アトリエkeiのスピリチュアルなシェアノート

keiatelier.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

月曜のメッセージ第9回:アセンデッドマスター:大天使ミカエル他


大天使ミカエル
(アセンデットマスターを代表して)

今日ここにメッセージを残せることを嬉しく思います。
沢山のアセンデッドマスターたちがあなた方にメッセージを伝えたいと思っています。
この時代を生きることを選んだ人たちを、私たちは誇りに思います。
今あなた方が迎えている瞬間というのはこの世界の終焉でもあります。もちろん古い時代のことを意味します。
肩の力を抜いて深呼吸してください。そして今自分のできることをしましょう。
それはあなたが無理をしたり、傷つくことではありません。
あなた方は本当によくやりました。
本当にたくさん傷つきました。だからこそ今がありますね。
知ってください。
豊かになりたい、幸せになりたいという気持ちを現実化することは本当に可能なのです。


心からあなた方を祝福します。
我々のことを思い、あなた方が静かに目を閉じる時、あなた方に私たちの心を送ります。
それはあなた方が次の扉を開け、一歩踏み出す時、役に立つでしょう。
大きな転換が始まります。
新しい世界の幕開けです。
f0362457_21171171.jpg

アポロ(左)
情報を集め整理すること。
自分の為に。自分の欲しいものの為に。
あなたが行く未来のために、いるものといらないものを、きちんと分類してください。
次に進むには、いらないものは持ち越せません。
「いつか」ではなく、
「今」やりましょう。


クート・フーミ(クツミ:中央)
この言葉をお伝えします。
「もうここに、思い残すものはない」という状態になれるかがポイントです。
古い時代の習慣は何一つ持ち越すことはできません。
「ありがとう3次元、心から感謝します」と言えた時、
次の旅が始まります。温かく柔らかい旅です。
もう未練はないことを自分自身に教えてあげてください。
「心から感謝すること」
それが次の扉を開きます。


アマテラス(右)
私が岩戸から出たときに目にした光景はまばゆいばかりの光でした。
あなた方も、もうその硬い岩戸から一歩踏み出し自分の姿を見る時がやってきました。
どうやって見ますか?
あなたは自分を見れないのに、どうやってそれを知りますか?

人と関わってください。
思いやりを持って相手の目を見つめてください。
あなたを見た人の目にあなたの光が映ります。
人が美しく輝くのを見る時、あなたは自分自身の光を見ています。
あらゆるものの輝く側面を見てください。
それが「あなた」です。



何だか、今回は大変でした…^^;
どうも、沢山のアセンデッドマスターさん達がアピールしてたみたいで、カードが暴れる暴れる…^^;
バサバサと何枚か一緒に出てきてしまうので、何度かやり直すのですが、何度やってもバサバサと…
仕方がないので、「次の一回のシャッフルで出てきたカードにするか、それで出ない場合は一番上を引きます!」と宣言して、シャッフルしました。
結局、またバサバサと…TT;
ということで、出てきた人全員のメッセージをいただきました。
大天使ミカエルさんについては「全てのアセンデットマスターを代表して」ということでした。

今日は新月ですね、
しかもハロウィン。
ハロウィンのルーツは古代ケルト人が持っていた歴が10月31日を一年の最後とし、この日にその年の収穫を祝ったり、
同時に死者(先祖)を偲んだりした催事だと言われています。
ここでもやはり一つのサイクルの「終わり」なんですね。
今回の新月はなんだかとっても特別な感じがします。

で、今日のブログのタイトルを書いていて気が付いたんですが、なんと今日は月曜のメッセージの第9回!
ここでも「9」!って、、終わりだ…。ということは、次回からは別のデッキを使おうかな…(・・;)
こういう小さい偶然が実はメッセージ、サインだったりするのです。「シンクロ」ですね。
きっと皆さんの周りにも沢山あると思いますよ^^

今週も良い一週間を^^

以下アセンデッドマスターカードガイドブックから抜粋↓
アセンデッドマスターとは、ほとんどが過去に人として地上で暮らす経験を持っている、私たちの人生の目的を理解した霊的指導者でありヒーラーです。

大天使ミカエル
大天使ミカエルはライトワーカーたちが人生の目的を思い出し成就させる手助けをします。かれは光の剣を持ち、私たちを無関心や物事を先延ばしさせるように縛り付けている臆病なつながりを断ち切ります。
彼は私たちに人生を変え、心地よい場所を越えて動き出す勇気と強さを与えてくれます。保護ややる気、明瞭さや勇気が欲しいときは大天使ミカエルにお願いしてください。

アポロ
アポロンはギリシャの太陽神です。ゼウスの子供でもあり、女神アルテミスとは双子です。
アポロンは力強い神で文字通り、そして比喩的にもあなたの人生に太陽の光を輝かせます。
また体力の強さで有名なアポロンは、エクササイズをやる気にさせる個人トレーナーの役割も果たします。彼は感情的そして知的な強さを得る助けになります。

クート・フーミ(クツミ)
クート・フーミはシーク教の霊的なリーダーでシルダー・タッカー・シン・サッドハンワリアという名で19世紀のインドに住んでいました。
やる気を高め、優先事項や神聖な人生の目的に集中するために、クツミにお願いしましょう。

