アトリエkeiのスピリチュアルなシェアノート

keiatelier.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2019年 08月 09日 ( 1 )

ライオンズゲートのエネルギーは続く…

f0362457_21392635.jpg
今日もすさまじいエネルギーでした。
今日は、ついに前歯が入りました。やっとこちらも完了。。
エネルギーの強い日に、何故かいつも歯医者の椅子で口を開けられ放置されるのですが、今日はなんど寝落ちしそうになったかわかりません。一度なんか足が10センチぐらい持ち上がるほど、痙攣(?ビクン!となるやつ)し、自分でも電気が走ったのか??と驚いてしまいました。

自分史上最も高価な前歯を装着しながら、今日もやっています「12のステップ」。
いや~、これは本当にすごいかもしれません。
今日は歯医者の帰り、上からのエネルギーがすごく強く入ってくる時に起こる「頭痛」が久々に始まってきました。
こういう頭痛が起こる時は、入ってくるエネルギーに対して「流す」作業がうまくいっていないときに起こります。
昨日は一日中「12のステップ」をやっていたせいなのか頭痛は起きなかったので、帰ってすぐにまた「12のステップ」を始めると、不思議なことに頭痛はぴたりと止みました。
やはり「12のステップ」の浄化力は半端ないなと感じる出来事でした。

そして、今日は「ホ・オポノポノ」のやり方というか、コツというか、そういうものがはじめてわかった日ともなりました。
昨日の時点ではとにかく「12のステップ」を理解し落とし込むところまででしたが、この「ホ・オポノポノ」の真髄といってもいいかもしれないとても重要なものが掴めたのです。
不思議なものですが「真髄」というものは掴んで初めてそれとわかるんですね。
だから昨日の時点では全くそこは意識になかったんですσ^_^;

「ホ・オポノポノ」「12のステップ」などの話の中でよく出てくるフレーズがあります。
それは、目の前に提示されるものに対しての自分への問いかけです。

「自分の中の何がこれを見せているのだろうか?」
これに対する気づきが実はものすごく強い浄化を起こします。
そして結果、様々なブロックを取っていくのです。

以前「自分の中の何がこれを見せているのだろうか?」というフレーズを見たときは、それなりにそれに沿って考えてみたものの、またそれっぽい答えのようなものを掴んだつもりにはなったものの、「ふーん」とか「そうか~そうかもね」ぐらのちょっと感動が薄い感じでした。
今考えると、以前の私にはこの答えを導き出すには気づきが足りなかったと言うか、意味がわかっていなかったために、答えにはたどりつけていなかったように思います。

でも今日はこの気づきを導き出すコツみたいなのがわかったのです。
それはもう、長年の霧が晴れていく感覚で、自分でもびっくりな発見がいくつかありました。
で、こうなってくると不思議なのですが、あんなに昨日まで悔悟の大泣き作業だったこの工程が、どことなくワクワクすると言うか、
「自分の中には何が埋まっているのだろう」といまるで推理小説を読むかのような楽しみまで感じてしまうようになってきました。
ただ、推理小説なんていうと、「左脳的な思考」で考えていくように思われると思うのですが、実際は全く違います。
作業は完全に「右脳的ひらめき」で進めていきます。
「右脳的なひらめき」と言うのは、やっぱりある程度訓練でもあるので、スピリットたちとのコミュニケーションが活かされているのかもしれません^^

私は、「12のステップ」の祈りの時には必ず天使たちにも傍にいてもらい、一緒に祈ってもらったり、私から出て行くエネルギーを浄化してねとお願いしています。
大天使ミカエルには私が自分の中の真実にたどり着けるようにサポートもお願いしています。

「ホ・オポノポノ」でアプローチするのは私たちの心の奥底です。だからそこに触れることができるのは私たち自身だけで、天使たちはそこに手を突っ込んでかき回すことはできません。
だからプロセス自体は自分自身でやらねばなりませんが、それをやるときの周辺のサポートは素晴らしく効果的に手伝ってくれるのです。
私がこんなにも短期間にいろんな気づきを得れたのは、天使たちのおかげだと思っています。

今日、一つ大きなブロックが外れたのですが、少し不思議なことが起こりました。
今年の初めからずっと顔の神経痛でご飯を食べるのに苦労していた父が、夜ご飯をスムーズに食べていたのです。
不思議ですね~^^


by atelierkei-0520 | 2019-08-09 22:40 | ◇つぶやき