アトリエkeiのスピリチュアルなシェアノート

keiatelier.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 02月 24日 ( 1 )

只今勉強中…

f0362457_09552394.jpg
ここ数日、最近の流れが集結しつつあって、またいろんなことを学ぶというか、確認しているところ。
「あ~、ここにくるのかあ」としみじみしてしまう。
それが、「現実」との向き合い方。
スピリチュアルに目覚めると、「現実」についての認識が変わる。それは目に見えない世界がどれだけこの現実に影響してるかってところで、そこについてどんどん知りたくなって、そこを追求していく。
「自分の内側が外側に現象化する」
それはそうのとおりなんだけど、スピリチュアルも1周ると全体像が見えてきて、それは当初の「内側→外側、内側→外側、内側→外側」という繰り返しの認識とはまた少し違ってくる。
見えてくるのは「回転している」という視点だ。
「内側→外側、内側→外側、内側→外側」
ではなく、
「内側→外側→内側→外側→内側→外側…」という感じ。

去年の暮ぐらいから、正確にはもうちょっと前かな、私は「体」に物凄く興味を持っていた。
そこを知りたくて、いろいろ試したり、それなりの手ごたえがあったり。
でも1か月ほど前にそこを追求できなくなった。それ以上は行けなくなったのだ。
そして今は「言葉」を勉強するように勧められて、そこをやろうとしている。
で、この短い投稿でそこのところを上手く説明できないのだけど、今回の流れで私が見ようとしているところが見えてきた。
「現実との向き合い方」そんなところなんだけど、具体的には、「体」のこと「細胞」のこと、そして「言葉」の力、それらがどう連動しているのか。なぜ連動しているのか。
そんなことだ。
繋がるきっかけはうちのワンコが持ってきてくれた。
3日ほど前にワンコの目がおかしくなった。「角膜潰瘍」という角膜に傷がついて傷が大きくなって、角膜が陥没してしまう外傷だった。
でここ数日大変だった。本当に、スピリチュアルに対しても「なんだ!結局何にもしてくれないじゃないか!!」的に気持ちが荒れたんだけど、いやいや、やっぱりものすごく深い気づきがそこにはあって、そうしてやっぱり気が付くのは「スピリチュアル」という目に見えない世界に対する本当のところの「理解」だった。
この理解がないと、こっちに目覚めた人は、そうではない人たちが心配するいわゆる「イタイ人」になってしまう。
いわゆる常識的な人達が胡散臭がる「スピリチュアル」とは、本当はそこのところの理解がちゃんと定まっていない世界観なんだな~と思う。
「スピリチュアル」とは本当はとても現実的だ。
今は世の中では
①「目に見えない世界のことはよくわからないから、現実を考える時はそこは考えない」という考え方と
②「現実よりも目に見えない世界の方が本当だから、どちらかというとそっちの世界の方を見ていきたい」という考え方と
③「目に見えない世界も見える世界も両方が“自分の現実“である」という考え方が混在している。

③はものすごく実は①以上に「現実的」だと私は思っている。
もともとそこのところはよく理解していたつもりなんだけど、今回は「ワンコ、失明の危機」というのと向き合って、自分の中で曖昧だったところが浮き上がり、そこを再確認することとなった。
今回も沢山の存在からのサポートを受けたのだけど、その中でも一番心に来たのは「イエスさま」というエネルギーと関わったことだった。
この辺のこと、いろんな気づきを書きたいのだけれど、下手をすると誤解を招くことにもなりかねないので、もうちょっとしっかり書ける時に書いていきたいと思います。
ワンコの目はとりあえずは目の疾患を専門としている獣医さんを見つけ、そこで言われた通りに只今治療中です。
「エリザベスカーラー」とういちょっと笑える襟巻をつけて、そのプラスチックの襟巻を物ともせず、「ガツンガツン」言わせながら自分のやりたいことに向かってまっしぐらのワンコを見ると、おっとりしていて怖がりなくせに、こういうところは図太いという彼女に飼い主バカ的なんですけど、頭が下がる思いです^^;
とにかく1週間の間、ほぼ1時間に1回の割合で目薬を差しまくるんですが、飼い主として全力でやりたいと思っています。
いろいろ教えてくれてありがとう、ルナ!
(※写真はうちのルナではありません^^;)

それでは、皆さま今週もお疲れさまでした!
面白い発見もあったので、また少しづつシェアしたいと思います^^

by atelierkei-0520 | 2018-02-24 09:56 | ◇つぶやき