アトリエkeiのスピリチュアルなシェアノート

keiatelier.exblog.jp
ブログトップ

ガイドさんの深すぎる話:現実化に必要なこと&幸せに向かうために

f0362457_10405679.jpg
ガイドさんシリーズです。
ガイドさんシリーズ、多くなってきたので、別にカテゴリーを作りました。
こちら↓
「ガイドさんの深いお話」

さてこのご相談者の方は前回のガイドさんのアドバイスによって人生のある決断をされた。
こちら↓
「ガイドさんの深すぎる話:物事の流れ・委ねることについて」
これからその道を歩むうえで、金銭面、特にお仕事についてこれでいいのかというお悩みと共に、もともと持っていらっしゃる「結婚」への願望に加え、この2回目のガイドさんとの会話の前にお母さまに大きなご病気が見つかったことで、お母さまが元気なうちに自分が幸せになっているところを見せたいと強く願われることになり、そのことに対するアドバイスももらうことになった。
お話は聞いているうちに、私が最近時々ここでも書いている、自分にポジティブなエネルギーを根付かせるためには「土台を整える」のが大切だという話に通じる深いお話が展開されていった。
同時に「愛する人に幸せな自分を見せたい」と誰もが思うことに対して、その思いがどこからきているのか、そして本当は私たちは何がしたくて「大切な人に自分が幸せになっている所を見せたい」と思っているのか、そんなことにも気づかされるアドバイスをもらうことになった。
とにかく、とても盛りだくさんの内容になった。


アトリエkei(以下k):
こんにちは、アトリエkeiです。今日はまず○○さんのお仕事についてお聞きしたいと思います。
今の在宅のお仕事を続けスキルアップを目指すか、それともお給料を考えて外に働きに行くべきか、どちらが良いとお考えですか?
ガイド:
こんにちは。前回から彼女の意識が大きく変わり我々もやりやすくなっています(笑顔)。
仕事については今の仕事をそのまま続けるのが良いと判断しています。もちろん彼女がそうしたければの話ですが。
まず、これには2つ言っておかなくてはいけないことがあります。
一つは彼女が仕事に何を求めるのかを明確にすることです。
もう一つは感情の流れを知っておくことです。
k:
感情の流れですか?
ガイド:
もともとの生活とこれからは大きく変わっていきます。ですから、何かにつけて感情が不安定になることも多いでしょう。
家族との生活もそこに大きく左右されます。
苦しい、つらい、大丈夫だろうか、もっと~という思いがあれば、今の仕事は彼女にとって満足いくものにはなりません。また金銭だけにフォーカスするなら外の仕事の方が安心かもしれません。
k:どちらのお仕事の形態にもメリット、デメリットがありますね。
家での仕事は家族との関係も密になります。けれどそれが逆に内向きになりストレスをためやすいかもしれません。その点はどうですか?
ガイド:
そうですね、短期的に見れば、不安や焦りがあればそうなるかもしれません。
しかし、今の仕事をもう少し極めたいとか嫌でないのなら続けて欲しいと思っています。
なぜなら彼女にはこれから大仕事が待っています。
今はまだ新しい仕事に移ったりという、そこを考える時期ではありません。ひとたび流れが始まると、金銭的余裕より時間や心理的余裕の方が重要です。
k:
家にいる時の方が心理的余裕が大きくなるとは言えないのでは?
外に出る時間が少なくなり、人と会う時間も、外で働くより少ないですね。この状況に対するストレスにはどう対処したらいいのでしょうか?
ガイド:
まずは焦らないこと。
ストレスを感じる時は焦っている時です。自分自身で全てをやろうとし(現実の事象を物理的な力でどうにかしようとすることの意だと感じました)、
できないことに焦るのです。焦ると依存を呼び、対応してくれない人を責めるようになります。
これは完全に彼女が持っているスピリットの力をないがしろにし、自分の力を放棄する流れです。
ですから、まずは自分には力がある(委ねて任せる力)こと、自分の周りにも力があること、それを思い出し、もう一度落ち着いてください。
そして「今」やらねばいけないことにフォーカスしてください。
k:
それが「晩御飯を作ること」ならば、それに集中するのですね。
ガイド:
そうです。たとえ何年後かの将来の生活が気になっていたとしても、それは「今」ではないので、「今」にフォーカスしてください。
焦っている時に答えは出ないことを知ってください。
k:
では、結婚について。○○さんは幸せな結婚を強く望まれているようです。これについてはどうですか?
ガイド:
結婚はもちろんとても素敵なプランです。彼女の状況が整えば、そういったパターンの未来も開けてくると思います。
けれど何度も言いますが焦りは禁物です。焦っている時は答えを導くことはできません。焦りをベースにしていても有効な一歩は踏み出せないのです。
k:
お母さまに自分が幸せになっているところを見せてあげたいと思っていらっしゃいます。
ガイド:
はい、知っています。彼女の場合は、「幸せな結婚」というものが、「幸せ」というものに強く結びついているところが問題です。
それは彼女の中に出来上がった一つのパターンであり全てではありません。
彼女の持っているイメージはもちろん、彼女だけで作ったものではありません。けれど、どんな幸せのイメージを持っている人に対しても、今すぐ自分の幸せを見せることはできるのです。
それはまず、柔らかく笑顔でいることです。
そして母に対してならば、「私を産んで育ててくれてありがとう」と心からの感謝の思いを伝えることです。
「自分が自分として生まれてきたことに誇りを持っている」その言葉はそのまま母の人生を肯定することになります。
母にもし「幸せ」というものを見せたいと思うなら、それは形ではないことを知ってください。
k:
○○さんが幸せな結婚をしたいと望まれそれを現実化するためにも、まずはそこに立ち返ることが大切なんですね。
「今、自分でいること」実はそれが幸せだということ。
それは最初の質問にも通じる全ての根幹に感じます。
そのうえで、敢えて、結婚に向けて何かしなければならないとしたら、それは何ですか?
ガイド:
彼女の中にある情熱をもっと育ててください。完璧な結婚という形の枠をまずは取っ払い、ただただ情熱に意識を向けてください。
昔から自分が好きだったワクワクすることや楽しいと感じることをまずは思い出したり、やったりしてください。
これは原点に返る行為です。
それまでの人生でできあがった枠の中で求めても、本来のものとは離れたものしかやってきません。
一度原点に返り、自分自身を取り戻してから、もう一度周りを見てください。
あなた(○○さん)の原点に合った、あなたにふさわしいものがやってくるはずです。
k:
それも全てに通じますね。お仕事にも。
最後に○○さんに一言お願いします。
ガイド:
夢はあきらめなくても大丈夫。あなたにはたくさんの可能性が待っています。
強く何かを望む時は、必ず原点に返ってください。自分の中の情熱に立ち返るのです。
全てのことには意味があり、起こることはベストです。今目の前にあることがあなたにとって大切な瞬間であることを忘れないでください。
その瞬間の積み重ねが、あなたの人生であり、そこに私たちは貢献したいのです。
いつもあなたのそばにいます。大丈夫。自分のスピリットを信じてください。
愛しています。心から。

