アトリエkeiのスピリチュアルなシェアノート

keiatelier.exblog.jp
ブログトップ

4次元通路の2つのルート

f0362457_23373559.jpg
今日からの話も、あくまでもアトリエkeiの自身についてのとらえ方として読んでほしいと思う。
これがいいだとか正しいとかではなく、ただそう感じているだけの話。

以前だいぶ前に、自分の内側の次元について書いたことがある。
その時の記事はこちら↓
「次元の感覚」

で、分かりやすいので、ここでもう一度メタフィジック通信さんのこれを載せておきます↓
f0362457_21215721.png
写真のスクリーンショットは表の途中で切れちゃったので、完全版はこちらのサイトで↓


私たちは元々内側に持っていた「3次元」の状態を抜け出し、「4次元」の状態を経て、「5次元」に向かう。
この変化のスタート時期やそのスピードは人それぞれだけど、結局はみんなこの流れを経験していく。

3次元から抜け出てすぐは、この4次元の状態をマスターしようとするようになる。
今までの考え方の何かが違うと気づき、エネルギーのことを知り、今度は使いこなし、自分の思い通りの人生を現実化しようと躍起になっていく。
それができることが、次元を進んでいる証拠であると思っているから。

で、ここで、何故か「うまくいく人」と、「うまく行かない人」が出てくる。
うまくいかない人は当然悩む。
「何かが違う、どうすればあの人たちのようになれるんだろう??」
「自分の気づきが足りないに違いない」
「まだまだ手放せないものがあるからだ」
「自分はまだ重いからだめなんだ!」
とか。

そしてうまくいかない人は、一生懸命学ぼうとする。もう本当に頑張る。でも、うまくいかない。っていうか、それなりに手ごたえのようなものがある時もあるのだが、なんか思い描いているのとは違う。「うまくいっている人」のようにはなれない。。。

私は、特異点を通過してしばらくして、この仕組みがなんか理解できた。
言葉にできるようになったのは最近だ。

それは、4次元という「通路」には2つのルートがあるってことだった。
一つは4次元という通路を、マッターホルンやキリマンジャロの登頂を目指す登山家のごとく、ガッツリ足を地面にのめり込ませながら、その感触を肌で感じてハイテンションで進んでいくタイプと、
もう一つは、その人たちを横目で見ながら、まるで雲のように「ふわ~~」と飛びながら4次元の土は踏まずにテンション地味目に進んでいくタイプだ。
特異点を過ぎた時、私は自分がこの「後者」だってことに気が付いて愕然とした。
まさか、、まさか、、そこ経験しないで通過するの……???…めっちゃ楽しそうな、そこ、スルーするの??ハイヤーセルフ、、マジですか…、、( ゚д゚)'"
本当にびっくりだ。

でもこれに気が付いて、私は自分が今どんなところにいるのか、何を見ているのかに気が付いて、ものすごくスッキリしてぶれなくなった。
前者を「4次元通路歩行型」とすると後者は「4次元通路飛行型」かな。

これから、ちょっとこの二つのタイプについて書いていきたいと思う。

[PR]
# by atelierkei-0520 | 2017-10-20 23:56 | スピリチュアルといわれる世界

どうやら寝ぼけて先祖に宣言したようだ

f0362457_22554825.jpg

昨日の夜中、ワンコが部屋に入れろとドアをカリカリする音で目が覚めて、ワンコを部屋に入れてから布団に包まりながら、いつの間にか、「先祖」について考えていた。

寝ぼけていたから、なんでそうなったのか全然覚えていないけど、いつの間にか先祖にこう言っていた。
「もう、あなたたちのいろんな後悔やら果たせなかった思いやらを、私たちは引き受けないよ!もう十分やったんだから、
あんたたちの子孫である私たちが、人生の大切な時間をそんなもんで費やすよりも、
あんたたちの子孫である私たちが、生き生き輝いてこの人生を自分らしく生きていく方が
ずっとずっとあんたたちの解放になるはずだ。そう思わない?もう終わり!みんな解放だよ!」

で、何故か自分を浄化ヒーリングしたくなって、寝ぼけながらなんかミカエルさんにヒーリングを頼んでた。
そうしたら、左の後頭部の内側から何かがキーーーンと抜けていった。なんかめっちゃ痛かった。。
「なにこれ~!いったーーいい!!」と思いながらそのまま寝ちゃって、仕事の為につけていた4時30分の目覚ましに、もう心臓が飛び出すかってくらい驚いて、目覚ましを止めた後、寝不足でねむすぎてまたウトウトしていたら、なんとも本当に不思議な夢を見た。
内容はちょっとここでは書けないのだけれど、本当に不思議で不思議で。。

で、何かスッキリするかと思ったら全くの逆で、朝からなんかイライラするし、悲しいし、眠いし。
でも電車では必ず座れて、全て順調で。

昔はよく「うちの家には何か先祖の問題があるんじゃないか」って思ったもんだ。そうやって悩む人も多い。
でも「ガイドさんシリーズ」であるガイドさんが言っていた。
「先祖が彼女にお願いしています」って。

