じぶんを知ろう♪アトリエkeiのスピリチュアルなシェアノート

keiatelier.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2019年 01月 10日 ( 1 )

「ガブリエル」コール・学びが始まる時

「ガブリエル」コール・学びが始まる時_f0362457_20505521.jpg
「大天使ガブリエル」
この天使と始めてあった時の衝撃はわすれられない。
この話をいつか書こうと思いながらも、なぜか書くタイミングがなんとなくいつも「今じゃない」感じがして、ずっと置いておいた。
ところが、ここ最近「大天使ガブリエル」を振り返るタイミングが続き、昨日の出来事で「今かもしれない」と感じることがあった。

それは私がこんなブログを書いているなんてことを全く知らない知人が何気ない自分の昔話をしている時に、大天使ガブリエルの名前を口にした時だった。スピリチュアルとは全く関係のない話をしている時にその人の口から大きな声ではっきりと「大天使ガブリエル」という音が出てきた時、私の頭の中で何か鐘のようなものが鳴り響くようなそんな感じがあって、ちょっと呆然とした。
そして、こう思った。
「あ~、この人は言っちゃったよ、ガブリエルって言っちゃった、しかも私(天使を知っている)=証人の前で言っちゃった…」と。
その後、ドカーンとこういう考えが降りてきた。
「あ~、そういうことか…そうだったのか。。大天使ガブリエル。だからあの時から私の学びが始まったんだ…」と。

大天使の名前にはその響き自体に何かを起動させる「コード」の役割があるように思う。
「ガブリエル」の場合は見えない世界への学びが始まる合図。

私がこの合図を受け取ったのは自身のハイヤーセルフと「なんちゃって瞑想」の時に初めて会った直後だった。
自己流瞑想の中で奇しくも自分の「ハイヤーセルフ」と交流してしまった私はその後調子に乗って何度も「なんちゃって瞑想」を繰り返していた。そんなある日、天使なんてまったく信じていない私の「なんちゃって瞑想」の中に「ガブリエル」はやってきた。

ものすごくしっかりとした音ではない何かで頭の頂点から背骨にずどーーーんと伝わるあの
「ガブリエル」
という感覚。

天使というものが本当にいるのだと知ったあの日から、私のスピリチュアルの学びは始まった気がしています。

今この「ガブリエル」をここに書くのは、何だかそういう時期が来ている気がするから。
なんだか沢山の人が、これからこの「ガブリエル」という天使と関わっていく気がするから。

もしスピリチュアルな学びを始めたいと思うのなら、声をだしてこの天使の名前を呼んでみるといいかもしれない。
「大天使ガブリエル」
この響きは、きっと何かを起動させると感じています。



by atelierkei-0520 | 2019-01-10 21:17 | ◇日々の気づき