アトリエkeiのスピリチュアルなシェアノート

keiatelier.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

明日は新月

f0362457_16130021.jpg

いよいよ明日から10月がスタートですね。そして明日は新月です。
こちらのサイトにも新月のエネルギーについて紹介されています↓
New Moon Blessings!(愛知ソニアオフィシャルサイト)



「新月に、しかも新月になって8時間以内に5つに願い事を絞って書くと叶うんだって。」とある人が教えてくれたことがあります。
いろんな思いの中、この人に出会ったのですが、私を悲しみの渦から引き上げてくれた人の一人です。

明日の新月は9:11分から。
新月のお願い事のやり方はネットにいろいろ載っていました。
ポイントは新月になってから書くこと。
新月になって8時間以内に書くこと。
それから、叶ったこと前提で書くのがいいらしく、過去形で書いたり、叶う日の日付を入れたり、それから最後に「ありがとう」を付けるといいとか^^

私も明日は絶対やろうと思っています。願い事は前にも書いたけど、それはもう過去なんですよね。「今」が大事。「今」何を望んでいるのか。
そういうことも確認できるいい機会だと思います。

今日は、気に入って読んでいるブログの二人の人がどちらも「調子がイマイチ」という内容の記事をアップされていて、それを読んでなんだか「やっぱり!」となりました。
一人の方の書いている状態を読むと「サイキックアタック」のような感じでしたし、もう一人の方のは「停滞感」でした。
どちらの方も光の方向を向いている方たちだと思っているので、この流れはやはり「次元上昇するときの特徴」なんだと感じました。
私自身もなんだかけだるいというか、とにかく今日については「眠い」^^;
どうにも我慢できなくなって昼から2時間ほど爆睡してしまいました^^

「サイキックアタックを受ける時は次元上昇をする時期でもある」と思ったのは、先日からサイキックアタックや幽霊さんについていろいろと考えていた時、過去のことなども振り返ってそう感じました。
よく言われる「毒出し」ともとれる現象を幽霊さんやネガティブなエネルギーの協力を得て行い、最終的に次のステージには持っていけないエネルギーを手放すのです。
これが幽霊さんやネガティブなエネルギーが持っているそれ自身も自分では認識していない「光の側面」なんですね。
全ての存在に必要な役目があり、希望する思いがあります。しかも多次元で。
だから低い次元で望むことと高い次元で望むことが全く正反対であっても、一つの存在の中に同時に存在し成り立ちます。

だから自分も周りも、良いも悪いもないんだと感じています。あるのは「どうしたいか」それだけです。
それだけが未来を決めます。

明日自分が何を望むのか、楽しみです^^
今日はブログアップが遅くなってしまいました!不可抗力ですf^。^;
今外でものすごい可憐な鳥の鳴き声が聞こえてます。
「いいよ、いいよ、ゆっくりいこうよ~♪」という意味にしました^^
では、また明日!

[PR]
by atelierkei-0520 | 2016-09-30 16:21 | つぶやき

幽霊さんを引っ付けるとき②

f0362457_14172235.jpg

昨日↓
幽霊さんを引っ付けるとき①


幽霊さんを引っ付けてしまう場合の心の状態で、案外気が付きにくいのが「欲」の状態。
スピリチュアルな能力を開いていく上で陥りやすい「欲」の状態、それが「もっと知りたい」という思い。
それは現状を「良し」としない場合に、もともと持っていた純粋な願望が「欲」に変化する。

私は、自分が知りたいと思った感覚をゲットするために、なかなか現状で進まないことにしびれを切らし、「今」の状態で満足しなくなっていた。
「もっともっと早く獲得したい」そう思った私は、ネット上で能力開発の紹介サイトに辿り着いた。

初めに言っておきたいのだけれど、この辿り着いたサイト自体は問題はなかったと思う。だからそのサイトのせいでサイキックアタックを受けたわけでは全くない。
そのサイトに載っていた意識の拡張という言い方が正しいかはわからないが、そういうテクニックを習得するためのベースになる考え方は、その時私がやっていたヒーリングテクニックやホ・オポノポノなんかを別言い方で表現しているもので、「へ~、そういう考え方、とらえ方があるんだな」と感心した。
そしてそのテクニックが今までとはまた違っていて、やってみたくなり、紹介されている順番にやってみることにした。

