アトリエkeiのスピリチュアルなシェアノート

keiatelier.exblog.jp
ブログトップ

月と太陽がもたらす「食」の影響

f0362457_13181749.jpg

「食」とは月食と日食のことです。
2月10日は日本では見れませんでしたが「半月食」でした。そして2月26日には日食が続きます。
この時に8月の連続して起こる「食」まで、個人個人の中で大きな浄化が起こるようです。
情報はこちらから↓
「食-夢と薄くなるベール by DL Zeta」(ライトワーカー・ジャパン)
有料ですがこの流れで起こることのガイドラインのような内容で、是非読んでおいてもらいたいとも思ってしまいます。
こちらの無料部分でも「2月11日」の部分に同じ時期の話が載っています↓
「ショート2017-02」(ライトワーカー・ジャパン)
本当はコピペしたいほどの内容でしたが、それは出来ませんので簡単に感じることをまとめると、今回の月食から始まる今年前半の流れでは、ますます人々の「覚醒」が進みます。それは「本当の自分とは」に繋がるものであり、その答えに辿り着くために人は自分自身の環境の整理と向き合ったり、今週の月曜のメッセージの天之御中主神(あめのなかぬしのかみ)さまからあったように(こちら)自分の隠していた本当の欲求に目を向けさせられるような出来事を体験したりするかもしれません。
なんでこんなことを…と感じることを体験したり、また逆にしてしまったりするかもしれません。
それらは全て新しい次元に進むための浄化の為に起こることですが、ただの浄化ではなく、新しいものを生み出すための浄化のようです。目の前で起こってしまったことに目を背けずにそこが見せてくれる新しい視点を探すことで今までになかった可能性を引き出すことができます。

今回の流れで必要なのは「勇気」だと感じます。また自分がどんな人生を生きるか、体験して行くかそんなことを決める「覚悟」もいるように感じます。
この流れから見えてくる自分の本当の希望や要求そういったものが明らかになった後、「覚悟」を決めて「勇気」をもって、それから「行動」に移すことが大事なようです。
いろいろな面で「取捨選択」を迫られることになりそうです。人や場所との別れもあるでしょう。物事を表面だけを見て判断しないことが重要です。その奥にはものすごく深い意味が隠されています。
大抵がとても「ありがたい」ことであったり、自分自身を見直すぐらいの深い思いがそこに隠されています。
けれどそれは前に進むためのもので、「元の鞘に収まる」ためのものではないと感じます。
どうか、物事の奥に隠されている深い「光」に目を向けてみて下さい。それが可能性を飛躍的に広げていきます。
私自身もこのことを心に刻みたいと思います。

[PR]
by atelierkei-0520 | 2017-02-16 13:28 | スピリチュアルといわれる世界