アマテラス
アマテラスは日本の神道に由来する太陽の女神です。自尊心を高め、他の人に本当の自分を見せるため、アマテラスにお願いしてみましょう。


[PR]
by atelierkei-0520 | 2016-10-31 08:25 | 今週のメッセージ

10月31日と11月1日、境目の日

f0362457_10274575.jpg

ちょっと今すごい瞬間にいるのかもしれないってことを書きたいと思う。
それは、「今この時期」とか「今の時代」なんていうあいまいな言葉ではなく、本当に今この数日間のこと。
特に、10月31日と11月1日を挟む数日間。
っていうのも、また昨日の朝すごい夢を見てしまった…。
このことを書こうか迷てったら、昨日、登録しているラインメッセージから
「11月1日から14日までにあらゆる浄化が終わり、15日から創造の日々がスタートする」とか。
その他にもいろいろあって、こういう話はネット上でよくあるし、11月1日は「111」だし、わかるんだけど、とにかくその夢が私にとって凄くて、
「何なんだ;;;この夢は;;;」って思っていた上での話だったので、ちょっとこの数日は後から振り返れば特に象徴的な意味合いのする日になってしまうんじゃないかと思い記録することにした。

「歴史は繰り返される」っていう言葉を聞いたことあると思う。
「時間は縦に並ばない」以前大天使ガブリエルがそう教えてくれたけど、実際の時間というのはそれぞれが独立して存在しているという。
ただ三次元的に考えると時間は確かに並んでいるのだが、本当は「縦」ではなく、それは円形に並んでいるらしい。
これが「サイクル」。

私たちは常に一定のサイクルを繰り返している。
数秘で表すなら1~9。
「1」が始まりで「9」が完成・終焉、そしてまた1に戻る。
「マヤ歴」も円形で出来ている。そしてその中の長期歴のサイクルは2012年の冬至で終わっている。
この時に「人類は滅亡するかも!」って騒いでたよね。
これまでのサイクルとは「1」で始まり「9」で終わる時、私たちはリセットを選択した。つまり「滅亡」。だから、この時に騒いでいたのは別におかしいことじゃなかったと思う。
だけど今回は私たちは「リセット」で同じ円を回るのはなく、足を一段上に挙げて自分を「ステップアップ」させ、上の新しいサイクルに入ることを選んだ。
「1」で始まり「9」で終わるのではなく「9」でステップアップするサイクル。
ってことは次に「9」が来たときはまた一段上にステップアップする「円形」ではなく「螺旋階段」の時間。
これがアセンションの道で、私たちが今まで体験したことのない世界。新しい時間が流れる世界。

でね、先日の夢はこのステップアップした瞬間のものだった。

こんな風に想像してみて欲しい。
目の前にカーブした道がある。
そこをてくてく歩いていくと、どやらその道は円形のようで、すぐ先に始めたときと同じ場所に続く最後の道が見える。
「あー、目の前に同じ地点に戻る道がある…」って思った瞬間、その最後の道にはもう一つ別に上に上がる光る階段がある。
その二つの道が見えている状態、これが「アセンション」を知った時の状態だった。
そして、てくてく歩きづづけた結果、今、この階段の真下の位置にいる。

上がるか、そのまま行くか。
私はどうやら上がるのを選んで、本当にその道に入ったようだ。そこに足を一段踏み出した。
そしてこんな風にも思う。
みんな「上がる」道を選んでいるって。
その階段のそばに行けば行くほどわかるのだが、始めと終わりの境目の手前には、いつの間にか強化ガラスがはめてあって、向こうは見えてももう行くことはできない。つまり強化ガラスのこちら側階段のあるの「9」と向こう側の元来た道に戻る「9」がある。
そしてその強化ガラスをはめたのは、まぎれもなく最後の一周をしようと決め道をスタートした私たち自身。

私が夢で見たのは、そのガラス越しに見た古い「9」の世界だった。そして目が覚めたとき、私はその「9」ではなく新しい「9」にいたのだった。
それを知らされる夢だった。
心臓がバクバクする中で、なんとか落ち着き、起きて普通に日常を送り、落ち着いてから夜大天使ミカエルさんに聞いてみた。


するとミカエルさま

「あの夢はかつてあなたが経験したことです。
シチュエーションは現世でしたが、現世ではありません。まさにあの通りのことを経験したのです。
ちょうど今朝、正確には昨日の夜がその瞬間でした。
時間が円形なのは知っていますね。
昨日がその境目でした。
けれど今回は新しいサイクルに入りました。
これまでのサイクルが終わりました。
おめでとう。あたらしいサイクルが始まったのですよ^^」


そう、天変地異の夢は何度も見ている。いつも不思議なシチュエーションで「今」ではなかった。
だから前世でそんな体験をしているのは知っていた。
でも先日の夢はまさしく「今」だった!
見たものすべてが完璧に「今」でボールペン1本でも夢特有の歪さはなかった。
感覚もすべてが実際の物だった。
何が起こったのか目が覚めたとき全く分からなかったけど、私が見たのは古いサイクルのままの場合に来るはずだった「9」

エネルギーの世界と現実には時差がある。
2012年はエネルギーの世界の境目だったと思う。そのエネルギーの世界の境目が今現実に登場していて、それが10月31日の新月と11月1日の111。
10月31日の「1」と11月1日の「111」を足すと「1111」。「1」のぞろ目は「ウェイクアップコール」
そろそろいろんなことが動き始めるのではないかなと思う。