ここで、サイキックアタックを受けてしまう状態になる。
私はこの時、この新しく発見したサイトのテクニックの中で実は二つほど「違和感」を感じていた。本来なら、この「違和感」を感じた時点でやめるべきだった。
なぜなら、これが自分のハイヤーやサポートチームからの「やめときなさい」っていうサインだから。
これはまた詳しく書くべきなのかもしれないけど、とにかくこの「違和感」は理屈じゃない。だから、そのサイトがあってるとか間違ってるとか、いいとか悪いとか、そんなことは全く関係なく、ただ自分と、もっと言うなら今現在の自分と「合わない」場合に起こる。
私はこの自分から微かに発信される「サイン」を無視してしまうか、気が付かないほどハッスルしている状態を「欲」の状態だと感じている。
私はその前のヒーリングテクニックについては弟や高次にアドバイスをもらったりしていたのに、この時はそれをしなかった。だって早く知りたいから。もっともっと知りたいから。
だからその「違和感」を無視した。

サイキックな能力を開いていく過程で最も注意しなければいけないのが、この「欲」の状態で「意識を開く」こと。
意識を開いてしまうと、本人はエネルギーの世界は見えてないからわからないのだけれど、実はエネルギーの世界から見ると私たちの頭の中身が丸見えになるのだ。
つまり「欲」も丸見え^^;
ここに、付け入ってくる存在がやってくるんだな。
そして私の「欲」と繋がって、私に自分の「欲」を満たさせようとしたり、とにかくいろんな邪魔をしたり、ひどい場合は、ここから始まって狙いは「肉体」だったりする。
ただ幸い、私はこういう経験を能力を開発する過程の始めにしていて、その時に正しく導いてもらっていたので、すぐに自分に起こっていることが理解できた。だからすぐ対処もできた。サイキックアタックの兆候を2回ほど感じて、自分の状態に気が付き「違和感」を感じているそのサイトを全てパソコンから消去し、紹介されていたテクニックをやるのをやめた。
(スピリチュアルな道に興味をお持ちで進もうかと思っている方は、必ず初めはちゃんとした知識を持っている人にサポートしてもらうのをおススメします^^)

宇宙の仕組みは全て根幹は同じなので、こういうことは現実でも実際の現象として起こる。やっぱり自分が自分自身の声を無視して推し進めたことは上手くいかないし、場合によってはひどい失敗を経験する。
この「知りたい知りたい」とか「もっとよくなりたい、よくしたい」っていう「向上心」とよく似たものに、「人を救いたい」とか「人の役に立ちたい」っていうものが強く出る「使命感」があると最近感じている。
どれも、本当は凄く純粋、ピュアでどちらも人として大切な「思い」「要素」だと思う。でもとても純粋だからこそ、必要な要素だからこそ、とっても狙われやすいんだよね。目に見えない存在にも、見える存在にも。
だから、どんな崇高な思いも、自分の中のどんな感情をベースにその思いが伸びているのか、途中で折れ曲がっていないか、そういうことを感じ取れるようになると、本当にいろんな意味で安全になる。
そしてそれができるようになってくると、自分自身を信頼できるようになってくる。それから周り(宇宙)も信頼できるようになってくる。
自分の中心でいるとか自分自身でいるとか、そういう状態になってくる。
とくにこれからの波動の時代は折れ曲がった感情から伸びた願望は成就しなくなる。成就しない経験を望むなら別かもしれないけど。
最近、他のサイトでも、このエネルギーの干渉についての記述が多くなっているように感じている。
それだけ、私たちの波動が上がっていて、ますますエネルギーの世界との境界線が薄くなっているのだと思う。
ちゃんと知れば、なんてことない。だからこそまずは「知る」ってことが大切だと感じている。
ホントに、知れば知るほど、怖くはないんです。だってエネルギーの世界は私たちが認識しないと「形」にならないから。
私たちが「怖い」と感じた瞬間、エネルギーは「怖さ」を手に入れるんです。
ただ「怖い」という感情はセンサーとして必要な感覚でもあるので、そこがなんともややこしい話になるんですが^^;
とにかく幽霊さん達についても「本当は必要な光の存在」であることを伝えたいと思う。
幽霊さんに本当の姿を取り戻してもらうためにも。

