アトリエkeiのスピリチュアルなシェアノート

keiatelier.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

月曜のメッセージ:日本の神様:豊宇気毘売神(とようけびめのかみ)

f0362457_21453817.jpg


こんばんは、豊宇気毘売神(とようけびめのかみ)です。

もっともっと速く進みたいですね。もっともっとスムーズに。
でもね、そんなに急いでお米は育ちますか?おいしい実はなりますか?

一つ一つ丁寧にいきましょう。
まずは自分の心の中と向き合ってください
それから、1つ、自分が豊かになることを取り入れてください

ここであなた方は自分の願いが叶うと思います

ちょっと待ってください。
それを味わうのを忘れていませんか?

豊かになろうとして、例えばお洋服を奮発して買って、
その行動が自分を豊かにしてくれると思っていませんか?

そうではなくてね、もっとそのお洋服を楽しんでみるのです。
ツルツルスベスベしてますか?
いつものお洋服より肌触りがいいなとか、鏡に映る自分を見て嬉しくなったりしませんか?
そういうね、些細な気持ちの積み重ねがあなたの欲しいものを呼び寄せます。

あなた方はマイナスのことになると結構得意なのに
プラスのことになると「能天気」という言葉でせっかくできかけたエネルギーを消しがちです。

エネルギーはね、少しずつ大きくしていくものなのです。
少しずつ少しずつ育てていったものだけが、大きな実をつける本物のエネルギーとなります。

あなたが求める本物のエネルギー、ゆっくり育てていきましょう。

豊宇気毘売神(とようけびめのかみ)


今日は豊宇気毘売神(とようけびめのかみ)さまからのメッセージでした。
今、ガイドさんたちからもこの辺りのお話を聞くことがあります。
皆さん「エネルギー」のお話をされます。
願いを叶えるには不可欠なことのようです。

今本当に忙しくて、「忙しい!忙しい!」って思ってるから、ますます余裕なくなってるのかしら?なんて思うので、まずは「余裕」を感じられるように、何ができるんだろうって考えたら、「身だしなみ」って言葉が浮かびました。
ワンコのお世話とかその他いろんな汚れる仕事を考えると、つい効率優先になりますが、試しに明日からあえて効率無視の格好をしてみようかななんて思いました。
どうなるのかな、楽しみです。
いろんな意味で自分ができることで、自分の欲しいエネルギー状態を作ってみようと思います。
実験する感じで^^
楽しむことから始めたいと思います。
今週も良い1週間を^^

以下日本の神様カードガイドブックから抜粋↓
豊宇気毘売神(とようけびめのかみ)は天照大御神の食事を司る女神、優美な食物、穀物の神様です。
神に捧げるお料理を作るシェフと言えるでしょう。

追伸:今週も不定期にブログお休みいたします(いろいろ頑張ります…とほほ^^;)

[PR]
by atelierkei-0520 | 2017-02-27 22:15 | 今週のメッセージ

ガイドさん深すぎる…

f0362457_22010682.jpg
今、先日募集した企画でお申込みいただいた方々のガイドさんからお話を聞いているのですが、その話が本当に深い。
んー、なんというか、同じことでもそういう表現をするんだとか、そんな視点で見るんだとか、とにかく深い。
お申し込み者の方の心に届いているかって問題ももちろんあるのだけれど、聞いているこちらとしては、本当にいろんな気づきがあって、それぞれの人にこんなにすごい方々が付いていらっしゃるなら、本当にみんな大丈夫だよ!と思ったりしてしまう。
で、そんなガイドさんたちと肩を並べている、私のマーシャルおじさんも結構やるんだな~と妙に感心したり、いろんな体験をさせてもらっている。
お申し込み者の方に許可を頂いて、個人的なお話ではない誰もに当てはまるお話の部分を「ガイドさん語録」みたいな感じで、シェアさせて頂けたらなんて思ってます。
皆さま今週もお疲れさまでした。

