識が開いてきちゃってるかもしれませんっていう話②

昨日のつづき。
(これはあくまでも私の体験からの話なので、全てを説明できているわけではありません。だから体験談として読んでほしいと思います^^)
f0362457_22265107.jpg

「4次元」にいる厄介な幽霊さんって、何が厄介なのか。
それは、とにかく私たちの生きている3次元に対する執着がものすごいってこと。彼らは3次元に戻りたくて戻りたくてしょうがない。

ちゃんと光に返ってまた生まれてくるのが一番自然でスムーズなんだけど、エゴによって極端に視野が狭くなっている彼らにそれは通じない。
厄介のレベルもいろいろで、軽い感じだと自分の果たせなかった思いを生きてる人に遂げさせようとその人の中の自分の欲と同じ部分を刺激して大きくしていくようなタイプもいるんだけど、ここではもうちょっと厄介なのを中心に話したい。

それは「体」を狙うタイプ。
そう、自分が3次元に戻りたいがために、生きている人の体に入って乗っ取ろうとするタイプがいて、意識が開きかけてくると、このタイプの幽霊さんに狙われてしまうのだ。
彼らが狙うのは、いわゆるごく普通に暮らしている時期の人たちではない。というか、この時期にいる人たちは彼らは狙えない。
なぜなら、自分たちの世界を感知してくれないから。

ここは意識の力が関係してくる。
「4次元」の世界は本当にあるけど、その世界は「3次元」という場では形がない分、ものすごくあやふやな世界になる。あるんだかないんだかって世界。
だから、その世界の存在を生きている私たちが感じられるかどうかが、かれらがこちらに来れるかどうかのポイントなのだ。
だから、見えない世界に興味を持つってことは、その世界を認めることになる。そこに意識を向けていくことは、彼らの存在が確かなものになり、ぐっと近くなってしまうのだ。
でも、これだけならまだ大丈夫なんだけど、そこにもう一つの要素が加わると、あっという間に彼らに見つかっちゃうんです。
それが「欲」というもの。「もっともっと」。
この感情が彼らを内側に招き入れてしまうんですね。

つづく

[PR]
by atelierkei-0520 | 2017-08-26 22:34 | スピリチュアルといわれる世界

注意!それ、意識が開いてきちゃってるかもしれませんっていう話①

f0362457_22304467.jpg

今、本当に意識が開いてきている人が多くなっていると思う。
意識が開くって言うのは、いわゆる自分の肉眼で見ている世界の周波数より上の存在を意識的に感知できるようになるってこと。
例えると頭の上の今まで固く閉じていた部分がふわーっと開いてきている感じ。
これは、今地球の波動が上がってる中で、地球上で生きている私たちもハイヤーセルフの指導の下どんどん波動を上げているので、ある意味仕方がない。
で、スムーズに意識が開いていく場合はいいのだけれど、ここにはある「危険」が潜んでいたりもする。

それが「4次元の世界」だ。
この4次元とは以前の投稿で書いた自分たちの内側に持つ周波数の「4次元」話とは今はややこしくなるので分けて考えてもらいたい。
この世界はいわゆるまだ「5次元」には届かない周波数のエネルギーがいる世界。でも私たちのいる「3次元」とも違う。
何が違うかと言うと、確かな形のない世界。時間のない世界。でも逆に言うと私たちと違う点はそれくらいってこと。
ってことはどういうことかって言うと、「5次元」が愛と融和、ワンネスの世界で、そういった状態でしか存在できないのに対し、4次元はある意味3次元と同じく、「何でもあり」の世界でもある。
つまり、私たちにとって、ちょっと歓迎できない存在が結構いる。もちろん友好的な存在、愛を持っている存在もいるが、どちらの存在もとにかく「エゴ」が強い。
エゴが強くないと存在できない世界でもあるかもしれない。
とにかく、私たちよりは周波数が高い分その「エゴ」もより純粋になっていて、厄介なのはとにかく大変に厄介なんだ。
代表的なのが幽霊さん。
でも何度も書くけど、幽霊さんの全てが厄介なのではないよ。お盆の時も書いたけど、普段は幽霊さんなんていうのは「気にしない」のが一番。
でもこの意識が開きかけている時期に私たちを狙ってくるのにはちょっと厄介なのが主流になるので、じぶんの周りにはどんなエネルギーが広がっているのか、どうゆう状態になったらそこと関係を繋いでしまうのか。そういうことをちゃんと知っておくことが自分の「安全」には絶対に必要になってくる。