次はサイキックアタックをしてくる幽霊さんの心理を考えて見たいと思う。

[PR]
by atelierkei-0520 | 2016-09-29 14:35 | スピリチュアルといわれる世界

幽霊さんを引っ付けるとき①

f0362457_11564892.jpg

先日のサイキックアタックの流れから、幽霊さんたちについて書いていこうと思い、まずはどんな時に引っ付けてしまうかについて考えて見たいと思う。
幽霊さんを含むネガティブエネルギーというものを、私たちは日々知らず知らずのうちに引っ付けては剥がし(または剥がれ)というのを繰り返している。
この時、ただ剥がすだけの時もあるし、そのエネルギーと自分の中の同じ要素のエネルギーを引っ付けて一緒に光に還すときもある。
普通の人はほとんどが無意識の中これをサポートチームの協力を得ながらやっている。
ネガティブなエネルギーを引っ付けてしまう要因として、わかりやすいのは自分がネガティブな状態の時。これはどんな人でもなるほどと納得できると思う。
でももう一つ、ちょっとわかりにくいというか、自分で意識しにくいい状態というのがある。
それが「欲」。
個人的な感覚ではこの「欲」に引っ付いてくる存在の方が狡猾で厄介な幽霊さんが多い気がしている。

このブログはいずれエネルギーの世界について沢山のひとが目覚めていくことを前提として書いているので、特にこの幽霊さんの回については、サイキックな能力を開いていく過程で起こりがちなこととして私の体験を紹介しながら書いていきたいと思う。


「欲」って言葉を聞くと、何だかとってもいけないことのように感じると思う。ドロドロした感じとか、人を蹴落とす行為とかそういう「昼ドラ」や「権力闘争」の話とかそういったものを連想するかもしれない。
つまり、「欲」ってちょっと特別なものの感じがする。
けれど、「欲」というのは、その初めの初め、つまり根っこの部分はとっても純粋なものから派生したものなのだ。
「欲」は人間の持つ当たり前の純粋な思いが行き過ぎた時、それが徐々に変化していくものなので、本当に行きつくとこまで行かないと気が付きにくいものでもあるのだ。

スピリチュアルな能力を開いていく上で、知らず知らずのうちに陥りやすい「欲」の状態、それが「もっと知りたい!」「もっともっとわかるようになりたい」という状態。
この前の私の状態がこれのいい例なので、挙げてみる。

少し前に、自分がもう少し「エネルギー」というものを体感して掴んでいく必要性を感じた。
そこで興味を持ったあるヒーリング技術の本をネットで購入し、自主練を始めた。
この時の目的としては、とにかくそのヒーリングテクニックを習得したいとかではなく、ただ体験してみたかった。そこに書いてあることを実践することで何を感じるのかが知りたかった。
この時点で弟や上の存在に確認したところ、「是非やって♪」とのことだったので、毎日順調にやっていた。
ところが、初めは初めての体験で発見もたくさんあり、楽しくやっていたのだが、だんだんマンネリ感というか、飽きてきてしまった。
この時点でまだそのヒーリングの根幹である高次元の存在が私に気づいてほしいことは、分かってはいたが習得までは全然いっていない状態。
「まだやるのかな~・・」と弟に確認すると「やって!!」と言われる。だからやるんだけど、なんか身が入らない。
ここで、本来の「知りたい」が「欲」に変わった^^;
「もっともっと早く習得したい」「早くそれを使いたい」「もっと“凄い”と感じたい」「自分を凄いと感じたい」
始めは純粋に「体験したい」から始まったこのプロセスが、今度はいつの間にかねじ曲がった状態になり、その状態をベースに情報を探すようになった。
そんな中、ネット上であるサイトに行きついた。

明日に続く

[PR]
by atelierkei-0520 | 2016-09-28 12:03 | スピリチュアルといわれる世界

始まりの合図

f0362457_11080945.jpg
今日27日は特別な宇宙からの波がやってくるようです。
その波は「クエーサー」と呼ばれる恒星が爆発した時に出来た波で、今回地球に到達します。
情報はこちら↓
2017年に続く波byザ・グループ
私は昨日から始まっている宇宙のエネルギーの到達とその波の到達には何かの始まりを感じています。

昨日はこのブログを始める後押しを下さった三人と一緒にある場所に行くことになりました。始めは単なる昼間の「ランチ会」のはずでした。
予定が近くなった時、この会の提案者が突然とある場所に行くことを提案。全くの思い付きのようでした。
するとすぐさま別の人がその提案にぴったりの具体的な場所を挙げてくれました。そうやって話を進めていくうちに、それぞれの人が「そういえば…」というこの流れに入ることが、まるで必然だったかのような最近の出来事をポロポロとネット上に挙げていくことになり、皆で共通点にビックリしていました。そして「極め付け!!の出来事」がこれも偶然の行動のなかで起こりました。