先祖がどうだったかで自分たちの今が決められているんではないんだね。先祖はただお願いしているだけ。
聞いてあげるのも、やってあげたきゃそれでいいけど、本当は今生きている人が自分自身の人生をしっかりと受け止めて、前を向いて生きることが何より先祖の苦労が活きることだと思った。
「ご先祖様!私は生きるよ、先祖の為に生きるのではなくて、自分の為に生きるよ!」そう宣言することも移行には必要なのかもしれないなと思ったのでした。

今日は先日一目ぼれした新しい財布を下ろした。
財布はずっと変えたかったけど気に入るのがなかったのに、突然目の前にやってきた。
そして新しいネットバンキングのキャッシュカードが届いた。
ずっと前から新しいネットバンキングの口座を開こうと申込書をもらっておきながら、何故かズルズルやらなかった手続きを先日ついにやったら、その手続きが今日完了した。

「18日」
私の次のスタートはなんだか今日のような気がするな。
なんか何となく切ないスタートだけど、それはきっと今までの世界にはもう戻れないってことを心が知っているからだと思う。

変化ってもっと華やかでセンセーショナルなドラマみたいな感じなのかってどこかで思っていたけど、案外と地味なもんみたいです^^

[PR]
# by atelierkei-0520 | 2017-10-18 23:03 | つぶやき

月曜のメッセージ:サイキック・タロット・オラクルカード直観リーディング:17HOPE

f0362457_21064740.jpg
希望をすてないで。

もう少しでそれがあなたの手元にやってきます。
何世代も積み重ね、準備してきたあの約束です。
沢山の魂の希望があなたという人になりました。
次の世代に委ねるのはまだ早すぎます。
これからあなたが体験して行くのです。
津波のように押し寄せる変化に準備してください。

まだあきらめる時ではありません。
自分の魂の声を聴いて、真実の気持ちに気づいてください。
そうすれば、まだあきらめる時ではないとわかるでしょう。

今日はメッセージを受け取るために集中すると、ボーンと大きく「希望をすてないで」ときました。
最近、今年の初めからずっと自分が向き合っていたことを振り返ると、それは何かのための「準備」期間だったような気がしています。そして何故か「そろそろのはず」と思うのです。
何のための準備なのか、何がそろそろなのかは例によってわかりません。
けれど、特に先週からの流れは重要な気がしていて、「そろそろ」とか「いよいよ」とかの前の静けさのような気がしています。
上のメッセージは、かなり高い波動領域からのメッセージですので、現実の何かについて「諦める」とか「諦めない」とかではないと思います。
おそらく、「自分の心の声を諦めないためにも、現実の何かを諦める」ということもあるでしょう。
とにかく、自分の高い部分のところとの連携を今一度強く求められていると感じました。
今週は動き出すんじゃないかな〜と感じています。
とっても静かな変化かもしれませんが、もしかしたら、振り返ると「あ〜、あそこだね」っていう時間になるかもしれません。

皆さま、今週も良い1週間を^^


以下サイキック・タロット・オラクルカードガイドブックから抜粋↓
このカードは、希望、信頼、癒し、熱望、成功、究極の悟りの性質に焦点を当てます。
この「希望」のカードは、不可能が可能になりえることを教えています。


[PR]
# by atelierkei-0520 | 2017-10-16 21:32 | 月曜のメッセージ

左脳がすねて気が付いたこと

f0362457_23295516.jpg
今、いろいろな気づきのお試し中。
また「なるほど~」となったらブログに書こうと自分を観察している。

私は、こういう分析みたいな左脳的作業が結構好きだ。感じていることを文字で表現するのもその一環だと思う。
何で好きかって言われたら、「左脳が納得する」とすごく気持ちいいからかなと思う。
「あ~!なるほど!」と思うと、左脳が解放されてそれ以上考えなくなるのがいいのかもしれない。文句ばっかり言いがちな左脳が味方になってくれると、本当に楽ちんになる。
でも、ここには一つ陥りやすい落とし穴があるってことに気が付いた。

感じていることや、理解しだしたことについて左脳的に整理していくと、どうしても左脳が優勢になっていく。
そして、その左脳は、だんだんと「整合性」を求めるようになってくる。
「あれがああだから、これはこういうこと??いやでもあれがこうだから、結局はこういうことになるよね?」なんて感じだ。
でね、結局は行きつくところは「合ってるか?」「正しいか?」ってことになる。
でも、スピリチュアルも進んでいくと「合ってるも合ってないもない」「正しいも正しくないもない」って左脳は理解し始める。
真実を求めて探求していた左脳がここに行きつくと、左脳がものすごくヒネた状態になった。そして、心が途方もない「無気力」状態になった。

そうすると、こんな風になってくる。
「人に聞いても無駄」
「人に言っても無駄」
「やるべきことなんてない」
「正しい見方なんてない、ただみんな自分が見たい世界を見てるだけ」
「みんな好きなことをしているだけなんだから、世の中に問題なんてない」
「すべてはなるようになる(ベストタイミングなんだろう?)なら、特にしなきゃいけないことなんてない」

