アトリエkeiのスピリチュアルなシェアノート

keiatelier.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:◇サイン( 5 )

バックの取っ手の裏に差し込まれた白い羽のその後

少し前に投稿したこれ、覚えていただいているでしょうか?↓


この羽、この後どうしたかと言うと、、私は取って置いておくことも、捨てることもせず、そのままそっとしておくことにしました。
天使からのメッセージは受け取ったので、無くなってもいいし、そのままでも、それはそれでいいし、という感じで。
で、この後すっかり羽のことを忘れ(天使さん、ごめんね^^;)、過ごしていたんですが、夏至のころにふと思い出して、そういえばあれ、どうなったかな?と改めて確認してみました。
見ると、まだ羽はそこにありました。
私はなんとなく嬉しくて、「やっぱね~、無くなってもいいとか言いながら、こうやってまだあるとうれしくなるな~♪」とご機嫌になりました。



「ん??????あれ??なんか変じゃないか…??」
私はある異変に気が付きました。
前回、羽に気が付いてそっとそのままにした時の写真がコレ↓
f0362457_21415211.jpg

そしてこちらが今回気が付いたときの写真↓
f0362457_08182873.jpg


前回と見比べると、羽が反対になってますね。



でもこれだけではなく、私が驚愕したのはこちら↓
f0362457_08213835.jpg

なんと、、、羽、カバンの生地の細い糸に通されて、、、固定されてるんです。。。。。。
「ひえええええええ!!」
となりました^^;
このカバンの生地は、ウエットスーツなんかに使われているのと同じ生地で、超目が詰まったツルツルした生地。なかなかゴミが引っかかりにくい素材なんです。
その超極細の糸を一本だけすくって、そこにこれまためちゃ小さな羽が通されています。。。
うーーん。「人」の指ではどう考えてもできん、というか、そんな方法で固定するなんて、考えもしないよ、、

私がこの羽を見つけてどうしようか悩んだとき、どこかで「せっかくなのに無くなったら惜しいな~。どうかこのままここにあり続けてくれますように」と思っていたのを天使は聞いていたんでしょうか。
とにかくなぜこうなったのか、よくわからんけど、私のカバンにこの天使の羽はくくりつけられ、今もずっと一緒です。

時々、びっくりさせてくれる彼らは、本当に面白いです^^



by atelierkei-0520 | 2018-07-12 09:04 | ◇サイン

バックの取っ手の裏に差し込まれた白い羽

f0362457_21415211.jpg
「わ!!こんなところに!!久々に白い羽!!」
今日の帰り、バス停で「あ〜、なんかすごい疲れたわ……」とベンチに座り込んだ瞬間、膝に置いたバックの取っ手がこちら側にめくれた時に目にズドンと入った小さな小さな白い羽。
なんか、ものすごく幸せな気分になりました。
天使の存在を最近は強く強く感じるようになっているけど、そこはやっぱり人間なので、こういうわかりやす物理現象は嬉しくなります。

今日は昼過ぎくらいから物凄く上からのエネルギーが強くなってきた気がしています。
何故なら、とにかくその辺りから物凄く眠くなってきてしまい、電車の中で記憶が飛ぶくらい爆睡してしまいました。。
そして帰りには上からのエネルギーが強すぎる時によく起こる「頭痛」が始まって、もうヘロヘロになっていました。
今日も一日天使のサポートを感じる日でしたが、少しこのところの自分の中の変化とかつて自分が魅力だと感じていた都会のいろんなものに、今はまったく心が動かない自分がいることをまた確認してしまい、何故か寂しいというか、これからどうしたらいいんだろう的な戸惑いで、若干ナーバスになっていましたが、この羽を見て「あ〜、何もおかしいことが起こっているわけではないんだ。これでいいんだね」と思えました。
天使はやっぱりなかなか粋なことをしてくれます^^