境目は人によって多少誤差があると思うけど、たぶん今ここだと感じている。
だから、今見えている「不安」は決して、私たちの行く未来じゃない。それは古い「9」の世界。
落ち着いて、その「不安」を凝視するのをやめて、目を緩めてちょっと周りを見れば、光る階段が見えるはず。
もし今見えなくても、その古い「9」には行けないことを、知っておいてください。
「知る」ことで、そうなります。

それが私たちの力です。



[PR]
by atelierkei-0520 | 2016-10-29 10:45 | スピリチュアルといわれる世界

マーシャルおじさんに言われた痛いこと

f0362457_09384731.jpg

このところ、いろんな気づきがあって、また一皮むけた(幽霊さん剥がれたし)感じがしているのだけれど、その中で印象に残っていることについて書いてみたいと思う。
先日、どうにも、自分のやりたいこと、特にスピリチュアルなことに対して、あんまりイメージ出来ずにいて(ブログは別^^)、あとはなんかモヤモヤ感が抜けなくて、久々に、私のメインガイド(守護霊さん)の「マーシャルおじさん」に会いに行った。
この人との話もまた詳しく紹介したいのだけど、とにかくずっと私を見守ってくれている人。明るく陽気なおじいさん。
とってもあったかい人なんだけど、まだ自分でコンタクトを取れなかったときから夢で時々出てきていた人なんだけど、すごいつらい時に物凄いノーテンキな演出で登場したりするので、時には「ふざけたじじいだ(泣笑)」なんて思ったこともあった。


:(とっても投げやりな感じで)マーシャルおじさん、久々なんですけど、なんかアドバイスください。


マーシャルおじさん

何で何もかわらないんだろうって思ってるね。

よく考えてごらんよ、ものすごく変わったじゃないか。

こんなこと(意図的にガイドとコンタクトを取るとか)以前はなかったよ♪


あ~、こんな能力は別に何にも変えてくれないって思ってるね。(←おじさんには私の頭の中筒抜け…)

でもよく考えてごらん。

君は何でも持ちたがるけど、使いたがらないね。

お金を考えてごらん?使わなければただの紙だよ。

持っている能力は使わなければ意味がないんだよ。

君が持っている能力を使ってこそお金になるし、

お金を使ってこそ、君らしさを取り戻していくんだよ。

これがサイクルだ。


だから、もう少し使うことについて考えて見て。

具体的にどうするか考えるんだ。

まとまった資金がなくてもできることがあるだろ?

まずはそれをやっていこう。


:;;;;;!そうでした!


特に、なんでも持ちたがるけど、使いたがらないってとこが…イタイ。
臆病なとことと欲張りなとこが裏目にでるとこうなるよね。いろんなことに当てはまる。
安心したいからいろいろ集めるんだけど、使っても安心なくらい集めないと使う勇気がでない。使いたいのに。
で、そのいつかはこないんだよね。ここでフラストレーションが溜まる。

このマーシャルおじさんの言葉が、私がジュエリー作家を始めた頃の自分を思い出させてくれた。
その時の私は、とにかく先に進みたい一心で、それから未来への希望も大きくあって、未熟だろうと本当に一瞬一瞬を全力投球でやっていた。
新しい技術を習ったら、すぐさまそれを使った「新作」をシリーズで作って、手作りのカタログを作って、友達や親せきに配ってた。
今考えたら、よくあのレベルで人に売っていたなと思ったりもするんだけど、「上」を知らない無鉄砲さもあって、とにかく「できるかできないか」なんて考えなかった。
そして、作ることから販売に至るすべてのことを、ドキドキワクワクしながらやっていた。
カタログやHPもおもちゃみたいで、全てがままごとみたいだったけど、楽しかった。
そんな私を応援する人たちが、いろんな意味で私を支えてくれた。
そして今がある。
でも、今、いろんな事が小器用にできるようになって、一昨年の暮に「ここまでだ」と感じた。「今までの貯金は使い果たした」って。
何かをもう一度やり直さないと、先はないって思った。
それで、今年は10年連続で続けていた「個展」を初めて休むことにした。
一年間、考えると決めて。そして何故かその年に弟が逝っちゃうという不思議な巡り合わせで、もう一つのやりたいことと今の仕事の間で鬱々とする時間が過ぎていく。
この鬱々には、好きなことを仕事にすること、好きなことってなんだろう、そしてそれでお金をもらうってどういうことだろう、結局なにがしたいんだろう、今の仕事は好きな仕事じゃないのか、役に立つってどういうこと?生きていくってどういうこと?お金ってどういうこと?豊ってどういうこと?自分って何?自分には価値がある?………永遠に果てしなく続く思い。。エンドレスな疑問。。
でもこのマーシャルおじさんの言葉で、気が付いた。
とにかく今持っている能力を使おう。
それはスピだとかジュエリーだとか分けずに、とにかくやれることはたくさんあって、
それはやりたかったけど先延ばしにしてたことでもあって、とにかくやろう。
そう思ったら、体に力が湧いてきた。
「私には力があった」小さな力だけど、その気づきが、この後立て続けに必要なことを起こし、最終的に「幽霊さんさようなら」となった最近の流れに繋がっていると思う。

