アトリエkeiのスピリチュアルなシェアノート

keiatelier.exblog.jp
ブログトップ

2018年 11月 03日 ( 1 )

人の幸せ

f0362457_20235044.jpg
最近しみじみ思う。
人って、大きいことから些細なことまで、自分自身のあらゆる事を本当の意味で自分で決めることが出来ると満足するんじゃないかって。
それが出来ると、自分の人生がとても大切で日々が充実してくるんじゃないかと。
そしてね、それがこの3次元での「幸せ」ってことなのかもしれない。

本当の意味で「自分で決める」って案外出来てないことが多い。
それは自分の心に正直に、常に小さな自分の心のそこにある声に耳を傾けて決断するってことだから。
人は何かを決めるとき、何か人や状況を理由に決めることも多い。
そういう時は、自分自身で決めることを放棄していることがほとんどで、その決定にはたいがい、恐怖や不安があったり、怒りがあったり、または無関心があったりで、その結果に対しては、それが気に喰わなかったときに、どんなにかっこつけていても、心の奥底に強い不満が残る。

だから、私は、最近は自分で何かを決められないときは、「今は決めない」を選択する。
先日も些細なことだけど、スマホの機種変更をどの機種にするか決められなかったとき、今回の機種変更の流れは自分のエネルギーが変わったからだと思っていたので、「決められない」がストレスになりだしたときがあった。
そうなってきたときに、最近はぱったりとなくなっていた、でも昔は時々よく起こっていた「え~、やだな」と感じることが久々に起こった。
そのときに、ふと、「今エネルギーが変わるときで、その流れになっているのに、いつまでもスマホを変えないから、古いタイムラインで起こっていたことが自分の目の前でまた起こっているんだろうか」と思った。
それはまるで「スマホを変えなかったら、あなたは自分が期待する世界にはいけません」といわれているみたいで、一瞬あせった。
でもこれって、まるで宇宙に脅されてるみたいだよね。
でも、宇宙は絶対に脅したりはしない。なぜなら、全てはあるがまま受け入れられるのが宇宙だから。
こういうときは自分の中のどこかに「恐怖」がある。
「恐怖」がどこにあるのかはどうでもいい。でも大切なのは自分には今「恐怖」があるってことをちゃんと知ることだと思う。
で、私はこういう風に自分の中に「恐怖」があるときは「決めない」のだ。

そのかわり、こうも思った。
「沢山の選択肢の中で、決められないって言うのは、それは今は"迷いたい"ってことだ」と。
「そうだ、だから、今はとことん迷おう♪"迷う"を楽しもう♪」と。
だから、弟に聞いたり、カードを引いたり。
そうしたら、めちゃめちゃ楽しくなってきて、ブログの記事にもなっちゃって、「決められない」時間は気がつくと決めるためのちょ~楽しい時間になってしまった。
スマホの機種変更も、12月まで待たなくても5000円くらいを余分に払えば「今」できた。
「今しかないかもよ」って言う波に乗れないかもしれないと不安に思う自分が「5000円くらい払っちゃえ!」と言わなかったわけではなけいけど、もう一人の3次元的に堅実な自分も同時にいて、その私は「いや~…、5000円って馬鹿にできんよ。。せっかくのお得プランなんだから最後までお得は受け取りたいよ」というので、その声の裏に「恐怖」のない後者の声をとった。
で、上には「とにかく私は、ここは堅実に行きたいんだよ。だから後の12月までの調整はそっちでしてね、よろしく~^^」とお願いした。

なんてことない決定なんだけど、私はこういうのが「決める」ってことかなと思っている。
「高い波動の自分だったらどうするか」なんかじゃ決めない。
そうじゃなくて、いろんな自分の声をちゃんと聞いて、その中で、本当に自分がしたいことを選ぶ。
そうするとね、自分が決定した選択の結果がどうであれ、その選択に後悔はしても「不満」は残らない。
ちゃんと受け入れることができるんだ。
でね、これがなんか「自信」になっていく。自分を少しづつ信頼できるようになっていく。
そして、朝起きると、今日生きてるってことがなんとなく嬉しくて、また同じような一日なのに、なんだか幸せなんだ。
たぶん、自分が自分の人生を生きてるってなんとなく感じられているのかもしれない。

人はもしかしたら、「決める」ためにこの世に生まれてくるのかも。
もしかしたら、したいことってそれだけのことなのかもしれない。
そう思うのでした。

今週もお疲れ様でした^^


[PR]
by atelierkei-0520 | 2018-11-03 21:18 | つぶやき