あともう少し、レポートまだの方、もう少しお待ちください。

[PR]
by atelierkei-0520 | 2017-02-25 22:15 | つぶやき

毒出しの方法

f0362457_22302017.jpg

今、強烈な毒出し期間なので、今週はこの話ばっかりになりますが、この毒出しについてちょっと整理したいと思う。
「毒出し」とは、要するに自分の中に溜まった不要なネガティブなエネルギーを外に出して、内側を綺麗にしていくセルフエネルギーワークみたいなもの。
宇宙のエネルギーを受けてこの毒出しをする場合にどんなことが起こるかは以前こちらで書いたことがある↓
「すべてはベストタイミング」
「毒」は基本的に溜めておかない方がいい。我慢するぐらいなら、出しちゃった方がいい。でもこの時に注意してほしいのは、毒に溺れないこと。
つまり、「今自分は毒出ししてる」と意識できるかどうかで、効果が全然違う。これもある意味意図の力、意識の力。
それからもう一つは、毒とは自分の中から出てくるネガティブな感情であって、決して状況や人に対する不満ではないということ。
つまり、「悲しい」「しんどい」「辛い」「腹が立つ」「泣きたい」そんな感情が湧き出てくることが大切で、そこに意識をちゃんと向けることが毒出しであって、「あいつが悪いから」とか「環境が悪いから」とかそういった自分以外の方に意識を向けることは、ネガティブ波動を外に向けて発信しちゃうことになるので、波動の法則によりせっかく出した毒がまた自分にかえってきてしまう。
「毒出し」は感情の浄化という表現もできるものだけど、浄化とは外に出した負のエネルギーが光に還ること。
だから毒出しをする時は、状況や人に意識を向けるのではなく自分の感情に意識を向けて、ただただ感じてみると効果的なんです。
負の感情を体験することはある意味私たちの「学び」でもあるから、避けられないこともある。
でも「学び」とは「気付き」であり、「気付き」は「浄化」になり、それが一つのサイクルになる。
「なんかいろいろ出てきたなー」とその気持ちをただ感じる時に、浄化は起こり、少しづつ小さな「学び」を終了していく。
そうやって少しづつ毒出しの効果を感じていくのです。

今日は、お仕事で「はああああ」っとため息がつきたくなることが最後の最後、「やった!完成!」っていう手前で起こりました…。
先日購入したパーツの不備が露呈したのです。
この怒りをどこに向けたらいいのやら、、でも、お客様にお渡しする前に「これは使えん!」ってわかって、良かったのだと思うと、怒りも向ける先がない…。
フラストレーション溜まりますTT
もう光に還すしかありません…
26日にはこの流れ、終わってくれるのかしら~なんて思いながら。
頑張ります。。
いろいろあります、本当に^^
皆さんも「毒出し中」の方、頑張りましょう^^;

追伸:業務連絡みたいになりますが、「ガイドさんと会話してみよう♪」にお申込みいただいた方へ。
今11人中6番目の方までレポートをお送りしています。まだの方はもうしばらくお待ちください!

[PR]
by atelierkei-0520 | 2017-02-24 22:43 | 日々の気づき

2月26日すごい新月がやってくる

f0362457_21403778.jpg

今月2月の26日は新月、しかも新月日食!
この日食では今後数か月、今年の8月21日の日食までのエネルギーを決めるものになるようです。
情報はこちら↓
2月の新月日食byTANAAZ ライトワーカー・ジャパン
またまたコピペしたい内容でしたが、それは出来ないので、ここ最近私が感じる動きを書いておきたいと思います。

2月11日は満月の月食でした。月食は物事の終わり、日食は始まりと上のサイトにありました。
2月に入ってからここ最近まで本当につらい動きが多かったように感じます。それぞれの人がいらないものを手放すための流れに入っていました。
感情面で出なかった人はインフルエンザにかかって大熱だすとか身体でそのエネルギーのシフトに対応したように感じます。
何となく始めた「ガイドさんと会話してみよう♪」企画もこの流れに対応しているようにも感じました。
またある程度波動が上昇している人も、今回の2月は自分の中の不要なエネルギーをもうひとひねりして絞り出すみたいな感じで古い「いまさら?!」的な思いをされている人も多いのではと思います。
かなり落ち込んだり、自分を責めたり、そういったことに向き合う時間を持ったのではと思います。

私自身もそうでしたが、私の周りにもそういったことで今苦しみの真っただ中の人がいます。
今日はその人が「苦しい、もうだめだ、もう嫌だ、終わりにしたい」と言っていたら、久々に弟が登場してこういいました。
「お前さ、こっちに来たら楽になれると思ってるやろ。でもな、向き合わなあかんことはこっちに来ても同じやねんで。」と。
そう、私たちが「学ぶ」と決めたことは、どこにいっても同じように向き合わねばいけないようなのです。
だから向き合わされている今こそが、逆に飛躍のチャンスでもあるんですね。

26日の新月からまた新しいエネルギーに入ります。それまでに、向き合うべきところはこの際向き合ってしまいましょう。出すものは出してしまいましょう。
宇宙のエネルギーを効果的に使ってみましょう^^

