アトリエkeiのスピリチュアルなシェアノート

keiatelier.exblog.jp
ブログトップ

不思議な記憶

f0362457_14365621.jpg

「マンデラ・エフェクト」という現象をご存じだろうか。
現実の時間を一コマずつ戻していくと、ある時点で少しのズレが出て、そのズレの地点では2つの過去が登場することになる、みたいな話。
次元移行をした結果、元いた次元の過去と現在いる次元での過去、二つを持ってしまったという多次元の話を現実的に実感できる例としてちょっと話題になっているようだ。
私がこれについて知ったページはこちら↓
http://sonia.aichi.jp/?p=2961
(「マンデラ・エフェクト」で検索するといろいろ出てきます。)

それと関係あるのかないのか、少し前に不思議な経験をした。
ある日、遠方の親戚から、ある馬の置物が送られてきた。その馬の置物は大昔に親戚の祝い事で親族に配られ、家にも一つある私も気に入っている同じ物だった。
「もういらないからって送られてきた」と母が持ってきたその置物を見たとき、ものすごく奇妙な感覚に襲われた。
その置物を見たとき私はこう思った。
「送られてきた??だって、その置物は元々だいぶ前から家に2つあったじゃん。。」
そして、その置物が2つ家にあったというかつての記憶がありありと蘇ってきて、それが元々は一つしかなくて、今2つ目が送られてきたという事実がなんとも奇妙に感じ、
ちょっと混乱した。落ち着いて何度も考えるのだけど、不思議と、「元々一つで今もう一つ送られてきた」事実もその通りだと思うのだけど、
「元々2つあった」記憶もものすごく記憶として確かに存在していて、二つの記憶が同時に存在する不思議を体験した。
この体験をした時は、まだ「マンデラ・エフェクト」の話は知らず、ただただ不思議だった。

ただこの記憶は、もしかしたら未来から来た記憶なのかもとも思っている。
なぜなら、混乱していた時に思い出していたのは、「私は元々ある方が好きだから、こっちが欲しいな」と選んでいる記憶で、今の家を出ていくときの記憶のような気がするから。
送られてきた置物を見た瞬間、未来の記憶が私の中に飛び込んできたのかもしれない。

次元が高くなっていくと、時間の感覚がこれまでとは違ってくると言われている。大天使ガブリエルは「時間は縦に並ばない」という。
「過去」「現在」「未来」は無数のパラレルワールドの中に同時に存在する。時間が流れているのではなく、私たちがその中を行き来しているのが本来の姿らしい。
なんとも不思議な世界^^

[PR]
by atelierkei-0520 | 2016-09-15 14:46 | スピリチュアルといわれる世界