じぶんを知ろう♪アトリエkeiのスピリチュアルなシェアノート

keiatelier.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

いよいよ始まった、ワンネスへの回帰

いよいよ始まった、ワンネスへの回帰_f0362457_23354418.jpg
二日ほど前、あるニュースを見た。

新型ウイルスに感染している可能性があるといって隔離されている人々を、何とか勇気付けようとするいろんな人たちの話だった。
「がんばれ」と言うメッセージを隔離されている人々がいる施設の前にある砂浜に、彼らが読めるように大きく書く人たちがいたり、
ユーチューブで彼らを元気付けようと動画を投稿する人がいるとか。

一方で、このウイルスで起こっているパニックの映像が流れたり、アジア圏の人があからさまに嫌がらせを受けているなんて話を聞いたりもした。

まさに、今私たちは「次元の狭間」にいると思う。

今回のこのウイルスについては、いろんなことがささやかれているけど、大事なのは、そこじゃないと思う。
私たちは、宇宙から、この事態にどう対処するのかを見られている。

求められているのは、「ワンネス」という意識への脱皮。

「ワンネス」って何か。

その入り口は、
「相手の立場に立って物を見ることができるか」
「相手の立場に立って物を感じることができるか」

そうして、その気持ちを理解し寄り添う気持ちを持てるか。

「感染してしまった人たちの気持ち」「感染してるかもしれないと感じている人の気持ち」「その家族や周りの人の気持ち」

そして
「ウイルスの気持ち」

このウイルスが、どうしてこの世界に生まれてきたのか。そして、どうして今、人の体に取り込まれているのか。

私は、このウイルスを沈静化させるのは、「人の体」と「人の心」だと思っている。
何故ならこのウイルスは、「人」の為に生まれてきたから。
ウイルスを取り込んだ人々にどう接するのかが大切なんだ。
そして、ウイルスと自分が一緒になった時、自分自身にどう向き合うかが大事。

このウイルスだけじゃない。
私たちの目の前に、いつも当たり前のようにあるものたち。食べ物、水、洋服、家、街、植物、全て。
そういった全てのものの気持ちを感じてみること。知ること。

今求められているのは、そういうことなのだと思っている。


by atelierkei-0520 | 2020-02-11 23:42 | ◇つぶやき