人は物心ついたときから、「お父さんやお母さんを喜ばせたい」と思う。だから自分の夢が途中「親が望むこと」になったり「親が喜んでくれること、誇らしく思ってくれること」になったりするが、結局「本当に自分の望むこと」とズレが出てきた時に、今度は「親」が自分の行く道を妨害する心理的な巨大なブロックになったりして葛藤する。
けれど、この問題の根底にある本当の構造とは、まず「お父さんとお母さんの人生は無駄じゃなかったんだよ」と伝えたいという望みと、親の持つ子供の幸せのイメージとは違うことを望む自分の存在が「親を否定することになるのでは」そんな恐怖ではないかと思う。そしてこの二つの思いのベースはまぎれもなく「親に対する無条件の愛」だと思う。
「自分が自分として生まれてきたことを誇りに思っている」そんな風に笑顔で伝えることができた時、この構造は解決され浄化されて「愛」というものが私たちの心の中に純粋な形として「そこにある」状態になるのではないかなと感じた。

またこういった様々な人や状況に対する「思い」で出来上がった枠組みの中で私たちは生きている。その枠組みは「エゴの声」と表現することもできるが、「エゴの声」で引き寄せる事象は人生の「学び」にはなっても結局はその学びも自分が本当に望むことに行きつくためのものだと思う。
まだその「学び」が必要なのか、それとももう先に進むのか。
何かを決める、望む、その時には一度「原点」に返ってみるといいのかもしれない。

今回の企画では「土台を整える」ことに関してのガイドさんのお話がいくつかある。今後も紹介したいと思う。


全てのことには意味があり、起こることはベストです。今目の前にあることがあなたにとって大切な瞬間であることを忘れないでください。
その瞬間の積み重ねが、あなたの人生であり、そこに私たちは貢献したいのです。

このフレーズは全てのガイドさんからの声に感じました^^
[PR]
by atelierkei-0520 | 2017-03-24 11:11 | ガイドさんの深い話