頭痛の方は帰って、その時点でまだ取れていないいろんな栄養素をしっかり体に入れると自然と治まりました。
今私がワクワクすることは、ずばり「食」!^^;
都会のきらびやかさには心ときめかないのに、「食」にはものすごく反応してしまう…。
今日はデパートの鮮魚コーナーの刺身にくぎ付けでした…。
高熱が出てた時の体験で、刺身を食べた後のすっきり感と満足感が特に魚好きでもなかった私の意識を変えてくれたかも。
食べるものを意識的に変えてみて3週間。ちょっと変化も見えてきました。
そんな話もまたシェアできたらと思います。

by atelierkei-0520 | 2018-05-29 22:07 | ◇サイン

エンジェルナンバー


f0362457_13322315.jpg

昨日は天使からのサインについて書いた。
こちら↓
「天使からのサイン」

今日はエンジェルナンバーの紹介。
これも天使なんかの高次元の存在が「サイン」としてよく使ってくるもののことで、これは「数字」を使ったメッセージ。
ネットや本などで、「この数字の並びはこういう天使からのメッセージです」っていうのを紹介している人がいて、その情報が出回っているのを天使たちが上手に使ってくる方法。

「数字」自体は、本来は宇宙の神聖な「コード」みたいなもので、特定の数字を見ることで、私たちのDNAに直接作用してくるなんて話も聞くが、ここでは、あくまで天使からのメッセージとして紹介する。

スピリチュアルな世界に馴染みのある人には、おなじみのエンジェルナンバーだけど、これについては私は全く知らなかった。
ある時から、私のサポートチームは「そろそろこの人と直接やり取りする時期に入ったね。まずは数字でコンタクトを取ることにしよう」となったみたいで、
私に何とか数字に興味を持ってもらうために彼らの作戦が始まった。

まず、SNSである人が頻繁に「ぞろ目」をアップするようになる。
「今日も8888のナンバープレートみちゃいました^^ そのすぐ後に9999!なんかすごーい!」
こういう極めて明るく軽い感じの投稿。だがらってどうってことはない。「ただすごい」だけ。後でこの人に聞いたら、「エンジェルナンバー」のことは全く知らなかったらしい。
とにかく、その人はその時期「今日もぞろ目見ちゃいました!」っていうのを頻繁にアップしていた。
それを見て私は「ぞろ目、みんな好きだね~・・?なんでだろ?そういえば結婚式なんかもぞろ目多いよね、知り合いも1122(いい夫婦の日)だったし。語呂合わせか??」と思っていた。

この頃私は、昨日書いた、羽やら天使の絵やらのサプライズ攻撃で「天使」っていうのはいるのかもしれないと思いだしていた。スピリチュアルな現象というのを信じ始めていた。
そんな中、「指令」は突然やってきた。
夜寝ていたら、突然、目を閉じたまま意識が戻った。そしてあるビジョンが見えてきた。それは私が寝ている部屋の窓から私を見る視点。その視点は窓を通り抜けて、
すーーっと私が寝ている足元まで、まるで紙飛行機にカメラを載せているような映像で近づいてきた。そのビジョンの中に私の寝ている左側の枕元にブルーの星のような強い光がピカーっと光っているのが見えて「はっ」と目が覚めた。
目が覚めてびっくりし、急いで枕元の左に手をやるとそこにはスマホが置いてあった。スマホを手に取り時間を見るとなんと「1:22」。
「え・・」と思った瞬間「1:23」に変わった。
すぐに23分に変わったってところに、ますます不思議を感じた。この後、自分で続々とぞろ目を発見することになり、ついにスマホで検索するようになってしまった。
サポートチームの思うつぼ…^^;
そこで「エンジェルナンバー」っていうのを知り、それにはいろいろ意味があるっていうのを知った。

その後、「自分でチャネリングをできるようになる必要があるのかも」って思いだしていた時期のこと。
そうはいっても、やっぱりどうしても、「時間もないし、そんなばかばかしいことにお金なんて払えないよ」っていう「常識ある自分」が勝ちそうになった時のことだった。
ひざびさに、「あああ=====!!!!!もういいやだ====!!!!!」ってことが起こって、
あまりの怒りで「もういやだ!いやだ!いやだ!こんなことするぐらいだったら、チャネリングでもなんでも習ってやる!絶対この状況から抜け出してやる!そのためにはなんでもしてやる===!!!!だから、天使でも神様でも、いるんだったらなんとかしてくれ!!」
って思って、その後「はあ!何やってんだわたしは><」っと若干ヒステリー気味にスマホを取り出し「今何時だ?」って見たら、「17:44」。。。
「シーン」っとなって、そのまま「エンジェルナンバー744」を検索すると、、
「エンジェルナンバー744:大天使と天使界は天が導く道に従ったあなたを祝福しています。彼らはここにいて、必要な時にはいつでも助けてくれます」
「シーン。。。。。。。降参…」
ということで、チャネリングを習うことになってしまった。
その後も、時期によってよく見る数字が変わり、今でもチラチラみる。最近は、大体ナンバーの意味も大まかには分かっているから「44」を見ると「あ、天使が応援してくれてる」とか
「222」を見ると「お、順調なのか」とか、ちょっとした「声かけ」みたいになってる。

