アトリエkeiのスピリチュアルなシェアノート

keiatelier.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

月曜のメッセージ第11回:日本の神様:意富加牟豆美命(おおかむずみのみこと)

f0362457_09342379.jpg

おはようございます。
意富加牟豆美命(おおかむずみのみこと)です。

共に歩んでいく道のりの中で人は別れを経験します

その中では時に理不尽と思われるような仕打ちを受け、思いもよらない傷を受ける場合があります。
人としてとても辛い経験ではありますが、
その経験はあなたの中のもう1人の自分を目覚めさせます。

もっともっと強く自分自身を感じてください。
共に歩むことができなくなったその人に強く感謝してください。


あなたのために彼らは道を開けるのです。
あなたがたくさんの可能性を秘めているのを知っているから、
彼らは身を引くのです。


時に辛い思い出が伴うその経験はあなたの宝物です。
あなたがそれを知ったとき目の前に新しい未来が開けていきます。


たくさんの経験をしてください。
それが素晴らしいものであることは間違いないのですから。


意富加牟豆美命(おおかむずみのみこと)



穏やかで優しくかわいらしい絵の雰囲気とは裏腹に、とても強いメッセージです。
私たちが著しく波動を上げる時期に入ると、不思議と「別れ」を経験することが多いと感じています。
それは、波動が合わなくなったからとか、別々の道に入るからだとか、そういう表現もできますが、もう一つの高い視点として、やはり「学び」があります。
そして、それは魂上での確かな合意のもと、お互いに経験します。
私も不思議体験が始まる少し前、信じられないくらいの突然の「終了」をいくつか経験しました。それは自分でも全く意図していなかったというか、まさに「これから」と思っていた矢先の決別で、まるで神様に「強制終了」させられてしまったようでした。この時、本能的に「何かが変わる」と感じました。
「同じではいられない」と。
そして何よりも自分が強く変わることを望んだのだということを後でつくづく感じることになりました。それが2014年秋ごろでした。
そして、今年2016年は弟との別れを経験しました。
それもまた「これから」と思い、それだけはないと思っていたことでした。
この経験は、普通は10年20年かかって得るだろうものを、短期間で私の中に叩き込みました。
同時に今も気持ちが変化し続けることを経験し、そこにある様々な気づきを吸収し続ける学びになっています。
深く広くしみわたるようなこの気づきは、おそらく一生吸収し続けることになるのでしょう。

「別れ」による心の傷を忘れる必要はないと思っています。でもそれを持ちながらも、私たちはもう一つの「高い視点」を持つこともできるのです。
「辛い」「悲しい」そういう気持ちと同時に、そこにあるもう一つの意味を同時に持てたとき、この体験が私たちの「宝物」になるのだと感じています。
そしてこれこそが、浄化、手放しなのですね。
今日は満月、しかもスーパームーンです。満月の日は浄化のエネルギーが降りてきます。
それを表すかのように、1111から続いていた晴天が一転し、「雨」ですね。
柔らかく優しい雨です(今のところ)。私たちの心と土地を洗い流してくれるようです。

今週も良いい習慣を^^


以下、日本の神様カードガイドブック抜粋↓

力強い霊力のあるの神霊が意富加牟豆美命(おおかむずみのみこと)です。
伊邪那岐命は、黄泉の国の軍隊にの実を投げて難を逃れました。邪気を払うスーパーパワーの持ち主。その形は宝珠にそっくりです。そして、山には薬効があることは広く知られています。

by atelierkei-0520 | 2016-11-14 09:44 | ◇今週のメッセージ