アトリエkeiのスピリチュアルなシェアノート

keiatelier.exblog.jp
ブログトップ

ほんとの気づき

f0362457_20112878.jpg

昨日は月曜のメッセージをお休みしてしまいました。
いつも読んでくださっている方々、申し訳ないです。

実は、実は、前回のブログの「ルナの目の窪みがなくなっていた」というのが、次の日曜日に完全に勘違いだと判明しました。。
正直、あんなにテンション上がっていたので、かなり恥ずかしいのと、同時にかなりへこみました^^;
で、その後、本当の気づきがやってきました。
私のこのドタバタ劇は、まあ、なんてことない日常の話なんですが、次元上昇とかアセンションとか言われるなんだかすごそうなものとは、ふたを開けてみるとかなり日常的であるっていういい例かなとも思っています。
なので、恥ずかしくもあるのですが、ここは正直に^^;

ルナの目が全然良くなっていないっていう事が判明した後、かなりへこみました。
で、もうとにかく聞けるところには聞いてやれ!ってことで、守護天使、ガイド、もちろん大天使、創造主、それから、これまでほぼ関わらなかった「4大元素」と呼ばれる精霊さん達にまでも「なんで??」を連発。
ところがね、、こういう時って、本当に、びっくりするぐらいあっちは「しーーーーーーーーーーーーん」となるんです。
もうね、ほんとうに何にも返ってこない。まるであっちは存在しなかったんじゃないかって思うぐらい。
精霊と繋がろうとしたときなんて、寝ちゃった…^^;
こういう時は何より「自分で気付く」ってことが大切な時で、その時は、天使もガイドも精霊も、何も返してくれないんだよね。。
「くうううう!!だんまりか、、そうか、、そうですか!」とかなり切れ気味になってしまいました。
やれることは全部やった。
ルナの過去世の癒し、自分の過去世の癒し、ヒーリング、浄化(関わるものすべて、病院も)、そして現実的には、病院を調べ、治療法を調べ、ホメオパシーを調べ、、で、この時実は私も体にちょっとした問題を併発していて、それとも向き合った。自分の体について。体と仲良くするにはどうすればいいのか、なんて。
「ありとあらゆることをやっているのに、大きな気付きもあったのに、、なんで、、もうわからん。。」
そうして、悶々としながら、いつものようにご飯を弟にお供えに行った時でした。
弟の部屋に入った途端、
「あ………、私、静かにならなくちゃ……」と思ったのです。
そのとたん、
「あ~~~~、そうだね、そういうことだね。。私、うるさかった。。そうか、そうだ、静かにしよう。。。」とわかったのです。
全ては自分からどんなバイブレーションが出ているか、ただそれだけだったのです。
私がしなければいけないことがあるとするなら、それは自分の真ん中の心臓から広がるバイブレーションを静かに静かにすることだけ。
考えて見れば、このところ私は本当にうるさかった。
ネガティブであっても、ポジティブであっても、どちらも波動的には大荒れ。
でも結局はルナの目に関しては、ある意味「どうするかはルナが決めること。私が決めることではないんだ」だし、ルナは目がちゃんとしてるからいいとか、そうじゃないから悪いとか、そういう視点では生きていなくて、ただ毎日その時その時自分がしたいことに忠実に生きている。だから私はルナの選択を尊重して飼い主としてできることをするだけなんだと思った。
そして自分の体に起こったことに対しては、緊急ではないけど、やっぱりほっときたくないと思ったので病院を予約しました。
ここに気が付くと、かなり落ち着いて、結局はこれって「練習なんだ」と思ったのでした。
「三次元経験」が長いと、どうしても古い癖が出てくる。
古い癖を抜くために、それを浮き上がらせる場面を自分で作って、新しい感覚でそれと向き合えるかどうかを試される。
何度も経験して、何度も繰り返して、そしてだんだんと新しい態度を身に着けていくんだろうと思う。
これに気が付いた後から昨日はとっても穏やかで、すごくいい時間も過ごせて、仕事でもプチサプライズがあったんですが、逆に今日は朝からまたルナの目が気になって、そうしてざわざわが出てくるので、「凪状態だ~、凪状態を保たないと~」と気にしないふりをしていたら、そうはいかない状態になってしまって^^;
結局「ざわざわ」は強烈になるばかりだったので、「よし!!!もう、今日は泣こう!!」と「泣く」を決行。
ネットで「犬、角膜潰瘍 、治療」を検索しながら泣きました^^;
すると、こんなネット記事を発見し、なんかちょっと落ち着きました↓

f0362457_20254161.jpg
スマホのスクリーンショット、でかすぎます。。すいません、強調したいわけではないです^^;

「泣く」をやったら、今度は「怒り」が出てきたので、これも部屋を掃除しながら「怒り」も出し切りました^^
もちろん側に天使を呼んで「今から出すから全部吸い取って光に変えてね!もういらないから!」と言って。
天使はこの時はちゃんと側にいてくれました。
「なんで?」って聞いたとき、みんな「しーーーん」だったけど、これって裏を返せば、彼らが「私を信じてくれている」ってこと。
私は未熟な存在で、まだまだいろいろあるし、もしかしたらダークサイドに落ちることだってあるかもしれない。
でもそんな経験も全ては私がしたいと望んでしていること。そこの根幹の部分を彼らは信じてくれる。
そして私がちゃんと自分で解決できるって信頼してくれている時こそ、彼らは黙るようです。
私が今回ルナのこと、その他のことで向き合ってきたことは、この「信頼」ってとこなのかもとも思います。
自分への信頼、他者への信頼。
全てはここかが発端のような。

天使たちに対して、黙っててくれてありがとうと思う。
きっとあの時は何かを言われても腹を立てるだけだし、何より聞こうとしなかったと思う。
「信じてくれてありがとう」と思ったのでした。

ルナの目については、本当に全てを受け入れたいと思います。
ただ静かに、どんなルナも大好きだから。
それでいいと思いました。

ものすごく情緒的な文章になってしまいました。
きょうもちょっと「うるさめ」です(とほほ、、不快な方ごめんなさい。。)
今、なんというか、「産みの苦しみ」??みたいな時期で、こんな感じになってしまいます。
いろいろありってことで許してください^^
皆さま、今週もよい1週間を^^

[PR]
by atelierkei-0520 | 2018-03-06 20:18 | つぶやき