もし、最近気になる数字なんかがあれば、検索すると思わぬ情報やメッセージに導かれるかもしれないですよ^^
テクノロジーの進化と情報化社会のなせるわざ…^^;

by atelierkei-0520 | 2016-08-12 13:46 | ◇サイン

天使たちのサイン

f0362457_12262585.jpg


先日会った友人がこんなことを言っていた。
「実はね、この前こういうことがあって、それは○○だと思ったの。あ、でもその前に○○を見たから、そのせいで○○って思っちゃったのかも。
ほんとは違うかもしれない、、どうなんだろうね^^;」
こういう話、よく聞くし、私もよく思っていた。
「偶然だ」とか「こんな風に感じるのは前の日のあの話の影響だろう。そう思いたいだけだ」とか。

でもね、実はこれ、天使やガイドさんたち「サポートチーム」の「やり口」だったりするのだ。
彼らは、いつも私たちのことを見ていて、どうやったら私たちが必要なものに辿り着けるか頭を捻っている。
その中で圧倒的に多いのが、事前に可能性や情報を私たちの脳にインプットし、その後シンクロ的出来事を起こして私たちに気づかせるというやり方。

例えば「天使は存在するのか」の場合。
これは私も実際にされたこと。
まずは、ネットサーフィンをしてたら、なんか「天使」がどうのというブログに辿り着く。
そこには、「天使は存在します^^」とあり、天使からのポジティブなメッセージとして「彼らがそばにいるよ」っていう意味でよく使われるサインがあるという。
そして「天使からのサインには、部屋に真っ白い羽が落ちていたり、外で天から白い羽が落ちてきたりします」とか、
「天使の羽の形の雲が空に浮かんでいます」とか、「たまたま入ったカフェの壁に天使の絵が飾ってありました~」っていうのが天使からのサインだと書いてある。
私はこれを読んだとき「ずいぶんおめでたいな~^^;」と思った。だって全部たまたまじゃん。そんなの多分普通にあるよって思った。

ところが、この時点で、私の脳の中に「天使からのサインの可能性があるもの」として、「羽」とか「雲」とか「絵」とかがインプットされてしまった。
この時点では、サポートチームにとってはこれで十分。

この後、天使はものすごいタイミングで、この「羽」やら「絵」を使ってくる。
私は実際「ひええええええええっ」となった。それでも、強情に「いやいや!やっぱりちがうよ、そんなことないよ、気のせいだよ><」ってスルーしようとすると、また「ジャジャーン」ともう一手。

元々、今私たちが持っている天使のイメージも人が作ったものと言われている。
天使のエネルギー体は確かに存在するけど、そこまで形がしっかり決まっているわけではなく、大昔の人が天使のエネルギーと接触した時に、「なんか後ろに大きな羽みたいなのがあるぞ」とか「なんか頭の上に光があるぞ」っていうキャッチしたおぼろげなイメージをみんなに伝えるために形にした時、「羽」や「天使の輪」となったようだ。

そして今では「天使」と言えば「羽」とか、天使の姿ってこんな感じって、みんなの脳の中にインプットされているので、
天使たちは自分たちからのサインとして「羽」とか「天使の絵」とか「天使の像」なんかを便利に使う。


チャネリングやビジョンが見えても、達人は別として、やっぱりどこか「妄想かも」って思うこともあって、そういう時にこの3次元の確かな「シンクロ」があると、ものすごく助かるっていうのが本音。それがあると「ちゃんと受け取ってるみたい」となれる。
実際、空から白い羽が落ちてきたこともあって、その時は「これでいいんだ」って泣けた^^;

今はインターネットが普及していて、なんでもすぐ調べられるし、みんながいろんな情報を発信している。これも天使たちにとっては都合のいい時代に入ってきたようだ。
だってその人の意識を「そっち」に向ければ、その人はすぐに「検索」して必要な情報に辿り着くことができる。
チャネリングやビジョンを見たりっていうことなんかできなくても、自分で魂の目的に必要な情報をゲットできる。