何が起こったのか、具体的にはよく分かりません。でも一つだけ確かなことは、これはこの4人の古い古い歴史の中で、それぞれが、かつて必ず迎えると誓った瞬間が昨日という日だったということです。
そしてもう一つ言えることは、昨日はその場所に肉体を持って立つ(存在する)ということがとても重要で求められていたことだったと思います。
私たちの肉体は地球のアンテナのような役割を持っています。人がその場に立ち高い波動を持つことで、宇宙からのエネルギーが降りてきて私たちの肉体を伝って地中に流れていきます。
終わった後、みんなでカフェで休憩しながら「何なんだろね、なんか、やりきった感がすごいよね」とそれぞれが感じたことを話しあい、とっても深く緩い話に花が咲きました。
起こっていることすべてを理解する必要はない。でもなんか心が分かってる。そんな感じでした。

この流れがどうしても特別だったと感じてしまう出来事がもう一つ。
それはこの上の写真のリサ・ランドール博士(素粒子物理学・宇宙論専門の理論物理学者)です。
これは25日の新聞の中に挟まっていたフリーペーパーの中の1ページです。
私がリサ・ランドール博士を知ったのはだいぶ前、正確な年は忘れてしまいましたが、テレビのお正月の特番でした。
「5次元の証明」それがその時の番組のテーマでした。
ドラえもんの4次元ポケットぐらいしか「次元」と言われても思い浮かばない私にとって、「5次元!!??って何???!!」と衝撃でした。
この辺りから、「超弦理論」「ダークマター」「ダークエネルギー」などの話を知り、見えない世界のことをオカルトや超常現象ではなく、物理の世界からアプローチできることに強い興味を持ちました。
つまりリサ・ランドール博士は私のスピリチュアルの「始まり」なのです。
とはいいつつ、物理の世界は難しいので、あくまでテレビの特番や、有名な法則を分かりやすく説明してくれているネット情報なんかが私の理解の限界なので著書を読んだことはなく、最近は少し忘れ気味^^;
そんな中、先日何気なくこのフリーペーパーをめくってビックリ!ちょうどネット上で上の4人で次の日の予定について盛り上がっていたので「ええ~!?なんでこのタイミング××!」となりました。
そしてその後、上に書いた「極め付けの出来事」が^^;

もう「偶然」なんて言えません^^;
リサ・ランドール博士の登場は私に「さあ次、始まりますよ」という合図のように感じました。
こんなにも日常にサプライズをくれるサポートチームの絶妙さに感服です。
これだから「スピリチュアル」は楽しいのです。
博士の新刊「ダークマターと恐竜絶滅」は読んでみようかな^^

[PR]
by atelierkei-0520 | 2016-09-27 11:40 | つぶやき

月曜のメッセージ第4回:アセンデッドマスター:アヴァローキテーシュヴァラ

f0362457_19454194.jpg

はじめまして。私のエネルギーを感じてくれてありがとう。

もうすぐ大きな変革の時期に入りますが、そこに苦悶はありません。


自分の中にある他人を思いやる心、慈悲の心を大切にしてください。
我々はあなた方一人一人が見事なネットワークで繋がっているのがよく見えます。

それはちょうど美しい織物のように地球全体を包んでいます。
その織物はとても頑丈で、穴をあけようとする者のエネルギーを奪います。
この織物は確かにあるレベルで存在しています。


皆さん、気が付いてください。

あなたが隣人に手を差し出した時、その心に寄り添ったとき、
あなたと隣人はそのネットワークが存在する次元にシフトします。

世界各地でそれが始まります。

自分の隣の人が好きでないのなら、あなたの内側を見てください。きっとそこに理由があります。


私たちは思いがけない理由から今別々ですが、

私たちは一つです。

アヴァローキテーシュヴァラ



地球に広がる美しい織物のようなネットワーク。
私たちが「シンクロニシティー」と呼ぶ現象はこのネットワークに接続することで起こるのだと感じています。
そしてこのネットワークには、自分と別れたもう一人の自分、つまり隣人が必ず必要です。「シンクロニシティー」は人々が繋がることで起こるのです。

私たちは今何より「個」の確立を求められています。「本当の自分とは何か」、それは他人や社会、自分自身が決めていた枠組みを外していくことです。
それぞれの人が自分のユニークさを自分自身に発見した時、今度は周りに存在している沢山のユニークと連携していく、そこにかつての全体主義はありません。
それぞれがユニークで、それでいて一つなのです。これが5次元の世界だと感じています。

「個」の確立が確かになると、人は無理をしません。人に無理もさせません。
なぜなら、自分ができること、できないことを自分で知っているからです。
そして他人ができること、できないことも尊重します。自分のユニークさを認めるのと同じように人のユニークさも認めます。
できないことはできる人に助けてもらい、できることで他の人の手助けをし、そこに存在していくのだと思います。
そうやって人と人が緩くしっかり繋がれる世界が出来つつあるのだと思います。