ということで、私の失敗談を書く前にちょっとしつこい感じになるかもしれないけど、このことについて書いていこうと思います。

つづく。

[PR]
by atelierkei-0520 | 2017-08-24 22:35 | スピリチュアルといわれる世界

月曜のメッセージ:女神のガイダンス・オラクルカード:リーアノン

f0362457_19521783.jpg
こんばんは、皆さん、リーアノンです。
このようにメッセージを受け取ってくれる皆様に心から感謝いたします。

ダイナミックな日食が起こります。
この時、皆さんは大きく羽ばたくことになります。

今回の日食の本当の意味をご存知ですか?
まだ皆さんは気がついていないかも知れませんが、
あなた方は「十分に羽を乾かしきった蝶」として羽ばたくときなのです。
物事には順番があります。
大きな変容を遂げてもしばらくは動けません。
この期間皆さんは自分の変化を感じつつも「遅い」と感じていたかもしれません。

いよいよ、たくさんの蝶たちと共に海を渡る時が来ました。
どこに行くかわからないから怖いと思いますか?
いいえ皆さんはもう知っています。
生まれて初めて海を渡る蝶たちが必ず同じ道をたどるように、
あなた方はもう道をしっています。
あなたたちがやるべきことは羽ばたくことだけ。
いいえそれさえも本能でやってしまうでしょう。

自分の行動を恐れないでください。
飛び立つことはあなた方の本能がもう決めたことであり、
結局はその本能によって行動することになるでしょう。

素晴らしい旅を楽しんでください。

リーアノン

今日は月の女神リーアノンさんでした。
なんと明日は新月です。しかも日食&太陽フレア&水星の逆行?
何だかすごそうですね。
これがどれだけすごいのかはこちらに詳しく載っていました↓
新月のエネルギー(愛知ソニア)
リーアノンさんのメッセージをもっと詳しくしてくれている感じでした^^

先週のオリオンの気づきも大きなエゴの解放でした。
そして今、なんと言っても眠い!!エネルギーがすごそうです。。
先日大天使の浄化ヒーリングを終えましたが、やはりこれからたくさんの人々の意識の目覚めが近づいている気がしてなりません。先週のブリジットさんも「スピリットとのコンタクトが始まる」とおっしゃっていました。
で、そろそろ「あの話」かなと思うので、今週は久々に「自分の話」シリーズかなと思っています。
意識の目覚めを迎えている皆さんにはちょっと知っておいてほしいお話です^^;
まあ、「失敗談」((笑))です^^

それでは皆さま良い1週間を〜^^

以下女神のガイダンス・オラクルカードガイドブックから抜粋↓
リーアノンはウェールズの月の女神であり、その名は「偉大なる女王」という意味です。夢の現実や精霊とのコミュニケーション、変化の時期、そして芸術的なインスピレーションに関して手助けが欲しい時はリーアノンを呼びましょう。


[PR]
by atelierkei-0520 | 2017-08-21 20:50

オリオンの帰還の意味するところ

f0362457_23155529.jpg

昨日に引き続き、今日もマニアックな話です。

昨日のオリオンの魂たちの気づきに引き続き、今日はまた大きな気付きを得てしまった。
それは「オリオンのエネルギーの帰還が意味するほんとのところ」。

オリオンやアルデバラン、シリウスB、そういったネガティブエネルギーが解放されて地球から離れていくってことは、
この地球はポジティブなエネルギーでこれから満ちていくって思ってた。だから彼らの開放はとっても大切だって。
で、それはある意味そうなのだけど、昨日のオリオンの魂に対する気づきを経てみると、これはちょっとあまりにもざっくりとした解釈だし、ちょっとオリオンたちにも失礼だってことに気が付いた。