人は誰もが大きな奇跡を夢見るし、成功者と言われる人の話はどこかロマンチックでおとぎ話のようだけど、きっとその人たちも小さな気づきを大切にしたからこその話なんだろうなと思う。
そして、その人たちの辿り着いた場所に行くか行かないかは別にして、こういう小さな気づきが私たちが妄想する成功者の夢のような話とはまた違う心にしみる豊かさを人生に与えてくれるのだと感じている。

上のノーマン・ロックウェルが描いたおじいさんが「マーシャルおじさん」のイメージにとても近い。
もう少しだけ若い感じで、もうちょっと鋭い顔をしているけど^^


[PR]
by atelierkei-0520 | 2016-10-28 10:06 | 日々の気づき

磁気嵐の中で

f0362457_09474556.jpg
昨日から地球が太陽のコロナホールから出てくる太陽風の中に入っているらしい。
そしてそこから2,3日は強いエネルギーがやってきて、特に浄化の必要な問題を浮上させるとか。

そんなことのせいか、昨日は不思議な一日だった。
まず、朝起きたときの感覚が、最近のさわやかさと全然違う感じで、「あれ?私昨日なんか悪いもの(波動が下がるもの)食べたっけ?」なんて思ったり。
せっかく最近の流れがいい感じだったのに、ものすごく突発的に「うそ!!!困る!!!」ってことが起こったり。
こういう日は以前はものすごく大変で、毒出しに耐えるのがやっとだった。
けれど昨日は、何が起こっても、なんとなくフラットな自分がいた。
そうすると、終わってみれば、結局は何も困らないというのを大きなことから小さなことまで経験する日になった。
明らかに波動が乱れているんだけど、そのわりにあんまり影響を受けずにするすると事が進んでいく。
その代り、夕方には何故かぐったりして、いつも以上に疲れて異様に眠くなって、電車で最寄駅につくも、意識がなかった。
乗り過ごしてしまうところだったのだけど、すぐそばの誰かが何かを落とし、そのまたすぐそばの誰かが「あ!落とし物!」と叫んでくれたおかげで、ふと気が付き、慌てたものの、乗り過ごすことなく下りれた。
些細なことだけど、それを「しょーもない」とは言わずに結構喜べる自分もいて、磁気嵐が吹き荒れる中でも、なんとなく足元を取られなくなっている自分に気が付く。
たぶん、自分に対する信頼感が増すっていうのはこういうことなんだ。
問題は、常に何とかなるし、何とかすることができる。
そしてそうなってくると、それはもう問題じゃなくなる。ただ目の前で起こってるだけ。
そして起こってることを受け入れて対処するだけ。

ザ・グループのチャネリングをしているスティーブ・ローサさんが言っていた。
「宇宙は常に循環している。出したものは巡ってまた戻ってくる。その戻ってきたものを拒むとき、問題が起こる」
なんか、そんな言葉がしみじみと分かるようになってきました。

昨日は、エネルギーのせいか、日中は季節外れの暑さで、夜には雨が窓を閉めないといけないくらいに強く降って「浄化の雨が降っている…」としみじみした。
私の事を本当に思って泣いてくれる人がまた一人いることも分かって、そんなことで、私も涙が出てきてしまい、太陽の浄化の恵みを受けた日でした。
「変な日だけど、素晴らしい一日、二度とない貴重な一日」そんな日でした。
今は本当に心から、自分が体験した過去の全てが「失敗」から「悲しいこと」から「悔しいこと」から「後悔」から、全てが、それは現世も過去世も含めて、愛おしいと思えるようになった。
長かった、遠かった、本当に何度も泣いたけど、だから今の些細な自分の変化が何より愛おしいと思うのです。

そうしたら、昨日は、やっとずっと「欲しい」と思いながらも何故か手に入らなかった例の物をgetしました。
そう、なんか昨日は手に入る予感がした^^
見つけて、「やっぱり(^^♪」となった。一瞬手に入れていいものか迷ったけど、思い切って手に取りました。
弟「ねーちゃんが決めたから出てきたんだよ。買わないって選択肢はないよ((笑))」だって。
そりゃそうだ。
おもしろいな〜と思うのです。

独り言でした。


[PR]
by atelierkei-0520 | 2016-10-27 10:08 | つぶやき

叡智の目覚め

f0362457_21534421.jpg

私たちは「言葉」以上の何かを常にキャッチしているもので、その部分に本当の感覚的な叡智みたいなものが存在しているのだと最近感じている。
でもこういう風に書くとじゃあ「言葉」は大事じゃないのかってはなしになるけど、それはまたちょっと違う。

プレアデスのミラさんの話で、願望・情熱・勇気の三角形が行動と言葉を足して5五角形にすることが「現実化」になるという話を聞いて、5角形を思い浮かべたとき、私はレオナルド・ダ・ビンチが描いた円の中で人が両手両足を広げた有名な「図」が頭に思い浮かんだ。
あれはまさしく頭を頂点にした5角形。
5角形そのものが人のことであり、「願望・情熱・勇気に行動と言葉」を足して現実化するそれが「人」
「行動」と「言葉」があって初めて私たちは人としてこの世に存在する。