それぞれの人にそれぞれのタイミングがあります。それを一番大切にしてほしいと思います。
今週も良い一週間を(^^♪

以下アセンデッドマスターカードガイドブックより抜粋↓
アセンデッドマスターとは、ほとんどが過去に人として地上で暮らす経験を持っている、私たちの人生の目的を理解した霊的指導者でありヒーラーです。

アヴァローキテーシュヴァラは東洋の神で世界を守り全ての祈りを聞き入れます。彼は慈悲の女神である観音の男性エネルギー体であると考えられています。
アヴァローキテーシュヴァラは全ての人が自由になるまで菩提(ぼだい)に入ることを延長する道を選びました。それまで彼は霊的成長の助けを求める人のもとに、すぐにやってきてくれます。



追記:
今日はデッキをシャッフルしていると、バサッと3枚もカードが図柄の反対側を向いたまま出てしまいました。
「やり直そうかな」と思ったのですが、なんとなくそのままその3枚から1枚を選ぶことにしました。
普通に選ぼうかとも思ったのですが、またなんとなくカードのエネルギーを読んでみたくなりました。
一枚一枚カードに手を当てて感じるものをイメージしました。
他の二枚はもやもやとしたものしか浮かばなかったのに、この「アヴァローキテーシュヴァラ」さんのカードだけはテラコッタカラーと後ろの半円の枠とその上にある花のイメージ、なんとなくアジアの神様のような雰囲気を掴みました。
ひっくり返すと、他の二枚は全くモヤモヤと関係なく、「アヴァローキテーシュヴァラ」さんのカードだけが当たっていたので、「これにエネルギーが入っている」と感じアヴァローキテーシュヴァラさんにコンタクトを取ることにしました。
が、なんとなく、やっぱりいつものやり方の方がいいかなーともう一度デッキの束を手に取ってシャッフルしようかと何気なく束の裏側を見てびっくり!
なんと「観音様」でした^^;
これは絶対アヴァローキテーシュヴァラさんの猛アピール。
やっぱり高次の存在はすごいと思う出来事でした^^


f0362457_21383821.jpg


[PR]
by atelierkei-0520 | 2016-09-26 10:11 | 月曜のメッセージ

「困らない」予感

f0362457_13064651.jpg
「今日、本当に“秋”になった!」と感じている。
というのも、私は「春」と「秋」の季節の変わり目に、必ず首を寝違えるのだが、今朝、順調にそれがやってきたT・T
ただ、いつもよりちょっとマシで、「寝違える」までは行かず、首の付け根から背中の真ん中ちょっと上ぐらいまでが強烈な筋肉痛みたいになってて、「寝違えが起こって3日後」ぐらいの症状で収まっている。
これが起こると通常は首が動かせず、自分の頭が実はこんなにも重いのだということをつくづく思い知らされ、仕事どころではなく、頭の重みから首を守るべく、ほぼどこかに頭の重みを預けるためにじっとして2日ほど過ごすことになる。
毎年のことなので、そりゃあいろいろ試してみた。
マッサージ系などの外の世界に助けも求めてみたが、結局はこの「安静」が一番無駄がないように感じている。

こういう状態にも関わらず、気分はとっても爽快で、今日の朝のワンコの散歩のときに、つくづく、この「気分」について考えた。
行きついた気持ちは「なんなんだ、この“気分”ってやつは。コロコロコロコロ変わって。こんなのに一喜一憂しててもしょうがないな、ほんと^^;」って気持ちだった。

昨日は、実は絶対に家にいたくない日で、なんとしても外出しようと思っていた。
始めはこういうことって「逃げ」だとも思って、かつての自分がずっとやっていた「義務感」から我慢しようかと思ったんだけど、どんなに深く考えてもそこに「義務」なんか存在してないのに気が付いた。
私が「義務」だと思っていたことは、なんてことはない自分の「かっこつけたい気分」で「責められたくない」という弱い自分を守るための鎧だった。

嫌なものは嫌、だから出かける!と決めていたら、なんと昨日の朝目が覚めた時はその嫌なことはすっかり忘れていた。
「私はその嫌なことはしない」って決めてたら、自然にその日予定が入って、そっちに意識が向いていたので、すっかり忘れていたのだ。
そしてその予定が終わったのも、すごく自然に、しかもとっても楽しく、私の最も都合のいい時間にお開きになった。

