じぶんを知ろう♪アトリエkeiのスピリチュアルなシェアノート

keiatelier.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

エネルギー変換の日

f0362457_23012601.jpg

9月9日から、私はある本を読んでいました。
その本についてはここでは紹介できません。
なぜなら、とても危険な面があると感じたからです。でもこの本は、私の魂を回顧の旅に誘う形になりました。


私のライフワークになりつつある「ホ・オポノポノ」
それは本当にシンプルでパワフルです。

でも「ホ・オポノポノ」の元になった歴史の方に、私が拒否反応を起こす「負の記憶」があることに私は気がつきました。

エジプトを起源とする高い波動を利用して行なうエネルギーワークは、その後世界に散らばって行き、土地に土着して行く中で、いろんなものが混ざりました。
そこには人々の低くなって行く意識も当然加わって、とても重たいものになっていきました。

エネルギーワークは人々を助けもしましたが、それによって人を殺めることもできました。
だから、力を手に入れた人たちはそれを使って、霊や人を「恐怖」で縛り付けていったのです。
そして今回初めて知りましたが、人々のそういった低い思考のエネルギーに引き寄せられたのか、または地球自身が低い波動だったからなのか、なんと神々までもが、「低い自己」を持ち、その土地に存在することもあったようなのです。

私が、本を読んでいる時に向き合っていたのは「怒り」でした。
こういった理不尽なエネルギーの使い方が本来とかけ離れていることに、失望と怒りを感じました。
そして「軽蔑」も感じました。
私はスピリチュアルを声高に叫び、人を集めてもっともらしい話をする人たちに対して、その内容がどんなにいいことであっても、どこか受け入れられないところがあるのですが、おそらくここからくる「軽蔑」の気持ちだったのかもしれません。

私は、エジプト時代に巫女のようなことをしていた記憶があります。
高い意識と暖かい愛の気持ちで奉仕していました。そしてポリネシア辺りやネイティブアメリカンのような時代もあったと思います。
おそらく、エジプトの意識を心の深いところで持ったまま、低い意識のシャーマニズムが支配する土地に転生したときに、大きく失望し疑問を持って傷ついた時代があると思います。
そうして、その記憶を持ったあと、おそらく、私は「迫害する側」になったと感じています。
私の魂の記憶は、どうしても許せなかったのです。
そういう「呪術」のようなものを使うものたちは、うそばかりついて、人をがんじがらめにすると。
怖くもあったと思います。
なぜなら、その「呪術」は本当に人を光から遠ざけ監獄のような真っ暗なところに入れてしまえると知っていたからです。

自分の過去世に教会に奉仕していたのは何故なのかや、教会のダークサイドに利用されたのは何故なのかを知った気がしています。
私の心の中にあった「シャーマニズム」への怒りがそこに向かっていたのだと思います。

私は今回、この時の感情をクリーニングしました。
けれど、本当に必要だったのは、この後の手放しだったと思います。

今日はまた体が重くなっていました。
自分の体に対しての思いをクリーニングしていた時、ふとこんな声がきこえました。
「疲れた」と。
そしてこんなインスピレーションがきました。
これは疲労感、修行の疲労感だ。と。
そして次の瞬間、私はこの本を読んだ本当の目的がわかったのです。
全て手放すこと。
この本に書かれている全ての内容を手放すこと。
それが、今の私にもっとも必要なことなのだと。

本の中身には、今までのもやもやとした知識をクリアにしてくれるものがたくさんありました。
少し前私は「体をよくする方法が知りたい!」と宇宙にリクエストして、ある気づきを得たと書きました。
その時に気づいたそのままのことが、そこには記されていて、私はそこを読んだ時、「やっぱり!」と思いました。
そして、この本に書かれていることをもっと理解できるようになれば、今までできるようになりたいと思っていたことが叶うかもしれないと思いました。
少し前の私だったら、もしかしたら心に感じる違和感を無視してこの本の虜になっていたかもしれません。

でも気がつきました。
「これは違う」と。
何が違うのかと聞かれたら、意識の置き方が違うということかもしれません。
モノを見ているそもそもの視点が違うといっていいのかもしれません。
本が見ている視点の高さは、3次元です。元の私がまさしく持っていた視点。
でも、今の私は違う視点にいるので、どうしてもその視点が受け入れられませんでした。
そうして、私がこの本にたどり着いた理由に、もっと他の目的があったことに気がついたのです。

それは自分の魂の歴史を知ること。
そして、その時に抱えたたくさんのものを今手放すこと。


「本にあった全ての方法と記憶を私は手放し解放します。
全てを可能にするのはただ一つ“愛”です。その事実を受け入れます」

そういう祈りが、心の奥から出てきたのでした。

スピを始めてから、ずっと私を突き動かしていたのは、「何故なのか知りたい!」でした。
「なぜ?」「どうして?」
もしかしたら、ここからやっと解放されるのかもしれません。

明日は「うお座満月」
生徒さんの話によると、感情や情緒面の浄化を促してくれるとか。
ネットで調べると、うお座は癒しや解放を司る星座で、痛みや悲しみも全てを受け入れ溶かし、新たな生命エネルギーへと変えていく力を持っているそうです。

「ホ・オポノポノ」でも手放した「記憶」は新たな生命エネルギーへと変換されるとあります。
私たちは、今の自分にとって必要のないものは新しいエネルギーへと変えていけるのです。
それは裏返せば、自分を悩ますその感情のエネルギーは、自分にとってはかけがえのないエネルギーだということです。

やっぱり宇宙の流れは完璧なようです^^


by atelierkei-0520 | 2019-09-13 23:12 | ◇つぶやき