私たちは常に何かをして生きている。
その一番基本的なのが「呼吸」で、「呼吸」が人としての根幹ともいえると思う。
そしてもう一つが「言葉」だから、高次元の存在は常にこの言葉の重要性を常に訴えてくる。
言葉が意識を決定し、エネルギーを決定するから。
ただ、この場合の言葉は私たちがエネルギーを現実化していく上での(「生きる」)うえでの言葉。
現実化する上で必須なのが、言葉であるのだけれど、それを行う上での「叡智」または「エネルギー」は言葉を越えたところに存在する。

最近、すごく感じていることがある。
私もそうだけど、うまくいかないことや、人生の「課題」みたいなのに直面した時に、どうにか良くしたいといろいろやってみる。
自分以外の人の経験やノウハウを参考にしようと、本を読んでみたり、ブログを読んでみたり、セミナーに行って見たり、結構お金や時間を使うよね。
私も、なんだかんだと常に気になる人のブログを読んだり、メルマガに申し込んだり、よっぽどじゃないと行かないけど、時にはお金を払ってセミナーに行ったりする。

でも、本当に最近思うんだけど、人というのはそれぞれの人がびっくりするぐらいの力を持っていて、本当はそれぞれの中にそういうノウハウを公開している人と同じような叡智を持っている。
私がスピリチュアルに目覚めて、ヒーリングなんかを習って、「これで私も人の役に立てるかも、手助けができるかも」って思いつつ、なかなか踏み出せずに時間が経つ中で、その間、スピリチュアルな視点で自分の周りの人達を見ていて感じたことだ。
スピリチュアルな面が深くなればなるほど、その人たちが持っている力が見えてきて、みんな自分の人生と果敢に向き合って、
その中からそれぞれの「叡智」をゆっくりであっても確実にゲットしている。
その人たちを見ていて、つくづく「人」ってすごいな〜と思うのだ。そしてこうも思う。「私、することないじゃん^^;」
その姿を知ることで、一見ダラダラしてそうな人の中にも、そういう力があるのだけど、今は眠ってるだけなのだということもわかるし、自分自身の中にもその力があるのだということが分かってきた。

じゃあ、なんで、わざわざ、本やブログを読んだり、音声メッセージを聞いたり、セミナーに行ってみたりするのかっていうと、私たちはそこに「答え」を求めに行っているというよりも、その発信者が持っている言葉を越えた「叡智」「エネルギー」を受け取っているのだと思う。
自分の中にある「叡智」を目覚めさせるために。

自己啓発系、スピリチュアル系、そういう話は、結局は表現方法やアプローチは違えども、みんな同じことを言っている。
でも、発信者が違うと、その言葉を超えた部分が違っていて、自分と合う人の発信する波動や、その時に自分に必要な波動を持っている人の話を聞くことで、私たちの眠っている「力」が目覚めるきっかけになる。
その波動を持っている人は「目に見える人」だけとは限らない。天使、アセンデッドマスター、個人のサポートチームもそういう波動を伝えてくれる存在の代表だと思う。
そういうことに気が付くと、本当にいろんな気づきがあって、その気づきがあると、どんどんその時に必要な情報(波動)がやってくるようになってくる。
それが、ここ最近の私の流れで、びっくりしているところ。

「は〜!すごいな〜。。」って思ってたら、なんと二日前の朝、私の深く深くにいた今まで全然気がつかなかった幽霊さんが剥がれていきました^^;
そんな話を次回また。


[PR]
by atelierkei-0520 | 2016-10-26 08:32 | スピリチュアルといわれる世界

細胞でキャッチする

f0362457_08222231.jpg

先日、三角形や五角形でやたら感激してたのにはわけがある。
こちら↓
「三角形と五角形の話」
とても感覚的な話なので、説明しにくいんだけど、私たちは自分の意識しているところ以外で実は膨大な量の情報を受けている。
その中で、高次元からの叡智としてインスピレーションやチャネリングで受け取り言語化し認識するのは、その内容のごく一部だといっていい。
「神聖幾何学」っていう言葉を聞いたことがあると思う。
スピリチュアルの世界では、この幾何学模様に膨大な情報が込められていて、それを見たり認知することでその情報が私たちにインプットされるなんてことを聞いていた。
ミステリーサークルなんかはそういった情報(メッセージ)が込められた図だとも聞いたことがあった。
また、夢で受け取る高次元からの情報も本当はこの幾何学図で受けっとっているらしい。

昔これを聞いたとき、「ふーん。でもなんかよくわかんないな」と思っていた。
ところが最近、ブログにも書いたけど、「脳で考えるだけでは限界がある」ってことに気が付いてから(こちら)、いろんなことに気が付くようになってきた。
先日、プレアデスのミラさんに教えてもらった「三角形と五角形の話」は、それ自体はとてもシンプルだし、こういう内容はもう耳にタコができるほど自己啓発の話にも出てくる。
なのに、あの三角形と五角形を認識した瞬間の感覚は、これまでにない感覚だった。

ミラさんが言う三角形と五角形は、単にあの5つの言葉の関係性を表す「図」ではないと思っている。
「三角形と五角形自体」が情報の塊なのだ。つまり、「神聖幾何学」の一種なのだ。
三角形と五角形にはその形自体に膨大な情報がインプットされていて、私は初めてそれをキャッチしたのだと思う。