[PR]
by atelierkei-0520 | 2017-02-23 22:04 | 日々の気づき

光と闇のお話

f0362457_08483736.jpg
だいぶ前、押入れを整理していて見つけた古い漫画。
スピリチュアルな世界に開眼して1年ほどが経った時、もう一度この漫画を読んでみた。
中学生のころ初めて読んだ時とはまた違う視点で読むと、スピリチュアルな世界とのシンクロに再度驚く。
光の神の孫である少年が「悪」だと思う大きな敵と戦う物語。
でも、そこには2極性の世界の考え方では到底及ばない深く壮大な話があった。
この漫画を描いた人もやっぱり深いチャネリングによってこの物語をこの世に形にしたんだろうなと感じる。
「闇とは光の別の側面である」そんなことを感じさせてくれる物語。
そして、私たちがしんどいとわかっているのに、なぜ何度もこの2極性の世界に生まれてくるのか、そんなことも少しわからせてくれる物語でもある。
今の漫画はよく知らないが、昭和の漫画もとてつもなく深いと思うのです。
「信じるものは同じ、追い求めるものは同じ、でも表現方法が違う」そんなことを教えてくれる漫画です。
よかったら^^

[PR]
by atelierkei-0520 | 2017-02-22 09:06 | つぶやき

月曜のメッセージ:日本の神様カード:伊邪那岐命(いざなきのみこと)

f0362457_17563724.jpg

間違いなく前に進む方法があります。
それは言葉を口にすることです。

言葉の持つ力はあなた方が思っている以上に大きいのです。
言葉を出したとき、どんな感じがするかにも注意してください。
感情が前向きなら、力強く後押しするでしょう。
言葉を発した後の心持が暗くなるのなら
あなたはまだその言葉を口にする時ではないかもしれません。

こころが奮い立つような言葉でなくてもいいのです。
まずはシンプルにいきましょう。

「幸せになりたい」

たったそれだけの言葉をまずはシンプルに言いましょう。

「幸せ」は終着駅ではありません。

「幸せ」は全ての土台であるのです。


伊邪那岐命(いざなきのみこと)


今日は伊邪那岐命(いざなきのみこと)さまからのメッセージでした。
言葉の力については以前大天使ガブリエルさまから教えていただいたこともあります。
私たちには言葉がどんなに影響力があるのかをリアルに感じることはなかなかできません。
言葉はエネルギーの形を決定づけます。
何となく、モヤモヤ鬱々する、何でなのかわからない。そんなとき、「幸せになりたい!」とシンプルに口に出す、または思うと、何だかなんとなく周りに漂っていた何かわからないフワフワモヤモヤしたエネルギーが「幸せ」の為に動き出します。
ハワイのおまじない「ホ・オポノポノ」やそのほかアファメーションと呼ばれるものはこの力を使います。
何だか、よくわからないという時ほど、シンプルに「幸せになりたい」と言葉にしてみたいと思います。
それがどんどん土台を強くしていきます。

よく「〜したい」は「今ないこと」になるから、それは叶わないと言います。
それもある意味心理かもしれません。でもそれは創造のエネルギーに入った時の話だとも思います。つまり「土台」がしっかりできてからの話。
宇宙は自由意思で成り立っています。だからまずは自分がどうなりたいのか、そこを宇宙は待っています。
「私は〜したい!」と言ってこそ人生は進んでいくのだと感じます。

皆さま、今週も良い1週間を〜^^
追伸:今週はちょっとだけお休みを頂くかもしれません〜^^;

以下日本の神様カードガイドブックから抜粋↓
伊邪那岐命(いざなきのみこと)は伊邪那美命とともに、国生みを行ったあと、さらに天照大御神をはじめ三十五神
もの山や風や海の神々を生んだ父神です。男性も女性も自分の内なる男性性につながり、エネルギーに形と構造を与える時です。


