アトリエkeiのスピリチュアルなシェアノート

keiatelier.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2016年 07月 25日 ( 1 )

すべてはベストタイミング

f0362457_10175070.jpg
ここ何日か、大天使ラファエルの言葉を載せてみた。
これらは、今年の2月から3月に連続でチャネリングをした時の内容を記録したもので、昨日の⑨番でなんとなくこの流れのチャネリングは終了っていう感じがして、それ以降は個別の質問は別にして、こう言う形ではラファエルさんに話は聞いていない。
なぜか、突然この内容を載せないといけないっていうか、それ以外は思いつかないっていうか、そんな感じだったので載せてみたんだけど、それがこんなにバッチリなタイミングなのに、ちょっとビックリしている。

なぜなら、今日は7月25日!
今日から8月中旬くらいまで、また宇宙からの膨大なエネルギーが地球に降り注ぐ日が続くらしい。
正確かどうかはわからないが、今日は「嵐の前の静けさ」みたいな日で、明日からが本番みたいな情報を目にした。
こういうことを、なぜブログに書くのかっていうと、自分の精神状態や体調なんかが、この宇宙からのエネルギーっていう情報に、不思議とリンクするから。
これに気が付いてから、自分の中の状態に対する「焦り」みたいなのが緩和されて、「しょうがないな~」と思えるようになって、そう思えるようになると、不思議と紋々とする時間が短くて済むようになった。


膨大なエネルギーが宇宙から降り注ぐとき、地球上にいる私たちも当然そのエネルギーを受ける。
この時何が起こるかを説明すると、例えるとこんな感じ。

私たちの体を湯呑やコップだと思ってもらいたい。
湯呑の中には緑茶が入っている。緑茶は私たちの魂から分離したエネルギー「自分」
湯呑のそこには、長い間そのままにしていたせいか、緑茶のお茶の成分の濃い部分が沈殿している。
この濃い部分は先に説明したローセルフが持っている宇宙に返すべき「要素」。
ここに、上からまっさらな水が一直線に器に入ってくる。このまっさらな水が宇宙からのエネルギー。

真上から注がれた水は湯呑の底に溜まった濃いお茶の成分を巻き上げる。
この時心がいつも以上に「イライラ」「むかむか」したりする。普通だったら我慢できるのに、なぜか「切れたり」する。
そして今度はその緑茶の濃い成分ごと外に溢れ出す。この時、実際に生活の中で「嫌なこと」「とんでもないこと」が起こったり体調が悪くなったりする。
いわゆる「毒出し」が起こっている。
でもね、このまっさらな水の流入を受け入れると、湯呑の中身は限りなく純粋な水に近くなる。
アセンションの初めの段階ではこれを繰り返し、私たちは自分の器の中身を限りなく透明な水にしようとする。宇宙からのエネルギーを利用するんだよね。
ただ、「緑茶」が悪いわけではない。「緑茶」、おいしいもんね、ちょっと苦いのがまたよかったりする。
だから私たちの中には、この宇宙からのまっさらな水を「受けない」っていう選択をする人もいて、その人たちはあえて「蓋」をする。
まだ、そんなしんどい思いをしたくないっていう準備不足の人もいて、そういう人も今は「蓋」を選択するかもしれない。
どっちでもいいのです。
どんな道を選択するかは完全に自由だから。

でも、今、自分をとことん整理する動きに入っていたり、イライラしたり、むかむかしたり、そういうことがあっても、自分を責める必要はないと思う。

ちょっと運が悪くなったりもするかも、間に合うはずの電車に乗れない!とか(笑)
こういう場合も命にかかわる状況とかでなければ、必要以上に慌てない。

体調にでるかもしれない。治まっていたアレルギーが出てきた!とか。いろいろ。
こう言う場合は、ちゃんと「病院に行く」とか、必要な三次元的なケアをして、自分をいたわる。

あんまりそういうことないな~って人は、アセンションに乗れてないのかもって焦る必要はないと思う。たぶん、このブログを読んでるってことはちゃんと乗ってる。
今回は大きな理由で、見送っているのかもしれないし。
もしかしたらもう器の中見はかなりきれいな水になっていて、あふれているのは綺麗な水なのかもしれない。
このタイプの人は、この宇宙のエネルギーを受けて、あふれ出るのも美しいエネルギーなので、反対に穏やかな幸せをいつも以上に感じるかもしれません。
これまで載せてきた大天使ラファエルの言葉はまさにこの時期に向けられた言葉だと感じている。

明日は大天使ラファエルのこの時期のことを話してくれた回を紹介します^^

by atelierkei-0520 | 2016-07-25 10:17 | ◇日々の気づき