ただ、脳で言語化できたのは受け取ったもののごく一部、つまり、この前書いた部分と、その後、
「は!」としたことがあったのだけど、これも文字にするとほんとに何だか簡単で、伝わらない気もすること。
じゃあ残りの部分はどこに行ったのか。
確かに「腑に落ちた」ってことは何かをキャッチしているはずなのに、それはどうなったのか。

その情報を確かに受け取ったのは、私は「細胞」だと感じている。
最近の研究では心臓にも記憶が存在しているのがわかったという話もある。
細胞でキャッチした情報は脳で言語化されない。だけど確実に体に入っている。
だから入った瞬間「腑に落ちた」とか「なんか分かった」とか、しばらくしてから突然の「インスピレーション」としてやってきたりする。
もっと言うなら、「脳」だけでは絶対に「わかった」状態にならないと最近は思っている。

この細胞にまで情報が浸透した時、はじめてその情報が自分の物になると感じている。
そして、何よりもまずは情報をキャッチしなければ始まらない。
その為に必要なことが、細胞を活性化させること。
これがすべての「キー」だし、「スタート」だと感じている。
それに最も貢献するのが、昨日も書いたし、しつこいようだけど「呼吸」なんだね。
それから、細胞を物理的に「揺らす」のも効果的だと思っている。運動でもいいし、体の隅々まで自分で触ってみるのもいいかもしれない。

鬱々としてるときや閉塞感を感じたり孤独を感じたり、そういう時こそ、体を動かしたり、しっかり呼吸することに集中したりするといいと思う。

細胞が元気になれば高次元の情報をキャッチしやすくなるのは間違いないから。
そして、これらが最も効果的にスムーズに行われる瞬間が「自分の細胞、体に感謝する」瞬間だと感じている。
「自己享受」
最も難しく、アセンションで初めに突き付けられる絶対に避けては通れない課題だけど、こういうことに気が付いていくことが、少しづつここに繋がっていくと感じています。


[PR]
by atelierkei-0520 | 2016-10-25 08:37 | スピリチュアルといわれる世界

月曜のメッセージ第8回:アセンデッドマスター:ババジ

f0362457_17111803.jpg

おはようございます。私を呼んでくれてありがとう。


持つべきものは「友」と言いますが、
あなた方の今そばにいる友と呼ばれる人はどのような状態ですか?

友が疲れているのなら、外側から見守り、内側に暖かいエネルギーを送ってください。

友が直面している問題は、冷たい冬の風のように、
それは得体のしれない魔物のように、大きく果てしなく感じますが、


彼らの中にある強さに敵うものではありません。

あなたが友のために祈る時、
彼らの中の最も強い部分が声を上げ始める助けとなります。


友の為に祈ってください。

そしてその友とは、時としてあなた自身です。

ババジ



今日はババジさんからのメッセージでした。
ヨガの方なので、「体を動かすこと」へのメッセージかとおもったのですが、初めに「友」という言葉が聞こえてきて、ハッとしました。
今の時期は、次元上昇というこれまでに経験したことのない波動領域に移行している時期なので、天体の動きだけでなく、常に非常に大きなエネルギーの影響を受けています。
日常的に「毒出し」状況が続き、まるで延々に続くかのような、願っても願っても、トライしてもトライしても、決して光が見えないようなそんな気持ちにも陥ります。
また、こちらの情報でも向こう3か月間から半年ほどの間大きなエネルギーの変化があるとあります。
こちら↓
https://lightworker-japan.net/2016/10/22/short-2016-10/
この記事が上がる二日ほど前に知り合いから「突然帯状疱疹になった!!」とか、喉の手術を受けなければいけない状況になった方のお話や体調面の話、それからメンタル面でのキツさの話なんかを立て続けに聞いています。

キーは
体を大切にすること。

特にしっかり、「呼吸する」こと。意識して深く呼吸すること。歩いている時、台所に立っている時、パソコンに向かっている時、来客がひと段落した時、とにかくいつもです。
ふと我に返る時、深くしっかりと呼吸してみてください。
それが、しっかりと地面に、地球にアンカーすることになり、急激なエネルギーの上昇により起こる副作用を抑えます。
そして地球にアンカーすることで必然的に宇宙からのエネルギーを体内に取り入れることにもなり、体に力が戻ってきます。
私は、今、この「呼吸」の力を本当に強く感じます。

「呼吸」がしっかりできれば、どんなに難しく感じても、自分の底の底で、しっかりとババジさんのいう「強さ」を掴んでいられるように感じます。

今週も始まりました、良い一週間を^^

以下アセンデッドマスターカードガイドブックからの抜粋↓

アセンデッドマスターとは、ほとんどが過去に人として地上で暮らす経験を持っている、私たちの人生の目的を理解した霊的指導者でありヒーラーです。

ババジは愛されるヨギ(ヨガをする人という意味)で、不死の化身として知られています。
彼は肉体的なあらゆる限界を克服する方法を学びました。
多くの人は彼が肉体を持ったままアセンションしたと信じています。


