アトリエkeiのスピリチュアルなシェアノート

keiatelier.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

物語も完結へ…



今日、お友達からこの動画が届きました。
あ~、ついに完結。。。
今年、このタイミングで完結するってことにやっぱり「流れ」を感じてしまいます。
今年は日本でも「平成」が終わります。そして、映画の公開は12月ですが、4月28日の新しい時代に向けたエネルギーが降りてくるという情報を知った次の日にこの映画の「完結」の動画を見たのも、やっぱり何かの意図を感じます。

以前もブログで書きましたが、「スターウォーズ」の物語は、集団意識が高い波動領域から低い波動領域に落ちていく時期の話に感じています。
「ジェダイ」という存在はちょうど「降下」が始まったころに生まれた存在なのではないかと想像しています。だから移行が完了すれば「スカイウォーカー」のDNAを経て「ジェダイ」は消えていくのかもしれません。レムリアのように。
「ジェダイ」はとても高い意識を持ってはいますが、全体の意識の中で「光か闇か」という考え方を持っている場合は「3次元」の波動領域に入っていることを示しています。意識が「自分は正義である」とか「正義のために」と思っている限り、必ず「悪」が必要になります。その場合は、「悪役」をあえて引き受ける光の存在が現れ、「対立」は繰り返されます。
「降下」の動きはその後の「上昇」の前触れでもあるのですが、経験の浅い集合意識はそれがわからず、「対立」という次元に落ちていくしかなかったのでしょう。
同じことがアトランティスの時代にも起こったようです。アトランティスでもやはり「降下」の恐怖から「対立」という次元に落ちて行き、崩壊したのではないかなと感じています。

ここに書いているのは、あくまでも私の勝手な妄想ですが、こういう風に書くと、上の二つの例は「アセンションに失敗した」みたいな印象になりますが、私はそういうものでもないような気がしています。

宇宙が繰り返す巨大な「下降」と「上昇」の動きの中で、先の2つの例は「下降期」にあったのではと思うのです。
この時期はとにかく下がるしかなかった、それが本当のところのような気がしてなりません。
この時代を選んで生まれてきた意識たちにとっては宇宙のこの動きを利用した「学び」の一種ではあったと思うのですが、重くなるしかない意識の中で新しい低い波動領域にあわせて移行することは本当に大変なことだったように感じています。

「下降」にしても「上昇」にしても、移行期には必ず周波数に合わないものを手放さなくてはいけなくて、そこにはテクノロジーも入ります。
先日のブログでも書きましたが、テクノロジーも思考も、全てはそのものが持つ周波数にあわせた波動領域に存在します。
それまで当たり前に持っていた高いテクノロジーを手放していくことは、波動が下がっていく中、執着が強くなっていく集合意識にはとても出来なかったことだと思います。
波動の法則は絶対で、周波数の合わないものを無理やり持ち込もうとする時には激しく「クラッシュ」します。「スターウォーズ」のモデルとなった時代やアトランティスではこの「クラッシュ」が起こったのではと思います。

けれど、今、私たちの時代は「上昇期」にあると思っています。それこそが「アセンション」なのだと思うのです。
だから上がるしかないし、テクノロジーもそれにあわせて上がっていきます。そして、意識もたくさんの経験を集合意識に収め、どんどん周波数を上げています。
私たちがしなければいけないことは、古い重たいこれまで自分をがんじがらめにしていた「思い癖」を手放すことです。
そこには高い波動領域からするととんでもなくナンセンスな「3次元的な技術」もあることでしょう。
でも、思うのです。きっと「下降期」よりもずっとずっと楽なはず!って。
だって私たちの手放しの方が「下降期」の人たちの手放しよりずっと受け入れやすいでしょう^^

私たちの魂は、「下降期」の経験を経て今ここにいます。
「スターウォーズ」のモデルとなった時代も、アトランティスも、私たちの集合意識は知っています。
それを心の奥底に持っていて知っているからこそ、私たちは「今できる」とわかっているのだと思います。
大変なことも多いかもしれませんが、私は「できる」と思っています^^

それでは、思いのほか壮大な話になってしまいました^^;
皆さま、今週もお疲れ様でした~♪

今日はものすごくいいお天気で、ワンコと幸せに散歩ができました♪感謝(TT)~♪
f0362457_23425684.jpg




by atelierkei-0520 | 2019-04-13 23:46 | ◇つぶやき