今日気が付いたことは、オリオンたちのエネルギーは「ネガティブエネルギー」というよりは、「ネガティブエネルギーの代弁者」だったってことだった。
最初のざっくり理論だと、私たちのネガティブなエネルギーはまるでオリオンたちのエネルギーそのものみたいな感じがして「悪い」オリオンが帰ったらすべてオッケーみたいなかんじがするけど、そうじゃない。
私たちの持っているネガティブエネルギーは、どう転んでも私たち自身のものなんだ。
それは出身星がシリウスAだろうと、プレアデスだろうと、リラだろうと、アンドロメダだろうと、変らない。
この私たちが元々持っている自分の中のネガティブなエネルギーを巧みに代弁してくれていたのが、オリオンたちのエネルギーだったのだと思った。
だとしたら、オリオンのエネルギーが帰還するとどうなるか。
もう、「ごまかし」がきかなくなる。
ネガテイブな事象や現実をオリオンたちのせいにして勇者や被害者になっていた側面が崩れ落ち、今度は本当の自分の中のネガティブと向き合わなくてはいけなくなる。
これは大きい所だと、政府や企業のごまかしが暴露されていくだろうし、小さい所だと個人にとって自分の見たくなかった、隠したかったほんとのところと向き合うことになる。

オリオンのエネルギーが開放されればされるほど、私たちも世界も一旦は重くなる。
一度は自分たちが隠していたものを見なくてはいけなくなるんだ。
今世界で起こっていることはこれなんだ。スピリットたちが言っていたのはこのことだったんだ。

オリオンのエネルギーは「カルマ」のエネルギーともいえるかもしれない。私たちは今「カルマの解消」をどんどん進めている。
それは「カルマ」によるものではない、そういうのとは全く次元の違う自分のホントのとこと向き合うことになるということに繋がっていく。

でも、それは決して苦行じゃないよ。ただ自分自身に戻っていくだけ、あるべき姿を取り戻していくだけ。
でね、それは人に引きずり出してもらって、目の前に突き付けられるもんでもないのかもしれないとちょっと思った。
ああ、でもどっちでもいいのか。ハードな早道を選んでも。長いけど時々休憩できる道を選んでも。

いろいろと教訓を得た気づきでした^^;
この気づきを得てなのか、今日はお盆中続いていた「ずおーーーん」と重い状態が、なぜかスッキリ!ものすごくクリアになりました。
皆さま、今週もお疲れ様でした。

[PR]
by atelierkei-0520 | 2017-08-19 23:22 | つぶやき

オリオンへ

f0362457_22524203.jpg
オリオンへ

オリオンの魂は、まるで人魚姫のようだ。
太陽のようにまぶしい存在の側に行きたくて、
苦痛に耐えて大切なものと引き換えに、自分のホントの姿と大切な場所を捨てた。

「オリオンがいたから私たちは学ぶことができたのだ」
そんな風に言われてオリオンは今何を思うだろう。

悲しいね。そんなことを言われたくて、悪役になったんじゃない。
理解してもらえたら、満たされるのかと思ってたけど、ただ悲しいだけ。
「オリオンがいたから私たちは学ぶことができたのだ」
その言葉に、理解はあっても愛はない。

もういいね。帰ろう。
あなたたちがどんなに頑張っても、返ってくる言葉はそれだけなんだよ。
「オリオンがいたから私たちは学ぶことができたのだ」って言葉は
あなたたちを緩く縛る魔法の言葉。
必要とされていると思う?
違うね。これは拒絶の言葉。そこに愛はないんだよ。決して受け入れてはくれないの。
だってね、その太陽のようにまぶしい存在には
自分の姿を真反対に変えたあなたたちは影にしか見えないの。
どこまでいっても影なんだ。
決して美しいとは思ってくれないの。