[PR]
by atelierkei-0520 | 2016-10-24 09:40 | 今週のメッセージ

三角形と五角形の話

f0362457_11160928.jpg

前日に伏見稲荷大社の流れは「プレアデス」がサポートしてくれたようだと書いた。
プレアデスとはプレアデス星団のことで、そこからの存在のことを総称して「プレアデス」と呼ぶ。
この存在については、ネットで調べればわんさか出てくるし、本屋さんにも本が並ぶぐらいなのでここでは詳しくは触れないけど、とにかくその「プレアデス星団」から私たちのサポートに来てくれている進化の先輩のような存在みたいだ。
最近、ちょっとよくこの「プレアデス」が気になっていた。
というのが頭でこういう場合はシリウスかなって思うところで、瞬間的に「プレアデス」が脳に浮かぶ。
「あ、間違えた、シリウスのはず」と思うんだけど、なぜか「プレアデス」がポンと出てくる。

そういう経験を何度かしての伏見の流れだったので、「プレアデスさん、間違いないな~」と昨日の朝、布団に包まりながらちょっとダメもとでコンタクトを取ってみた。
すると、全ての姿が見えた訳ではないが、ある人物が見えてきた。
褐色肌、、大きめで長い指の手に白っぽい長い爪(ネイルしてるみたいなイメージ)、スレンダーで背の高い女性。
褐色の肌よりも明るいクリーム色の薄い素材が何枚か重なった綺麗な服を着ている様子。バックに強く温かい光を感じた。

ためしに名前を聞いてみると「ミラ…」と言う。
「…」の部分をしっかり聞こうとするんだけど、どうしても「ミラ」の後は「ジョボビッチ」が出てきてしまい、苦労していると、その部分は発音できないから「ミラ」だけでいいと言われた。
「ミラってなんか聞いたことあるような、、どこかのネットでそんな人の話でもチラ見したのかな」って思っていると、今度は三角のイメージが浮かんできた。
離れたところで小さく見えた三角が波動を伴いながら「とととと」とこちらに近づいてくるイメージが何度も繰り返される。

「あれ、三角△が見える…。三角はなんですか?」と聞くと、

ミラさんゆっくりと

三角は可能性です。

願望・情熱・勇気が頂点となります。

それに行動と言葉を加えて五角形にしてください。これが現実化です。

三角形を五角形にするのです。


これを聞いた瞬間、なんだか自分の中でここ最近のことがピタッとパズルがはまるように胸に収まった。
そう、ものすごく簡単に最小限の言葉で表現されているんだけど、私がずっと探していて、今つかみかけているのはこのことだ!と思った。

願望・情熱・勇気 + 行動・言葉 
三角形(三角の形をイメージ)と五角形(五角形の形をイメージ)

ふわーーっと心があったかくなって「ミラさん、ありがと====!!」となった。

「腑に落ちた」=「自分の物になった」瞬間。
「当たり前」のことかもしれない。そう、わかってること。もう散々いろんなとこで聞いてきたこと。
でも、三角形と五角形!
もしかしたらやっと自分の物になったかもしれない。
あとは「行動」で確かめてみるべし!と体から力が湧いてきた。

実は最近、天使だけじゃなく宇宙の存在とのコンタクトが始まっているのを感じている。
まあ、普通の感覚から言うと相当痛い人みたいだけど、もうここでは散々「不思議」なことを書いているし、
隠すことでもないかもなと思いそういう話題もちょこちょこ出していこうと思ってきだしています。

詳しくはまた来週に^^
皆さん、今週もお疲れさまでした^^

[PR]
by atelierkei-0520 | 2016-10-22 11:29 | 日々の気づき

伏見稲荷大社に行ってきた③番外編2

昨日のつづきでその後の旅日記です。
f0362457_18152526.jpg

f0362457_18152618.jpg


この後お友達ナビにより、少し電車に乗って、酒造メーカーの「黄桜」がやっている「キザクラカッパカントリー」に行ってきました。
ランチは終わっていたので、外のベンチスペースで楽しめる300円でちょこっと飲みを体験^^
運動の後の疲れた体をちょっと日が陰りかけた空の下、皆で「気持ちいいね〜」といいながら、「大吟醸」の味見をしてきました。
その時の空↓
f0362457_18152750.jpg

f0362457_18152853.jpg


「フルーティー(^^♪」と皆ご機嫌。
とっても充実した一日でした。


次の日、近所の空で「おおーかっこいい!」と感じる龍の雲が出ていました。
f0362457_18152972.jpg


ちょっとバックの雲でわかりにくいのですが、手前の「S字」に凛々しくポーズをとってくれている雲です。
後ろの雲よりだいぶ近くて、あの龍ちゃんが姿を見せに来てくれたみたいでした^^

これは↓「あの道をブーツで上って下りた、、それって、ある意味自慢できるよ…」と言われた稲荷山を制覇した私のブーツです。
f0362457_18153075.jpg


これは無謀すぎた、、あと30分くらい長かったら足痛くて歩けなくなってたかも^^;

で、実はもう一つサプライズがあったのです。
このブログを書くために「キザクラカッパカントリー」の位置を確かめるためにGoogleで確認してびっくり。
これがその写真↓
f0362457_18153026.jpg



私たちがまったりゆっくりしていた「黄桜記念館」の横の広場の斜め上にあるマンションの名前が「プレアデス山」!!!??
今回のイベントは「プレアデス」の後押しもあったようでした^^
そのせいか、今朝また不思議な夢で教えてもらったことがありました。
そんな話もまた次回^^