なんか、もう、あんまり困ることないのかもな、と思った。本当に、最近あんまり「困る」ことが無くなってきた。
「困りそうな予感」は相変わらずチラチラ出てくるんだけど(昨日も試すみたいにいろいろありました^^;)、でもその度に「はあ…><」って気持ちをまずは吐き出して、その後なんとなくぼんやり「まあ、いいか、なんかもうあんまり多分私、困らない気がするし…」って思っているとホントになぜかあんまり困らない。
何だったんだろう、あの困っていた自分は…

「嫌な気分を味わうこと」は「学び」の一つだと思うけど、「嫌な経験と向き合うこと」が学びだとは限らない。
もちろん「向き合うこと」を選べば、それはそれで貴重な経験になっていく。
でも「嫌だなー」と感じた時点で、本当はその学びをちゃんと学んだことになっているから、そこで終わってもいいんだなと思う。
その後どうするかは、自分次第。
私はもう十分です^^

今週も皆さん、お疲れさまでした^^

幽霊ちゃんについては来週書いていきます。

[PR]
by atelierkei-0520 | 2016-09-24 13:10 | つぶやき

サイキックアタック?

f0362457_22071801.jpg
意識について書いていこうと思ってたんだけど。昨日の投稿の流れといい、その前の流れといい、
どうも幽霊さんなんかについて書いた方がいいのかなという感じがするので、そっちを書いていくことにした。

実は先日のホワイトバッファローカーフウーマンさんの投稿を削除してしまった件が「やっぱりサイキックアタックだったのでは?」と思ってしまうことが起きた。
というのも、ブログを投稿してしばらく時間がたって、低い耳鳴りがしたので、誰かがコンタクトをとってきたと感じ、ホワイトバッファローカーフウーマンさんかなと思ってチャンネルを合わせようとしたら、カーフウーマンさんと合わせる前に若干のノイズが入った気がした。
「ん?」と思ったんだが、そのまま聞いていると「今あなたがしていること(ブログ書いたりってことだと思う)は、まったくなんの意味もなしません…」ときた。
もうこの段階で絶対に高次の存在ではないので、はい、さようならとチャンネルを中断。
わかりやすい存在でよかったーと思いながらも久々だったので、やっぱりヨフィエルさんはあんなふうに言っていたけど、それからブログには書かなかったけどカーフウーマンさんにも確認はしていたのだけど、「サイキックアタック」だったのかなとちょっと思った。
ただ、例えそうだったとしても、こういう時に一番してはいけないことが「気にする」こと。なのでさっさと頭は切り替えてその日は寝てしまった。

朝、目が覚めると肩のあたりがジンジン痛い…。前日の件があるので、しょうがない「浄化だ」と浄化してみると、やっぱり何やらネガティブなエネルギーが引っ付いていた。
浄化が終わるとその肩の痛みはすうっと取れた。
すると、今度は、昼間に母が「おばさんが昨日の夜また変な夢見たんだって。おばさんも意味が分からないから、私にメールしてきたみたい。」という。
母の姉であるおばさんは家系の中でちょっといわゆる霊感のある人で、不思議な夢を見たり予知したりする。そのおばさんからのメールを見せてもらうと、一文でこうあった。
「ママ(亡くなったおばあちゃん)が銃口を蛇の口に入れて撃った」

!あーーー。これを見て、やっぱりそうなんだと思った^^;
「蛇」については書き出すとものすごく長くなるので、ここでは詳しくは触れないが、要は「邪な存在」を象徴していて、それをおばあちゃんが撃ったってことは、私、めっちゃ守られたってことだ^^;。
そしてそのことが、わざわざおばさん経由で私に伝わったってことは「ちょっと気をつけなさい」ってこと。

高次元の存在が私たちを守る方法として、今回もいい例になってるなと思う。
彼らは本当に私たちにとって何が最善かをいつも考えてくれている。
だから、わざわざ「ちょっと不安」になっている私に対して、「今変なの来てるよ、気を付けて」とはよっぽど緊急じゃない限りあんまり言わない。
だってそんなこと言われたら、ますます怖くなったり不安になったりするよね。こういう場合は不安や恐怖を増大させることが最もよくないことなので、高次の存在はそっちに意識が向かないような配慮をしてくれるのだ。
そして私がちゃんと落ち着いたところを見計らって、必要な注意をくれるのだ。おばあちゃんと高次元の存在の見事な連携。やっぱり私たちはすごい存在に守られてるのだ。

今日のブログにこのことを書くにあたって、大天使ヨフィエルさんに確認してみた。

私:やっぱりサイキックアタックだったんですか?