[PR]
by atelierkei-0520 | 2017-02-20 18:02 | 今週のメッセージ

宇宙にお願い、これに限ります…

f0362457_22462048.jpg
こんばんは、更新遅くなってしまいました。
最近、本当にこの凄さを思い知っています。
もう結構「またそれ?」って思われるかもしれませんが、「宇宙にお願い」です。
「宇宙」って書くのはここに守護霊さん、守護天使さん、御先祖様、大天使、龍、などなど、とにかく「自分を愛して大切に思ってくれている」全ての存在が含まれるのでこう書いています。
なんだろう、本当に今この凄さを実感しています。素直に「お任せ」してしまえば、こんなにも物事はスムーズにいってしまうのか…ってびっくりです。
この辺のメカニズムについては以前からいろいろなスピリチュアル系の話で知ってはいたのですが、体験できるようになると、本当に肩の力が抜けるというか、なんで前はあんなに頑張ってしまっていたのだろう。。と思います。
これには私の中の「土台」がだいぶしっかりしてきたという点が外せませんが、それにしても「土台」がしっかりすると、少々ぶれても、流れのスムーズさにあまり影響しないものなのかもとも思います。

でもここまで来るのには目覚めてから約2年かかりました。その間にはちょっとありえないできればしたくなかった体験もして。
だから、今苦しい人に言いたいのです。
大丈夫、絶対抜ける時が来ます。
まずは「土台」からなんです。
そこを整えていく過程がもっともつらい時期なんです。
もっとも辛い今の時期こそが実は今までどうしても行けなかった「あったかい場所」に行くために必要なことなんです。

今、感じていることを素直に宇宙に吐き出してください。
出てくるものを全部光に変えてもらうよう宇宙にお願いしてみて下さい。
そしてそうしているうちに、出てきた強い欲求があればそれを「私はこうしたい!!だからそのために導いてください!」とお願いしてみて下さい。

今日は私のそばにいる人からもやっと「こうしたい!!こうしたい!!こうしたい!!」という魂からの叫びが出てきました。
それは「安心したい!!もう、いやだ!とにかく安心して暮らしたい!!」でした。
「怖い」という気持ちを認めたときに出てきた言葉でした。
大天使ラファエルさまが、「これで我々もそれに向かって全力で動けます^^」とおっしゃってくださいましたよ。

心の声に耳を傾け、その声を認めてあげてください。すべてはそこから…
今週もお疲れさまでした^^

[PR]
by atelierkei-0520 | 2017-02-18 22:45 | 日々の気づき

アカシックレコードから派遣される守護霊さんの役割

f0362457_10412049.jpg

今、自分が企画した「ガイドさんと会話してみよう♪」企画(残り3枠です^^)で意識が守護霊さんに行っているためか、先日もふと守護霊さんについての情報が降りてきた。
それが、「あ~、守護霊さんって、アカシックレコードの情報の一部が形になったものなんだ」ってことだった。

アカシックレコードについて書くとまた長くなるのでここでは簡単に書くが、要は全宇宙の記録みたいなもの。「アカシックレコードにあるのは地球の記憶だけ」とか「人間の記憶だけ」という話も聞くが、私はアカシックレコードというものの中にも複数のディスクがあるイメージを持っている。つまり「地球ディスク」や「○○星ディスク」とか。
で自分のかかわったことのある集合体の記録にはいろんなルートからその情報にアクセスできるのだが、そのルートの一つに「守護霊さん」があると感じた。
以前大天使ミカエルが守護霊さんについて「現在のあなたが持っていない経験や情報を持っている存在」と教えてくれたことがあった。
そして、以前お友達の守護霊さんに会いに行ったときに、「新しいガイド」さんがやってきていて、その人を紹介してくれたメインガイドさんはこう言っていた。
「彼女の要望により彼はやってきました。彼を使うか使わないかは彼女が決めることです」と。

つまりね、アカシックレコードに繋がるためには~というルートで宇宙の情報に繋がるのももちろんありなんだけど、私たちはまるで派遣スタッフをお願いするように、その道のプロに「守護」をお願いすることでその情報を「携帯」もできるのだ。
それはアカシックレコードという壮大でちょっとつかみにくいイメージのものに繋がろうとするより、意図が明確で繋がりやすい気がする。その為に「守護霊」という人たちがいる気がするのだ。
大抵の場合、自分の高い意識が先にオーダーしているもんなんだけど、ちょっとその辺りを意識して「自分がしたいこと」を明確にして、だからそのための守護と導きをお願いしますとお願いすれば、必ず何らかの形で答えてくれる。現実の自分が意識をすることでその流れが速くなる。
守護霊さんを上手く活用するのも私たちの持っている力なのだと思う。

以前大天使ガブリエルさまに「私たちを使って」と言われた時、「そんな使うなんて、なんか横着しているようで、さぼってるようです」みたいなことを言ったら、ガブリエルさま「私たちを使うのもあなたの力^^」と言っていた。
お願いして、届いたものを使うか使わないかを決めるのが私たちで、そこをやるかやらないかってとこが私たちがするところ。
今までは全部自分でだけでしようとしていたから、しんどくて動けなくて大変だった。私たちのもう一つの力をもっと使っていいと思うのです。


