アトリエkeiのスピリチュアルなシェアノート

keiatelier.exblog.jp
ブログトップ

どうしよう^^;

f0362457_21535213.jpg
今、本当に言語化が難しくなっている。
自分の中のいろんな気づきが多すぎて、しかもそれが自分の物になってしまうと、当たり前の感覚になってしまい、過去どうだったかがどんどん消えて行く。

そうすると、例えば、いろんな問題に対してのアプローチとして言えることが「ただ自分の中を見つめるだけなんですよ」というとってもシンプルな答えになってしまって、書くことがなくなっている。
先日いろいろと「願いを叶えるために」ということで熱く書いていたけど、あんなぐらいの文章量じゃあ全然足りないくらいのいろんな角度からの気づきがあったにもかかわらず、今、もう何を書いていいのかわからなくなっている。
加えて周波数とか次元とか、そんな難しい話も難しい話の部分は全くよくわからないのに、何故か前よりもずっと感覚的に「分かった」っていう状態に近づいていて、こうなっちゃうと語る言葉もなくなってくる。
なんだろうな、もう、どうしたらいいんだろう。。って感じです。


↑って、実はこの上の文章、土曜日の午前中に書いていました。
で、この続きも、何かに付かれたように書いていたんだけど、今日の気分はまったくまた違っていて、なんか投稿する気になれず、こっちを記録することにした。

先日、ある転換点に立ったことを書いたけど、その地点は、今までどうしても立つことができなかった地点で、その地点がアセンションの重要な地点だったのは間違いないと思っている。

けれど、どうもこの地点を保つのはまだ難しいようで、また「現実」というものに向き合うと波動が落ちてしまう。
で、いつもなら、どっかで「なんとかなるさ」的に3次元に落ちてみるんだけど、今回はどうしても「ドカン!!」と落ちることができない。
なんでかっていうと、もう、落ちちゃったら「終わり」っていうのが分かるから。

ちょっと例を上げれないので上手く説明できないんだけど、もし私が今やりたいことをちゃんとスムーズに現実にしたいのなら、絶対に絶対に波動を落としてはいけないようで、なんか3次元的思考から完全に抜け出るための訓練をさせられている気分なのです。

波動を落とすって言うのは、3次元的な思考を取り入れるってことなんだけど、例えばよくあることだけど過去の出来事を思い出してそれについて「あーだこーだ」悶々と考えるっていうのも一つ。だけど今はそれをしたとたん、「だだだー」と物事が崩れるというか、その勢いたるやすごい。
これが「転換点」という地点の「感じ」なのかもしれないとちょっと思った。ここに来るまでは「苦しいなら苦しいでいいんだよ」って感じだったんだけど、ここに実際来ちゃうと、どうもそうはいかないようなのです^^;;;;
私はこの地点のことを「転換点」と書いているが、本当は別の言葉のイメージを持っていて、次はそれについて書いていきたいと思う。
それを読んでもらったら、ちょっとだけこの地点の特別感を伝えられるかななんて思っている。
とにかく、「ここ」でバランス保つのはしばらくは大変そう^^;
その訓練を今させられているようです。。ほんとスパルタや…(←自分がスパルタなんですよね。させているのは自分だからTT)。。

今日はとにかく頭を切り替えて、脳の中をなるべくスッキリさせて日常に取り組んで、途中ワンコの散歩で綺麗な空を見て、何とか今にいたる。
これがどんな結果になるのか、1か月後ぐらいに報告できるかな。。

先週の土曜日は(正確には金曜だけど)弟の一周忌でした。やっぱり悲しみはまだまだありますが、弟の死を「悲しい」と感じられるのはある意味幸せな面でもあるのかなと思いました。
「死」に対する思いは人それぞれだから。
一年前と同じかそれ以上に素晴らしいお天気でした。


今週も始まりました。皆さまよい1週間を^^


[PR]
by atelierkei-0520 | 2017-05-22 22:06 | つぶやき