ヨフィエルさま:
サイキックアタックというものはあなたが考えているようなものというよりは、むしろ必然で起こります。
あの時、確かに邪な存在があなたにいたずらしましたが、それによってホワイトバッファローカーフウーマンの意思は遂げられました。
問題はその後なのです。その後に正しく対処できるかが大切なポイントとなります。
あなたの場合はだいぶ安心してみていられるようになりました。
お疲れ様です、ありがとう^^

!なるほど…大きな視点で見ると全て必然。そして前に比べたら確かに落ち着いてきました。。
そうなんだよね、「幽霊」や「サイキックアタック」なんかにも実は大切な役割があったりする。
昨日のブログでちらっとお話しした私をスピリチュアルな世界に導いた幽霊ちゃんのように。

それから、こういうことが起こる時はちゃんと理由もあって、それを知っておくのもとても大切。
これから、どんどん人々が目覚める中で、たぶん誰もが通る道。
だから私の経験を紹介しながら、この辺のこともシェアしていきたいと思う。

[PR]
by atelierkei-0520 | 2016-09-23 07:45 | スピリチュアルといわれる世界

秋分の日の独り言

f0362457_11144284.jpg

今日は秋分の日
「いつも通りおだやかに」、そう大天使ヨフィエルさんに言われたので、今日は難しいこと書かずに、静かにこの動画をアップします。




去年の5月。この動画に出会ったのが始まりだった。
この動画を見たとき、ボロボロと涙が止まらなくなった。
そしてこう思った。
「人生の最後に自分がこんな風に迎えられるのだったら、私はこの世界に逝ってもいい。」
「死にたい」って思ったわけじゃない。
ただ今いる世界の先にあるかもしれない世界、そこの入口でこんな風に出迎えてくれるのなら、行ってみたい。そう思った。
だけど、この時涙を流して「この世界になら逝ってもいい」そう思ったのは実は私ではなかった。
そう思ったのは、当時からさかのぼること5年ぐらい前から、私の中に一緒にいた小さな幽霊ちゃんだった。
彼女が「天使の元にだったら行ってもいい」そう決めてくれて、私をスピリチュアルな世界に導いてくれることになった。
動画の前半の教会の左から差し込む光が私には天使に見えた。その強い光が私に「天使はいるのかも」と思わせた。
体の細胞と細胞の間から泡のようなものがフツフツと光の中に溶けだし、自分自身も淡いブルーの水の中ような、白い光の中のような、不思議な空間に溶け込んでいくような感じがした。
一番高音の部分に脳波を合わせるイメージをすると、「自分」という存在が「光」と同化する感じがした。
浄化するってこんな感じのことをいうのかなとぼんやり思い、それから毎日聴くようになった。
こうして私の不思議体験は始まった。最近は聴かなくなっていたけど、今日は「原点に返る」って意味で久々に聴いてみた。

今朝、心から弟に会いたくなって、こんなことを聞いてみた。

「もっともっと波動上げて、地球の波動も上がって、私たちの肉体の波動も今よりずっと上がって、そうだな、そうやって頑張って40年ぐらい経ったら、
今の私たちよりずっと高い波動の肉体を持ったあんたにリアルに会えるかな?イメージの中じゃなくてちゃんと目の前に現れて、少しくらいは触れるかな?」

そう聞いたら弟。

「ねーちゃん、40年じゃないな。あと15年ぐらいかな~🎶」

Σ(゚д゚lll)マジで!!?
弟め!適当なこと言いおってー!!!
ホントかどうかは15年後にわかること。15年後の私はこの話を覚えてるんだろうか。
もしほんとうだったら、それこそ映画並みのサプライズ。

良い一日をお送りください^^

[PR]
by atelierkei-0520 | 2016-09-22 11:21 | つぶやき

もうすぐ秋分の日

f0362457_21241139.jpg
いよいよ秋分の日が近づいてきた。
ここにきて先日「ライトワーカージャパン」さんが秋分の日から年末にかけての流れをアップしてくれている。
こちら↓
https://lightworker-japan.net/2016/09/19/planetary-shift/
当面の地球のシフトbyロメオ・バロン

今回からは、月曜のセラピス・ベイさんの「Go Now」でもあったように、
ある程度の手放しを終えた人達は、これまでの宇宙のエネルギーが降りてくる時期とはちょっと違う感じになるのではと感じている。
いよいよ「形になる」時が来ている感じ。その流れが来ている。
ただし、セラピス・ベイさんや、他の存在も時々言ってくるのだけれど、「現実化」するためには必ず「最初の一歩」がいる。
私たちが決めて「行動」したその瞬間に流れが始まる。
それで初めて宇宙や大きなエネルギーの存在の助けを得られる。