上の状態は、ただそうなんだと感じるだけだったら、心に負担にはならないんだけど、左脳的に突き詰めすぎるとなぜか、「無気力」になってしまう。
「なぜだろう?」と考えて気が付いた。大きな盲点。
それは左脳が上の気づきを「正しいのだ」と決めてしまうところだった。
「合ってるも合ってないもない」「正しいも正しくないもない」
なのに、左脳はそれを「正しい」と思う。
おかしいよね。矛盾してるよね。

でね、このおかしさに気が付いて、ちょっとわかった。
あ~、だから、「楽しいからやる」とか「楽しくないからやらない」とか「やりたいからやる」とか「やりたくないからやらない」しかないんだって。

「正しいか正しくないか」では物事は進められないんだね。
理解が進めば進むほど、無気力になってしまうだけ。
「楽しそうだから」「ワクワクするから」「やってみたいから」
それでしか実は心は動かないんだってことが昨日なんとなく腑に落ちたのでした^^
そして、左脳も「ぷっ」と笑ったのでした。「可笑しいね^^」って。

ややこしいけど書いてみた。「分析」は止めないと思う。だって楽しいから。
でも読む人には「正しいか正しくないか」では読んで欲しくないな~と思う。だって答えはないから。
それぞれの人の感じ方だけがあるだけなんだよね。
それと少しだけリンク出来たらいいなとは思います^^


[PR]
# by atelierkei-0520 | 2017-10-13 23:39 | 日々の気づき

松尾大社に行ってきた

f0362457_22194457.jpg
先日、京都の松尾大社に行ってきました。建物は修復中でほとんど囲われていて、ちょっと残念な感じでしたが、今日の目的は後ろのお山に登ることでした。

f0362457_22194574.jpg
ここはカメさんがメインです。

f0362457_22194674.jpg
お参りしてから、いざ入山。
必ず2人以上でないと入山できないようで、お山の中は写真撮影禁止でした。
登って、納得。とっても神聖な場所で、人が入ること自体はばかられるような場所でした。
やっぱり、なんだかんだ言って、私たちは大切なことを忘れてるなあと思わされる場所。そんなにホイホイいけない場所のような気がして、しみじみ下山すると、なんと受付で「12回登ると記念品もらえます^^」と!!??
うーん、、やっぱりなんか忘れてるかも^^;
それとも、沢山の人が何度も登ることで、何かを取り戻すのかな~。

f0362457_22194611.jpg
天狗の顔をした岩が守る「霊亀の滝」
ここは撮影OKでした。
f0362457_22265430.jpg
お水が頂ける「亀の井」
ちょっとだけ頂きました^^

f0362457_22194707.jpg
お山から出たとたんに出会ったトカゲさん。「お疲れさん♪」と言われたような気がしました。
ここの虫やトカゲはみんななんか豊かな感じ。このトカゲさんもつやつやで綺麗でふっくらしてました。カメラを向けると綺麗な光が入ってきました^^


f0362457_22194899.jpg

f0362457_22194901.jpg
隣の「月讀神社」にもお参り。
f0362457_22221629.jpg
静かな凛とした場所でした。不思議な存在がいたようでしたが、カメラを向けると逃げちゃった^^;

f0362457_22221745.jpg
オーブ?
f0362457_22221508.jpg
京都にいる間、外に出ると必ずと言っていいくらい、いっつも出てくるこの飛行機。いつも突然現れる。
月讀さんでもまた出てきたのでパシャリ。


目的達成後は松尾大社内にある休憩所でお昼ご飯。
f0362457_22221884.jpg

f0362457_22221843.jpg
きのこ蕎麦と名物のみたらし団子を頂きました^^





もう一つ、下鴨神社へ。
f0362457_22265547.jpg
参道の糺の森↓
f0362457_22265562.jpg

f0362457_22265642.jpg
木の足元に綺麗なカラスさんが。よく見ると根っこがすごい…。

f0362457_22265715.jpg

f0362457_22265735.jpg
同じカラスさんがかなり近くで自分の姿を見せてくれました。なんかご機嫌な感じ^^


f0362457_22265928.jpg
今にも倒れそうな大きな木。つっかえ棒で支えられています。
前日の晩、寝ようと目を閉じると、一瞬大きな木が見えました。元気で力強い大きな木。
なんだかこの木の元気だった時の姿のような気がして、しばし眺めていました。

f0362457_22265982.jpg

一周回った感のある(この表現ほんとぴったり^^;)冷めた二人でしたが、二人ともそれぞれにやりたいことをやって、大満足でした。
それにしても、今回は「またか」ってくらい「飛行機」が登場。多い時は一度に3機同時に出てきた。
で、月讀神社さんで見たのをアップにすると↓
f0362457_22221604.jpg
飛行機のくせに雲みたいになっとるやん^^;
帰りの電車で、爆睡しようと目を閉じたら、この飛行機が見えて、この後飛行機が「キラキラキラ」といくつかの光になって消えて行く映像が見えました。
「飛行機じゃないからね~」ってことかしら^^


とっても良い旅でした。



[PR]
# by atelierkei-0520 | 2017-10-11 22:13 | つぶやき