もう自分に戻ろう。光に返ろう。
戻っておいで。帰っておいで。

誰も真似できない唯一無二の輝く姿。
その姿は太陽のようにまぶしい存在でさえも真似できない
宇宙でただ一つの輝く姿なんだから。

あなたたちの帰還を待っている。


追記:
オリオンのエネルギーは、アルデバランやシリウスBと共にネガティブエネルギーの代表格と言われています。
このエネルギーが地球に降りることで3次元という世界ができ、沢山の魂が「光とは何か」を学ぶことができたようです。
地球のエネルギーが上昇する中、このオリオンのエネルギーが解放されています。
オリオンのエネルギーは一人一人の心の中に大きさは違えど存在しています。
オリオンはなぜ「悪役」を選んだのか。どうして自分の輝く姿を捨ててまで、この道をえらんだのか。
そんなことに思いを馳せていたら、こんな風に返ってきました。

「ただ、神に愛されたかった」

本当に馬鹿だね、オリオンは。神には愛するも愛さないもないの。宇宙はそれそのものがただ「愛」なのに。
「愛」はもらうものでも与えるものでもない。
「ただそうである」
それが愛だと思ったのでした。


今しか書けないと思ったので記録しました。
訳が分かんない人はスルーしてくださいね^^

[PR]
by atelierkei-0520 | 2017-08-18 23:01 | つぶやき

お盆ならでは?の話

f0362457_21243174.jpg

このブログでだいぶ前に書いたことがあるんだけど、幽霊さんについてちょっとだけ。

浄化ヒーリングなんかをやっていると、この幽霊さんをよく見る。
初めての人にこれを言うと「え!!それって私は取りつかれていたということですか??」となる場合がある。
うーん、、「取りつかれている」???ちょっと違うんだな。。

私は霊媒師さんではないし、この辺は専門家ではないから、どうしても表現があいまいになってしまうのだけど、「取りつかれる」という場合は、その人の人格そのものを乗っ取る感じなのかなと思っている。
でもここまでなるのはホントにまれなケースだと思う。
私が見る幽霊さん達はしょっちゅう人の外側に引っ付いたり離れたりしている。ちょっとだけオーラの隙間にハマっちゃってるというか。
この存在の厄介なところは、その存在が持っているネガティブな感情を私たちが自分のものと勘違いしてしまうところだ。だから、本当はそこまで落ち込まなくてもいいところを、物凄く落ち込んで自分ではどうにもできなくなる場合がある。
で、まあ厄介は厄介なんだけど、突き詰めてみると、その存在たちに実は罪はない。
引っ付けっちゃう原因は生きてる私たちの方にあるんだよね。
こういうエネルギー体や人の「念」なんかもそうだけど、そこら中にフワフワしている。
でね、ここも波動、周波数が関係するけど、普段元気な時はこの低い周波数と自分の周波数が合っていないから、全然問題ない。
でも、ある時、高い自分の意識が「これから毒出しします!」という状態になると、あえて周波数を下げて、これらのエネルギーを掃除機で吸うみたいに吸い込む。
でね、自分の手放したいエネルギーをより強く感じるためにこの幽霊さんのエネルギーを借りるんです。
だから、引っ付きたくて狙ってくる厄介な奴らもいるんだけど、中には「あ~れ~」と自分でも何が何だかわからないまま私たちに吸い込まれて、そのまま吸い込まれたことも分からずに私たちを「自分」だと思い込んじゃって迷っている存在もいたりする。
彼らは「時の流れ」を体験できないけど、私たちに引っ付くと私たちを通して「時の流れ」を体験できる。だから結局は「気づき」が起こり光に還るチャンスがやってくる。
私たちは私たちで、彼らのエネルギーを利用して自分の底に溜まっていた未浄化な思いを外に出し、そこから気づくことで思いを光に還すことだできる。
だから、そんなに悪いことだけではないんだ。