決める時のポイントは「本当に心がワクワクするか」
行動するときのポイントは「今の自分にできること」

すごくシンプルなのに、「今は時間がない」とか「そんなの将来の補償にはならないし」と自分のエゴの声が邪魔するかも。
でもね、このエゴを手放すために、今までさんざん宇宙のエネルギーを受けてしんどい思いをしながら「宇宙の流れだ!だから大丈夫だ!」って自分に言い聞かせながら過ごしてきたんじゃないかと思う。
だから、そういう「エゴ」の声が聞こえてきても、もう大丈夫。
だって、もう対処の仕方は知ってるし。
その声がどこからきてどこへ行くのかも知ってるし。

昨日弟にご飯をお供えする時にコンタクトを取ったら、何やらすごく忙しいらしい。すごい働いてるらしい。
そして「地球はすごくワクワクする時代に入ってるんだよ」だって。
エネルギーの世界とは対照的に至って静かな日常だけど、エネルギーの世界の方が現実よりも早く動き出すのは知っている。

もう一つ9月18日、私の特別な日に投稿されていたライトワーカージャパンさんの投稿を紹介します(チャネリングされた日は別の日)。
https://lightworker-japan.net/2016/09/18/understanding-the-time-and-space-continuum/
時空の連続を理解するby大天使メタトロン
半分ぐらいはよくわからない^^;でも、なんかワクワクするんだな~。
9月18日の日付に惹かれて「ぽち」っとしたのだけれど、最後まで読むとまたも「33」が!
33次元のガーディアンエンジェルからのメッセージでした。

大天使ヨフィエルさんからは秋分の日に向けてのメッセージとしてこんなものをいただいた。

その日はいつも通り穏やかに過ごして下さい。
心を静かに開放してください。呪縛から解き放たれる自分をイメージしてください。
そのイメージの中であなたが心地よいと感じる色や空間の中で解放されていく自分を感じてください。
そのイメージを寝る前にすることで、たくさんのエネルギーが流れ込み
それを現実にしていきます。
是非やってみてください^^

リラックスできそう。たぶんそのまま寝ちゃうね^^
いいなと感じた人はやってみてください^^

関連記事
すべてはベストタイミング
エネルギーと三次元:①現実化の流れ

[PR]
by atelierkei-0520 | 2016-09-21 08:58 | スピリチュアルといわれる世界

ハプニング!月曜のメッセージ第1回:アセンデッドマスター:ホワイトバッファローカーフウーマンが消えたわけ

f0362457_09272998.jpg
昨日の投稿中、ハプニングが発生(T・T)

なんと、投稿に手間取っているうちに、なんか勘違いして「月曜のメッセージ第1回:ホワイトバッファローカーフウーマン」の記事を削除してしまった><!!!
「うそ!」と思ったときはもう遅く、パソコンにもデータを残してないので跡形もなくこの世から消えてしまった…
かなりショック。。
こういうことは、「偶然」ではないので、とっさに「何か間違ったことしたのだろうか?」と心配になってしまった。
はたまた何かの「サイキックアタックか!!」とか。これについては感覚がすぐに「NO」と返えしてきたから安心したけど、何が理由で起こったのかが気になった。

すると大天使ヨフィエルさん
「彼女の意思です」と。

「え?・・;」と私。

ヨフィエルさま、「彼女はメッセージは生ものと同じと考えています。」と。

「生もの…・・;;」
要するに、もうセラピス・ベイさんの「Go Now」が今の流れなので、2週間前の自分のメッセージはホワイトバッファローカーフウーマンさんからすると「古い」との判断のよう。

なんか、ネイティブアメリカンっぽいな。。「生もの」って…。
しかも消さないと気が済まない感じとか、「強さ」を感じる…

やはり、アセンデッドマスターさんの個性はとってもはっきりしていると痛感。

昨日友人がSNSに「33%13:33」っていうのをあげていて、私もふと時計をみたら「3:33」^^
「3」はアセンデットマスターの数字なんだな。
彼らもやる気満々なんだろうなって思った。

しばらく「月曜のメッセージ」はアセンデッドマスターさん達から頂こうかなと思いました。
面白い体験でした^^。



[PR]
by atelierkei-0520 | 2016-09-20 11:44 | 月曜のメッセージ