ちなみに、私にもだいぶ前に守護霊さんに会いに行けるようになってすぐに、新しいガイドさんがやってきた。
一人は曾祖母ちゃん。あの時代女性として一人で生計を立てていて、最後には「先生」と呼ばれていた。もう一人の人は「なぜ、こんな人が・・;」とびっくりする人で、私はその人の人生の最後を夢に見たりした。
小指に金のファミリーリングをつけた水色のシャツのインド系のお爺さん。どうも事業家だった人。なんとなく名前が「ガジャル」さんとなり、いつ活躍してくれんのかしら~なんて思ってたけど、活躍させるかどうかは私次第だったようだ。
ちょっと前からこのガジャルさんに何となく意識が向いていて、意識が向いているってことはそこでコミュニケーションが起こってるってことなんだけど、立て続けに「読みなさい」的に同じ本が何冊も提案されてくる。全部「経営系」の本。。。
うーん、めっちゃ苦手。でも正直興味もあるのだ…。。観念してよもうかな~って思ってます。このまま無視しててガジャルさんや強かった曾祖母ちゃんに見放されても寂しいしな~なんて思いながら。
皆さんもよかったら、宇宙にスペシャリストの派遣を要求してみて下さい。きっと今までとは違う何かが降りてくるようになると思います^^

[PR]
by atelierkei-0520 | 2017-02-17 10:45 | スピリチュアルといわれる世界

月と太陽がもたらす「食」の影響

f0362457_13181749.jpg

「食」とは月食と日食のことです。
2月10日は日本では見れませんでしたが「半月食」でした。そして2月26日には日食が続きます。
この時に8月の連続して起こる「食」まで、個人個人の中で大きな浄化が起こるようです。
情報はこちらから↓
「食-夢と薄くなるベール by DL Zeta」(ライトワーカー・ジャパン)
有料ですがこの流れで起こることのガイドラインのような内容で、是非読んでおいてもらいたいとも思ってしまいます。
こちらの無料部分でも「2月11日」の部分に同じ時期の話が載っています↓
「ショート2017-02」(ライトワーカー・ジャパン)
本当はコピペしたいほどの内容でしたが、それは出来ませんので簡単に感じることをまとめると、今回の月食から始まる今年前半の流れでは、ますます人々の「覚醒」が進みます。それは「本当の自分とは」に繋がるものであり、その答えに辿り着くために人は自分自身の環境の整理と向き合ったり、今週の月曜のメッセージの天之御中主神(あめのなかぬしのかみ)さまからあったように(こちら)自分の隠していた本当の欲求に目を向けさせられるような出来事を体験したりするかもしれません。
なんでこんなことを…と感じることを体験したり、また逆にしてしまったりするかもしれません。
それらは全て新しい次元に進むための浄化の為に起こることですが、ただの浄化ではなく、新しいものを生み出すための浄化のようです。目の前で起こってしまったことに目を背けずにそこが見せてくれる新しい視点を探すことで今までになかった可能性を引き出すことができます。

今回の流れで必要なのは「勇気」だと感じます。また自分がどんな人生を生きるか、体験して行くかそんなことを決める「覚悟」もいるように感じます。
この流れから見えてくる自分の本当の希望や要求そういったものが明らかになった後、「覚悟」を決めて「勇気」をもって、それから「行動」に移すことが大事なようです。
いろいろな面で「取捨選択」を迫られることになりそうです。人や場所との別れもあるでしょう。物事を表面だけを見て判断しないことが重要です。その奥にはものすごく深い意味が隠されています。
大抵がとても「ありがたい」ことであったり、自分自身を見直すぐらいの深い思いがそこに隠されています。
けれどそれは前に進むためのもので、「元の鞘に収まる」ためのものではないと感じます。
どうか、物事の奥に隠されている深い「光」に目を向けてみて下さい。それが可能性を飛躍的に広げていきます。
私自身もこのことを心に刻みたいと思います。

[PR]
by atelierkei-0520 | 2017-02-16 13:28 | スピリチュアルといわれる世界

参道の夢

f0362457_09463765.jpg


昨日の「奈良に行ってきた」つづきです。

春日大社に向かう真っ暗な参道を歩いていると、前に一人一人が手に提灯を持っている集団を見かけました。どうも参加者が提灯を持って歩きガイドさんのお話を聞きながらのミニツアーのようです。その横を通る時、年配の男性ガイドさんの低く太い声が聞こえてきて、その声を聴いたとき、「あれ?」と思いました。
そしてふと前を見て、そして上を見上げて、また「あれ??」と思いました。
真っ暗な空。参道の両脇は大きな木が茂っていて空を見上げるとこんな感じ↓
f0362457_09463841.jpg


