アトリエkeiのスピリチュアルなシェアノート

keiatelier.exblog.jp
ブログトップ

アカシックレコードから派遣される守護霊さんの役割

f0362457_10412049.jpg

今、自分が企画した「ガイドさんと会話してみよう♪」企画(残り3枠です^^)で意識が守護霊さんに行っているためか、先日もふと守護霊さんについての情報が降りてきた。
それが、「あ~、守護霊さんって、アカシックレコードの情報の一部が形になったものなんだ」ってことだった。

アカシックレコードについて書くとまた長くなるのでここでは簡単に書くが、要は全宇宙の記録みたいなもの。「アカシックレコードにあるのは地球の記憶だけ」とか「人間の記憶だけ」という話も聞くが、私はアカシックレコードというものの中にも複数のディスクがあるイメージを持っている。つまり「地球ディスク」や「○○星ディスク」とか。
で自分のかかわったことのある集合体の記録にはいろんなルートからその情報にアクセスできるのだが、そのルートの一つに「守護霊さん」があると感じた。
以前大天使ミカエルが守護霊さんについて「現在のあなたが持っていない経験や情報を持っている存在」と教えてくれたことがあった。
そして、以前お友達の守護霊さんに会いに行ったときに、「新しいガイド」さんがやってきていて、その人を紹介してくれたメインガイドさんはこう言っていた。
「彼女の要望により彼はやってきました。彼を使うか使わないかは彼女が決めることです」と。

つまりね、アカシックレコードに繋がるためには~というルートで宇宙の情報に繋がるのももちろんありなんだけど、私たちはまるで派遣スタッフをお願いするように、その道のプロに「守護」をお願いすることでその情報を「携帯」もできるのだ。
それはアカシックレコードという壮大でちょっとつかみにくいイメージのものに繋がろうとするより、意図が明確で繋がりやすい気がする。その為に「守護霊」という人たちがいる気がするのだ。
大抵の場合、自分の高い意識が先にオーダーしているもんなんだけど、ちょっとその辺りを意識して「自分がしたいこと」を明確にして、だからそのための守護と導きをお願いしますとお願いすれば、必ず何らかの形で答えてくれる。現実の自分が意識をすることでその流れが速くなる。
守護霊さんを上手く活用するのも私たちの持っている力なのだと思う。

以前大天使ガブリエルさまに「私たちを使って」と言われた時、「そんな使うなんて、なんか横着しているようで、さぼってるようです」みたいなことを言ったら、ガブリエルさま「私たちを使うのもあなたの力^^」と言っていた。
お願いして、届いたものを使うか使わないかを決めるのが私たちで、そこをやるかやらないかってとこが私たちがするところ。
今までは全部自分でだけでしようとしていたから、しんどくて動けなくて大変だった。私たちのもう一つの力をもっと使っていいと思うのです。


ちなみに、私にもだいぶ前に守護霊さんに会いに行けるようになってすぐに、新しいガイドさんがやってきた。
一人は曾祖母ちゃん。あの時代女性として一人で生計を立てていて、最後には「先生」と呼ばれていた。もう一人の人は「なぜ、こんな人が・・;」とびっくりする人で、私はその人の人生の最後を夢に見たりした。
小指に金のファミリーリングをつけた水色のシャツのインド系のお爺さん。どうも事業家だった人。なんとなく名前が「ガジャル」さんとなり、いつ活躍してくれんのかしら~なんて思ってたけど、活躍させるかどうかは私次第だったようだ。
ちょっと前からこのガジャルさんに何となく意識が向いていて、意識が向いているってことはそこでコミュニケーションが起こってるってことなんだけど、立て続けに「読みなさい」的に同じ本が何冊も提案されてくる。全部「経営系」の本。。。
うーん、めっちゃ苦手。でも正直興味もあるのだ…。。観念してよもうかな~って思ってます。このまま無視しててガジャルさんや強かった曾祖母ちゃんに見放されても寂しいしな~なんて思いながら。
皆さんもよかったら、宇宙にスペシャリストの派遣を要求してみて下さい。きっと今までとは違う何かが降りてくるようになると思います^^

[PR]
by atelierkei-0520 | 2017-02-17 10:45 | スピリチュアルといわれる世界