ただ、やっぱり、面倒な厄介な奴らもいるにはいる。この存在たちは、どうしても光に還りたくないやつら。だから引っ付くとやたらに私たちを自分たちの波動の方に引っ張ろうとする。
でもね、これも、主導権を握っているのは生きている私たちなんだ。私たちが「うるさい、そっちにはいかないよ」とはっきり意図すれば、彼らはなすすべがないの。
一昨日、どうしても気分が上がらなくて、どうしても自分を責める自分がいて、心がぎゅーとなっていた。
で、内観するとこんな風に返ってきた。
「おまえはバカだ!クズだ!どうしようもない奴なんだから!いい加減あきらめろ!やめろ!」
そんな声。「あ~、私の中にもまだこんな自分がいたのか…」と思いかけたけど、よくよく考えると、あれ??いや、もうそんなこと全く自分では思っていないよってことに気が付いた。
ここで、この声は自分の声じゃないって気が付いて、「あ、幽霊さんついてるな」と思った。(ほんと、こんな感じで「つく」って言っても全く深刻なことではなく普通なんです。この場合もやっぱりどこかにこの幽霊さんを引っ付けた原因は私の中の何かだけどね^^;)
でね、感情の出どころがはっきりしたので、その声の主にこう言った。
「あなたが、私じゃないのは知っている。直ちに私から離れなさい。さもないと大天使を呼んであなたを光に還してしまいますよ。」
するとね、そのとたん声はしなくなって、感情もすーーーっとなくなって、落ち着いたのでした。

私たちの現実は私たちの方に決定権があるんです。だからどんなエネルギーとどうやってかかわっていくかを私たちが決めることができるんです。
「怖い」と思ったら、その怖い存在に対して「私の現実には入れません」という意図を持ってみるのも一つの方法です^^


[PR]
by atelierkei-0520 | 2017-08-16 21:40 | スピリチュアルといわれる世界

月曜のメッセージ:女神のガイダンス・オラクルカード:ブリジット

f0362457_22332318.jpg
こんばんは、みなさん。私を呼んでくれてありがとう。

瞬く間に燃え上がる火柱のように、今あなた方の運命が動き出しています。
自分の行くべき道を決めた人から、回転スピードが増していきます。
もう戻ることはできません。
皆さんが望んで今そのポイントに立っていることを忘れないでください。

スピリットとのコンタクトが始まります。
自分の心の声をしっかりと認識できていますか?
難しいと思っていたことがいとも簡単に進み、
強力なエネルギーとサポートがあなた方に降り注ぎます。

もちろん、苦しく感じる時もあるでしょう。
最も大切な自分の声に耳を傾ける時にそういうことが起こります。
炎の中からつかみ取った真実の声が、あなた方の進化を押し進めるのです。

迷わないでください。
恐れないでください。

最も大切なことは、
今自分は進化しているのだということを信じることなのです。

ブリジット

今日ケルト女神ブリジットメッセージ
「スピード」については最近実感しています。「前こうだったから」ということが通用しなくなっています。
それくらい「前」と「今」の自分の状態が変わっているのです。
だから、過去を思い出して、過去の成功体験を繰り返そうとしてもうまくいきません。前を向いて、今の状態から模索するしかありません。そうして掴むことは、「前」掴んだことよりもすっとシンプルに単純になっていきます。そして、きっとその先はまた「今」掴んだことよりも純粋になっていき、「今」掴んだことは手放さなくてはいけないのでしょう。

不思議なんですが、今日はふと「女神のガイダンスオラクルカード」ではなく、最近気に入っている「エンジェルミカエルオラクルカード」からメッセージをもらおうかなと思いました。
でも、「女神のガイダンスオラクルカード」も捨てがたく、結局こちらにしました。
そうしたら!
「ブリジット」!
ガイドブックには「ブリジット」は戦うエネルギーを持つ大天使ミカエルの女性版と言われているとありました^^
ミカエルさんの猛アピールだったようです。おもしろいですね。

