アトリエkeiのスピリチュアルなシェアノート

keiatelier.exblog.jp
ブログトップ

やっと晴れました!!

f0362457_14445261.jpg
4日の投稿を終えた次の日からの大雨、やっと終わりました。私の住んでいるところは、交通は道路、鉄道全てがダウンし、陸の孤島状態でしたが、比較的安全な場所であったため、避難などはせずに自宅にずっと籠っていました。
今は曇ったり晴れたりを繰り返していますが、うだるような暑さが舞い戻ってきています。
そんな中、まだ雨の降っている地域もあり、また今回の豪雨による災害でたくさんの方がつらい思いをされていると思うと、やはりまだまだ祈る気持ちです。
実際に体験している人もそうでない人も、一人一人の人が、この豪雨を通して自分の持っているものと向き合うことになったのだとは思いますが、私もまた、大切な「視点」というか「立ち位置」というものを確かなものにすることになったと感じています。
それは振り返れば、数か月、半年前から自分の中で「もやもや」していたものだったのですが、昨日の夜、「どうしてこんなに傷ついているんだろう。なぜこんな気持ちを味わっているんだろう」と思ってお風呂に入っていると、突然答えがやってきました。今朝、最後の毒出しが終わって、朝ご飯を食べたあと、猛烈に眠くなって、たまらず2時間ほど寝てしまったら、起きるとものすごくスッキリしていました。

スピリチュアルというものに開眼すると、どうも二つの立ち位置があるように感じています。
それはもしかしたら「二つ」なんかではなく、もっとたくさんあるのかもしれないけど、私は「二つ」の間でふらふらとしていました。
二つとは、「宇宙的な視点」と「人間としての視点」です。
スピリチュアルに目覚めたときは「宇宙的な視点」はとても大きくてかっこよくて神秘的で、私の中で「憧れ」となりました。そしてその世界を知識として知りたいと思ったし、感じれるようになりたかったし、その世界を知っている人の仲間にもなりたかったものです。
でも昨日、その「宇宙的な視点」に触れた時、自分の中の「人」の部分が強烈に傷つきました。
人間のこれまでの歴史が残したものと向き合わなくてはいけないとか、アセンションに必要な浄化が起こっているとか、向き合う事とは結局はそういうものなのかもしれないし、高い視点で見るといろんなことが言えるのかもしれません。
でもそれを「人の悲しみ」の理由にはできないだろ!と思ったのです。
「宇宙とか、エネルギーとか、どうでもいい!!何言ってんだ??」とも思っている自分がいました。

それによって、自分が持っているというか、これから持ちたい「立ち位置」というものに気が付きました。
だから、今自分はこんなにも「体」と向き合っているのか、とか、「生きる」ってことを3次元的に真剣に取り組もうとしているのかとかとか。
要するに「人間としての視点」を大切にしたいと思ったわけです。
それは「エゴによる視点」というものではもちろんありませんが。
こうやって改めて書くと、なんか当たり前だなと照れるのですが、この間そこをしっかりと確認することになりました。

人として成長したい。
それは言葉を変えると、「人間として生まれたことを精一杯楽しみたい」となります。
休みになったら遊びに行くとか、いいものを買うとか、家族を持つとか、そういう事もそれはそれでいいんですが、そのいろんな幸せを乗せるための、まずは土台作りをしたいと感じるようになっています。
精神的な土台は結構いい感じで進んでいるので、最近の私の動きは「3次元的な土台」の方に取り組み始めているんだなと感じました。
「しっかりした体」をつくること。
そしてその体を使って少しづつ「できること」を増やすこと。
そして、その中で「共感」を体験すること。
スピリチュアルで精神世界に突入した私の心は、意外にも「現実」に着地しようとしています。

この豪雨でたくさんのことに向き合っている全ての方の奥底にある力を信じています。

[PR]
by atelierkei-0520 | 2018-07-08 15:48 | つぶやき