アトリエkeiのスピリチュアルなシェアノート

keiatelier.exblog.jp
ブログトップ

ガイドさんの深すぎる話:本当に自分が望む人生を送るためのヒント

f0362457_21534304.jpg

昨日に引き続き、ガイドさんの深いお話をご紹介したい。

この方のご相談は「今の仕事にもやりがいを感じてはいるが、そろそろ自分の家族を持ちたいと思っている。こうしたいと宇宙にオーダーしているのに仕事ばっかりが増えるのはなぜ?」というご相談。
このお悩みも、ある意味普遍的なお悩みだと思う。
この「家族を持ちたい」という部分はいろいろな「~したい」に置き換えることができるから。
ここでもガイドさんのお話で「エネルギー」が登場する。


アトリエkei(以下k):
○○さんは今すごくお仕事に追われているようです。本当はお仕事より自分の家族を持ちたいと思っているようなんですが。
ガイド:
わかっています。だからそのためにアドバイスがしたかったのです。
彼女は今自分の欲求と実際の行動があべこべです。
本当に伴侶が欲しいと思うのならそのための行動を起こさなくてはなりません。
もっと言うなら仕事をセーブすべきです。意図的に自分で時間を作るのです。
k:
求められるままに仕事をすべきではないという意味ですか?
ガイド:
そのとおり。彼女が決断しないかぎり流れはやってきません。
k:
仕事を意図的にセーブすることがその決意になるのですか?
ガイド:
そうです。その決意がまずは必要です。
k:
では決意したとして、その後はどうすべきですか?
ガイド:
まずは自分の時間を作ること。自分と向き合う時間です。
そしてもう一つは人と会って楽しむこと。人生を謳歌する方にエネルギーをシフトするのです。
k:
○○さんは今の仕事にも喜びを感じていらっしゃいますよ?
ガイド:
わかります。しかし仕事で感じる喜びと、私が提案している喜びは少しエネルギーが違うのです。
k:
伴侶を得たり、子供を持ったりすること、そしてその中で喜びを感じることのエネルギーはどちらかというと人生を謳歌するエネルギーの方なんですね。
ガイド:
そのとおり、エネルギーは近いものを引き寄せます。
ですからまずは欲しいものに自分のエネルギーを近づけなければいけません。
k:
仕事がどんどん入ってきてしまうのはどういうことですか?彼女のエネルギー状態が仕事を喜んでいるからですか?
ガイド:
もちろん、彼女が求め、また求められているからでもありますが、もっと深いところをみれば、それは変化に対する恐れです。
彼女はもっといろんな意味で自分を自由にせねばなりません。
そのために魂は環境の変化を望み、うごきだそうとしています。けれど彼女の中の高い理想がそれを阻みます。
k:
高い理想とは?
ガイド:
自分の中のいろいろな制限のことです。
その制限を取っていくことがまずは必要です。そのために自分と向き合う時間がいるのです。
k:
それは例えばパートナーについての制限などのことですか?
「いま目に入る人以外にも可能性をみれるようになる」とかそういうことですか?
ガイド:
もっと深い意味です。流れ自体のことです。
k:
結婚や出産といったことにこだわるのもある意味「数ある可能性」の流れを狭めますか?
ガイド:
全くその通りです。結婚や出産というのは一つのパターンです。
大切なのはどのようなエネルギーで生きたいかということです。
そしてそれは複数持つことができるのです。
k:
まずは自分のエネルギーを自在にシフトできるようになることが大切だということですか?
ガイド:
そのとおりです。結果よりもまずはエネルギーに注意し感じて欲しいのです。


誰もが一度は「自分が思い描く人生を送りたい」と思うのではないだろうか。
けれどここにはもう一つ大切な前提がある。
それは自分が思い描くというよりは「本当に自分が望む」というものでなくては、実は私たち自身が納得しないということ。
「本当に自分が望む」ものが「ポジティブなエネルギー」「高い波動のエネルギー」で構成されるものであるならば、自分の中の「高い波動」と相いれない波動のものを手放す「毒出し」が必要になってくる。

このガイドさんのお話はそのためのヒントも私たちに届けてくれている。

表面で感じている「自分が思い描く人生」はエゴの声が作っていることも多い。
「制限」とは自分の中のエゴの声だ。
「~でなければならない」とか「~すべき」とか。
そういうものは結局自分の自己肯定の低さにつながっていくもので、その裏には心が持っているネガティブな要素が隠れている。だからそれはもう、手放すしかないのだ。

こういった「手放し」「毒出し」は何度もここでも書いているけど、実はそんなに難しいことではない。
出てきた感情と素直に向き合う。ただ感じる。
自分の中にこんな感情があったんだって、悶絶しながら、受け止めてみる。
そんなことなんだけど、「難しくない」と言いながら、ここが一番苦しくて、できれば通りたくないんだよね^^;

でもね、「こうしたい!」と決意してはじめの一歩を踏み出しちゃったら、ここはどうしても起こる。
だから「こうしたい!」と決意してはじめの一歩を踏み出して、なのに「悶絶死」しそうなくらいの心の葛藤が現れたときは、「なんで!><幸せになりたいと思ったのに、逆にこんなにつらいのは、なんかが間違ってるの??」
ではなくて、「くおーーー!なんかわからんけど!!すごい毒出てきた!!物凄い順調><!!」と思いながら、悶絶してみて。
そこを通り抜けると、ちょっとだけこのガイドさんのいう「エネルギー」の話も感覚としてわかってきます。
まずはそこから。



[PR]
by atelierkei-0520 | 2017-03-02 22:28 | ガイドさんの深い話