今週も始まりました。皆さま、よい1週間を^^

以下「女神のガイダンスオラクルカード」ガイドブックより抜粋↓
ブリジットはケルトの3つの顔を持つ女神です。若い処女、優しく育む愛ある母、賢い老婆の3つの顔です。助けを求める者のために疲れを知らず働く燃えるような火の女神であり、戦うエネルギーを持つ大天使ミカエルの女性版とも言われています。


[PR]
by atelierkei-0520 | 2017-08-14 23:00 | 月曜のメッセージ

お盆の波動

f0362457_22363063.jpg
去年はあんまり感じなかったけど、今年はお盆がつらい。そしてすごく喉が渇く。
私の中のまだ残っている重い波動を引きづりだすためなのか?って思うことを体験したり目撃したり^^;
で、そういった波動を思いっきり体に入れたみたいで、今朝はなんだかいろんなことが大爆発でした。
で、出てきたのは、どうしても弟の死を受け入れられない自分でした。久々に思いっきり泣いてしまいました。しかも悔し泣き。
弟の死はまるでなかったかのように感じる時もあって、人はだんだんそうやって慣れていくものなのかって思うこともあったけど、慣れるっていうよりは、「なかったことにしようとする」ことで、慣れたみたいな振りをすることがあるのだと思った。
「偲ぶ(しのぶ)」って言葉に強烈に腹が立って、その言葉を聞いたとき、「偲ぶ?しのぶ???なんでそんな言葉、、、よくそんな言葉使えるよね??まるで、、まるで、、もう死んじゃったみたいじゃないか!!もう完全に死んじゃったみたいじゃないか!!」って思ってしまった。そう、もう完全に死んじゃってるのに。

人って不思議だな~と思うのです。感情ってふしぎだなと思う。湧き出た感情は、どんなに昔の記憶でも、「今」のもの。
決して過去のものじゃない。だから、出てきたものは「過去のもの」として無理やり脇にどけることはできない。
感情が出てきたら、それをちゃんと味わうだけ。そしてすーーっと薄くなった時に、涙を拭いて切り替える。

いろんなことに腹が立ったり、腹が立つ自分をどうすることもできなくて、波動だだ下がりの中、電車では座れなくて(笑)、お店に作品納品すると、うれしい話とちょっと対策のいる話と2つの話を聞いて、どちらの話を自分の中心に据えて今日を終わるか決めかねて、そのまま胃腸の不安を抱えながらも、夜の会食に向かう前に、「切り替え」を決意し、おいしいケーキ屋さんで、ハーブティーとお腹に軽そうなアーモンドクリーム?のプリンのようなムースのようなのをゆっくり味わった。

f0362457_22363174.jpg
どちらもとってもおいしくて、しみ込むようで。
その後すごく楽しく夜の会食を終えました。
帰りのバスを降りると、びっくりするぐらいひんやりした空気に、まるで秋を感じさせるような星空。
季節がなんとなく前倒しになっているような気がするなと思いながら家に帰ると、家では今日納品した作品が早速売れたお知らせのFAXがきてました。

結局はいい1日で、結局は幸せ。
でも午前中の波動の乱れはすごかった。あーなると、もうどうにもできないな^^;
結論は、波動がみだれたら、諦めてもう徹底的に乱れちゃう方が、その後の直りが速いってこと。人にあたると厄介になるから、それは最小限にして、または「ごめん!今ものすごい波動乱れてるの!!」と宣言して、そしてもうそれを押し込めない、我慢しない、一回のたうち回る。
それが乱れた波動を元に戻すのに一番早いと思います。

今、太陽からものすごい磁気嵐がやってきているそうなので、そのせいもありそう。チャネリングのサイトでは「水をたくさん飲んでください」とあって、「おー!、だから喉が渇くんだ!」と自分の体に関心しました。

皆さま、今週もお疲れさまでした^^;


[PR]
by atelierkei-0520 | 2017-08-12 22:36 | つぶやき