[PR]
by atelierkei-0520 | 2016-10-21 18:17 | 日々の気づき

伏見稲荷大社に行ってきた③番外編1

f0362457_10114157.jpg


先日伏見稲荷大社にお友達と行ってきたことを書いています。
今回は初めての本格お稲荷さん、しかもなんだか「いよいよ」みたいな予感と共に、何故か行く前から力が入り、気合を入れて行くも、結局自分では何がしたいのかわからずに当日を迎え、行って見ると神様から「楽しんでね♪」というメッセージ
なーんだ、楽しむだけでいいのか〜。。ちょっと拍子抜け。。まあ、いっか。楽しみに来たことも間違いないし。
と一日満喫してきました。

が、実はこの日、とっても大切なエネルギーワークを私はお友達の力を借りてどうもやっていたようです。
それはおそらく、私と「狐」と呼ばれるエネルギーとの大切な約束だったように感じています。
エネルギーワークをやったのは、この次元(現実)の私というよりは、もう少し高い次元の、この「狐」さんたちがリアルに存在する次元の私だと思っています。
ただ高次元の私と現実の私を区別するのは難しく、現実の私は感じられないだけで、常に別次元の私と現実の私は連動しています。「多次元」ですね。
ここの連動が上手くいくようになることが、人の進化の第一段階だと感じています。


さて、昨日の投稿で印象に残ったと書いた「塚」の話です。この「塚」は人が「狐」のエネルギーに現実の世界に降りてきてもらうのに必要なものだったようです。
私たちは、昔から、現実の世界での願望成就の為にこれらのエネルギーを必要としました。人の意識に反応し、この世界に降りることに同意したエネルギーが例えば「狐」と呼ばれるエネルギーでした。
私たちは目に見えない力としてこれらのエネルギーを頼りにし、畏怖していたのですが、同時にこれは同意があったにせよ、このエネルギーに足かせをはめることになります。
そして「ギブ&テイク」の関係性の中でお互いにがんじがらめになっていくのです。
ところが、今、私たちの意識が上がり、私たちが開放されていく中で、これらのエネルギーもまた解放されているようなのです。
今回見た「塚」群は、「人のお墓のような」と表現したので、もしかしたらちょっと怖い感じを受けられたかもしれません。
けれど、私が見た「塚」たちはなんともカラっとしていました。
写真を撮らなかったのは「怖いから」というよりはあくまでも「プライベート感が強かったから」なのです。
この塚を見た時の感覚が「狐」のエネルギーの開放を物語っているようにも感じます。

解放されたエネルギーはどうなっていくのでしょう。今回の私のエネルギーワークの役割はここにありました。
解放されたエネルギーの中で、宇宙の自由意思のルールの元、あるエネルギーに変化するのを望んだ「狐」さんたちがいたようで、私はそのお手伝いをしたのでした。
狐さんたちが選んだエネルギーは「龍」でした。これも数ある手水所で唯一心惹かれたこの手水所で現実の私がサインをキャッチしていたようです。
f0362457_10114294.jpg
かわいいですよね、赤ちゃんみたい^^

今回私が引き受けたエネルギーは全体のごくごく一部だと思っています。全体から見ると、本当にわずかな手助けだと感じています。
なぜなら、やっぱりまだ「やる気満々」な塚もあり、そこはとても強いものを目の端で感じていました。ただ、今回の私が関係するエネルギーではないので、全くスルーすることになったのです。また解放されたエネルギーの中にも他の道を選ぶ存在ももちろんいると思います。ですから、本当にごく一部なんですね。

帰ってから、今日何が行われたのか、意識の目で見てみることに。
すると山頂でのことです。私が手を合わせている間に、おびただしい数の狐のエネルギーが一度私の頭から入り山に抜けます。その後また私の足元から私の体を通り、
頭のてっぺんから抜けていくのが見えました。そして抜けたそのエネルギーは山頂で白い龍になったのです。龍のエネルギー体としてはまだ生まれたばかり、おそらく小さいほうだと思います。
その龍をよく見ると、あの手水所のように眼のふち、口の中、耳の中が朱色です。色も真っ白というよりはちょっとクリーム色。
そしてもっとよく見ると小さな狐さんの顔が龍のうろこの一枚一枚になっているのです。この時はまだ変化したてで馴染んでないのですね。手水所の龍を赤ちゃんみたいと感じたのもやはりサインだったのでしょう。

その光景を見て、何があったのかを知り、もう一度その新しく生まれた龍さんとコンタクトを取ろうとすると、なんと出てきたのはその龍さんをバックに従えた「天狐」と呼ばれる
とても霊格の高い狐さんでした。天狐さんがこの小さな狐さんたちの思いを形にするために私を呼んだのですね。
なぜ私が呼ばれたのか。
これは私が「狐」さんとの縁が深いからのようです。実はこのような開放は2回目で、初めての経験は今年の6月六甲でのことでした。
この時は狐のエネルギーの開放が行われたことを知っただけで、このエネルギーがどうなったかまではわかりませんでした。けれど、意識を集中するととても大きな真っ白な狐さんが出てきて「償いをありがとう」と言われたのでした。
何の償いかはわかりません。
おそらく今世では覚えがないので、過去の人生で何かしらの約束をしたのだろうなと思いました。
そしてここで初めて、私が感じた大きな狐さんが「天狐」と呼ばれる霊格の高い狐さんだということを同伴者の方に教えていただいたのでした。

明日に続く


[PR]
by atelierkei-0520 | 2016-10-20 10:22 | 日々の気づき