だから、「なんか○○を頻繁に見かけるな」とか「○○がなんか気になる」っていう場合は、
サポートチームからの「そっち」に意識を向けてみてっていうサインかもしれない。
もちろん、この記事を読んだ人の頭には、「羽」やら「羽の雲」やら「天使の絵」やらが天使からのサインの「可能性」があるってインプットされてしまったので、「サポートチーム」はそれも使ってくるかも^^
天使からのサインの意味は、「大丈夫」とか「それでいいよ」とか「お疲れさん」とか、私たちを応援するメッセージ。
それを見つけたとき自分がどう感じるか、その感じたものが天使からのメッセージ。

もし、それを見つけたら、自分は「一人じゃない」ってことを思い出してみてください。

関連記事
「魂のサポートチームについて2」





by atelierkei-0520 | 2016-08-11 09:51 | ◇サイン

お釈迦様が教えてくれたこと

f0362457_20205355.jpg

私は以前どうしても自分の人生に対して怒りが収まらなくて、「とにかく怒ってみよう」と思ったことがあった。
結果、それが意識の覚醒に繋がったわけだけど、その時に「絶対にしてはいけないこと」って言うのをお釈迦さまから教えてもらったことがある。
まだチャネリングなんかは出来なかった時の話。

怒ってみようと思っていろいろやった。泣きながら怒ってみた。腹が立っていることを全部言葉にして出してみた。洗濯物を投げたり、床を叩いたりもした。
助けてくれない神様や仏さまに罵詈雑言を投げつけた。言いたいことを全部言った。
神様や仏さまは怒らなかった。
私は恥ずかしいので、これらは全部人のいないところでやっていたんだけど、だんだん調子に乗ってきてこの怒りを、怒りの対象の人にぶつけようとした。
どれだけ私がが怒ってるのかを知らせてやろうと思って。そしてその人がどれだけひどい奴か分からせてやろうと思った。
ストレートに堂々と自分の意見を言うっていう形だったのなら、また別だったんだろうけど、私が選んだ方法は「狡猾に匂わせる」っていうやり方だった。
つまり「実はこんなに傷ついてるんだぞ、知ってたか!」っていうのを相手の後ろから突き刺すみたいなやり方をしようとした。

それをしようとした途端、「やめなさい」というメッセージが初めてやってきた。
その時、それはたまたまテレビをつけた時に映った「星占い」という形でやってきた。
星占いの内容は私だけに向けたようなストレートな表現ではなかったけど、明らかに私がしようとしていることに対して、「やめなさい」というメッセージだと取れるような内容だった。
私は「はっ」として、寸前でやめた。

次の日、SNSで上がってきていた記事にこんなものがあって、思わず読んだ。
「お釈迦さまと悪口男」
この記事の内容は、人に悪口を言われても気にしなければいいってことだけど、私の心に突き刺さったのは「自分が放った言葉は自分に返ってくる」って方だった。
これを読んだとき、お釈迦さまから「自分のネガティブな感情を生きている人に向けることだけはやめなさい。それは直ちに何倍もの大きさになってあなたに跳ね返ってきますよ」
と言われた気がした。
そして、こうも思った。「お釈迦さまは、私のために言っている」
神様や仏さまはいるのかもしれない。そう思った出来事だった。

私たちが体験しているネガティブな現象は、状況や人が原因で起こっているわけではない。
「私たちが体験することを選んだ」為に、状況や人が関わってくる。
このことは、忘れてはいけないとても大切なこと。
でないと「浄化」しているつもりが、「カルマ」を増やしてしまう恐れがある。本末転倒^^;

今日はものすごくいいお天気だった。しかも今日の空は昨日とはまたレベルの違う感じだった。
明日はライオンズゲートのエネルギー最大の日。いよいよ本番なのかなって空だった。

このエピソードをいつ紹介しようかと思っていたら、先日同じSNSで全く知らない人が「悪口を言われた釈迦の対応」っていうのでアップしているのを発見^^

「おっ!そろそろですか~^^」と感じた。
やっぱりこのブログは一人で書いてるんじゃないなと感じる瞬間でした。

今日はアップが遅くなってしまった、いつも読んでくださっている人、お待たせしました^^;

by atelierkei-0520 | 2016-08-07 20:23 | ◇サイン