アトリエkeiのスピリチュアルなシェアノート

keiatelier.exblog.jp
ブログトップ

ちょっとのズレの大きな違い:引き寄せの法則の落とし穴

f0362457_22255618.jpg
今日の夕方、パン屋のイートインスペースで砂糖まみれのドーナツを頬張りながら、昨日書いた投稿記事のことをぼんやり思い出していた。
昨日はなんだか、思いのままに書いた感じで、ちょっとまとまってなかったかなとか、でもなんか止まらなかったなとか、そんなことを考えていて、突然「あ!!!」となった。
そう、引っかかっていたことがクリアになって、今まで言語化できなかった部分がなんか言語化できた気がしたので、今日は補足で書いてみることにした。

引っかかっていたのは、昨日の記事のここ↓
それから、なんか、上手く言えないんだけど、「豊かさ」についても「あれ?なんかわかってきた?」って感覚がある。
例えば、つい先日、あるペンダントを納品した。
ちょっと個性が強い作品なのとお値段も衝動買いできる値段でもなく、明らかに今まではお店に置いても動かないタイプの作品。こういう作品は個展だと売れるんだけど、どうかな、まあ、いいか、これ気に入ってるし、お店の人は眠ってる作品があれば是非っていってくれてたしー、と納品した。
作品を納品中、ふと、今までの癖が出てきた。「まあ、またどうせ売れないかもな」とか「もし売れて、その後何かトラブルがあったりしないかな。。大丈夫かな。。あそこもここもちゃんと作った。よっぽど変な使い方じゃなければ大丈夫なはずなんだけど、、」っていう不安感とか。
けど、はっとして、その不安は心からふーっと吹き飛ばし、まずはハートの中で、その作品を喜んで丁寧に扱いながら愛してくれるお客さんの様子を思い浮かべてみた。
その様子を心で感じて嬉しいなーと感じてみた。
まあこれは「不安の方が現実化したらえらいこっちゃ!」っていうことで、慌ててやってみたんだけど、なんとそうしたら、お昼間に納品したのに夕方には売れてしまった。
しかもお客様は一目惚れで即決、しかもつけて帰ってくださったらしい。
ここ!
ちょっとだけ「引き寄せ」とかの感覚がわかってくると、やっぱり人に言いたくなる。だから、今はこういうプチ引き寄せ体験ってスピ系のブログには溢れている。
で、ここの書いてる側が気が付かない落とし穴というか、読んでる側に伝わらない可能性が高い感覚というか、または誤解させちゃう可能性のあるここ!!のこと!これが引っかかっていたのだ!

ちょっと上の文章を読んで、こう思うのではないだろうか。
「ふむふむ。心で、作品が売れる→お客様が喜んでくれる→それをうれしいなーとイメージしたから、作品が売れたんだね。イメージしてそれを味わったからそのイメージしたことを引き寄せたんだね。」と。
ここに、ここに、ちょっとした勘違いが生まれてしまう。それはこの例が「イメージしたらイメージ通りのことが起こった」と取られてしまう点なんだ。
そうじゃない。イメージした通りのことが起こったのは、なんというかすべては必然なんだけど、でも「たまたまイメージしたのと同じことが起こっちゃっただけ」でもあるのだ。
じゃあ、私はなにをしたのか。何を体験したのか

その答えが前々回ブログで紹介した「ガイドさんの深すぎる話:人への思いについて」に出てくるこれ↓
アトリエkei:
なるほど。自分が望むエネルギーを自分の中につくっていくことが現実を創るのだとしたら、そのエネルギー状態でいれば「彼」に固執しなくても大丈夫ですね。
○○さんのエネルギー状態と同じ人が引き寄せられるのでは?
ガイド:
まったくもってその通りです。
けれど今、目の前に彼がいるのなら、その人を思うことで自分のエネルギーを作ってもいいと思います。

「けれど今、目の前に彼がいるのなら、その人を思うことで自分のエネルギーを作ってもいいと思います。」
これなんです!私がやったのはこれなんです!
今私が「あれ?なんかわかってきた?」っていうのはこのことなんです!

つまりね、私は自分の現実にあるよく知っているもの(お付き合いしているお店・作品・過去体験したお気に入りのジュエリーを手にいれてつける喜びとか)を使って、「なんかいいね~うれしいね~」という「エネルギー」を「リアルにイメージ」することでハートチャクラで作ったんです。
私が作ったのは「エネルギー」であって「作品が売れるという事象」ではないんです。結果そうなったんだけど。

ここものすごい大事な気がします。だってね、イメージしたらその通りの事象が起こるんだって勘違いしちゃったら、
せっかく作った例えば喜びのエネルギーが別の形で現実になろうとしたときに、私たちは拒否してしまう。それか別の形で現実になったものはそれだと気が付かないとか。
で、結局、「頑張っても、言われたとおりにやっても現実化しない、引き寄せられない!」となってしまう(で、どうせできないエネルギーをここで作ってるのも気が付かない^^;)。

違うんですよ、私たちが作るのは「エネルギー」。でそれが結局は現実を構成する事象を作るので、「自分が自分の現実を創る」なんていうけど、本当は作っているのは「エネルギー」なんです。
これが、今週の月曜の豊宇気毘売神(とようけびめのかみ)さまからのメッセージにもつながっていく。

エネルギーはね、少しずつ大きくしていくものなのです。
少しずつ少しずつ育てていったものだけが、大きな実をつける本物のエネルギーとなります。
あなたが求める本物のエネルギー、ゆっくり育てていきましょう。

そう、「エネルギーは育てるもの」なんだ。ちょっとづつね。
そんな「エネルギーを育てる」話もまた次回。

今週もお疲れさまでした^^
あー、なんかスッキリ。やっぱガイドさん、すごいです。



[PR]
by atelierkei-0520 | 2017-03-04 22:52 | スピリチュアルといわれる世界