ついでに真っ暗な参道の写真、全く何も見えず^^;↓
f0362457_09463876.jpg



そして少し離れた前方に朱色の鳥居が見えてきた時に、「あれ…あれ…、、、この風景、知ってる、、」と思いました。
この時私は以前見た夢を思い出したのです。

二年ほど前、やたらと夢占いのサイトに言っていた時に見ていた夢の一つで以前「自分の話⑦」で私が見る不思議な夢を箇条書きで紹介したことがありますが、このリストの上の方にある「集団でどこか格式高い神社にお参りに行った帰り道、皆で夜空を見上げると、「白い龍」がめっちゃかっこよく現れる夢」です。

その夢は詳しく書くとこんな夢でした。
集団でどこか格式高い神社にお参りした帰り道から始まります。
私はまるで修学旅行生の集団の中にいるように沢山の人の中にいます。いろんな服を着た人たちで学生では在りませんが気分は修学旅行生のような感じ。
「クラス」のような人の塊があって塊と塊の間は少し空いて、その塊の中でも仲良しグループの塊ができている感じです。後ろを振り返ると真っ赤な鳥居が見えます。とても太くてどっしりしていて、何となく上に伸びていく鳥居の柱は胴回りが膨らんでいる感じ、上と下よりも太くなっているようです。それから朱色のその色が、京都の伏見稲荷や平安神宮前の鳥居のようにオレンジがかった感じではなく、もっと深く「赤」よりでした。そして参道の両脇の木々も普通に見るより深いグリーンです。
振り返って見た鳥居の奥には神社があるようでしたが、もうそこからはどんな神社なのかはわかりませんでした。でも凛とした空気感と手入れされた感じが伝わってきて「格式高さ」を感じました。
私たちはとても満足していて、しかも何だかウキウキした気分で、ワイワイ言いながら、その参道を下っていきます。高揚した気分のままに空を見上げると月が出ているようで、空はとてもきれいな紺色をしています。「きれいだなー」と見ているとその視線の先の紺色一色の空の一点から突然「モクモクモク!!」と雲のようなものが出てきました。
私はそばにいたお友達に「見て!!」と言います。友達や周りの人が空を見上げるとその雲はたちまち真っ白な、ちょっと半透明の「龍」の姿になって参道の上を私たちが下っていく方向にかっこよく飛んでいったのでした。
そしてみんなで大興奮で「カッコイイ!すごい!」なんてきゃいきゃい言っていると、後ろから和服を着た恰幅のいい私たちの「世話役」のようなおじさんが、ちょっと「やれやれ」って感じで「はよう、前に進みなはれっ!」と促されるという夢でした。
「赤」「深緑」そして土や木の幹の「茶」の色と夜空の明るい「紺」そして「月の灯り」と「龍」最後に「おじさん」が印象に残る夢でした。

春日大社の夜の参拝はお友達の好意の私の予定にはなかったオプショナルツアーだったのですが、不思議とこの夢のキーワードと一致していきます。
そして最後に春日大社の参道から出てきて振り返った空には、大きな大きな満月が。
満月が池に映り込んでいて、本当に本当に感動的な光景でした。

私のこの時の夢は「パラレルワールド」の一種で、私たちの現実の階層のちょっと上の階層での私たちの世界を垣間見たものだと感じています。
そしてその世界で起こったことはどうも時間差でこちらの現実でも少しだけ形を現実に合わせて変えて現れることがあるようにも感じます。2月11日の満月に春日大社に行けたことはそれがどういう意味なのかは分かりませんが、とてもエキサイティングなことだったと感じています。
去年の10月にもう一つ不思議なパラレルワールドの夢を見ています。それは「宇宙人とのオープンコンタクトが始まる夢」です。これも2年後ぐらいには現実になるのかしら^^;
空でたくさんの宇宙船が友好の証として「航空ショー」を見せてくれるというもので、地上の私たちもお祭り騒ぎってやつでした。。
妄想止まりません…^^;

根拠のない不思議話でした。お付き合いありがとうございました~。

[PR]
by atelierkei-0520 | 2017-02-15 09:53 | つぶやき